gyopiと申します.大変困っています.刑法に詳しい方,よろしく
お願いいたします.

私は4年ほど前に一戸建ての注文住宅を建てました.設計・施工・
工事監理全てお任せの契約をしてしまいました.
最近になって気づいたことなのですが,建築確認申請書に添付され
ている委任状が私達家族の誰の筆跡でもなく,印鑑も当家には存在
しないものでした.当方では委任状を作成した記憶がないため,請
負業者に委任状を作成しても良いという委任状等があるかを確認し
たところ,『ない』という回答でした.
しかもその確認申請がもとで,現在欠陥住宅に悩まされています.
こういう場合には『有印私文書偽造・同行使』を適用することが可
能でしょうか?もし可能であれば,刑事告訴しようと考えています.

よろしくお願いいたします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 回答の補足が遅れました。

申し訳ありません。
1 私文書偽造罪
 建築確認申請の委任状と、公庫仕様書について、gyopiさんを名義人とする(=gyopiさんの名をかたった)有印私文書偽造・同行使罪が成立すると思います。
 「施工業者の書類」についても、印影が、gyopiさんの印影として顕出されている(=gyopiさんが押したように見せかけてある)場合には、訂正印部分について有印私文書偽造・同行使罪が成立すると思います。
 私自身は、請負契約等に「建築確認申請手続の代行を委任します。」という趣旨の文言があれば、個々の文書の作成についてgyopiさんの了解を得なくても、私文書偽造罪は成立しないと考えて、いろいろと補足をお願いしたのですが、お気に障られたのでしたら、どうぞご容赦ください。
2 刑事責任追及のリスク
 gyopiさんは、民事責任の追及はお考えでしょうか。もしお考えでしたら、むしろ、民事責任の追及による被害の回復を優先されることをお勧めします。
 おそらく、今回の業者のような不正義は許せない、というお気持ちかと思いますが、実際に業者が逮捕・勾留されてしまうと、営業活動がストップし、賠償資力が急速に失われることが予想されます。

 また何かお役に立てることがあれば、是非協力させてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅くなりまして申し訳ございませんでした.
いろいろとアドバイス頂きまして,誠にありがとうございます.
私と致しましては民事訴訟を考慮しておりますので,大変参考
になりました.

それから補足要求の件,全く気にしておりません.かえって,
こちらの補足に対して,いち早くご回答いただいた事に感謝
しているくらいです.

時効の件でご回答頂いた時にちょっとナーバスになってしまい
いろいろと捲し立てるような記述をしたことをお詫び致します.

本当にありがとうございます.今後ともよろしくお願いいたします.

お礼日時:2001/09/20 20:18

 公訴時効の完成とgyopiさんの権利について。


 刑事上の公訴時効が完成していても、民事責任の追及は可能です。
1 刑事責任と民事責任は別
 刑事上の公訴時効が完成しても、国家の刑罰権が消滅するだけです。被害者は、公訴時効の完成とは無関係に、加害者に対する損害賠償責任を追及できます(民事には民事で独自の時効制度があります。民法724条。)。
 ちなみに、補足としていただいた「死後15年後に遺体が発見された」場合には、遺体発見時点で既に公訴時効完成ということになると思います。ですから、あくまでも刑事責任も問われるべきだ、というお考えであれば、なかなか困難だと思います。
2 逃亡・犯人隠避にあたらないか
 あたらないと思います。
 逃走援助罪(刑法100条)や犯人隠避罪(刑法103条)をお考えなのだと思いますが、逃走援助罪は「法令により拘禁された者」(服役囚、勾留中の刑事被告人など)の脱獄の手助けをすることですし、犯人隠避罪は、捜査機関から犯人をかくまうことですので、いずれもgyopiさんがおっしゃるようなケースには当てはまりません。
3 「名義人」の件
 「委任者」として、gyopiさんのお名前が記載されている場合に、文書偽造が問題となります。一級建築士の名前が記載されているのなら、gyopiさんの関係では文書偽造は問題になりません。
 文書偽造が問題になる場合には、公訴時効は5年間ですので(刑訴法250条4号、刑法159条1項)、刑事責任の追及(刑事告訴)も可能です。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございました.

建築確認申請用の委任状ですので,当然施主の名前が記載されています.
しかしながら,署名はワープロで書かれたものであり,また捺印も不自然
です.(以前にも書きましたが当家にはない印鑑です.)
なお,この印鑑が他の場所で使用されているのです.それは施工業者の
書類に記載された文章の訂正印として押されています.
この訂正されている文章の文字は直筆なのですが,明らかに当方の筆跡で
はありません.女性の字です.
又,公庫仕様書に記載されている連名欄に記載されている文字も似せては
いるのですが,私が見れば明らかに違う筆跡と解る部分があります.

こういった場合にはjustiniani様が仰っている文書偽造に相当しますか?
よろしくお願いいたします.

補足日時:2001/09/19 02:34
    • good
    • 0

 私の「補足要求」に若干舌足らずな点がありました。

申し訳ありません。
1 「名義人」
 誰が、誰に対して、委任する形式になっていたか、とお尋ねする趣旨です。
2 「架空の」設計図で建築確認をとった
(1) 刑事責任の追及
 真実の建築計画については、建築確認を怠って建築工事を施工したことになりますから、一応、建築基準法99条1項2号、6条1項違反の罪に該当する可能性がありますが、公訴時効が完成しています(刑訴法250条5号)。
(2) 民事責任の追及
 契約内容となった設計図書と、現に建っている建物が、どの点でどの程度ずれているのか、さらに、契約内容となった設計図書が、建築基準関係規定等に照らして問題のない設計だったかが、論点になります。
 建築確認の関係は、請負人の悪質性の傍証にはなるでしょうが、損害賠償請求という観点からは、問題の本質ではないと思います。

この回答への補足

以前の設問1の件ですが,やはり記載されていませんでした.
でも,記載されていなくてもすでに時効が成立しているのでは
もう仕方のないことですね.

ありがとうございました.

補足日時:2001/09/19 01:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました.

名義の件ですが,施主が第三者の一級建築士に対して申請を委任するという
内容のものです.

(1)で時効が成立しているとありますが,事件発覚後から起算するのではな
く,犯罪が成された時から起算されるものなのですか?
設計をした建築士を呼び出しているのですが(請負業者を通じて私的に)全く
呼び出しに応じる気配がありません.これは逃亡ということになるか,又は
犯人陰徳というのですか?に当たるのではないでしょうか?
仮に逃亡していると認められた場合には,時効は成立していないのではない
でしょうか?あまり詳しくないので良く解らないのですが・・・

設計図上の相違点といっても,設計図自体を受け取っていないので比較のし
ようがないのです.再三にわたって設計図の返還を求めているのですが,全
く応答がありません.こういう状況でも時効は成立してしまうのですか?
被害者が被害を確認できない状況では時効もなにもないと思うのですが・・・
仮に,殺人事件が起きたとして,遺体が発見されたのが死語15年を経過して
いたとしたら,犯人は捕まらないのでしょうか?

話がまた飛んでしまいました.もし時効が成立しているとしたら,被害者であ
る私共はどうすれば良いのでしょうか?

お礼日時:2001/09/18 04:08

1 有印私文書偽造罪等の成否について


 以下の点について、情報をご提供いただけないでしょうか。
(1) 請負人との間で取り交わした契約書に、「建築確認の申請(「建築基準法6条1項」という条文で表現されていることもあり得ます。)手続を請負人に委任する」旨の条項がないか。
(2) 問題とされている委任状は、委任事項として何が記載され、誰の名義か。
2 建築確認と住宅の欠陥の関係
 一般には、無関係です。建築確認は、建築計画が建築基準関係規定に適合していれば、自動的に下りるものだからです(建築基準法6条4項)。つまり、設計図が建築基準違反でなければ、建築確認は下りるわけです。
 おそらく、gyopiさんのご自宅は、建築確認に問題があるのではなく、確認済の建築計画どおりに工事を施工しなかったのではないかという点が問題となると思います。
 建築瑕疵を巡る紛争は、専門的知識が必要なこともあり、可能な限り、経験のある弁護士のアドバイスを受けられることをお勧めします(もちろん、補足等をいただければ、私の能力の及ぶ限りでお答えは致しますが。)。参考URLは、「欠陥住宅全国ネット」のサイトです。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/kekkanzenkokunet/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます.大変申し訳ないのですが,
現在出先なもので,手元に契約書等の資料がありません.
確認しなければならない補足は後日とさせてください.

設問1
 1)要確認のため,後日補足させていただきます.

 2)委任事項は建築に関する確認申請の委任状です.
   名義というのは委任する相手と言うことでよろしいでしょうか?
   名義人は見たこともない一級建築士の名前になっていました.

設問2
 確認通知書に記載されている申請日時にはまだ設計が終了して居らず,
 確認申請された図面等は全て仮想的なものでありました.
 また,設計図書や確認申請書類を作成した二級建築士は,工事管理者
 として申請されているのですが全くその業務を履行せず,工事監理後
 の報告も怠っています.
 話が逸れてしまいましたが,要するにまだ申請できる段階ではないの
 に勝手に申請されてしまい,図面がごっちゃまぜになってしまったの
 です.その結果,公庫融資を受けているにもかかわらず基礎鉄筋を入
 れ忘れたり,防湿フィルムを施工し忘れるといったことが起こりました.

支離滅裂な文章になってしまい,申し訳ございません.よろしくお願いい
たします.

お礼日時:2001/09/18 02:56

理屈の上では刑法第159条第1項、同2項違反で公訴期限が刑訴法第250条の4番が適応されるので可能です(5年)。

しかし、4年間何も相手方へのアクションを起こさなかったので今更刑事告訴しても受理してくれるかも疑問です(欠陥を知りつつも黙認していたということで)。 とりあえず、警察署の生活安全課みたいな窓口へ相談してはいかがでしょうか。こういうことは、もっと早くやればよかったのに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます.実はつい最近までは施工業者の
言いなりになっていたのですが,いい加減頭に来ていろいろと調べ
始めているうちに発覚したのです.
瑕疵部分に関しては,引き渡し直後から請負業者には伝えていたの
ですが『様子を見ましょう』と言う言葉を信じてしまい,結果的に
4年という月日が経ちました.

お礼日時:2001/09/18 02:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相手の合意を得て代筆した委任状を使うと私文書偽造になるか?

先日、役所へ手続きにいきました。
本人または委任状を持った代理人でないと証明書が出せないので、
委任状を作成の上出直すように言われました。
そこで、「本人からの承諾は得ているので、電話で確認をしながら
代筆ということで委任状を作成してもよいか?印鑑も預かってきている」
とたずねたら「本人が作成したものと認められないので、証明書は渡せない」
と言われました。

私は、本人の合意を得ているので代筆して提出すれば良いと思うのですが、
職員に言わせると「私文書偽造の疑いがあるので、受理できない」ということです。
私文書偽造でなく訴えられなければ代筆をしても、職員がわからなければ問題ないのでしょうか?親告罪でない場合、どこからか告訴される可能性はありますか?

Aベストアンサー

1.合意のある代筆自体は私文書偽造にあたらない。
2.法律上の違法か否かの問題でなく役所の取り扱い規定で「本人が作成したものと認められないので、証明書は渡せない」と決まっていると言う事です。
3.「私文書偽造の疑いがあるので、受理できない」当然ですね。
この程度のチェック位してもらわないと。
4.私文書偽造でなく訴えられなければ代筆をしても、職員がわからなければ問題ないのでしょうか?
そんな事ないです。合意なき代筆は私文書偽造ですよ。

Q道交法違反(免許失効)と有印私文書偽造・同行使について

昨日、友人が原付バイクで走行中に一旦停止で警察官に呼び止められました。
友人は免許失効していたのですが、
その事を告げずになんと妹の名前を告げたそうです。
夜になり、自分の失効免許証と妹の免許証を持ち
「嘘をついていました。」と自分で交番に出向きました。
その後パトカー搬送されまして、夜2時過ぎまで調書を取られました。
明日も出頭(なのでしょうか)することになっています。
この場合、どのような流れで進んでいくのでしょうか。
大きい金額の罰金はもちろん払うべきものですし、
本人も「事実です。」と認めております。
こういう場合の裁判等はどうなりますでしょうか。

Aベストアンサー

逮捕、勾留されていないようですので、逃走の恐れなしとされて、任意聴取された段階と言えるでしょう。普通はその後、書類送検されて、検察官の聴取を受けて、起訴されるかどうかが決まります。
ただ罪を認め自首してますし、反省が認められる場合は、起訴猶予となる場合もあります。起訴され公判請求された場合は、裁判となります。とはいえ自首してますので、有罪になっても執行猶予がつくとは思いますが・・・こればっかりはなんとも言えません。

Q有印私文書偽造について

妻に数か月前から統合失調症と思われる症状があり、私が浮気しているという妄想を抱いており、ここ2ヶ月ほどはチェーンロックされて家にも入れない状態でした。
しかし、本人には自覚が無く病院に行くことは拒否しているので、業者に頼んで強制搬送を検討している最中でした。
本日その妻からメールで離婚届を出してきたと連絡が入りました。(当然私はサインしていません。)
まだその真偽は確かめられていませんが、本当だとすれば有印私文書偽造になってしまうのでしょうか?また、統合失調症であれば罪は免れるのでしょうか?
明日にでも市役所に行って確認してこようと思います。

Aベストアンサー

有印私文書偽造についての似た質問があったのでURL先も一応ご参考までに。
その上でですが、警察や裁判所のお世話になったとしても、今回は奥さんの抱えてる病気の症状の重さの程度や、あなたが奥さんを思いやる気持ちによっては、罪に問われない可能性があります。

ただし、戸籍の変更はされるので、それを元に戻す(結婚当時)ことは確か出来なかったんじゃないかと認識してます。
つまり、どういう理由があっても、一度は離婚したという記録自体は残ってしまうのではないか思います。

まずは役所であなたの戸籍謄本を取って本当に離婚になってるかどうか確認ですね。
もう一度婚姻届を出し直す手もありますが・・・実際は私文書偽造行使に当たると考えられるので。


私文書偽造行使等の罪
行使の目的で、他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造し、又は偽造した他人の印章若しくは署名を使用して権利、義務若しくは事実証明に関する文書若しくは図画を偽造した者は、三月以上五年以下の懲役に処する(刑法159条1項)。
他人が押印し又は署名した権利、義務又は事実証明に関する文書又は図画を変造した者も、同様である(刑法159条2項)。
刑法159条1項と2項に規定するもののほか、権利、義務又は事実証明に関する文書又は図画を偽造し、又は変造した者は、一年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処せられる(刑法159条3項)。

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4537220.html

有印私文書偽造についての似た質問があったのでURL先も一応ご参考までに。
その上でですが、警察や裁判所のお世話になったとしても、今回は奥さんの抱えてる病気の症状の重さの程度や、あなたが奥さんを思いやる気持ちによっては、罪に問われない可能性があります。

ただし、戸籍の変更はされるので、それを元に戻す(結婚当時)ことは確か出来なかったんじゃないかと認識してます。
つまり、どういう理由があっても、一度は離婚したという記録自体は残ってしまうのではないか思います。

まずは役所であなたの戸...続きを読む

Qお金の貸主から委任状をもらって相手(借主)と交渉。この委任状は法的に効果(意味)がありますか?

父が貸している金銭について、息子である私が父から「委任」を受けて相手(借主)と交渉しようと思います。
委任を受けた私の権限は法律的に意味のあるものですか? 通用しますか?

父が、ある人物に何回かに渡ってお金を貸しましたが、期限がすぎても少しづつしか返ってこないものがあるようです。
そもそも、何通かある借用書が手書きで文言があいまいだったり、担保をとっていなかったりなど、いろいろ問題があります。
高齢でお人よしの父にまかせておいてはラチがあかない(そもそも相手に積極的に返済を迫っていない)ので、代わりに私が行動を起こして、父が生きているうちに早く決着をつけたいと思います。
もちろん訴訟を起こすことも念頭に、まずは債務の内容を書面で相手にきちんと確認させることから始めて、公正証書を作成したり、抵当権を設定したり、保証人をつけさせたりなど、相手と交渉していきたいと考えています。

しかし、一度相手と接触したところ相手は「私はあくまでお父さんから借りたのだから、これは私とお父さんとの関係だ」というような口ぶりでした。

貸主の地位を私が父から譲り受ければ問題ないと思いましたが、いわゆる債権譲渡って税金も含めてかなりコストがかかるんですよね?(父が貸している金額もかなりの高額ですし)
だから債権を回収するための手段として父から債権譲渡してもらうのは無理そうです。

そこで、ある人から「お父さんから委任状をもらえば?」とアドバイスを受けました。
実は、当初 私自身も「委任」ということも考えたのですが、今回のような場合は「委任」を受けても “法律的” には効果を発揮しないのではないか(事実上の意味はあるかもしれないが)と思っていたのでした。

一般に「委任状」の存在は知っていますし、「委任」とか「代理」とかの法律上の意味もだいたいわかっているつもりです。
訴訟代理人である弁護士は、依頼者から「委任」を受けてすべての権限を持って相手と交渉する、ということも知っています。

ただ 今回、私が父から「今回の契約に関するすべての権限を子供に委任する」との「委任状」をもらった場合、これは相手に対して法律的に意味(効果)のあるものでしょうか?
相手が「名義人(貸主)はお父さんなんだから、君の言うことは聞かない。お父さんとしか話さない。」と言ったときに、父からの「委任状」を持っていることとの関係は法律的にどうなんでしょうか?

<追記>
書面上の名義人ですが、たとえば弁護士だと「○○の訴訟代理人 ○○弁護士(弁護士の押印)」ですよね?
今回、かりに交渉の法的権限(?)が私にあるとしても、再確認の契約書、公正証書、抵当権設定契約などにおける名義人は「父の名前(父の押印)」であって、契約上「私の名前(私の押印)」が出るわけではないですか?

父が貸している金銭について、息子である私が父から「委任」を受けて相手(借主)と交渉しようと思います。
委任を受けた私の権限は法律的に意味のあるものですか? 通用しますか?

父が、ある人物に何回かに渡ってお金を貸しましたが、期限がすぎても少しづつしか返ってこないものがあるようです。
そもそも、何通かある借用書が手書きで文言があいまいだったり、担保をとっていなかったりなど、いろいろ問題があります。
高齢でお人よしの父にまかせておいてはラチがあかない(そもそも相手に積極的に返済を...続きを読む

Aベストアンサー

あなたが父から委任を受けて、父の代理として相手と交渉あるいは取引等をすることは可能です。
法的にはあなたと父との間で委任契約を結びます。その中で代理権を付与してもらいます。
委任の内容としては、父の債務者に対する金銭消費貸借契約上の一切の権限を付与するとしてもらえばいいでしょう。
その委任契約書の内容、あるいは代理権を付与した内容の委任状を相手に提示すればいいのです。
疑うなら父に電話で確認してもらってもいいでしょう。

記名債券譲渡の話しも出ていますが、これは贈与ではなくて、父から債権をあなたが買い取るものですが、債務者との債権の内容がはっきりしていれば可能ですが、あやふやな場合は債権譲渡の内容もまたあやふやとなってしまいますので好ましいとは言えません。

まずは、あなたが代理人となって債務確認書を作成しようとされているのはいいことだと思います。

追加で質問があればどうぞ。

Q有印私文書

友人から相談されたのですが、認知のある友人の父に代わって、医療保険金の請求を行うが、本人でないと請求できない。友人(息子)が請求書を作成して請求すると有印私文書偽造になると思いますが、正しいですか?、保険金は父の口座に振り込まれるし、入院していた事実関係にも誤りがないので、実害は無いと思うのですが、困ったことになるでしょうか。

Aベストアンサー

この場合は、偽造になるけど、実害がないからいいでしょうというよりも、実害がないから、偽造の罪として処罰の対象にならないという方が近いと思いますが。

細かいことはこちらを参考にしていただくとして。
http://park.geocities.jp/funotch/keiho/kakuron/shakaihoueki2/koukyonoshinyo/17/0.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E6%9B%B8%E5%81%BD%E9%80%A0%E7%BD%AA

作成された文書の社会的信用を害する行為を罰しようとするのが基本であるところ、認知という状態のため、自信で請求書を作成できないため、
同じ目的を達するために息子が代わって作成しているという実体を考えると、処罰の対象とはしないというのが一番判りやすいのではないでしょうか。

ちょっと刑事罰を離れて、認知という病気の症状として本人が作成できない状態なわけですが、意識ははっきりしている別の病気でも同じ行為を本人が行ったわけで、
認知前に代わりに請求してくれと、はっきり依頼されたわけではないのかもしれないけれど、その蓋然性は極めて高い、
通常そのことが予測されることもあり、息子は父親に代わって事務を遂行しているに過ぎないと考えてよいと思いますが。

この場合は、偽造になるけど、実害がないからいいでしょうというよりも、実害がないから、偽造の罪として処罰の対象にならないという方が近いと思いますが。

細かいことはこちらを参考にしていただくとして。
http://park.geocities.jp/funotch/keiho/kakuron/shakaihoueki2/koukyonoshinyo/17/0.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E6%9B%B8%E5%81%BD%E9%80%A0%E7%BD%AA

作成された文書の社会的信用を害する行為を罰しようとするのが基本であるところ、認知という状態のため、自信で請求書を作成でき...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報