◆専仏についての情報ください。◆
考古学の授業で発表するのですが、橘寺のものが一般的に知られているという事しかわかりません。なぜ壁に掛ける専仏ができたのか、というその背景が知りたいです。
よろしくおねがいします。

A 回答 (1件)

專仏について知りたいということですね。


文章をお借りしてお答えしたいと思います。

◆ 専仏
まず、專(この字は無かったのかな。)これは 磚(または部首がつちへん)と表記します。お使いのPCにもたぶんあると思いますよ。

◆ 橘寺のものが一般的に知られている・・・
安倍寺跡や新堂廃寺、禅寂寺、南法華寺、地方の国分寺跡などなど出土例は数多くあります。まずは国分寺跡を調べてみてはいかがでしょうか?

◆ なぜ壁に掛ける専仏ができたのか
これはなぜ壁に掛けるのか?これはわかりません。ただ磚仏はタイルの一種です。壁のみに限定され使用するものでなかったのではなかろうかと考えています。私は中国の随の時代の磚仏をみたことがあるので由来はそれ以前の時代か、他の国にあると考えられます。

近つ飛鳥博物館の常設展で新堂廃寺、禅寂寺の磚仏を見ることができます。お住まいの近くなら行ってみてください。

では、頑張って下さい

参考URL:http://www.mediajoy.com/chikatsu/jousetsu/list1. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

★磚仏についての情報、ありがとうございました。★
◆ひとつひとつ丁寧に答えていただいて、わかりやすく、
とても参考になりました。(磚という字、ありました)
◆わたしも、このgooに質問をしてからさらに自分でも調べを進めていました。岡寺や河原寺・夏見廃寺など、飛鳥地方の寺に多数出土している事が解りました。akiumeさんから教えて頂いた安倍寺跡などはわたしの調べたなかにはなかったので、これから詳しく調べてみたいと思っています。
◆akiumeさんは隋の磚仏を見た事があるとおっしゃっていましたが、わたしも昨日仙台市博物館で行われている中国文明展で、磚を見てきました(何時代かは忘れましたが)。それは仏像ではなかったのですが、生の資料を目の当たりにできて、貴重な体験をしたと思っています。
◆磚を調べることになるまで、磚というものをまったく知りませんでした。まったく知らないものを一から調べなくてはならなかったので、この教えてgooに投稿して情報収集しようと考えたのでした。わたしの中ではかなりマイナーな資料でしたので、akiumeさんからの情報はとても役立ってます。これで、ようやく発表できる位まで内容をまとめていけそうです。
ありがとうございました。
これからもご指導ご鞭撻宜しくお願い致します。
matuking

お礼日時:-0001/11/30 00:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエジプト考古学と考古学者について

エジプト考古学に興味があります。大学で考古学を学ぼうか迷っています。そこでいくつか質問なのですが、

1、早稲田大学では、実際にエジプトで発掘調査にかかわる様な事ことができるとgooの質問に書いてあったのですが本当なのでしょうか?また本当だとしたらどのようにすれば行けるのでしょうか?

2、実際に大学ではエジプトの考古学はどのようなことを教えているのでしょうか?

3、海外(たとえばイギリスなど)の大学に留学することはどのようなメリットがあるのでしょうか?

4、将来的にエジプトなど、現地で発掘にかかわることができるようになったり、学者になるのは実際どうすればいいのでしょうか。それはたとえば、早稲田大学→大学院絵と進み、さらに海外の大学に留学するなどしてもほとんど不可能なことなのでしょうか?

いくつもあってすみません・・・ どれか一つでも、どんなことでもいいので教えていただければ助かります! 

Aベストアンサー

「考古学者になる」という夢は大切にしてほしいところですが、きれいごとだけではすまないかと思いますので、実態を書かせていただきます。
少し覚悟して読んでください。




かつては「留学するだけ」でも「箔付け」にはなりましたが、昨今留学など普通のことになってしまっていますので「留学して何を学んだか」そして「留学経験を同学術研究に生かせるか」が重要になるでしょう。
もしかすると留学で一番のメリットは「海外の研究者との交流」かもしれません。

「考古学者」になるのはさほど難しくはありません。
民間企業に就職しても休日に現地調査に出かけたり、論文を学術雑誌に投稿することはできます。
けれど「考古学者を職業にする」のは相当難しいです。
大学院を卒業しても役所に就職して開発などで破壊される遺跡の調査や保護に携わる人がほとんどで、大学教員になれるのはごくわずかです。
ましてエジプト考古学になると日本国内では限られてしまいますので相当な研究実績を積むか、人脈を構築しないと厳しいです。

Q考古学で有名な大学はどこがありますか?国公立、私立、どこでもいいです!また、考古学の研究に力を入

考古学で有名な大学はどこがありますか?
国公立、私立、どこでもいいです!
また、考古学の研究に力を入れているところや、おもしろい教授がいるところなども知りたいです!
できれば分野も教えていただけると嬉しいです!
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

関東だと、私立で有名なのは明治大学と國學院大學です。あとは、慶応、駒澤、東海、立正、早稲田、国士舘、青山、大正、法政、日本 関西は立命館、大手前、天理、奈良 あたりでしょうか。国立だと京大、東北大、筑波大、茨城大、阪大、九大、岡山大、広島大、名大。
各大学が得意な分野というのは確かにありますが、考古学の基礎はどの分野でも同じですし、研究者の数も限られているので、自分がやりたい分野が見つかればどの分野でも調査して論文を書くことは出来ます。卒業論文が研究生活の第一歩で、その後はひとりの研究者としてなにがしかの研究をしていくので、自分で自分の道切り開いていく強さが必要です。どこの大学に行ったからどの分野をやるというものでもないことはご了解ください。

Q画文帯四仏四獣鏡は古墳時代の仏教徒が作った物?

5世紀頃の副葬品と言われていますが
日本で造られた物なのでしょうか?
3、4世紀以前の物は存在しないのでしょうか?
それともこれは渡来品ですか?

Aベストアンサー

ここにある説明では、日本で製造したコピー品があるような説明になっています。
http://www.iida-museum.org/cgi-bin/bunkazai/weblib.cgi?mode=read&indx=&class=&word=%89%E6%95%B6%91%D1%8El%95%A7%8El%8Fb%8B%BE&cond=%91S%82%C4%82%CC%8F%F0%8C%8F%82%F0%8A%DC%82%DE&page=0&view=1
「本鏡と共通したものに河内国金剛輪寺伝来の一面(現京都国立博物館蔵)がある。本鏡は大和王権による配布鏡である可能性が強く、当地方の重要度を物語る資料といえる。」
http://www.museum.city.nagoya.jp/siryohokan03.html
「この故宮鏡は、大須二子山古墳、千葉県鶴巻塚(つるまきづか)古墳と岡山県王墓山(おうぼさん)古墳の、3面の画文帯仏獣鏡と同型の鏡の可能性が高い。同型の鏡というのは、もとになる1面の鏡から型取りして複数の鋳型(いがた)を作り、その各鋳型で鏡を鋳造する。もとが同じ鏡だから、文様や銘文、傷までそっくりな鏡ができる。」
 
コピーは、原型を使って作るので、原型ができた後で造られたことになり、
 
http://www.emuseum.jp/detail/101143?d_lang=ja&s_lang=ja&word=&class=10&title=&c_e=&region=&era=&cptype=&owner=&pos=1&num=5&mode=detail&century=
「文様や図像からみて、原鏡は4世紀頃に中国で製作されたと考えられる。しかし、日本出土品は、いずれも原鏡を粘土などに押しつけて鋳型を作り鋳造した踏返し鏡で、確認できる例は5~6世紀の古墳から出土しているので、その製作年代は5世紀以降に下ると考えられる。」
 
また、模様から考えて、道教、神仙思想、仏教の混淆したもので中国の当時の宗教事情を反映していて、原型を造ったヒトは、いわゆる仏教専門の信者や仏教専門の帰依者などではないでしょう。
 
日本では、王権あるいは有力部族が地方勢力を勢力下にしたときに、権力・権威の証し・ステータスシンボルとして配布したもので、いわゆる宗教とは関係がないと考えても良いと思います。 中国や朝鮮からまだ経典がきて、専門の僧が宗教儀式を行うようなことは、この時代の日本にはなかったでしょう。 中国、朝鮮から高度な技術や品物と技術者、有力者が日本にたくさん渡来しましたから、そうした人が自分の信仰や宗教的儀礼を持ってきたことはあるはずです。
日本への仏教の公の伝来は6世紀です。(上記の状況では、それ以前に、個人的に持ち込んだ道教、神仙思想、仏教はあったでしょう)
四獣鏡という名前からもわかるように、もともと、中国の神話、天の四方の方角を司る霊獣で本来は仏教とは無関係で、後に中国に仏教が伝わったときに、それも取り込んで新たな中国式神仏混淆の宗教になったものです。 鏡を重視するのもそのためです。(仏教には関係ないです)

ここにある説明では、日本で製造したコピー品があるような説明になっています。
http://www.iida-museum.org/cgi-bin/bunkazai/weblib.cgi?mode=read&indx=&class=&word=%89%E6%95%B6%91%D1%8El%95%A7%8El%8Fb%8B%BE&cond=%91S%82%C4%82%CC%8F%F0%8C%8F%82%F0%8A%DC%82%DE&page=0&view=1
「本鏡と共通したものに河内国金剛輪寺伝来の一面(現京都国立博物館蔵)がある。本鏡は大和王権による配布鏡である可能性が強く、当地方の重要度を物語る資料といえる。」
http://www.museum.city.nagoya.jp/siryohokan03.htm...続きを読む

Q考古学者で「ナダヤック」という人物を知っている方教えてください。

小説の中で出てきた「ナダヤック」という人物なのですが、どうも石器時代のことに詳しい学者として上げられているようでした。その証拠に「アーサー・エヴァンス」と並び称されていました、小説なので架空の人物かもしれません。もし知っている方や架空の人だと思われる方、教えてください。私も石器時代のことについて興味があったもので、どうしても気になります。回答お願いします。

Aベストアンサー

出典元の小説とは何という本ですか?
シリーズものだと、以前の巻にでてきたその小説上の登場人物である可能性があります。
またカタカナ表記であることから、翻訳する際に一般的に通る名称と異なる表示になっていることもあります。

あとアーサー・エヴァンスは実在の考古学者のようですが、石器時代に関する研究者ではないですね。研究対象がずいぶん違いますので、それと比較して取り上げているのも違和感がありますね。

Q考古学って?

大学生です。
考古学についとのレポートを書かないといけないのですが、考古学とはどの範囲までのことをいうのでしょうか?
妖怪学を主とし、民俗学についてレポートを書きたいのですが、人骨を取り上げた説明をするだけでは考古学とは言えないでしょうか。
なんとなく考古学というと、遺跡や、陶器や農具等を研究するイメージがあるのですが、人骨の研究も含有しえるのでしょうか。

また、絵や陶器・像等の考察により歴史文化を推測する場合、美学美術史と考古学との違いはいったい何であるといえるのでしょうか。


ご存知の方、何卒ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1の回答は完全な誤りです。
弥生時代どころか「近代考古学」という分野さえありますし、人骨そのものを研究するのは考古学ではなくて「人類学」です。ちなみに化石は「古生物学」です。

考古学とは「遺構と遺物から歴史を研究する」という学問です。よって人骨だけを取り上げただけでは考古学ではありません。
無論、「出土品としての人骨」は考古学的調査により得られます。

絵や陶器、像などの「美術的分野」に言及するならばそれは「美術史学」ですし、絵や陶器、像の「歴史的価値・意味」に言及するならば「考古学」あるいは「歴史学」です。
ただし、絵画は壁画などの遺跡から出土するようなものに限られ、油絵などは基本的には考古学の分野ではありません。
ただし、絵画から得られる情報を遺跡に投影して考察することはあります。

いずれにせよ妖怪学と民俗学から考古学に持っていくのはかなり難しいかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報