市場は政府の介入が無ければうまく機能はしない。しかし、同時に政府の介入は市場の機能を歪曲させる、と授業で習ったのですが、なんとなくわかっただけでよく理解できていません。この具体例みたいなものでわかりやすく教えて欲しいです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

現在、市場の原理では採算がとれないけれども、皆が必要とする事業を国がやっていますよね?高速道路とか郵便局とかです。

高速道路がなければ輸送費や移動費が高くつき国民が困るし、災害のときなどに道路がなければ多くの命が失われるかも知れないわけです。そこで、それは国がやろう、という話になるわけですが、政府は税金で事業をやるわけですから、コスト意識が低くなります。無駄使いが増え、借金に頼るようになります。そこでもう一度民間にできることは民間に任せよう、という流れになってきているわけです。もちろん民間の企業も失敗をし、倒産をすることがあるわけですから、民営化すれば全てよくなる、というわけではないのですが、郵便事業などはある程度民営化しても大丈夫だと思います。民間の銀行も保険会社も宅配会社もあるわけですからね。
道路に関しては建設に莫大なお金がかかりますから完全民営化は難しいでしょうね。今も道路公団は今年10月を目標に民営化を目指しているようですが、どう考えても普通の民間企業と全く同じにはならないでしょう。
中曽根さんがやった国鉄の分割民営化は成功したと言われています。赤字だったのが黒字になり、経営が合理化され、職員も親切になった、ということです。一方、極端な利益追求の結果が今回のJRの事故につながったのだ、という人もいます。

結局の所、政府の介入が多すぎてもだめですが、全て市場原理でもだめなわけです。どちらにしても大きな政府か小さな政府か、市場の失敗か政府の失敗か、という対立は経済学でもこれからの経済政策の議論でも最大の論点になると思います。色々な本を読んで色々な例でどうバランスをとれば一番いいのか考えてみてください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お答えありがとうございます
これで、完璧に理解できました。これからはご指南どうりにいろいろな本を読んでみようと思います

お礼日時:2005/05/13 23:42

あまりうまい例ではないかも知れませんが、例えば日本のコメ市場のようなものを想定すればどうでしょうかねぇ。



すなわち、国内のコメの値段は、外国米の価格に比べ相当に高い状態ですから、もし政府が関税や数量規制などで輸入制限を行わなければ、国内市場は外国米に独占されてしまいます。ところが、このような輸入規制という形で政府が介入することにより、高い価格でしかコメを生産できない国内農家も生き残り、結果として消費者が不経済を被る--という訳です。

コメの消費は、実際には価格だけでなく味とか好みの要素で決定される要因が大きいので、ことはこれほど単純ではありませんが、まぁこんなところで理解していただけるでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えありがとうございます
具体例もその説明もわかりやすく理解できました。まだまだ政治学は勉強して間もないですが頑張りたいと思います

お礼日時:2005/05/13 00:48

 スピードの取り締まりと同じです。


 やりすぎるとまともに車で走れないし、全く取り締まりがないと無法地帯ということです。
 ちなみに連邦準備制度については理解されていますか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お答えありがとうございます
なるほど、こう具体例を出してもらいますと理解できた気がします
連邦準備制度については、たしかアメリカの銀行の制度だったと記憶していますが(間違っていたらすいません)ほとんど理解していません

お礼日時:2005/05/13 00:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトヨタ自動車のIT戦略について

トヨタ自動車のIT戦略について、そしてトヨタのIT戦略が他社(例えば、ホンダと日産など)と比べてどういうところが足りないのか分かる方はよろしくお願いします。

Aベストアンサー

昔ながらの足を生かした古風な販売戦略を貫いている面もあってか、むしろ、パンフレットや看板広告に力を注いでいるように思われます。そのことに問題があるというわけではなく、昨今流行のITに頼らなくても、何とかやっていけるのでしょうね。突出してはいるものの、競争相手がたくさんいるわけでもないし、IT戦略の必要性に迫られていないのかもしれません。また、トヨタ自動車自体が力を入れなくても、系列の販売店等が、独自のIT戦略を持っているし、大企業ならではのシステムがきちんと機能しているのかもしれません。

Q具体的に政府がすべきこと(被災者救済)

これをなんでしないの?なんでしなかったの?って思ってることを具体的に教えてください。

個人的に思ってることでいいです。
原発対応じゃなく被災者関連でお願いします。



例:
・失業者問題=国ががれき撤去とか被災処理の作業員を募集して雇えばいいのでは?
被災地の復興が早まるうえに一時的に失業者も給料貰えて一石二鳥。
税金使うことになるけどそれは復興費として誰も文句言わないはず。

・義援金分配問題=とりあえず基準を厳密にせず多めに配ってしまえばいいのでは?
で、最終的な分配基準が決定してから追加支給して、足りない分は税金から支払えばいい。これも復興費のうち。
さすがに2ヶ月以上経って2割程度しか支給できてないっていうのは無駄金にしても酷い。


「なんで助けないの?」とかじゃなく具体的にどう助けるべきかまでお願いします。

Aベストアンサー

> これをなんでしないの?なんでしなかったの?って思ってることを具体的に教えてください。
> 個人的に思ってることでいいです。
> 原発対応じゃなく被災者関連でお願いします。

山ほどありますので思いつくまま。


仮設住宅関連。未だに3万戸に足りない。避難所生活者は大体10万人いるので、多めに見積もって平均4人で1戸としてもあと2万5千戸必要です。

がれきの撤去。未だに15%程度しか終わっていない。腐敗した魚介類の片付けも、早くしなければ病気の元になる。
→撤去費用を国が出すことを明言するだけでかなりスピードアップする。
> >瓦礫撤去は、公共事業として、ちゃんとどこかの会社に、委託すればいいのです。
> いやいや、もちろん国が雇うと言っても公務員を作るって意味じゃなく公共事業として発注する形でいいんですよ。
現在、各市町村が「国からの財政支援を信じて見切り発車的に」行っているのが現状のようです。


医療施設の開設。病院がなくなった市町村も少なくないし、診察と簡単な処置以外ができないところも多い。
→医療機器や医薬品の補給をバックアップするだけで大部分片がつく。


住民の線量調査。放射線量がどの程度なのかが分からないと外にもおちおち出られない。
→線量計(ガラスバッジなど)を配布するだけである程度の把握が可能だし、諸外国から個人用を含め線量計が大量に送られているがまだ配っていないものを配るだけでも相当効果がある。


義捐金分配問題。決定的に分配する市町村の公務員の手が足りない。
→何度も国会で総務省などの公務員を派遣するよう野党側から要請がなされている。要するに人手を増やすだけで大分マシになる。


二重ローン問題。2か月も前から指摘されているのに、未だに検討していない。
→個人的には反対だけれども、二重ローン問題がどうなるかにきちんと結論を早く出すことで、動けるようになる人は多い。国が補てんするということであれば、ローンがあるからと動けない人も動けるようになるだろう。また個人企業関連では、就職口の確保という形にもなる。



震災復興計画の策定。今のままでは復興の柱一本立てられない。
→野党案は既に出ているが、政府案はあと6月末をめどに提言を取りまとめて、それからようやく内容に取り掛かるような話をしている。野党案を採用すると決めればすぐに話は動くし、そうでなくともすぐに取りまとめ・具体的内容の策定にかかるべきだ。


農林水産業の安全(放射能汚染の防止)のための策。今のままでは安全か危険かが分からない。
→数年は出荷できないかもしれませんが、しっかりとした検査体制を作り、検査結果を公表すべき。


まだありそうですが、急場で急ぐべき話はこのくらいですか。

> これをなんでしないの?なんでしなかったの?って思ってることを具体的に教えてください。
> 個人的に思ってることでいいです。
> 原発対応じゃなく被災者関連でお願いします。

山ほどありますので思いつくまま。


仮設住宅関連。未だに3万戸に足りない。避難所生活者は大体10万人いるので、多めに見積もって平均4人で1戸としてもあと2万5千戸必要です。

がれきの撤去。未だに15%程度しか終わっていない。腐敗した魚介類の片付けも、早くしなければ病気の元になる。
→撤去費用を国が出すことを明言するだ...続きを読む

Q経営戦略が漠然とした中でのIT化推進は成功しますか?

売上100億超の土木資材の中堅メーカーで、IT化のPJリーダーをしております。今般、社内のIT化を推進するに当たって、どうしても経営戦略の領域に踏み込まざるを得ないのではないかと思いPJメンバーに説いていますが、オーナー企業特有の経営戦略不在(トップの頭の中にある?為)の中で推進せざるを得ない状況になりつつあります。あくまで業務改善を行うということで経営戦略とは切り離す様な形でIT化を推進し果たして成功と言えるのでしょうか?同じ様なご経験をされた方、されている方、経営コンサルタントご経験者等々、何か良いアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

No.4です。
先の回答は、まだ入力途中の段階で誤って投稿してしまったので、読みにくい文章だったと思います。きちんと読んでいただいて恐縮です。
少し続きを書かせていただきます。

私はIT企業でプログラマーからコンサルタントへとキャリアを積んできたのですが、もともとユーザー企業で働き、ITを考えてきたキャリアをもつコンサルタントの前では、自分の限界を感じることがしばしばです。
そのような特定の業界・業務の現場で働いてきたコンサルタントの言葉の前では私のようなコンサルタントの言葉は空虚なものです。

個別の案件ごとの、事前に設定された目標に対する達成度によって「成功」を図るのは間違いではありませんし、実務担当者として実直で正しい姿勢だと思います。
ただ、そこで満足する前に、PJメンバーに10年後、20年後の自分がどうなっていたいか、自問自答させてみることをお勧めします。

優秀で信頼のおける実務監督者(あるいはITエンジニア)をイメージするのか

より広い視野で事業を捉えられるビジネスリーダーをイメージするのか

外から見ると、ユーザー企業のIT組織は、会社全体を視野において企画を練り、実践に移す機会に恵まれた数少ない部署です。

実際、私の顧客で、10年前、質問者さんのような問題意識を常にもたれていたIT組織の若手の方が、今では経営企画部で経営層から全幅の信頼を得て辣腕をふるっておられる方がいます。

足元にある、具体的な目標の達成で「成功」を図る実直な姿勢とともに、質問者さんの今の思いも大切に持ち続けていただきたいと思います。今は壁にぶち当たることも多いかも知れませんが、そうした経験の一つひとつが積み重なって、きっとある日、大きな実を結ぶことと思いますし、そうした姿勢を志ある若いPJメンバーがきっとどこかで見ていて、質問者さんの後を追いかけて、力になってくれると思います。

No.4です。
先の回答は、まだ入力途中の段階で誤って投稿してしまったので、読みにくい文章だったと思います。きちんと読んでいただいて恐縮です。
少し続きを書かせていただきます。

私はIT企業でプログラマーからコンサルタントへとキャリアを積んできたのですが、もともとユーザー企業で働き、ITを考えてきたキャリアをもつコンサルタントの前では、自分の限界を感じることがしばしばです。
そのような特定の業界・業務の現場で働いてきたコンサルタントの言葉の前では私のようなコンサルタントの言葉...続きを読む

Q官僚の既得権益 具体例 

地方分権がなかなか進まない原因のひとつに、中央の官僚が既得権益を失いたくないからという面があると聞きます。

政治家であれば建設に関わる業者から企業献金を受け取るなどの権益を受けれるのはなんとなくわかるのですが、官僚の場合は具体的にはどのような仕組みで甘い汁を吸っているのでしょうか?  

Aベストアンサー

各省庁の出先機関。つまり、天下り先。

今、問題になってる八ツ場ダムも、仕事がなくなると人員整理されるから、仕事を増やすために、不要不足の仕事としてでっち上げて来た嫌いがあります。

甘い汁でしょう。半年、1年で天下り先から退職金なんだもの、笑いが止まらないでしょう。

Q中小企業のIT化について

社内SE業務をしている中小企業の社員です。
これから社内をIT化をしようとしています。中小企業ですから
あまり多額に投資はできません。何とか経営陣にアピールして
いきたいのですが戦略や検討の中でよい方法論などどんなことでも
結構です。経営ITのサイトなど教えて頂ければと思います。
経営者が難しい人物で今日「だめ」だったら「明日」は良いと
自分の機嫌で決める人なので難しいですが必ずIT化を成功させ
会社に利益を上げたいのです。納得させる戦略を教えてください。

Aベストアンサー

いい面を前面に出しマイナス面も伝えながら提案すればいかがでしょうか?
ただ、経営者側の強引なくらいの後押しがないと中小企業は大変だと思います。
IT化=年配者は特にはむかいます。ある意味、人減らし効果が主になるのと
思うので今の仕事を守ろうと何でもパソコンの責任にされる恐れがあります。
私はこれで苦労しましたからね
自分の仕事のミスによる遅れでもコンピュータが、、て言葉を何回もおばさん達
(一応、役職者)から聞きました。社長も理解できないのでコンピュータ
(=私になるのですが、、、)が悪いんだと思い込んでいました。
お陰で苦労しましたが少しずつシステム化して仕事のスピードの違いを
実際に見せているとうとい社長でもある程度効率化には優れていたということは
私がやめてから理解したようです。
(けんかしてやめたので後から気が付いてなきついてきました)
やっぱり社長にわかりやすい効果から提案すればいかがでしょうか?
それを理解できない社長や邪魔をする職員が多いと大変ですが、、、

頑張ってください。

Qインドに於ける政治や社会の「ヒンドゥー化」の具体例は?

こういう記述に出合いました。
――地域主義は、1980年代と1990年代の世界を貫く支配的な考え方である。イスラム世界では、イスラム教の復興や「再イスラム化」が至上命題となっている。インドでも西欧的な制度や価値観を否定し、政治や社会の「ヒンドゥー化」をはかることが、時代の流れである。――

イスラム圏の場合はそれなりに分かるのですがインドの場合が分かりません。インドに於ける「ヒンドゥー化」といったとき、政策や社会の風潮の変化に何か具体的な心当たりがありますか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えばバレンタインデーやディスコなどを排撃し、男女の交際についてかなり禁欲的な価値観を前に出していると報じられています。
しかし伝統的なヒンドゥー教でも男女の交合をかたどった神像がしばしば見られるなど、決して性や男女の交際に禁欲的というワケでは無いのです。
このように現在の「ヒンドゥー化」については「反西欧」の傾向が強く、過去の植民地化などによる不満のはけ口となっていると言われます。

Q戦略系コンサルティングファームへ転職可能か?

私は、36歳でネット広告代理店の経営戦略関連部門にて部長をしています。転職暦は4回(大手OA機器のソリューション営業⇒ベンチャー営業企画⇒ベンチャー営業企画(経営不振)⇒市場調査会社⇒現在です。大阪の中堅私大出身です(現在は東京)
このような、私は戦略系のコンサルティングファームの採用基準を満たしているでしょうか?
■業務経験
B2B営業
(大手企業・総合代理店・政府対象でコンサルティング営業)
営業企画(顧客マネジメント・セミナー・講演)
市場調査(企画・分析・報告・提言)
 ※分野とては、ブランド・プロダクト・CS・ES
新規事業開発(リサーチ・交渉)
内部業務改善(フローのBPR・CS・顧客管理)
マネジメント(組織最大人数4人)
IT
 Excel(財務関数以外・ピポッドテーブル)
 PoerPoint
 Acsess(クエリー・簡単なDB構築)
 SPSS(回帰・数量化II・III・相関・決定木等)
英語:TOEIC:750点
  (添削前提で、英語でのリサーチ報告書作成経験あり)
現年収:850万円

転職の可能性、ポスト、待遇の可能性などご教示頂ければ幸いです。

私は、36歳でネット広告代理店の経営戦略関連部門にて部長をしています。転職暦は4回(大手OA機器のソリューション営業⇒ベンチャー営業企画⇒ベンチャー営業企画(経営不振)⇒市場調査会社⇒現在です。大阪の中堅私大出身です(現在は東京)
このような、私は戦略系のコンサルティングファームの採用基準を満たしているでしょうか?
■業務経験
B2B営業
(大手企業・総合代理店・政府対象でコンサルティング営業)
営業企画(顧客マネジメント・セミナー・講演)
市場調査(企画・分析・報告・提言)
 ※...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
小生、以前10年ほど外資系コンサルティングファームに在籍しておりましたので、もし参考になれば。

3つほどに分けて気付いたことを記しますと:
(1)戦略系コンサルティングファームという業界はありません。
この呼称はしばしば耳にするのですが、恐らくイメージされているコンサルティングファームの場合、他のコンサルティングファームとは全く別な価値、組織であると考えています。したがって、まずはどのコンサルティングファームに興味があって、そこに対する可能性という風にお考えになった方がよいと思います。それぞれごとに求められる人物像は異なるとお考えください。
(2)とはいえ、一般的に求められるものはあります。
資格や技能の類いはほぼ無関係です。面接場合は職務経歴を参考にしながら、一番見ているのは、物事を簡潔に整理する能力と、新聞や雑誌などと違ったユニークなものの見方を観察することが多いと思います。プロジェクトごとに有機的にチームを組み替えますので、「この人と一緒に仕事をしたいと思うか」という点も重要な観察ポイントだったりもします。
(3)ちょっと心配なのは・・・
36歳ということですが、中途採用の年齢としてはかなり上限だと思います。もちろん、例外はありますので、アピール次第ではあります。ちなみにポストに関しては、他のコンサルティングファームでの実績がなければ基本的には、通常のコンサルタントからのスタートがほとんどだと思います。

ご参考になれば。

はじめまして。
小生、以前10年ほど外資系コンサルティングファームに在籍しておりましたので、もし参考になれば。

3つほどに分けて気付いたことを記しますと:
(1)戦略系コンサルティングファームという業界はありません。
この呼称はしばしば耳にするのですが、恐らくイメージされているコンサルティングファームの場合、他のコンサルティングファームとは全く別な価値、組織であると考えています。したがって、まずはどのコンサルティングファームに興味があって、そこに対する可能性という風にお...続きを読む

Qアメリカ政府は機能するか

アメリカ政府は機能するか
アメリカの下院は野党共和党が多数を占めました。日本なら、衆議院の多数党から総理大臣が選ばれま
す。アメリカも下院で共和党が多数なら、大統領の出す法案は一本も通りません。
日本なら内閣は総辞職します。
アメリカでも大統領の指導力がなくなるはずです。つまり、政府が機能しなくなると思います。
でも、大統領の辞任はありません。どうしてですか。
アメリカ政府が機能停止状態になると誰もが困ります。アメリカの政治ははどうなっていきますか。
教えてください。

Aベストアンサー

>アメリカの下院は野党共和党が多数を占めました。日本なら、衆議院の多数党から総理大臣が選ばれます。アメリカも下院で共和党が多数なら、大統領の出す法案は一本も通りません。
日本なら内閣は総辞職します。

まずは、米国の大統領制と日本の議院内閣制の違いを理解しましょう。
米国の大統領制と日本の議院内閣制は、同じ民主制システムであっても、対極にあるシステムです。

議院内閣制は、議会(立法府)の中から指名された議員が首相(内閣総理大臣)に指名され、その首相が各省庁(行政府)のトップを指名し内閣を構成します。
議会(国会)は、国民の選挙によって選ばれた人々で構成されます。
現代民主主義では、自分たちと主義思想・利害などで結びついた人々が政党を構成し、そうした背景も含め国民が各議員を選ぶことになります。
そのため、「数の論理」から当然最大勢力になった政党(与党)から内閣が組織されることとなります。
ただ、日本は二院制をとっており、衆議院と参議院は別々に選ばれます。
そのため、衆議院と参議院で「与党」が入れ替わるという「ねじれ」が起こる事があります。
法案政策について触れると、衆議院で与党が3分の2以上の議席を占めていれば、「衆議院の優越」が行使できますが、それ以下であった場合、与党と野党はそれぞれ歩み寄らなければ政治空白が生まれることとなります。(今、まさに起こりつつあることです)

一方米国の大統領制は、大統領を国民が直接決めることになります。
当然、その大統領が国会議員である必要はありません。
ただ、現実問題として政党の組織力が得票に直結するので、事実上は民主党か共和党の党首が大統領に選出されることになります。
また、大統領は「行政権」のトップであり、「立法権」のトップではありません。
そのため、大統領には「法案」を提出・決定する権限はありません。
つまり、「行政権」は「大統領」に、「立法権」は「連邦議会」にというように厳然とした区別が存在します。
大統領には「法案」提出の権限が無いと書きましたが、「~~の法案作ってね」と「議会」にお願いすることはできます。
それが、1月に行われる「一般教書演説」というヤツです。
出身政党が議会を握っていれば、この路線にそって「議会」は法律を作っていき大統領のやりたい政策が実現することとなります。
しかし、議会が出身政党とは逆の政党であった場合に「ねじれ現象」が起こることとなります。
ちなみに、「立法府」である議会が決定した「法律」は、大統領の承認が必要となります。
言い換えれば、大統領には法案を拒否する権限(拒否権)があります。
こうなると、大統領(行政府)と議会(立法府)が激しく対立しあい、政治空白が生まれることとなります。
とはいえ、米国は長い民主制の歴史の中で何度か同じような状態を経験しています。
確かに、大統領の指導力も落ち極端な政策はやりにくくなりますが、互いに妥協点を見つけながら次の大統領選挙までの2年間を切り抜けることになります。
その結果、見事に逆転し2期目の政権を勝ち取った人もいます。(ビル・クリントンとか)
また、米国の政党は日本みたいに「党議拘束」などは緩く、議員一人一人が是々非々で判断する場面の方が多いです。
そうした点もあり、政治空白は起こらない(起こることはきわめて少ない)ようです。

ではでは、参考になれば幸いです。

>アメリカの下院は野党共和党が多数を占めました。日本なら、衆議院の多数党から総理大臣が選ばれます。アメリカも下院で共和党が多数なら、大統領の出す法案は一本も通りません。
日本なら内閣は総辞職します。

まずは、米国の大統領制と日本の議院内閣制の違いを理解しましょう。
米国の大統領制と日本の議院内閣制は、同じ民主制システムであっても、対極にあるシステムです。

議院内閣制は、議会(立法府)の中から指名された議員が首相(内閣総理大臣)に指名され、その首相が各省庁(行政府)のトップを指...続きを読む

Qアメリカ政府は、なぜ原油高に対して懸念を示さないのか?

昨年2006年の原油高の時は、アメリカ政府が戦略備蓄の放出や大統領が懸念表明をしていましたが、今年は現段階でそういう動きが見られません。
アメリカ政府は何か、意図があるのでしょうか?

Aベストアンサー

原油高をアメリカが決定しているわけではないのでは?
マーケットがあるというだけで。実際、懸念していますよ。
価格高騰にたいして、採掘調査費を増やさないのかと反発がでているようです。

しかし、アメリカは農業国です。
燃料用エタノールが値上がりすれば、コーンの価格も上昇します。
そちらで利益がでているので、原油ではマイナスでしょうがトータルではそれ程損はしてないのかも。

Q大きな政府 小さな政府

最近、大きな政府、小さな政府といわれますが、
詳しくはどのようなことを表した言葉なんでしょうか?
大まかなところはわかるのですが、詳細がよくつかめません。
どなたか詳しい方、教えて下さい!
明日質問がまわってくるかも知れないので、
できれば、すぐに回答が欲しいです。
お願いします!!

Aベストアンサー

政府主導で、公共事業など注力→コスト大→増税→景気後退=大きな政府
政府は口を出さず自由競争を促進→コスト小→減税→景気活性化=小さな政府

ということではないでしょうか。どちらも経済を支える手法ですが、そのときの経済情勢によってどちらが好ましいかは判断されるところでしょう。

ちなみに、現在のアメリカ経済再生の基礎を作り出したレーガン大統領は、小さな政府を目指し、大型減税政策の軸として、アメリカ経済を再生の軌道にのせたといわれてます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報