y=√^x+1/√^(x+1)の微分が計算できないんですけど教えてください。数(3)の微分です。

A 回答 (5件)

こんにちは!お勉強がんばっていますね。


ところで、√^xは√のなかがxで良いんですよね?
それで話をすすめます。
さて、√x=x^(1/2)はわかりますか?
   1/√x=x^(-1/2)もO.Kですか?
数(2)の指数関数で勉強済みですね。
また、y=x^nの微分はy’=n*x^(n-1)
は大丈夫ですね?
それでは行きます。
y=√x+1/√(x+1)
 =x^(1/2)+(x+1)^(-1/2)
と表して、
y’=1/2*x^(-1/2)
  -1/2*(x+1)^(-3/2)
となります。
ポイントをおさえておけば大丈夫だよ。
もし、質問の式がnewtypeさんの形であればそちらをきちんと見て勉強してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆様ありがとうございます。なんとか自分でけいさんしてみました。

お礼日時:2001/09/27 23:59

微分で覚えておくべきことは


ライプニッツ則:(fg)'=f'g+fg'と
線形性:(f+g)'=f'+g'、(kf)'=kf'
だけです。
ルートは1/2乗、商の分母は-1乗と読み替えましょう。

p.s.
むやみに暗記しようというのはよくありません。
計算をたくさんやっていつのまにか覚えてしまったというのがベストです。
    • good
    • 0

y=√(x)+1/√(x+1)


 =x^(1/2)+1/(x+1)^(1/2)
 =x^(1/2)+(x+1)^(-1/2)
なので、
そのまま微分の公式に当てはめて、
 dy/dx=(1/2)*x^(-1/2)+(-1/2)*(x+1)^(-3/2)
のような気がします。

これでは、だめでしょうか?
    • good
    • 0

もし私があなたに教えてれば計算程度で悩まさないのに。


商の導関数の公式に当てはめるだけです!!!
y={1+√(x)}/√(x+1)をxで微分ができないんですよね。
基本となる公式をまず覚えましょう。それをしないで複雑な計算するのは航路の定めかたを知らずに太平洋に行くようなものです。知らなかったら流されてサモア島に行くのが落ちです。

yの微分は
dy=[1/{2x^(3/2)}{(x+1)^(5/2)}]dx

導関数は
dy/dx=1/{2x^(3/2)}{(x+1)^(5/2)}

以上
    • good
    • 0

ルートを1/2乗って考えれば計算できた様な気がします。


間違ってたらゴメンナサイ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q線形です (1)を x+3y-2z=0 x-2y+4z=0 x^2+y^2+z^2=1をもちいて 答

線形です
(1)を
x+3y-2z=0
x-2y+4z=0
x^2+y^2+z^2=1をもちいて
答えが+-の答えになりました
(2)では外せきが8,-6,-5となり
おおきさの5ルート5で割ると
+-の答えにはなりませんでした
どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

外積からでてきた単位べクトルは、外積の定義から、ベクトルa、bに垂直ですよね。
だからそれと正反対のベクトルも、ベクトルa、bに垂直な単位ベクトルだから、これも答えに入れれば
よいのです。つまり外積から出した単位ベクトルの各成分に(-1)をかけた成分のベクトルも答えに
なります。そしてこうして出した2つのベクトルは、先に内積で出した2つのベクトルと一致します。

Q放物線y=(1/2)x^2+xと円(x-1)^2+(y+1)^2=2の

放物線y=(1/2)x^2+xと円(x-1)^2+(y+1)^2=2の両方に接する直線の方程式を求めよ

という問題が解けません。

高2が分かるような解き方がありましたら教えてくださいませんか?;w;

Aベストアンサー

求める直線をy=ax+bとおいて、
(1)放物線とこの直線が接する→(1/2)x^2+x=ax+bとしてこの二次方程式が重解を持つ
(2)円と直線が接する→円の中心からy=ax+bまでの距離が円の半径に等しい

この二つを連立させればaとbが求められます。

Q「(5x+3)^10でx^pとx^(p+1)の係数比が21:20になる時のpの値」と「x+y=1を満たす全x,yに対してax^2+2bxy+by^2

こんにちは。識者の皆様、宜しくお願い致します。

[問1] (5x+3)^10の展開式でx^pとx^(p+1)の係数比が21:20になる時のpの値を求めよ。
[問2]x+y=1を満たす全てのx,yに対して
ax^2+2bxy+by^2+cx+y+2=0が成立するように定数a,b,cの値を定めよ。

[1の解]
(5x+3)^10=10Σk=0[(10-k)Ck 5x^(10-k)3^k]なので
p=10-kの時(k=10-pの時)
p+1=10-kの時(k=9-pの時)より
a:b=pC(10-p) 5^p 3^(10-p):(1+p)C(9-p) 5^(1+p) 3^(9-p)
で 1/(10-p):(1+p)/(2p-8)/(2p-9)=7:4 から
23p^3-199p+218=0
となったのですがこれを解いてもp=6(予想される解)が出ません。
やり方が違うのでしょうか?

[2の解]
与式をx+yという対称式で表せばならないと思います(多分)。
どうすれば対称式で表せるのでしょうか?

Aベストアンサー

 (1)Cをばらして比を簡略化するところで計算間違いがありそうな気がします。その経過をもう少し詳しく書いてもらえませんか?
 (2)a,b,cを求めるにはまず、x+y=1 を満たすすべての(x,y)で成り立つのですから、x+y=1を満たす(x,y)をまず代入してみてはどうでしょうか。候補としては、(1,0)(0,1)(2,-1)など。
 それから計算されたa,b,c でx+y=1を満たすすべてのx,yで成り立つかどうかを確認するという手順でどうでしょうか?

Qx^n-y^n=(x-y)(x^n-1+x^n-2y+x^n-3y^2

x^n-y^n=(x-y)(x^n-1+x^n-2y+x^n-3y^2+・・・+y^n-1)
となるのはなぜですか?
教えてください。

Aベストアンサー

1+r+r^2+・・・+r^(n-1)=(1-r^n)/(1-r)

r=x/yとおくと

1+(x/y)+(x/y)^2+・・・+(x/y)^(n-1)={1-(x/y)^n}/{1-(x/y)}
故に、
{1-(x/y)^n}={1-(x/y)}{1+(x/y)+(x/y)^2+・・・+(x/y)^(n-1)}

両辺にy^nを乗じて
x^n-y^n=(x-y)(x^n-1+x^n-2y+x^n-3y^2+・・・+y^n-1)

Q3x^2+7xy+2y^2-5x-5y+2=(x+2y-1)(3x+y-2)について

3x^2+7xy+2y^2-5x-5y+2を因数分解せよという問題で、xについて整理し、3x^2+(7y-5)x+(y-2)(2y-1)という方針で解いていくやり方と、
yについて整理し、2y^2+(7x-5)y+(x-1)(3x-2)という方針で解いていくとき方の2通りありますが、どちらで解く習慣を身につけておいた方がよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

xやyのどちらの文字で整理するかで決めるのでなく、
次数の低い方、
その文字の現れる項数が少ない方
両方とも同じなら最高次の係数が小さい方
の文字に着目して整理して解くのが基本かと思います。

例題の場合はx,yについて共に2次、項数も共に3項で同じ、最高次の係数も3と2で素数の小さな数ですから、あまり差はありません。後は好みだけの問題でしょう。同じならxと決めて置いても

他の方法としてxとyの両方に着目し2次の項の因数分解
3x^2+7xy+2y^2=(x+2y)(3x+y)
をしてから、一時項を含めた因数分解に進めます。
左辺=(x+2y+a)(3x+y+b)
定数項ab=2に着目してa,bの候補を絞れば良いですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報