マンガでよめる痔のこと・薬のこと

アクセス権限の設定において、「フルコントロール」より「変更」の方が制限が多いと聞きましたが、何が異なるのでしょうか。

A 回答 (1件)

[ネットワークアクセス許可]は同じみたいです。



[セキュリティ(NTFS)アクセス許可]では、

「サブフォルダとファイルの削除」、「アクセス許可の変更」、「所有権の取得」

が無いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。助かりました。

お礼日時:2005/06/04 11:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNTFS アクセス権を継承させない方法 について教えて下さい。

NTFS アクセス権を継承させない方法 について教えて下さい。

「親フォルダ―子フォルダA、子フォルダB」のようなフォルダ構造があって、
既にアクセス権が設定されているとします。
この時に親フォルダのアクセス権の設定を変えて、子フォルダAにはそれを
継承させるけど、子フォルダBにはそれを継承させないというようにアクセス権
を設定したいのですが、方法が分かりませんどなたか教えて頂けますでしょうか。

※手で設定することもできるのですが、アクセス権を継承させたい、させたくない
 フォルダ共に膨大で手で設定するのは限界があります。

Aベストアンサー

フォルダのプロパティを表示させ(複数選択しても可能です)、セキュリティタブ下側の[詳細設定ボタン]をクリック、アクセス許可の下の方にある「子オブジェクトに適用するアクセス許可エントリを親から継承し、」(以下略)のチェックボックスをはずすと、同じく「子オブジェクトすべてのアクセス許可エントリを、」(以下略)チェックボックスを使わない限り、親フォルダのアクセス許可を変更しても継承しなくなります。

Qeveryoneがフルコンなら誰でもアクセス可?

Windows 7 Ultimateの「フォルダを右クリックする→プロパティ→セキュリティ」にあるeveryoneをフルコントロールにしておくと、そのworkgroup内のユーザーであればどんなユーザーでもそのフォルダにアクセスできるのでしょうか。

Aベストアンサー

>同じworkgroup内のユーザーでなければ、そもそもLAN上に出てこないですよね。
「ネットワーク」に表示されないだけで、アドレスを直接入力すればアクセスすることはできます。

LAN上の他のコンピュータからのアクセスはローカルのファイルのアクセス権(右クリックのセキュリティから表示される)と、共有のアクセス権の双方に関わります。これらは別々に指定することが可能です。
で、共有ファイルにアクセスするためにはそのコンピュータ上のユーザIDとパスワードが必要です。これを知らなければアクセスできません。

http://mbsupport.dip.jp/watson/network_02.htm
http://win7.jp/h7k1120.htm

QDirコマンドでフォルダ内ファイルの合計サイズをだすには?(コマンドプロンプトにて)

いろいろ調べましたが不明な点があり、質問します。

WindowsのDOSプロンプトでdirコマンドを打つとフォルダ・ファイルの一覧が表示されますが、その中にファイルサイズが表示されています。
このサイズを合計できるコマンドはありませんか?
DIRコマンドのオプションを調べましたがそれらしいものが見当たりません。
具体的には
C:\xxx\配下に50個程度のファイルがあります。
その50個の合計サイズを知りたいです。
xxxフォルダの親フォルダにはアクセス不可です。

ずーっと悩んでいます。よろしくお願いします。

なお、OSはWindowsNTか2000で使用予定です。

Aベストアンサー

カレントドライブ、カレントフォルダを
C:\xxx\
にした状態で、

dir /s /a-d

/sパラメータででサブディレクトリすべてを検索
/a-dパラメータでディレクトリ以外のファイル(つまり属性に関係なくすべてのファイル

これを実行すると最後にファイルの個数とファイルサイズの合計を表示します。

もし、隠し属性のファイルは合計しないのであれば、

dir /s

だけで良いと思われます。

QAuthenticated Userって何ですか?

Windows系サーバにあるAuthenticated Userって何ですか?
ネットで調べてもいまいちよく理解できません。
わかりやすく説明してくれる方がいらっしゃいましたらお願いします。

Aベストアンサー

ドメインに参加することを許可されたユーザ。
(ドメインにアカウントのあるユーザ)
ローカルで言えば一般ユーザ(User)と変わりないです。

Q管理者としてログインしているのに、なぜかファイルを削除できない。

管理者としてログインしているのに、なぜかファイルを削除できない。
windows7で、管理者として入っているのにファイルが削除できません。所有者の変更はしてみましたが、うまくいきません。所有者の変更はできるのですが、読み取り専用のチェックをはずそうとすると管理者の権限を求められます。何か他の方法はないでしょうか?

あと、後学のためになぜこうなるのか簡単に説明してくださると助かりますが、問題を解決する方法が特に知りたいです。
このPCははじめからwindows7が入っていました。

Aベストアンサー

No.3 の補足です。
質問には何も書いてないので、システム動作中には操作できないファイルかとも考えて、DVD(CD)起動での操作を回答しました。
普通のファイルのようですので、No.3 に書いたツールはWin7動作中のコマンドプロンプトでいいです。
(コマンドプロンプト右クリック->管理者として実行)

補足ですが「管理者としてログイン」していても、いわゆる最高レベルの管理者ではありません。
アクセス許可されないファイルもありますので「管理者として実行」でレベルを昇格して使用してください。

質問には何も書いてないのですが、エクスプローラで操作しているのですか?
エクスプローラを「管理者として実行」で実行していますか?
(スタート->アクセサリ->エクスプローラ右クリック->管理者として実行)

> 所有者の変更はしてみましたが、うまくいきません。

どのようにうまくいかないのですか。
どのファイルでも管理者に変更後にはEveryone フルコントロールを追加できるはずです。

Q「グループ名またはユーザー名」の"SYSTEM"について

細かくアクセス制限を行おうと思い、セキュリティタブを表示するようにしたのですが、「グループ名またはユーザー名」の中で、ほぼ初期値としてはいっている"SYSTEM"は削除すると支障が出るでしょうか。
たとえば「マイドキュメント」フォルダは"SYSTEM"を削除すると支障が出るでしょうか。
"SYSTEM"が絶対に必要なフォルダとは、どういうフォルダでしょうか。
なんとなく"WINDOWS"フォルダには絶対に必要な気がするのですが、「グループ名またはユーザー名」の"SYSTEM"について詳しく解説していただければありがたいです。

Aベストアンサー

SYSTEM のアクセス許可を削除すると、タスクマネージャのプロセスタブで、ユーザー名が SYSTEM となっているプロセスからそのフォルダへのアクセスが出来なくなります。

Windowsにログインする前から起動してPCの保守などを行うようなプロセスは、基本的にSYSTEMユーザーで動いていますので、たとえば、わたしのPCでは、Norton AntiVirusがSYSTEMユーザーのプロセスとして動いていました。

この場合、マイドキュメントフォルダからSYSTEMユーザーのアクセス制御を削除すると、マイドキュメントフォルダは保護されないことになります。

Qドメインの一般ユーザーにローカルの管理者権限を付与したい

ドメインの一般ユーザーにローカルコンピューターの管理者権限を付与する方法を教えてください。ドメイン管理者のパスワードは知っています。

Aベストアンサー

Windows XPと仮定して。
1.ローカルコンピューターにドメイン管理者のアカウントでログオン。
2.「マイコンピュータ」を右クリック⇒「管理」
3.「コンピュータの管理」画面⇒「システムツール」⇒「ローカルユーザーとグループ」⇒「グループ」
4.「Administrators」を右クリック⇒「グループに追加」
5.ドメインの特定のユーザー(あるいは、Domain Users)を追加
でできるはずです。

QWindows7のアクセス許可

windows7のHome Premiumを使っています。デスクトップ上で急に新規にフォルダを作ったり、データをペーストすることができなくなりました。「この操作を実行するアクセス許可が必要です」と出てきます。ドライブやフォルダーのプロパティから共有やセキュリティなどのチェックをいろいろ試みましたが、まったく効き目がありません。データやフォルダのコピー、移動、削除、名前の変更がまるきりできなくなったのはたいへん困ります。締切が迫っているのに仕事は遅れる一方です。

そして、goold-manとHAMASAKI0810という二人の方から回答を頂きましたが、残念ながらうまく行きませんでした。「教えて!goo」の中で調べてもいい回答が見つかりません。

私がやったこと
   ↓
フォルダを右クリック→プロパティ→セキュリティタブ→systemやAdministatorsの下の6項目中5項目に許可のチェックが入り、「特殊なアクセス許可」のみ許可のチェックなし。

特殊なアクセス許可をクリック→詳細設定→アクセス許可→種類=許可、アクセス許可=フルコントロール、継承元=継承なし、適用先=このフォルダー、サブフォルダー

以上のようにたどりましたが効果なし。

さらに

「このオブジェクトの親からの継承可能なアクセス許可を含める」
「子オブジェクトのアクセス許可すべてを、このオブジェクトからの継承可能なアクセス許可で置き換える」

この二項目にチェックを入れ→アクセス許可エントリの管理→OK→このオブジェクトの子孫すべてに対して明示的に定義されたアクセス許可を、Dataから継承可能なアクセス許可に置き換えます。続行しますか→はい→セキュリティの適用エラー。セキュリティ情報を適用中にエラーが発生しました

ここでストップです。間違ったことをやってるんでしょうか?
すみません、誰か教えてください!

ただ、いつも思うのですが、回答者の方々はかなりのベテランばかりと見え、初心者に対する回答であっても「これくらいのことは当然知ってる筈だ」という感じで言葉が少なすぎます。恐縮ですが、小学生に言って聞かせるような感じで教えて頂けますか。

windows7のHome Premiumを使っています。デスクトップ上で急に新規にフォルダを作ったり、データをペーストすることができなくなりました。「この操作を実行するアクセス許可が必要です」と出てきます。ドライブやフォルダーのプロパティから共有やセキュリティなどのチェックをいろいろ試みましたが、まったく効き目がありません。データやフォルダのコピー、移動、削除、名前の変更がまるきりできなくなったのはたいへん困ります。締切が迫っているのに仕事は遅れる一方です。

そして、goold-manとHAMASAKI0810...続きを読む

Aベストアンサー

No.5の補足です。
自分で読み直してみて,まぎらわしい部分がありますので,念のため修正しておきます。

> もしも当該フォルダ(デスクトップ つまり C:\Users\user1\Desktop)に user1 が存在しないのならば user1 を作成すればアクセスできるようになるはずです。

もしも「デスクトップのプロパティ」の「セキュリティ」タブの「グループ名またはユーザー名」の中に user1 が存在しないのならば user1 というオブジェクトを追加作成すればアクセスできるようになるはずです。

QNTFS:フォルダの内容の一覧表示 について

NTFSに「フォルダの内容の一覧表示」権限というものがあり
自分なりに色々試してみたのですが1つわからないことがあります。

Aフォルダ配下には、XフォルダとYファイルがあり、
BグループからYファイルを見せずに、Xフォルダのみを見せる必要が出てきました。

そこで、

「フォルダの内容の一覧表示 権限」をこれのみで
AフォルダのBグループに付与しました。
(読み取り、書き込み一切なしです。継承はありです。)


これで、YファイルはBグループから見えなくなりました。Xフォルダのみ参照可能。
Bグループに「読み取り」をつけたら、Yファイルは見えてしまいました。

私の中では、該当フォルダ配下にあるファイルを
他のユーザー、グループに見せたくないときに、
対象者に、「フォルダの内容の一覧表示」を付与し、
見せてもいいメンバには「読み取り」を付与すると考えていたのですが、あるサイトで以下のような記事を見つけました。



>===============以下見つけた内容=======
フォルダにだけ含まれるアクセス権で、
フォルダ内のファイルやサブフォルダの名前を表示するための権利になる。
この権利はほかの権利を包含せず、単独で使用する権利となるが、
実際にはフォルダに対して「読み取り」の権利が設定されていれば、
フォルダ内のファイルの一覧を表示することができるので、
単独で設定することはないだろう。
強いてあげれば、ユーザーに対してフォルダ内のファイルの一覧は
公開するが、個々のファイルにはアクセスさせたくない場合に使用できる。
==========以上ここまで。

【ユーザーに対してフォルダ内のファイルの一覧は公開する】という文章があるのですが、
この情報が正しいのであれば私の考えは180度反対ということになるのではないか?
と考えております。(私は隠すと思っていますので)

解決情報をお持ちの方がおられましたら
ご教授のほうよろしくお願いします。

NTFSに「フォルダの内容の一覧表示」権限というものがあり
自分なりに色々試してみたのですが1つわからないことがあります。

Aフォルダ配下には、XフォルダとYファイルがあり、
BグループからYファイルを見せずに、Xフォルダのみを見せる必要が出てきました。

そこで、

「フォルダの内容の一覧表示 権限」をこれのみで
AフォルダのBグループに付与しました。
(読み取り、書き込み一切なしです。継承はありです。)


これで、YファイルはBグループから見えなくなりました。Xフォルダのみ参照可能...続きを読む

Aベストアンサー

環境はWindows Vista2 Business SPで、
適当なフォルダにNTFSアクセス権を設定して
エクスプローラで閲覧した結果です。
継承は全部解除してます。

なお、ファイル共有しているWindows XP Home SP3から閲覧しても結果は同じでした。

フォルダ構成はこんな感じで、
F:\testにアクセス権を設定しています。

F:\test
├─a.txt
├─b.txt

└─folder

Qディスク上のサイズとサイズはどうして違うんですか?

ファイルのプロパティ「全般」タブに表示されている「サイズ」と「ディスク上のサイズ」は、どっちが本当のサイズなのでしょうか?
どうしてサイズが違うのですか?
メールでファイルを送るときは、どっちのサイズを見ればいいのでしょうか?
これについて詳しく解説しているページがあったら、それもぜひ教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「サイズ」はファイルの本当の大きさ、
「ディスク上のサイズ」はファイルが記録されているクラスタを合計した大きさです、
OSはファイルを幾つかのクラスタ(OSが管理するハードディスク上のブロック
の最小単位)を使ってHDDなどのメディアに保存します、

基本的に今のWindowsでは4KBのクラスタサイズで管理しているので例え1バイトのファイルでも「ディスク上のサイズ」4KBのサイズになってしまいます、
つまり常に「ディスク上のサイズ」の方が大きくなっているはずです、

メールに添付する場合は「サイズ」を確認するだけでOKです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング