プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

タイムトラベラーとかタイムスリップしたなどと怪しい話を聞きますが
時間は現在のみで有り既に過ぎ去った過去やまだ到達してもいない未来に瞬時に行けるわけないのではないでしょうか。

質問者からの補足コメント

  • 似たようなものにテレポーテーションというものも有りますが
    それも無理なのではないでしょうか。

      補足日時:2024/03/11 10:14

A 回答 (14件中1~10件)

はい。

絶対に不可能です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね。
その通りです。

お礼日時:2024/03/11 10:12

海洋循環に潜む「パラレルワールド」の存在を指摘 


―アンサンブル実験により黒潮続流の年々変動要因を解析―

プレスリリース

2016年2月1日

国立研究開発法人海洋研究開発機構

国立大学法人東京大学

1.概要

国立研究開発法人海洋研究開発機構(理事長 平 朝彦、以下「JAMSTEC」という。)アプリケーションラボの野中正見グループリーダー代理、国立大学法人東京大学先端科学技術研究センターの中村尚教授らの研究グループは、JAMSTECのスーパーコンピュータ「地球シミュレータ」を用いた海洋の年々変動再現実験により、日本南岸を流れる黒潮やその東に続く黒潮続流といった中緯度域の強い海流の年々変動に「風の変動と無関係に生じる部分」があり、全く同じ風の変動の下で異なる海の循環が生じうることを発見しました。これは、大気循環と同様、海洋循環にもいくつもの「並行世界(パラレルワールド)」が存在することを意味します。

研究グループでは、「地球シミュレータ」と海洋モデルを用いて海洋の循環を再現できるシミュレーションを行い、全く同じ風の変動の下、風以外の条件をほんのわずかに変えるだけで全く異なる海洋循環が再現されること、すなわち「風の変動と関係なく海の中で勝手に起きる」変動が存在することを明らかにしました。さらに詳しい解析から、黒潮続流の年々変動では「風の変動と無関係に生じる」変動量と「風の変動によって生じる」変動量とほぼ等しいことを明らかにしました。

この結果は、現実に観測されるのは1つの状態でも、同じ条件の下で異なる状態が起きていても不思議ではない、つまりパラレルワールドが存在しうることを意味します。いくつものパラレルワールドのどれが実現するかを予測することは不可能なため、黒潮続流には本質的に予測不可能な成分が半分程度含まれていることになります。このように予測不可能な成分を考慮し、できるだけ確からしい予測を実現するには、わずかに条件を変えた予測を多数行う手法(アンサンブル予測)が有効とされ、天気予報など大気循環の分野では良く知られています。これまで海洋の年々変動は基本的に風の年々変動によって生じるものと考えられていましたが、本研究により、海洋循環をより確からしく予測するためには「風の変動と無関係に生じる変動」の存在を加味した予測、言い換えれば、誤差の存在を前提とした予測が不可欠であることが分かりました。本研究の成果を基に、海流予測の分野でもアンサンブル予測手法が導入され、気候予測や漁獲量予測の高度化に繋がる、より高度な予測が実現して行くものと期待されます。

なお、本研究は文部科学省科研費新学術領域研究2205「(略称) 中緯度海洋と気候」(計画研究22106006、22106009)、環境省「環境研究総合推進費」(2A1201, 2-1503)の一環として実施したものです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。
それでは
真実として存在の証拠を確認出来ましたら信じることとします。
今のままでは国際ロマンス詐欺と何も変わらない状況と言えます。

お礼日時:2024/03/12 22:53

はい全部無理です


ただ夢の中では亡くなった叔父さんと会えたりはしますね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とにかく無理なものは無理なんだろう。

お礼日時:2024/03/12 22:47

時間の不可逆性については


時間の不可逆性は科学では証明されてはいません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とにかく無理なものは無理なんだろう。

お礼日時:2024/03/12 09:06

タイムパラドックスについて


これは時間軸を誤って捉えていることによる間違い
未来・過去問わずタイムトラベルしてついたその瞬間そこは未来でもなく過去でもない現在です
よってその世界で何をどうしようがそれはタイムトラベラーの未来に影響するが過去には影響しない 
よってそもそもタイムパラドックスなんて無いと言う事です
パラレルワールドについて
物理学においてパラレルワールドとは
エヴェレットの多世界解釈とは選択された時点でこの世界とは別の世界が分枝される事でこの分枝された世界の事
因みに東大での海流に関するシュミレーションでゆらぎによって風の向きによらない海流が出現する事が確認された.風向きによらない物理法則を無視した海流がパラドックスであるとのこと
物理学においてパラレルワールドは創作話しではありません
過去には戻れないとする理論については
そのような理論が提唱されているのはまちがいないですがそれは実証去れていません。つまり物理学的には過去にタイムトラベル出来ないと証明されてはいないという事です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とにかく
タイムスリップもテレポーテーションも出来ないし
パラレルワールドなんてものも存在しない空想の産物でしかない。

お礼日時:2024/03/12 09:11

タイムトラベルに関しては物理的に考えればおかしな考え方をしている人達が多い


例えば
タイムトラベルをすると過去や未来に瞬時に行ける
時間と運動は相関関係にある事から時間を0とすると運動も0となる
よって時間0で移動する事はできないとなります。
故に瞬時にタイムトラベルする事はできない
となります
タイムスリップの説明については タイムトラベルが瞬時にできないようにタイムスリップもまた瞬時にできない 
移動先の状況を把握しないとタイムスリップの説明通りの危険性があるならば移動先の状況を事前に把握出来るシステムを構築するのが必須ですしそれが実現されればタイムスリップの説明で指摘されている危険性を回避しつつタイムスリップする事ができます
タイムスリップの説明ではその至極当然の考え方を一切考慮していない
続く
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とにかく
タイムスリップもテレポーテーションも出来ないし
パラレルワールドなんてものも存在しない空想の産物でしかない。

お礼日時:2024/03/12 09:11

無理だと思いますよ。


そもそも過去や未来と言う世界があると言うのは机上の空論、ただの想像ですね。

僕が思うに時間と言うのはただの感覚なので実際に空間として存在したりしているわけではありません。
そもそも時間と言うのを使っているのは人間だけですからね人間が作った習慣でそれが感覚になったわけですからそこに過去とか未来とか言う空間が存在するわけがありません。

過ぎ去ったものは絶対に元に戻らないしまだないものは見ることもできません。

まぁ SF映画の中だけですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです。
その通りです。

そもそも
タイムスリップなどという概念も近代になって生まれたもので
昔の時代にはそんな思考も無かったのでは。
だから
覆水盆に返らずって言うのでしょう。

浦島効果も単なるお伽噺に過ぎなかった。

お礼日時:2024/03/11 22:22

時間については、そもそも存在しない


なんて説もあるぐらいですからね。

時間は存在しない。
物質の変化を時間と称しているだけ。


直系1㎞、長さ10㎞のステンレス棒を
光速で回転させれば時間旅行が出来る
なんて学者もいました。

時間の不可逆性を証明したノーベル賞
受賞者もいました。


昔、まだソ連が崩壊する前ですが
物質は光の速さを超えられないが
宇宙には、当初から光の速さを超えて
移動している物質が存在するかも。

と、いうことでその粒子をタキオンと
名付け、実験したことがあり
ネイチャーで紹介されていました。

結果は、ソ連ですから公開しなかった
のですが、失敗した、と言われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宇宙空間は光速を超える速さで膨張しているそうですよ。
それは物質ではなく空間なのだから光速を超えることは可能なのだそうです。

お礼日時:2024/03/11 22:16

ムリです。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

その通りです。
無理なんです。

お礼日時:2024/03/11 22:13

冷凍保存(コールドスリープ)すれば未来に行くことはできますが、その様な話ではないですよね。



時間の移動には非常に大きな問題があるので不可能です。


では、その問題に付いての解説です。

地球は太陽の周りを時速11万kmで公転しています。
太陽は天の川銀河の周りを時速82万kmで公転しています。
地球の直径が1万3千kmですから、1時間前にタイムスリップしただけで宇宙空間に投げ出されることがわかります。
ですから、タイムスリップは必ず瞬間移動とセットで行わなければなりません。
しかし、移動先が水中や地中だったら死んでしまいますし、空中に現れても高すぎると死んでしまいます。
安全性を考えると、高さは2m位が限界でしょう。
とすると、必要な精度は半径1mとなります。
で、1日(24時間)前にタイムスリップしたら、地球は約2000万km先にいるのです。
2000万km先に1m四方の的があり、そこに瞬間移動しなければならないということです。
どれほどの精密な移動が必要でしょう。

また、地球は自転もしています。
昼から夜にタイムスリップすると、慣性の法則のせいで大変なことになります。

ということで、タイムスリップは地動説の世界では実用的ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宇宙は光速以上の速度で膨張しています。
だから
尚更タイムスリップしようものならどこの世界へ行くのかわかりませんね。
まぁ宇宙空間の可能性が高くて一瞬で死ぬでしょうね。
つまりタイムスリップ=死
と見れば間違いないでしょう。

お礼日時:2024/03/11 22:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A