dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

車両保険に入る意味とは?

A 回答 (9件)

相手の方が明らかに悪いのに、保険会社は過去の判例で双方に過失割合があるとします。


つまり、自車の修理代を自分の車両保険で出すことになる。

例えば走行中に道路沿いの店舗からこちらを確認せずに急に出てきた車に前からぶつかった場合、最初は双方の保険会社は30:70とします。
こちらの修理代が50万円の場合、車両保険に入っていないと自分で15万円を支払うことになります。
一般的な考えだと『確認せずに道路に出てきた車が悪いだろ!』となりますが、保険会社では前からぶつかった方にも注意義務があるとなります。
    • good
    • 0

意味は無いです



貧困層には無縁かな。
    • good
    • 0

貧乏人には不要

    • good
    • 0

冬の北海道はスリップなどの単独事故が


ありますし夜の田舎道はキツネやシカが
普通に飛び出してきます。
    • good
    • 1

自衛のためです。



世の中、無保険車や返済能力がない人も車を運転し、
事故ても無い袖は振れないと開き直る。
また、犯罪者(不正入手した車)も運転して、事故れば
逃げる。

それらから回収することは警察もやらない。
だから自衛のため自分の財産は保険で守るしかない。
    • good
    • 0

無保険車相手の時は助かった。

2割というからね。
    • good
    • 0

車の事故お色々あるよね


自損事故 全部自腹。
車同士の事故の場合
過失割合分相手が保証してくれるが それ以外ば自分で支払うことになる。
200万円を超える車になれば少しの事故でも 高額な修理になります そのために入ります。
    • good
    • 0

自損事故でも保険で直せます。

    • good
    • 0

高額車以外無意味

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A