ホンダ車は、10・15モードと実質燃費がすごく違いますよね
逆に欧州車などは、その双方に大差は無いそうですが
この原因は何所から来ているのでしょうか?

個人的には、回転数毎のトルクの配分(?)にあると思うのですが、
みなさんはどう思われますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

いやむしろホンダって燃費の差が小さいと思います。


カタログ上の数値ってプロのドライバーがアクセルを
極力踏み込まないようにして燃費に気を使って
走ってます。現実はエアコンも付けるし荷室に
いろいろ載せるし渋滞もあったり流れに乗るために
急加速したりすると10・15モードの7掛けとか言われる
と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2001/09/30 21:06

 こんにちは。



 ホンダの車は乗った事がないのですが、
メーカーによってカタログの燃費と実質燃費の比率が違うとみたいですね。

トヨタの車に乗っていた時は、カタログの数値が 11.0 で実質は 13 ぐらいでした。
三菱の車はカタログの数値が 14.6 で実質も 14 ぐらいでした。
(田舎なので、燃費は結構イイ数値が出ます)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2001/09/30 21:07

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q10・15モード燃費の詳細な測定条件

10・15モード燃費の測定条件を詳しく知りたいのですが,
測定時の気温や湿度,その他こんな条件で測定している!というのを
ご存知の方いませんか!?

10の市街地モードと15の高速モードの二つの走行モードの
詳細はすぐに調べられたのですが…

Aベストアンサー

 10・15モード法の詳細な計測条件は、平成14年国土交通省告示第619号別添42に記載されていました。
 しかし、2006年11月1日付けで、この内容がJC08Cモード、及び、JC08Hモードの内容に置き換わりました。
 もし、2006年10月31日以前の別添42を入手できれば、完全な10・15モード法の試験方法が判ります(当方は所持しておりません)。

参考
平成14年国土交通省告示第619号(2009年7月30日改訂)別添42
http://www.mlit.go.jp/jidosha/kijyun/saimokubetten/saibet_042_00.pdf


>測定時の気温や湿度
>気温や湿度,積載量

 温度は25±5℃、相対湿度は30%~75%、55kgの人間2人、又は、110kgの重量物積載です。
 これは10・15モードもJC08モードも一緒です。


>その他こんな条件で測定している!

 現行の別添42でも47ページありますので、条件を全て記述するのは、正直難しいです。

Qアルテッツアの実質燃費はどれくらい?

アルテッツアの購入を検討してます。
2000/1G-FEと2000/3S-GE両方の実際の燃費が知りたいです。
一応2000/1G-FEのMT車にしようかと思っていますが・・

Aベストアンサー

2000/1G-FEの方は、乗っているのでお教えしますね。

実質の燃費は、マニュアルで・・・・
街乗り(低燃費走行中)は、6~7km/リットル
良さげな走り中(アクセル踏み過ぎ中)は、4~5km/リットル
高速道路運転中(110~120km走行中)は、8~10km/リットル

こんな感じでしたね。

きっと、2000/3S-GEはトルコンAT車で上記数値より1~2km/リットルを引いたくらいの燃費で走ると思います。

参考になればと思います。
ではでは。

Q最大軸トルクと最大軸出力の発生エンジン回転速度が違う理由を教えてください

エンジンの性能曲線図をみると
最大軸トルクが120N・m/4000min-1に対し、
最大軸出力が65kW/6500min-1
となって、発生エンジン回転速度が違うのですが、

この理由について分かる方がいらっしゃれば、教えていただきたいです。

Aベストアンサー

同じような質問が続いているけど。
トルクQkg・mとパワーPpsとの関係は

P=Q*(2πN)/4500 N;エンジン回転数rpm

単位が古いのは許してね。

完全にフラットなトルク特性(回転力)なら仕事率Pはエンジン回転数が高いほど大きくなります。
しかしトルク特性は図の通り山なりになります。そのためトルクが下がる量と回転数のバランスで最大出力の回転数が決まります。
これでよいかな?

Q最大トルクの回転数って…

初歩的な質問ですが
車のスペックなどに最大トルク(例)20.4kg・m/4400rpm
と書いてありますが4400rpmで最大のトルクが発生すると解釈してよろしいのでしょうか??
それならば4400回転以上回しても無駄ということなのでしょうか??
4400回転以上回すよりも4400回転を維持した方が加速するのではないでしょうか?
初歩的な質問ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

車のカタログを見ていると、エンジンのトルク特性、パワー特性が載っている。もう少し詳しく言えば、トルク-回転速度特性、パワー-回転速度特性である。両特性とも、横軸はエンジンの出力軸の回転速度となっている。
そのグラフを観察していると、トルクがピークをとる回転速度と、パワーがピークをとる回転速度がずれていることに気付く。エンジンの特性としてトルクとパワーの両ピーク値が異なっている。

トルク・・これは回転における「力」みたいなもので、トルクが大きいほどエンジンの出力軸を回す「力」が大きい。ただ、力とトルクは同義ではないので注意。

パワー・・1秒あたりに発生する仕事(回転のエネルギー)、仕事率である。同じギアで、かつ同じ回転数(正確には回転速度のこと)を維持するようアクセルを踏み続けている場合、パワーが最高になるエンジン回転数にしておくと、その車の最高速度が得られる。

トルクとパワーには単純な関係があり、パワーはトルク×角速度である。
パワーは回転速度とトルクの積であり、回転速度はリニアに増加、トルクは上に凸の曲線になる。

>最大トルク(例)20.4kg・m/4400rpm
4400rpmで最大のトルクが発生すると解釈してよろしいのでしょうか
→正解です。

>それならば4400回転以上回しても無駄なのか
→不正解です。
パワーがそれ以上の回転数で最大馬力を発生します。力がまだまだ残っています。トルクは発進(動かす)に必要な力であり、加速はパワーによる力(速く動かす)と考えれば簡単です。

>4400回転以上回すよりも4400回転を維持した方が加速する
→言葉がおかしいですね。その回転数を維持して加速する、とは「加速」じゃないです。それ以上回すから加速というのでは?
つまり、それ以上回してもいいんです。最大馬力まで引っ張っていいんです。そしてシフトアップすると、それなりの回転数まで下がります。トルクが最大付近です。それから更にアクセルを踏めば元気な加速をすることになります。
一般道で4400回転を維持するのは至難の技です。2速をキープすることになりますよ(私ので65キロくらい)。

もっと簡単に考えるのであれば、加速するときに4400回転数なるようにギャチェンジ(多分2速65キロ前後)し、そこからアクセルを踏むと鋭い加速ができます。
長文になりましたが、理解できたでしょうか?

車のカタログを見ていると、エンジンのトルク特性、パワー特性が載っている。もう少し詳しく言えば、トルク-回転速度特性、パワー-回転速度特性である。両特性とも、横軸はエンジンの出力軸の回転速度となっている。
そのグラフを観察していると、トルクがピークをとる回転速度と、パワーがピークをとる回転速度がずれていることに気付く。エンジンの特性としてトルクとパワーの両ピーク値が異なっている。

トルク・・これは回転における「力」みたいなもので、トルクが大きいほどエンジンの出力軸を回す「...続きを読む

Q日本車と欧州車。

ちょっと疑問に思ったのですが、日本車と欧州車は修理を抜いた基本的な維持費は変わらないのでしょうか?

例えば、ベンツとクラウンを比べた場合など・・・。


宜しくお願いします。

Aベストアンサー

例えば3年全然不具合や不調が1個も出ずに乗った時の費用総額、って事っすかね。

なら、基本なんにも変らねえっす。2500ccのクルマはどこで作られようが2500ccだし、1.6tのクルマはどう転んでも1.6tっすから。

ただ燃料代で若干変わってくるっすよ。質問者様の例に出しているクラウンとメルセデス(Eクラス位が妥当なのかな)とを比較するとどっちもハイオク仕様だからそんなに変わらないけど、マークXとBMW3シリーズ5シリーズと比べると、マークXはレギュラー仕様でBMWはハイオク仕様だけどBMWの5シリーズまではオクタン価95だからレギュラーとハイオクを同じ比率で入れれば問題ねえんっすよ。1回の給油で言えば+600円位かな。

でもね、国産車はギリでアウト、って所で警告灯が点くように出来てるからじわじわと燃費が悪くなるっす。そりゃそうだよね、早く替えた方が良い、もう詰まり始めてるよ、っつーのに警告灯ひとつ点かないんだから。だけど輸入車(欧州車)の場合ちょっと風通しが悪くなっても「早く替えなよ」って警告灯が点いちゃう。だからいつまでも詰まりとかなくて燃費にそんなに変わりがないんっすよ。
大体故障だなんだって大騒ぎする人ってね、『警告灯=ご臨終』っていう国産車の常識に囚われているだけだったりするっすよ。実際国産車で警告灯点いたら終了っすから。でも輸入車(欧州車)は『警告灯=怠けんなって催促』程度のモノっすからそんなに大騒ぎする代物じゃねえんっすけど、ね。知ってると大騒ぎしてる連中が、残念な人に見えてくるっすよ。

だからね、知ると「なあんだ」って感じっす。

じゃあ蛇足的に消耗品パーツ交換を国産車と輸入車と同じ位の「交換時期」に則って交換していくと。。。今なら輸入車のほうが安いっす。何故ならユーロ安だから直接ドイツから取り寄せると笑っちゃうくらい安く仕上がるんっすよ。国産車はどう頑張っても円でしか買えねえっすから。じゃ、同じ条件でディーラーだけで頼んだらっつーっと。。。輸入車のほうが高くなるっす。国産車もディーラーはボッタくってるっすけど輸入車は民主党か、っつーくらいボッタくるっすから、ね。

例えば3年全然不具合や不調が1個も出ずに乗った時の費用総額、って事っすかね。

なら、基本なんにも変らねえっす。2500ccのクルマはどこで作られようが2500ccだし、1.6tのクルマはどう転んでも1.6tっすから。

ただ燃料代で若干変わってくるっすよ。質問者様の例に出しているクラウンとメルセデス(Eクラス位が妥当なのかな)とを比較するとどっちもハイオク仕様だからそんなに変わらないけど、マークXとBMW3シリーズ5シリーズと比べると、マークXはレギュラー仕様でBMWはハイオク仕様だけどBMWの5シリーズまでは...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報