自分で行っている株式投資の資金で会社を設立して、投資会社を設立したいと考えています。運用するのは基本的に自己資金のみです。
会社組織にするとパソコン等の設備を経費にできり、損金を繰越しできたり、長い目で見て得な事が多いような気がするのですが、メリット、デメリットを教えていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず、有限会社株式会社にしたら、有限責任になりますので、有限300万と株式1000万 までの責任です。

投資会社ならかなりのメリットですね。損して倒産しても責任分だけ返せばいいんですから。 上に書いてある質問、会社として考えれるもの全て会社の必要経費に出来ます。恐れなくても勇気を持って申告しましょう。有限の場合自己資本分300万を銀行にもって行き、銀行で保管証明をとらなくてはいけません。それからは書くのせからしいからそっちの知りたいこと書いてください。答えますので。私の会社は有限会社です。社長やってますのでほとんどの回答できるでしょう。それと有限会社で営業を一年間ほとんどしていなくても年間市県民税が6万円かかります。それと僕に聞かなくてもここのURLの担当者は無料でなんでも詳しく教えてくれますよ。

参考URL:http://www.kaigyou.com/open.htm
    • good
    • 11
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。
周りに自営業の方がいなくて解らない事だらけなので教えていただけて助かります。

自宅の家賃の一部や電気・光熱費も経費として認められるのでしょうか?

個人名義の特定口座で10%払うのと、会社組織を作る場合、損益分岐点はどうなるのでしょうか?
私は税率10%のサラリーマンで家内は専業主婦です。

お礼日時:2005/05/23 23:53

思いつくだけ書きます1有限設立して最初の二年間は消費税いらないです。

2有限設立したら厚生年金と社会保険に半年以内くらいに入らなくてはならないです。料金は奥さん基礎年金入れて、あなたの給料10万円→調整入れて払う金額3.5万円位、定年後もらうお金年額82万円と奥さん分60万円。てか書くのがありすぎて書けない。自分で調べましょう。さっきのURLで登記の費用設立の仕方は完璧分かります。担当者がほかのことも完璧に教えてくれますからそっちに聞いてください。有限設立でも覚える量は半端じゃないですよ。あと誰か奇特な方が僕の代わりに教えてくれるでしょう。とにかく投資会社設立で奥さんがいるならなら絶対有限会社にした方がいいのは間違いなし。誰がなんと言おうと間違いないです。乱文ですみません。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございました。
いろいろ調べてみます

お礼日時:2005/05/24 22:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFX投資会社

FXをやっています。
現在は、FXA証券で取引していますが
大丈夫でしょうか?
FXONLINEも最近手数料無料、スプレッド小さいので
こちらに変更しようかと思っています。

Aベストアンサー

FXの業者は法改正後も結構な数が生き残っています。
それゆえ今後も合併、吸収や撤退など淘汰が続くかと思われます。
おたずねのFXA証券もマン・グループという英ヘッジファンド運用大手の会社に買収されたというニュースもあります。

さて、倒産云々のお話ですと…
いくら法で保護されていようがその際の資金回収は手間が、
そしてなにより時間がかかるのが困りもの
なるべく倒産リスクの低い会社を選びたいところです。

が、業界大手といえども安心できない以上
何社かに分散するぐらいしかリスク回避の手段はないんじゃないでしょうか?
むしろ潰れるときにはどこもかしこも連鎖して倒産しそうで怖いです。

自分で決めた額(100万円でも1000万円でもかまいません)を超えたら
その分をまったく別のリスクの低いものへ移した方がよいと考えています。

わたしは取引成績がへっぽこなので目標額に達したことはありませんが、
ここ数年は一年分の利益はすべて年明けすぐにETFなどの
購入に充て、FX預入額が大きくなりすぎないようにしています。

何千万も投資するようなアセットではないと思います。
(私の場合、そんな額持ってないので関係ありませんが…)

FXの業者は法改正後も結構な数が生き残っています。
それゆえ今後も合併、吸収や撤退など淘汰が続くかと思われます。
おたずねのFXA証券もマン・グループという英ヘッジファンド運用大手の会社に買収されたというニュースもあります。

さて、倒産云々のお話ですと…
いくら法で保護されていようがその際の資金回収は手間が、
そしてなにより時間がかかるのが困りもの
なるべく倒産リスクの低い会社を選びたいところです。

が、業界大手といえども安心できない以上
何社かに分散するぐらいしかリスク...続きを読む

Q法人設立時の設立前の経費

七月の一日に会社を設立【法人成り】したんですが
六月に会社設立に使った司法書士さんへの報酬は開業費として七月に経費として経上して良いのでしょか?

Aベストアンサー

いいと思います。
当社から分社した会社も経費で処理しました。

Q投資会社

投資会社も、証券会社に口座をつくっているんですか? 投資会社が投資するための金は、どこから用意しているのですか?株式発行ですか? そして、投資して得た 投資会社の利益は、税金としてどのくらい とられているのですか?

Aベストアンサー

>投資会社も、証券会社に口座をつくっているんですか?

そうみたいです。
市場以外にも直接売買する場合もあります。

>投資会社が投資するための金は、どこから用意しているのですか?

元手と借金(信用取引も含む)です。
株式発行などもあると思います。

>投資会社の利益は、税金としてどのくらいとられているのですか?

これは普通の法人と同じルールだと思いますよ。

Q有限会社設立後の年間経費

御世話になります。
有限会社を設立後、収入が無くても掛かる必要経費と言うのは幾らくらいになりますか。

Aベストアンサー

補足要求へのご回答ありがとうございます。

#1以外に考えられるものと補足です。

>会社は2人の共同経営
お二人は取締役ということであれば、役員報酬と考えてよろしいでしょうか?そうすると、社員の給与ではなく役員報酬が売上が無くてもかかりますね。ただし、取締役ですから会社の経営状態によって報酬額が決定しますので、無給(報酬なし)という状態も考えられます。役員報酬に付随しますが、もし会社で社会保険に加入された場合は、会社負担分の社会保険料(=法定福利費)も発生します。

・仕事を獲得するための会議費(お客様との昼食代や喫茶代)、交際費などもあります。会議費は1人2500円くらいが目安とよく聞きます。たとえば、昼食時にビール1本くらいであれば、会議費で落とすことも可能ですが、昼食時に懐石料理を食べて、お酒を飲んで、一人5000円などというのであれば、一般的に会議費ではなく交際費となります。領収書をもらうときも気をつけましょう。「お食事代として」(=金額が一般常識内であれば会議費として認められます)というのと「飲食代として」(基本的に交際費となります)では、税務調査等が入った場合の受け取り方が違うそうです。また領収書の裏面に、誰(人数がわかるように)と何の目的で行ったかをきちんと明記しておいたほうがよいです。
資本金1000万未満の有限会社ですと、年間400万までは認められますが、支出額の20%は課税されます。400万円以上は、全額課税です。

・家賃ですが、自宅を事務所とする場合は、自宅所有主と会社とで賃貸借契約を締結し、それにのっとって家賃を支払います。たとえば、自宅が賃貸で月10万の家賃の場合、会社が10万の家賃を支払うのは、一般概念上認められるものではありません。2~3万くらいが妥当かと思います。また、家賃を受け取った方は、確定申告時に家賃収入の申告をしなければいけません。

・費用については、あげるとキリがないので、一般的によく使用するものを書きましたが、10万を越えるような場合は、経費ではなく資産として計上します。たとえば、会社で応接セットを購入したり、サーバー・PCを購入したりなどです。10万~20万の場合は、一括償却資産といって、普通の減価償却ではなく、3年間で均等割して償却することも可能です。車など20万を越える場合は、税法にのっとって減価償却を行います。この減価償却の部分が会社の費用となります(実際にお金は出ませんが)

ざっくりと書きましたが、ご参考になればと思います。

補足要求へのご回答ありがとうございます。

#1以外に考えられるものと補足です。

>会社は2人の共同経営
お二人は取締役ということであれば、役員報酬と考えてよろしいでしょうか?そうすると、社員の給与ではなく役員報酬が売上が無くてもかかりますね。ただし、取締役ですから会社の経営状態によって報酬額が決定しますので、無給(報酬なし)という状態も考えられます。役員報酬に付随しますが、もし会社で社会保険に加入された場合は、会社負担分の社会保険料(=法定福利費)も発生します。

・...続きを読む

Q投資会社設立にあたり、それ以外の会社目的について

FXの法人口座を目的として投資会社を設立しようと思っています。
今はやるつもりがありませんが、販売やインターネットビジネスにも興味があるので、
会社目的にあれこれ詰め込んでおくべきか悩んでいます。
大雑把にですが、
・インターネットでの広告業務
・インターネットを利用した各種情報提供サービス
・輸入雑貨の販売
・古物の売買
このような会社目的を詰め込んでおいてもいいものなのでしょうか?
投資会社として運営するのに不利益なら入れないでおこうと思っています。
関係のない会社目的(不動産と風俗とか)を合わせると法人銀行口座を作るのを断られたなど聞いたことがありますので、
他業種の会社目的をどの程度なら入れて良いのかわかるかたアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

私はNO.1の方の回答と逆です。
定款は将来やりたいもの、やる可能性が少しでもあるものは書いておいたほうがいいです。
定款に書いたから絶対にやらなければいけないというものではないですし。
定款に書いてないことを将来やりたくなったときには定款を書き換えなければならないのですが、書き換えるだけで何万円もかかるんですから。
ただし風俗とかマイナスイメージになるものは書かないほうがいいですね。

Q会社設立のメリット・デメリット

個人事業主としての給与と、個人事業から会社を設立してその会社の代表取締役としての給与(報酬)はどちらの方がメリットあるのでしょうか?
若しくはどこかの従業員として給与を貰った方が一番のメリットがあるのか?

それぞれのメリット、デメリットを教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人事業と比較して
会社設立のメリット 
・ 節税
・ 取引先の信用を得られる
・ 金融機関からの融資が受けやすくなる
・ 事業の継続が楽になる
・ 責任の範囲が狭くなる
会社設立のデメリット 
・ 赤字でも税金がかかる(7万円前後)
・ 交際費が一部経費にならない
・ 帳簿が複雑化し、事務処理コストが上がる

従業員給与のメリット
 ・申告しないでいいので手間がかからない
従業員給与のデメリット
 ・節税できない
 ・直接の信用を得られない
・金融機関からの融資が受けられない
・事業の自由がきかない

どれがいいのかは、ご自身の所得水準や家族構成、
その他、たくさんの要因を考えないと正確にはわかりませんし

一つ一つはここに書ききれない量のことを検討しなくてはなりません。
会社設立が得意な税理士に相談したり下記サイトも参考にしてみてください。

参考URL:http://www.j-kaisya.com/03_merit_00.html

Q投資会社で働いてみたい

投資会社で働いてみたいんですけど、投資会社の給料って、歩合制なんですか?会社の社長から渡されたお金を投資して、それで得た利益の中から何%か、報酬としてもらうんですか?だとしたらもし、投資に失敗したらどうなるんでしょうか。

Aベストアンサー

投資会社もピンキリですから全ての会社に当てはまるかは、どうか…
イメージとして社長からポンと現金渡されてってのはまずありません。 そういったところだったら、とっとと辞めましょう^^

投資会社といっても皆が皆、投資しているわけではありません。 投資をする資金調達部門、プリンシパル投資部門、顧客(個人・機関)投資、リサーチ・アナリシス、間接部門(総務・法務・HRなど)色々あります。

コンプのストラクチャーは、ある程度以上のところであれば、固定+インセンティブです。 

上記は、欧米でいうところのInvestment bankを想定しています。 昨今「投資」といっても色々あるので十分リサーチされると良いでしょう。 

Q会社の設立と経費について。

たとえば、有限会社立ちあげる場合、
300万必要なんですよね。
では、それはどこまでの経費についてなのでしょうか?
土地価格?雑貨などの費用?それとも、小物、メディア部分を除いた活動資金?

どこまで用意できればよいものなのでしょうか?

また、これが株式会社である場合はどうなるのか。
同じく個人事業主の場合は?

暇なときに回答寄せてください。

Aベストアンサー

 話を簡単にするために設定を単純化します。

 資産家のAさんは自分のお金を出して商売を始めることを考えました。そこで商売に詳しいBさんにお願いして事業をしてもらうことにしました。Aさんは、自分のお金1,000円を事業に投下しました。Bさんは、そのお金で600円の品物を買って営業活動を行ったところ800円で売れ200円の利益が出ました。AさんはBさんにお礼を120円払い80円を自分がもらいました。

最初の状態は、
        現 金1,000円/資本金1,000円

600円の商品を仕入れたとき
        商 品 600円/資本金1,000円
        現 金 400円

営業の結果利益を出したとき
        現 金1,200円/利 益 200円
                  資本金1,000円

Bさんに120円のお礼を払ったとき
        現 金1,080円/利 益 80円
                  資本金1,000円

 ごらんになっておわかりのようにどの局面でも資本金の1,000円は変化しません。しかしその実態は何なのか指をさして示すことはできません。前出の通り利益と資本金をあわせたものを自己資本と呼びますが、資産総額(最後の局面では1,080円)から負債総額(この場合はゼロ)を引いたものが自己資本となります。

>>現物出資の場合その価値の公的証明が要求されます。
>これは、役所で決めてもらうと言うことですよね。

 下記サイトに株式会社の例がありますが、原則として「税理士の価格証明や裁判所に選任された検査役の調査の結果」の証明が要求されます。
http://www.sasakijimusho.com/a07-genbutsusyussi/a07-01.htm

>この債務超過とは何年まで普通認められるものでしょうか?

 営業の継続により利益が見込めるならお金を貸してくれる人もいるでしょう。その貸してくれる有力な貸し主が手を引いたときが一応の区切りになります。具体的には2回目の手形の不渡りを出したときに事実上の「倒産」となる会社が多いようです。
http://www.laputa2000.co.jp/tosan/1.htm

>では、出資者が法人、事業体活動の名目上資本金を使用すると言うことになるのでしょうか?

 名目上ではなく、「実質的」に考え行動しなくてはなりません。

 冒頭の例でいいますと、お金を出したAさんから信頼されて経営を任されたBさんが、その1000円というお金でパチンコですったとします。Aさんがいくら経営能力のリフレッシュのために、名目的にパチンコをすることが必要であったと主張したとしても、客観的にみて正当な出費とは認められません。この場合は横領などの違法行為に問われることもあります。名目上の主張は無視され、実質性だけで考えることが要求されます。

 Aさんは出資者でありBさんは経営者ですが、経営者は客観的な判断に基づき誠実にその義務を履行しなければなりません。

>PC,電話加入権などのつもりで言ったんです。

 これらは資産となります。その資産を購入するための原資は事業開始時は確かに資本金ですが、資本=資産という考え方はしません。あくまで資産は資産、資本は資本です。例えば冒頭の例でBさんが客観的経営判断により31万円のパソコンを買ったとします。当初お金は1000円しかないわけですから、買うためのお金はどこからか調達しなければなりません。それを借入金でまかなうとすれば、負債が発生します。ではそのパソコンそのものは負債になるのか、というとそうはなりません。やはり資産となります。

 このように何を原資に購入しようが資産は資産なのです。単純に当初の資本金を原資に購入した資産は資産になるのか、借金して買った資産は負債になるか、というと両方ともそうはならないのです。

 ちなみに電話加入権は資産ではなくなる方向にあるようです。
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/special/47/naruhodo117.htm
 パソコンも10万円以下なら消耗品扱いできます。ですので資産としては残らないこともあります。車とか土地や建物は紛れもない資産ですが、土地を除いてその価値は時間を追って消耗していると考えます。

 日本の場合は出資者と経営者が十分分離されていない現状がありオーナー=経営者だと無意識に考えてしまいますが、建前としては法人である会社と個人である出資者の立場は違うと考えます。また節税や個人の財産の保全のため(相続税が高いので)に法人制度を使い便宜的に会社のふりをしている人もいます。建前はどうであれ実際はなんでもありです。

 話を簡単にするために設定を単純化します。

 資産家のAさんは自分のお金を出して商売を始めることを考えました。そこで商売に詳しいBさんにお願いして事業をしてもらうことにしました。Aさんは、自分のお金1,000円を事業に投下しました。Bさんは、そのお金で600円の品物を買って営業活動を行ったところ800円で売れ200円の利益が出ました。AさんはBさんにお礼を120円払い80円を自分がもらいました。

最初の状態は、
        現 金1,000円/資本金1,000円

600円の商品を仕入れたとき
   ...続きを読む

Qベンチャーキャピタルと投資会社

ベンチャーキャピタルと投資会社は同じものなのでしょうか?
ベンチャーキャピタル=投資会社と考えて良いのでしょうか?
違いなど分かる方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

投資会社の中にはベンチャーキャピタルの性格を持つものもありますが、ベンチャーキャピタルと関係ないものもあります。

投資会社は、資金をかき集めてきて、その資金うまく運用して利益を投資家に還元する会社です。運用方法はいろいろありますが、その運用先の一つとして、ベンチャー企業があり、ベンチャー企業に資本参加する手法を多くとっている会社がベンチャーキャピタルと呼ばれています。

Q株式会社を設立すると経費は・・・

知識不足なのですが
新会社法で株式会社を作った場合、
会社の活動(例えばHP作成など)
の他に何をすればいいのでしょうか?
決算とかあるようですが
これはどのようにしてするのでしょうか?
それにかかるお金はいくらぐらいなのでしょうか?
まだまだ勉強不足で企業レベルではなく
質問です。

Aベストアンサー

 Ero-pariさん こんにちは

 法人・個人関係なく事業をする上で最低限確定申告をしなければなりません。そうしないとどの程度の税金を課せたら良いのか税務署も解らないですよね。
 確定申告する上で最低限必要なのが帳簿付けです。詳しくは簿記を勉強して下さい。簿記の知識が有れば、全ての確定申告作業はご自身で行なう事が可能です。全てご自身で行なえば、費用は掛かりません。今風の方法で行なうならPCの会計ソフトを使う事になります。ソフトの使い方にはエクセルやワードが使える位のPCの能力が有れば誰でも使えるソフトなんですが、マニュアルも簿記が解っていると言う事を前提に記載されている為、言ってしまえば簿記の最低限の知識が無ければチンプンカンプンで多分使えないでしょう。実務で使える最低限の簿記の知識は日商簿記で言えば3級になります。最低でも3級の知識は得られた方が良いでしょう。会計ソフトを買ってそして簿記学校で日商誤記3級の講座を受けるとして、ソフトが3万円位・簿記学校の日商簿記3級講座の受講料(入学金込み)で5万円位です。
 日商簿記3級の知識は、個人事業主が自力で確定申告出来る最低限の知識能力です。法人の場合は確定申告時に添付する書類等が個人以上に内容が難しく、自力で全てを行なうなら日商簿記2級の知識能力が必要になります。ですが、そこまでの知識能力が無くても最低限のきちんとした帳簿付けを行なっていて確定申告時の書類作成を税理士に依頼する方法があります。この場合ですと日商簿記3級クラスの知識でも大丈夫です。この場合は税理士さんに報酬を支払う事になります。現在の相場がわかりませんが、約10年前に父が払っていた金額では6万円位でした。

 事業内容が解らないので何ともお答え出来ませんが、もし事業内容が商品を持たない事業なら棚卸は一切必要有りません。1品でも商品が存在すれば棚卸をしなければなりません。棚卸は、在庫商品の金額が幾等かと言う事を出す作業です。在庫商品が大量に有って1人では出来ない場合は誰かを使うんでしょうけど、概ね頑張れば1人でも可能でしょう。もし誰かを使えばそれなりの人件費が掛かりますが、それ以外は費用は殆ど掛かりません。

 もし従業員を雇った場合は、その従業員に対しての給料の源泉徴収とか厚生年金や社会保険等諸々のものが存在します。

 事業を起して事業主になると言う事は、行なう事業の知識・能力以外にもたくさんの色々な知識(例えば簿記の知識能力等)必要になります。それら全てが出来て事業主と言う事ですから、今の状態では事業内容の知識能力以外は勉強しないといけない状態だと思います。(棚卸すら解らない状況ですから・・・)頑張って勉強して下さい。

 Ero-pariさん こんにちは

 法人・個人関係なく事業をする上で最低限確定申告をしなければなりません。そうしないとどの程度の税金を課せたら良いのか税務署も解らないですよね。
 確定申告する上で最低限必要なのが帳簿付けです。詳しくは簿記を勉強して下さい。簿記の知識が有れば、全ての確定申告作業はご自身で行なう事が可能です。全てご自身で行なえば、費用は掛かりません。今風の方法で行なうならPCの会計ソフトを使う事になります。ソフトの使い方にはエクセルやワードが使える位のPCの能力...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報