コンビニの経営システムや労働条件などに関しての問題点を教えて下さい。
またその事について解決策などを一緒に教えてもらうとありがたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

下記サイトをご参考にしてください



参考URL:http://cvs110.com/index
    • good
    • 0

ここでの質問はフランチャイズシステムについてですが、ボランタリー的組織のコンビニが有ると言う事で回答いたします。

簡単な内容は、月3万円ほどの販売促進費用としての徴収があります。ロイヤリティー自体はありません。開店時間もごぜん7時~ごご10時までです。開店時間の強制はあまりありません。本部からの強制はなく、自分の販促に沿った経営ができると思います。フランチャイズからの脱退組や酒屋さんの加入が増えています。ただコンビニ経営のやりぬく基本はフランチャイズと何ら変わりはないと思います。
    • good
    • 0

経営システムについては、各チェーン本部の募集説明会に参加して勉強されたら良いと思います。


主に2つの契約形態があって、Cタイプはローリスクローリターン、Aタイプはハイリスクハイリターンです。
どちらも平均レベル以上の店舗立地であれば、最低限の生活はできますが、私生活はなく、24時間年中無休です。
今はもう好立地というのは少ないでしょう。
売上が上がれば、すぐに競合店ができます。

Cタイプは1言で現代版奴隷制度、今はなかなかやり手がいないようです。
一番利益が上がるのは、立地の良い自物件のAタイプ、それも3年くらいの短期で借り入れ返済をするつもりでないと、危なくてしょうがないです。
どちらもお勧めする人はほとんどいないでしょう。
    • good
    • 0

契約するときに夫婦健在で共働き可能が条件らしいです。


バイトが来なくても,どっちかが倒れても,絶対に店閉めないために。
あと預金もある程度無いとダメみたいです。
    • good
    • 0

経営者というなの無賃労働者.


販売現場に合わない商品の仕入れ決定を本部で行い.その責任を各店舗に押し付ける
所得や市場にあわせた商品供給ではなく.本部荷物運搬を最優先にする店舗配置
ほとんどの利益を吸い上げるロイアルティ

こんなところでしょうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【中国】中国では経営者のことを経営管理と言うのはなぜですか?共産主義なので経営=労働者を管理する

【中国】中国では経営者のことを経営管理と言うのはなぜですか?

共産主義なので経営=労働者を管理する責任が民主主義より求められるということでしょうか?

中国の方が労働者をゴミみたいに扱っているイメージがあるんですけど、中国の経営管理の管理ってどういう意味なのか教えてください。

Aベストアンサー

中国では社長のことを「総経理」と呼んでいます。中国で経理と言えば、日本のような会計や財務を指すのではなく、経営管理のことです。なので総がついた経営のトップが総経理で、社長を意味します。

Q月謝回収不能解決策

学習塾をやっております。

月謝制で毎月特定日に銀行口座から引き落としという機能を
使っております。

私が利用しているこの口座引き落とし機能(集金代行サービス)は
用紙を頂いてから2ヶ月後にならないと引き落としが始まりません。
そこで最初の月のみ2か月分を頂いて、以後1か月分を頂いている
という形にしております。


ただ、初回の引き落としが不能になってしまうと
授業を受けているのに授業料を頂いてないという状況になってしまいます。
たいていは回収できますが、例えば引越しをされてしまい
回収できないということを防ぎたいのですが
どのようにすればいいでしょうか?


例えば
口座引き落とし用紙を頂いてからすぐに引き落としができるサービスがある。とか

ご回答お待ちいたしております。

Aベストアンサー

入会時に現金で先払いしてもらうということは出来ないのでしょうか?
通常は、現金で2ヶ月分貰い、3か月目から口座引き落としというのが一般的かと。

金融機関の手続きがあるので、すぐに引き落としは無理ですね。

あとは、クレジットカードでしょうか?
これなら、お客様からの引き落としは後日ですが、決済自体は即済みます。

Qすぐにパニくる私・・・解決策を教えてください

すぐにパニくる私なんですが、あせってあせって焦り倒してしまうのです。やらなきゃいけないこと、まずどれからやっていいのか・・・手順もわけわからず混乱してしまって、あたふたしてしまい、結局、どうでもいいことや優先順位の乏しいことをやってしまってたりするのです。

「まず落ち着いて、深呼吸して、やるべきことをやる」
・・・それができれば苦労はないです~って言いたくなってしまいます(笑)当人できないんです。私がださいってことですけど・・・。

パニくる=パニックにおちいるってことですけど、混乱してただいたずらに焦る。そこに付加価値はないんです。やみくもに行動してしまいます。目の前がまっくらになって、しかもマイナス思考になってしまうんです。で、けっきょくやるべきことはできなかったで、納期は終了。いつものごとく間に合いませんです。パニくってあせっただけ損でした。パニック中は無駄な行動が多いんです。あれもこれもやろうってなって余計焦って・・・。「終わりだ終わりだ手遅れだ」って言いながら、頭のなか真っ白で行動するからもうなにがなんだかわからなくなってしまうのです。

パニくった場合、まずどういうふうに解決策をみつけていけばいいでしょうか?抽象的な質問でごめんなさい。

すぐにパニくる私なんですが、あせってあせって焦り倒してしまうのです。やらなきゃいけないこと、まずどれからやっていいのか・・・手順もわけわからず混乱してしまって、あたふたしてしまい、結局、どうでもいいことや優先順位の乏しいことをやってしまってたりするのです。

「まず落ち着いて、深呼吸して、やるべきことをやる」
・・・それができれば苦労はないです~って言いたくなってしまいます(笑)当人できないんです。私がださいってことですけど・・・。

パニくる=パニックにおちいるってこと...続きを読む

Aベストアンサー

明日からやる前に、手順をノートに書き出しましょう。
頭の中で考えるのでは無く、書いたメモを一つ一つ潰しながら行動をしましょう。ノートに書いていないことはどんなことがあってもしない。
例えば、・・・・・・あっ書き忘れていた非常に重要なことが出てきた・・・ばたばたではなく。
もう一度、その段階で、行動メモを作り直す。
人の三倍・四倍かかるかもしれないけど、メモを作る間は少なくても行動をすることが無いので、パニくる心配が無い。
論理だったいい仕事ができる。
仕事自体が雑でじたばたは論外ですが。

Q上に行くほどポストが少なくなる事の解決策

普通の企業では、上に行くほどポストが少なくなると思います。
例えば、新卒で入ってきた人を全員部長にする事は部長が1年交代であっても不可能だと思います。
それの解決法として、

・部付部長などの名ばかりの役職の創設
・(大企業であれば)関連会社の役員へ天下り
・新卒採用の時点で出世できる者とそうでない者を明確に分けて採用する(総合職・一般職)

等があると思うのですが、これでも解決しきれるとは思えません。
早期退職制度もありますが、転職の見込みがあるか、貯蓄が十分でなければ全ての人が乗る訳ではないと思います。

今後年金の受給開始年齢が引き上げられることもあって、上が詰まってくると考えられます。
実際の企業ではどの様になっているのでしょうか。

身近な体験談であっても構いませんのでよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

あくまで参考マデ。
 だいたい網羅されていますが、専門職制度というものもあります。ある特定の分野に専門職をおいて深い知識技能を身につけていくものです。これは名ばかりではありません。本人もその方がいいのです。慣れない部下指導で疲れるより、好きな分野に打ち込めますから。
 あとは、いろんなコースをつくってから、各年代層ごとに研修をし、自分の特性について考えさせるのが重要です。人間の能力もずっと続くものではありませんし、逆転もありうるでしょうし、家族との関係で無理ができないこともありますから。

Q工場での出荷ミスが重なり、良い解決策を探しています。

工場での出荷ミスが重なり、良い解決策を探しています。
僕が思ったのは、計りで確認する方法ですが
他に良い方法があれば、教えてください。

具体的には3パターンほど。
旋盤で加工した樹脂製品。
厚さ1~5mmほどで細かく、加工スピードが
早く、旋盤にカウンターがついているが
ちょっとした拍子でなくなりそうなもの。

フライス(カウンター無し)で加工したもの。
大きさは10mm×10mm程度から30mm×30mmなど様々。

上の二つは、製造者が一応、数の責任を持つことになっています。
僕から見て、カウンターについてはあまり、信用できない。
製造者が常に仕事、時間に追われている。
細かい物ほど、数が多い。

もう一種類は直径5~8mmで長さ200mm~2000mm程度のホース状のもの。
出荷時にホースを切るので、切断時に一本ずつカウンターされる仕組みに
なっているのですが、なんらかのはずみで、一本切断する際に
2カウントされてしまう事があったらしく、信頼できません。
もちろん、梱包時も数えていたので、トラブルとミスが重なったのが
原因です。

Aベストアンサー

素人考えで申し訳ありませんが…。

当初の2パターンについては、質問者さんが述べられているように、
1.予め部品のサイズと個数に応じた重量を計測しておく。
2.若干加算した重量分で出荷する、又は、重量分と若干の重量分(予備分)をワンセットとして出荷する。

最後のパターン(ホース状のもの)については、
1.カウンターでチェックする。
2.梱包時に数量チェックする。
3.梱包用の箱のサイズを変える、又は、サイズに応じて仕切りを入れる。(隙間の有無によってもチェックできる。)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報