こんばんは。
とても単純な私で恥ずかしいのですが、最近NHK大河ドラマ「義経」にはまっています。
で、今更ながらにこの時代に深く興味を持ちました。
「義経」に興味を持ったのだから「義経」を読めば一番良いのでしょうか?
でも、北条政子も気になる存在です。彼女の本も読んでみたいし・・・ 
と、頭の中は欲張った気持ちでいっぱいです。
このあたりの時代の本を読むとしたら
何が一番お勧めでしょうか? 
読みやすい小説になっている本を希望します。
是非 よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私も最近興味が出て調べています。


まだおすすめといえる作品を読むまではいっていないのですが、「クロウズ・アップ」という義経ファンの方のHPにクロウズライブラリとして義経が登場する小説をまとめてあり、参考になりましたよ。

参考URL:http://www5e.biglobe.ne.jp/~crows-up/novel.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまって申し訳ありませんでした。体調を悪くしてパソを開くこともほとんどなく・・で、見せていただいて感動です。凄くわかりやすくなっていました。とても参考になりました。ありがとうございました。

お礼日時:2005/06/17 09:30

いくつかあげます。

入手が容易でないものもあります。ブックオフなども利用して探してみてください。
吉川英治『新平家物語』、『源頼朝』
永井路子『炎環』、『絵巻』、『波のかたみ・清盛の妻』
村上元三『源義経』
今東光『蒼き蝦夷の血』
井上靖『後白河院』
安西篤子『義経の母』
大原富枝『建礼門院右京大夫』
歴史ミステリーなら
井沢元彦『義経はここにいる』、『義経幻殺録』
高木彬光『成吉思汗の秘密』
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまって申し訳ありませんでした。体調を崩していて、なかなかパソを開くことが出来なくて・・。 こんなにも義経に関係する本があるんですね。とても参考になりました。少しずつ読んでみたIいと思いました。ありがとうございました。m(_ _)m

お礼日時:2005/06/17 09:36

 義経はすぐれた武将でありながら、兄頼朝と折り合いが合わず、平家打倒後に平泉近郊の衣川で非業の最期を遂げます。


 私も歴史上の人物として彼は好きなのですが、どうしてもその生涯に同情の念を禁じ得ません。
 そこで、史実に基づきながら日本史を変えてしまうかのような一作をお勧めします。

「ジンギスカンの秘密」 

 どうぞ、下記サイトをご覧ください。
あっと驚くようなストーリーに時間の経過も忘れてしまいます。何よりも、義経ファンにとっては胸のすく思いを感じられるのではないでしょうか。

参考URL:http://www.kadokawaharuki.co.jp/book/200007/4894 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。 そうなんですか? こんな仮説があるのは知りませんでした。 とても興味深い話ですね。 本当であって欲しいような・・・。 是非、読んでみたいと思いました。 ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/31 23:24

そのまんまですが


司馬遼太郎『義経』
そしてちょっと扱っている時代がながいですが、奥州藤原氏を扱っている
高橋克彦『炎立つ』がおすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。 「義経」は色んな方が書いていらっしゃいますが やっぱり 司馬遼太郎さんが一押しですか? 「炎立つ」もやっぱりNHKの大河ドラマになっているんですね。 本とビデオ 両方にチャレンジしてみたいと思いました。 情報ありがとうございました。m(_ _)m 

お礼日時:2005/05/31 00:04

北条政子に興味あるなら、永井路子の「北条政子」はいかがでしょうか?


大河ドラマ「草燃える」の原作だったと思います。
草燃えるは、総集編がレンタルビデオで観れます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。 北条政子が中心になった大河ドラマがあったんですね。 知りませんでした。 本も読んでみたかったのですが ビデオも興味をそそられます。 レンタルして観てみたいと思いました。情報ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/30 23:41

永井路子さんの作品あたりどうでしょうか。


参考URLに歴史小説のタイトルと作家が多く紹介されています。
ご覧下さい。

参考URL:http://www32.ocn.ne.jp/~unasaka/siryou/jinbutu/j …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。 このようにまとめられた便利なサイトがあるんですね。 どのように探せばいいのか分からなかったので とても参考になりました。早速、お気に入りに登録しました。 永井路子さんですね。 早速チェックしてみます。(^_^)v  ありがとうございました。

お礼日時:2005/05/30 22:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお薦めの歴史小説を教えて下さい。

お薦めの歴史小説を教えて下さい。
日本史、世界史そして、時代背景など問いません。
今までは、日本の戦国時代ものを読んでました。
他の時代の歴史小説も、読んでみたいのです。もちろん、戦国時代もいいです。
人物伝を、主に読んでます。

Aベストアンサー

山本兼一「雷神の筒」
戦国時代ものなので、もしかしたらもう読んでるかも。
信長の配下のマイナー武将橋本一巴を主人公にした小説です。
剣戟でなく当時発展途上の武器火縄銃にスポットを当てるあたりに面白さを感じました。


同じ山本兼一さんのだと「いっしん虎徹」(主人公・長曽祢虎徹)や「命もいらず名もいらず」(主人公・山岡鉄舟)も好きです。

参考になれば幸いです。

Qオススメの本を教えてください!私は20代後半で、本を読むのが好きです。入門編としてちくま日本文学を読

オススメの本を教えてください!私は20代後半で、本を読むのが好きです。入門編としてちくま日本文学を読むことが多いです。好きな作家は太宰治です。今まで読んだ中でおもしろかったのは、尾崎翠、林芙美子、青い山脈、ジャンルが飛びますが、もの食う人びとなどです。松谷みよ子さんのモモちゃんシリーズや、岡田淳さんの扉のむこうの物語、灰谷健次郎さんの兎の眼も好きです。川端康成は雰囲気は好きですが、失礼かもしれませんが、特に何も起こらないな…と感じました。志賀直哉はつまらなく感じました。今流行りの作家や、平積みしてある本は苦手です。今読んでいるのは森鴎外のヰタ・セクスアリスです。気になるのは岡本かの子と稲垣足穂ですが、私に合う感じはしますでしょうか?たくさんオススメの本を教えてください!よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

なんとなく文学的アナーキー冒険譚路線を薦めたくなりました。
子どもの心を持ったまま大人になった作家達の大人ための冒険譚なので、純粋さが素直に現れず、何重にも捩じれたあげくに訳が分からなくなってる作品が多いですが、おもしろいです。

もしまだなら、石川淳はどうでしょうか。
「焼跡のイエス」はまだ純粋さが率直に現れてるので国語の教科書にも採用されたりしますが、少し捩じれてくると「白頭吟」あたり。
http://bookmeter.com/b/4061960601
アナーキー度更にアップなら「狂風記」もお薦めです。

もし石川淳が気に入ったら、最近の作家ですが町田康も読んでみたらいいと思います。

ちくま日本文学全集を読んでおられるのなら、佐藤春夫はもう読まれましたか?「のんしゃらん記録」のような、「田園の憂鬱」からは想像もつかない作品も書いてます。

Q面白い架空戦記(IF小説)と歴史小説を教えてください。

カテ違いでしたらすみません。
歴史好きな方なら歴史小説に詳しい人がいるかと思い
ここに質問させていただきました。

1.柘植久慶の逆撃シリーズを読んでから
架空戦記にはまってしまいました。
戦国時代~大東亜戦争終戦までの時代を扱った
架空戦記を教えてください。

2.戦国時代~江戸時代を舞台にした
歴史小説の中で
主人公が大名か武士で実在していて
ストーリーが主人公の誕生或いは誕生以前から
始まっており、主人公の幼少期が書かれている
ものを教えてください。
できれば最低一章は書かれているものが良いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

柘植さんの架空戦記物がベストだと私は思います。
架空戦記物が面白いかどうかというのは、条件を厳しくしているかどうかに関わると考えます。
特殊新兵器とか、天才軍人とか「何でもあり」になってしまうと、架空戦記というより、妄想戦記となってしまいます。
その点、柘植さんのシリーズは、「情報を知っている」という一点だけを条件にして展開しているので、うーんそれもありかな?と思わせます。

架空戦記的な味付けのある歴史小説としては隆慶一郎さんの一連のものがお勧めです。クグツシという味付けを付けて、小説を展開。
幼少期からというと 捨て童子・松平忠輝 がよいかなと。

Q学生時代に読んだ本を探しています。

学生時代に読んだ本を探しています。

・ライトノベル・恐らくファンタジー寄りの物語で、設定は現在。
・最初の方で学生が4、5人手を繋いだまま、屋上から飛降り自殺をするシーンあり。
・学園モノではないです。
・神隠しとか伝説の生き物、麒麟なんかが関わっていた気がします。

宮部みゆきの作品と思い込んでいたのですが、勘違いだった様で
該当する作品がどうしても分かりません。
曖昧な記憶だけの情報ですが、どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

小野不由美の「魔性の子」ではないでしょうか。

神隠しにあった男の子といじめのお話です。

・生徒が手をつないで屋上から飛び降りるシーンがあります。
・麒麟とかも関わってます。(どちらかといえば、別シリーズで明かされる内容ですが)

参考URL:http://www.shinchosha.co.jp/book/124021/

Q人生初の歴史小説「のぼうの城」次に読むオススメは?

初めて歴史小説の「のぼうの城」を読みました。
(随分昔に一夢庵風流記も読んだか、、)
面白かった!
解説もあり解り易く、
主人公、脇のキャラがたっていて。
戦国時代の浪漫もかっこよかった。
また、日本史に疎い自分には、
戦国武将の関係、時系列がわかったことも
面白かった要素だと思います。
こんな僕にオススメの歴史小説を教えてください!

Aベストアンサー

『のぼうの城』は「ネオ時代小説」「歴史エンターテインメント小説」と呼ばれるジャンルを切り開いたと言われています。その特徴は史実性よりもエンターテインメント性を重視する姿勢にあります。ジャンル名で検索するといろいろ探せますよ。

「本の泉」~この時代小説がすごい~
http://www.yurindo.co.jp/static/izumi/back/20100318.html

「ダビンチ電子ナビ」30代女子が読んでいる時代小説ベスト5
http://ddnavi.com/pickup/92877/

上は戦もの中心、下が市井もの中心の紹介となっています。

個人的なお薦めは『天地明察』です。ライトノベル出身の作者らしいサクサク進む展開で娯楽性の高い一作です。

Q次に読む本を探しています。旅行に持っていきたい

来週から沖縄へ一人で旅行に行こうと思っています。
そこで何冊か本を持参していきたいんですが、何かお勧めの本があったら教えてください。

昔から好きなのは村上春樹や太宰治、最近読んだのは江國香織や山田詠美、吉田修一や唯川恵。島本理生などです。純文学が好きですが、旅行が意味あるものに本を読みつつ色々ゆっくり考えたいなぁ~って思っています・

19歳大学生の女です。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

梨木香歩さんの「西の魔女が死んだ」をお勧めします。
とても読みやすいのに、色々考えさせられます。あと、「裏庭」も読み応えがあって良かったです。

あと、唯川恵さんがお好きなら同じような系統で(?)、山本文緒さんもお勧めします。沢山出ているので、本屋さんで見て面白そうなのを読んでみて下さい。

素敵な一人旅となるように祈ってます☆

Q戦国時代のおすすめ小説を教えてください。

 私は歴史小説といったら幕末時代の物しか読んだことがありません。
 人から「戦国時代の方がおもしろいよ」と言われても、自分の中で「戦国よりも絶対幕末の方がおもしろい」と勝手に決めつけておりました。
 このたび、戦国を読んでみようと思い、質問させていただきました。

 私は、恥ずかしながら今まで戦国時代の小説を読んだことがないだけでなく、知識もあまりありません。
 そんな戦国初心者が一番最初に読む小説でおすすめの物があれば教えてください。
 希望は、徳川家康のことが好きになれるような小説が良いですが、他の人物でもおすすめの物があればなんでも良いです。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

「戦国時代入門」ということでしたら、
 井沢元彦「野望~信濃戦雲禄・第一部」(上)(下)
などは如何でしょう。
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000031799833&Action_id=121&Sza_id=A0&Rec_id=1008&Rec_lg=100813
「戦国大名」の代表格である武田信玄を扱っていますが、不自然に信玄を美化したりせず様々な視点から描いていて、初心者の方が戦国の雰囲気や流れを掴むのには(分量やとっつき易さなどの点からも)程よい読み物かと思います。
また、この続編として「覇王~信濃戦雲禄・第二部」(上)(下)があり、そちらは続きの物語でありながら信玄没後の信長の覇業を描いているので、続けて読めば戦国の一番コアな(?)部分が捉え易いのもおすすめの理由の一つです。

家康の魅力を味わうということであれば何と言っても
 山岡荘八「徳川家康」
かなと思うのですが、文庫版で全二十六巻とそこそこ長いものなので「入り口」としてはどうかなという気もします。
勿論読んで損はないと思いますが。

個人的な意見ですが何か参考になれば幸いです。

こんにちは。

「戦国時代入門」ということでしたら、
 井沢元彦「野望~信濃戦雲禄・第一部」(上)(下)
などは如何でしょう。
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000031799833&Action_id=121&Sza_id=A0&Rec_id=1008&Rec_lg=100813
「戦国大名」の代表格である武田信玄を扱っていますが、不自然に信玄を美化したりせず様々な視点から描いていて、初心者の方が戦国の雰囲気や流れを掴むのには(分量やとっつき易さなどの点からも)程よい読み物かと思います。
また、この続編...続きを読む

Q日本の本で値段が一番高い本は?

ほんとに暇な時でいいんですが、書籍の価格が最も高い本を調べています。
日本で発売された本で、日本円で販売していて、その中で一番定価が高い本です。
入手できるか否かは問題にしませんが、言い値で販売している個人的な本ではなくて、本屋さんで販売している(販売していた)印刷された定価のついている本でお願いします。
今のところ、わたしが見つけたのは、"プトレオマイオス「宇宙誌」"という本で、定価が193万円というものなのですが、これより高い本があったら教えてください。
ほんとうに暇な時でいいですので、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

193万円の宇宙誌には及びませんが、100万円以上でわかったものを記します。

特別限定版 日本の陶磁 6,1993年,中央公論社,\1,152,913
日本の陶磁 3 特別限定版,4-12-403070-3,1992年9月,中央公論社,\1,152,913
日本の陶磁 2 特別限定版,4-12-403070-3,1992年6月,中央公論社,\1,152,913
日本の陶磁 特別限定版,1992年,中央公論社,\1,152,913
陸海軍省年報 目録全2冊,4-8205-3057-7,1996年12月,日本図書センター,\1,260,000
風景、植物および水の習作 レオナルド・ダ・ヴィンチ素描集 第1輯,カルロ・ベドレッティ原典翻刻,4-00-008122-5,1985年3月,岩波書店,\1,280,000
日本大藏経,講談社,\1,350,000
驚異の書 総革装,辻佐保子 (ほか)日本語版監修,4-00-008191-8,1998年2月,B4版,岩波書店,\1,400,000
平山郁夫画集 特装本,平山郁夫著,4-02-256469-5,1992年5月,朝日新聞社,\1,456,311
レオナルド・ダ・ヴィンチ解剖手稿 第1巻 本文および注解,レオナルド・ダ・ヴィンチ,1990年,\1,500,000
万葉集 西本願寺本,4-07-919447-1,1984年6月,主婦の友社,\1,500,000
レオナルド・ダ・ヴィンチ素描集 馬 および他の動物 第2輯,レオナルド・ダ・ヴィンチ,4-00-008161-6,1990年3月,岩波書店,\1,596,500

意外と「値段が高い本」って調べるの難しいですね。
ネット上のデータベースも定価での検索ができないものが多いですし。

ちなみに「宇宙誌」の出版元はどこなのでしょう?

193万円の宇宙誌には及びませんが、100万円以上でわかったものを記します。

特別限定版 日本の陶磁 6,1993年,中央公論社,\1,152,913
日本の陶磁 3 特別限定版,4-12-403070-3,1992年9月,中央公論社,\1,152,913
日本の陶磁 2 特別限定版,4-12-403070-3,1992年6月,中央公論社,\1,152,913
日本の陶磁 特別限定版,1992年,中央公論社,\1,152,913
陸海軍省年報 目録全2冊,4-8205-3057-7,1996年12月,日本図書センター,\1,260,000
風景、植物および水の習作 レオナルド・ダ・ヴィンチ素描集 第1輯,カ...続きを読む

Q歴史小説で一番最初に読むなら?

日本の歴史小説を読み始めたいと思っていますが、
たくさんありすぎて何から手をつけたらいいのかわかりません。
読んだ後に、登場人物の建てたお城を見に行ったりできたらなと思ったりするので、できれば戦国時代あたりから攻めたいです。そして次の時代の物語や一つ前の時代の物語というように、連動して読み続けて、大まかな戦国時代あたりの流れが分かるようになりたいのです。
また、新撰組にも興味があります。
文章の比較的やさしいものがいいです。漫画も同時に探しています。
なにかおススメがありましたら是非教えてください!

Aベストアンサー

歴史小説で面白いのは司馬遼太郎の作品だと思います。

戦国時代ならば「国盗り物語」「新史太閤記」「関ヶ原」「城塞」の順でしょうか。

新撰組関連ならば「新選組血風録」「燃えよ剣」です。


漫画ならば
みなもと太郎の「風雲児たち」ワイド版全20巻
http://www.leed.co.jp/www3/contents/CONISBN4-8458-0165-5.htm

「風雲児たち 幕末編」現在7巻まで
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4845828979/249-5377956-7825142

これを読めば関ヶ原の戦いから幕末までの歴史が良く分かります。

参考URLで歴史小説を人物名で探せますので気になる人物のものを読んでみてください。

参考URL:http://www32.ocn.ne.jp/~unasaka/siryou/jinbutu/jinbutu1.html#anchor321983

Q小学校の頃に読んだ本を探したいのですが、本のタイトルが分かりません。

小学校の頃に読んだ本を探したいのですが、本のタイトルが分かりません。
本の内容は、アオムシかイモムシが主人公で そのムシがある日 履いている靴を木に干していたら風で飛ばされてしまいます。飛ばされた靴を探しに旅に出て 見付けていくのですが、その靴はムシだけに何足もあって、そのうちの1つは ローソクが入れてあるランプ代わりに、ムカデの靴に・・・と様々な使われ方をされていると言うお話です。
絵本ほど本の中身が絵が中心ではなく文章が中心の本だったと思います。とても楽しく大好きな内容だったので大人になってもう一度読みたい、子供が産まれたら読んで聞かせたいと思っているのですが、タイトルが分かりません。どなたか分かる方がいらっしゃったらお願い致します。

Aベストアンサー

こちらだとおもまれますが、
https://www.lib.pref.saitama.jp/licsxp-opac/WOpacMsgNewListToTifTilDetailAction.do?tilcod=3002100019251
確認してください
今は通常流通していないみたいなのでオークションか古本屋で買うか
図書館で借りるしかないみたいですよ


人気Q&Aランキング

おすすめ情報