プロが教えるわが家の防犯対策術!

南京大虐殺は、あったのでしょうか??

A 回答 (5件)

>問題は、投降してきた兵士、普段着を着た兵士、それと一般市民です。



もう一つ、この件について考えるべき点があります。
国際法上、大日本帝国軍という「組織」が命じたものではない場合、「虐殺」とは呼ばない、という定義がある点です。
ウクライナで どれだけ一般人が拷問されて殺されようが、フランスのマクロン大統領が「虐殺という単語を用いない」と言ったのはこのためです。ロシア軍が指示したという証拠が無い場合、それはあくまでも「現場の兵士の軍規違反」であり、「虐殺」とは呼ばないのです。

さて、南京ですが、中華民国の南京司令官が真っ先に逃亡したため、現場の中華民国兵は投降するわけでもなく、後ろが大河なので船が焼かれた後は逃げることも出来ず、南京にいたわけです。「投降しろ」と命じられなかったので投降も出来なかった中華民国兵の一部は一般人に紛れました。
日本兵にとってもこれは地獄でした。なにしろ、一般人なのか敵兵なのかもわからない中国人だらけの街に入ってしまったのです。「ランボー」のベトナム人の子供から箱を受け取ったらそれが爆発して脚が無くなった兵士と同じレベルの恐怖でしょう。さらに彼らは、ここに至るまで上海ですでに地獄の市街戦を経験していたのです。人を殺す事への忌避心が擦り切れていたであろうことも容易に推測できます。
と、まあ、一般論で言うと「ある程度はあったはずだ」という推測が出来ます。証拠が無くても一般論で考えると、ね。

しかし、国際法上、「虐殺」には きちんとした定義があります。
仮に中国共産党の言う通り30万人(10年程前に40万人に増えました(笑)一体、当時の中国人口はどのくらい膨れ上がるんでしょうか?(笑))が殺害されたのだとしても、日本軍司令部がそれを命じたのではない限り、「虐殺」とは呼べないのです、法的には。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきまして、ありがとうございます。

なかなか興味深いお話をいただきまして、ありがとうございました。

お礼日時:2024/03/19 05:36

南京大虐殺の「大虐殺」とは、どのくらいの規模が「大虐殺」として明記したのか?


日本側も万単位、千単位とバラバラです。
何れも共通しているのは、何らかの虐殺が行った事を前提にしてます。
日本政府もその点を否定してません。
だから、「あったのでしょうか?」と聞かれれば、虐殺の規模は分かりませんが、何らかの「虐殺」は濃厚だと思います。
しかし、他の方々が仰る中国の主張は余りにも状況から辻褄が合わず、嘘だと思います。
民間人(非戦闘員)などが武器を用いて敵側の正規軍(大日本帝國軍)に対抗して、日本の捕虜として何千、何万と捕まえれば、彼らは民間人でも捕虜としての待遇は受けられません。
つまり、日本軍が捕まえた彼ら民間人全員を拷問や虐殺などの行為をしても国際法には触れません。
逆に軍人や民間人のフリをして軍事行動し、捕虜になれば元々は国際法上の「戦闘員」ですので捕虜の待遇は受けられます。民兵も条件が揃えば同じく「戦闘員」です。
日本も戦時下、何千万人の民兵組織が立ち上がったので米軍は日本各地に空襲を行ったのです。当時の日本本土の総人口は約7000万人、朝鮮、台湾、その他の日本支配地域の先住民を足せば「約一億人」となる上に、当時の『一億総特攻』のスローガンの「一億」とはそう言う意味です。
歴史上の数字には共通するもの、相違するものなど其々に意味があります。
その意味をよく調べれば、事実に近づくと思いますが、めっちゃ面倒臭く、しんどい思いを何年、何十年も時間を有するので、私を含め一般庶民は誰もやりません。
結論、大虐殺があったかどうかは正確に答えると、「不明」です。
大雑把に答えると、冒頭に申したように何らかの「虐殺」はあったと思います。
以上
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきまして、ありがとうございます。

お礼日時:2024/03/18 20:25

日本軍による南京での殺害行為はあったでしょう。

ただ、当時の南京の人口、日本兵の兵力、装備等を考えて中国発表の30万人は不可能と思われます。
不法行為はあったが30万人までは殺してない(殺せていない)と思われます。

不法行為は人数の問題ではないので人数が少ないからと言って罪が軽くなるわけではないですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答いただきまして、ありがとうございます。

No.2のお礼欄にも書きましたが、自体は戦時下であり、兵を殺すのは合法とみなされます。
問題は、投降してきた兵士、普段着を着た兵士、それと一般市民です。

これがなかなか検証されないのですね。

たとえば、戦闘中の兵士を銃殺した場合は、罪ではないのです。
つまり、法廷において裁かれるべき事ではないのです。

お礼日時:2024/03/18 18:40

あったとして、中国人が、主張している人数だと、墓が少なすぎる。

うわさと実際を照らし合わせても、あったとは、到底言い難い。なので無かったが事実。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきまして、ありがとうございます。

「虐殺」というものが一つのキーワードにはなるかと思います。

一般的には、、、
・国民党軍の兵士
・一般人のような服装をしている兵士。
・一般市民。

このように分けられるようです。

兵士も、捕虜にしたのは良いが、食糧が確保できずにやむなく処刑した兵も多かったようです。

お礼日時:2024/03/18 18:25

歴史的事実としてあったと思います。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答いただきまして、ありがとうございます。

87年前の話ですからね。
なかなか、当事者としての証言を得るのは難しいかもしれませんね。

良く言われているのは、数字の問題ですよね。

お礼日時:2024/03/18 18:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A