私は37歳です。妻が浮気をしているのですが相手の男から損害賠償を請求できるのでしょうか?まだ詳しく調べていませんがおそらく相手も妻帯者だと思います。
まだ子供が中学生のため離婚はしたくないのですが、、、、、
詳しい方がおりましたらご一報くだされば幸いです。

A 回答 (5件)

過程が不明ですので、何とも言い難いですが、損害賠償を請求して万一相手方が離婚にでもなれば、あたたの妻が出て行く可能性は更に増すでしょうね。


相手が妻帯者であることから、妻が離婚し彼氏と一緒になりたくとも彼氏が離婚しなければ不可能なことであるが、彼氏が独身になれば、自分だけの問題になりますからね。

子供の為に離婚したくないって言うのも、ちと違うんじゃないの?
ってのが本音です。子供の為に離婚をしたくないなら、婚姻状態のままで彼氏が存在する事を認めるという結論にも達します。
子供が独立したら離婚しましょうと言う考えもできます。

一人の女性として妻に居て欲しいのか?子供の母親として一緒に居て欲しいのか?
その辺から考え直さないと、夫婦関係は破綻したままになると思いますよ。

母ではなく、一人の女として妻と向き合う姿勢でいられるか?

ご自分とももうすこし相談してみるべきでしょう。

また、なかなか解決する問題ではないでしょうから、この質問を締め切った上で、新たに、慰謝料とは別問題の相談と言う形で、新規質問をされても良いんじゃ?
と私個人は思います。

ふがいない、情けない。なんてこと考える事はないですよ。
だれにでも、そういった面はあるんですから、それをどう乗り切るかです^^
    • good
    • 0

もしかしてebisuさんですか?違ったらすいません。


浮気相手に対しては慰謝料の請求ができます。妻帯者であるかは問わず。まず身元を確認してください。それから家庭裁判所に慰謝料請求の調停を申し立ててください。
奥さんが子供のことを考えて離婚を踏みとどまればいいですけど、それが無理だったらあなたがいくら離婚したくないと言っても奥さんの気持ちは変えられるのでしょうか。
    • good
    • 0

私は完全な一般人ですが、最近知人が離婚をしたので、その時の話が参考になればと思って、こうしてキーボードを叩いてます。


 知人は(以後A子とします)はダブル不倫をしていました。そしてお互い家庭を捨てて、一緒に住んでいます。一緒に住み始めて5年が経ちます。A子達から離婚話を切り出せば、慰謝料を取られるし・・・という考えで、辛抱してきたというところでしょか。そして今年の春にご主人の方から起訴され、裁判所から呼び出され、数回A子の恋人が出廷して話がつきました。
 A子のご主人はA子と、その彼に1,000万円ずつの慰謝料請求をしました。で、裁判の下した金額は200万円でした。2,000万円請求したのに、たったの10分の1です。何故こんなにも違うのか?
 それにはまず、弁護士の力が大きいことです。A子サイドの雇った弁護士は経験も豊富で、相手方の弁護士がヘコヘコしてしまうよう程差があったようです。
次に、A子達の愛の巣に、ご主人が殴りこみ、もちろんA子の彼を数発殴ったそうです。それが大体1発100万円くらいの計算になっていたそうです。だから絶対に手は出してはいけないとのこと(悲しいけど)。
 そして、女性の不貞は大したことではないということです。
 A子が家を出て、ご主人は給与の差し押さえも行ったらしいですが、大した問題じゃなかったようです。そしてご主人はたった200万円という慰謝料を手に入れたものの、弁護士に払ったりして、結局赤字になったそうです。もっと最悪なことが。家を購入していますが、A子の名義でお金を借りたらしく、ご主人は簡単に売り払ったり出来ないとのこと。A子も家も欲しいとも思わないしお金も欲しいと思わないけど、紙切れでは離婚したのに・・・元ご主人様は5年も渋って離婚しなかった間、精神的にも疲れ、お金は出て行くし、良い事なしって感じです。A子達は予想以下の出費の少なさに海外旅行へ行き、車まで買い換えたほどです。
 余談が入りましたが、訴えるならば、良い弁護士を選ぶことが大きく流れを変えるようです。A子でさえ、「こっちが悪いんだけど、あっちの方が悪い感じで、可哀想」と言ったほどです。
    • good
    • 0

mondoさん、初めまして。


30歳の離婚経験者です。

ご相談の率直な回答として、相手の男性から損害賠償を請求することは
出来ます。精神的苦痛を受けたという理由で、調停に申し立てをすればいいわけですが・・・。
しかし、相手も妻帯者ということであれば、妻の側からあなたの奥様を相手どって
損害賠償を請求されるのと、同じことです。
それから、確かな証拠がない限り通らないと思います。

離婚はしたくないとの事。。。
では、何を理由に相手に損害賠償を求めるのでしょうか?
精神的苦痛を受けたから?相手の男性から直接嫌がらせの行為をされたのですか?
浮気は、奥様も同意の上での行為のはずです。
夫であるあなたを裏切っているのは、奥様ですよ。
離婚をしないのであれば、まず奥様を許せるのかどうかを考えてみて下さい。
奥様と、元通りの関係をとりもどしたいのであれば、
相手の男性には関わらない方がいいと思います。
くやしい気持ちは、とてもよく解りますが・・・。

中学生のお子さんがいらっしゃるのですね。
多感な年頃だと思います。ですから、お子さんのためにもなるべくおおごとに
しないであげて欲しいです。
けれど、「子供の為に」我慢して、離婚をしない・・・というのは、
お子さんにとって、将来的にもとても負担になると思います。
「自分の為に我慢していたのか」と、感じると思うからです。
中学生であれば、もう色々なことを理解できるはずですから、
もし離婚をするのであれば、きちんと説明してあげて下さい。
そして、浮気をした奥様であってもお子さんにとっては「母親」なのですから、
悪く言うことだけは避けて下さい。


mondoさんが気づいているという事を、奥様はご存知なのですか?
もし、そうであればお互いの気持ちを確認するためにもよく話し合われた方がいいと思います。奥様が気づいていないのであれば、確かな証拠がない限り、
変に勘ぐったりしない方がいいと思います。離婚をしたくないのであれば、
なおさらです。

ご家族全員が幸せであるには、どうするべきか、よくお考えになって下さい。
生意気なことを長々と申し訳ありません。失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。自分でもどういう方向に進んでいいのか悩んでいます。なるべく最良になるように参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/09/29 07:06

まず証拠を掴んでから、ということになります。

状況により損害賠償請求は可能と思われます。逆に相手の奥さんからあなたの奥さんが賠償請求されることもありえますので、その点もよく考えた方がいいでしょう。こういう問題は、個人対個人で直接行動すると、一歩間違うと逆に「恐喝罪」などで訴えられかねませんので、弁護士さんと相談して、民事裁判などされた方がよろしいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

個人体個人で応対すると恐喝罪になってしまうのですか、なんか男として情けないですね。ありがとうございました。

お礼日時:2001/09/29 05:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q男のひげの永久脱毛はいくらぐらいでできますか?

男のひげの永久脱毛はいくらぐらいでできますか?

Aベストアンサー

8年位前に某有名メンズエステで説明だけ聞いたのですが月1で1年ぐらい通うことが必要で総額30万円台の見積りでした。

Q損害賠償請求の相手が・・・

損害賠償請求の相手が自己破産の申し立てをし本日、弁護士から受認通知が届きました。現在、裁判は進行中なんですがこの場合どうなるんでしょうか?判決がでても請求できないんでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

何に関する損害賠償請求なのかによります。
破産しても免責を受けられない債権に該当するのであれば、破産後も依然として請求は可能です。
具体的には、

1.租税等の請求権
2.破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権
3.破産者が故意又は重大な過失により加えた人の生命又は身体を害する不法行為に基づく損害賠償請求権(前号に掲げる請求権を除く。)

4.次に掲げる義務に係る請求権
 イ 民法第七百五十二条 の規定による夫婦間の協力及び扶助の義務
 ロ 民法第七百六十条 の規定による婚姻から生ずる費用の分担の義務
 ハ 民法第七百六十六条 (同法第七百四十九条 、第七百七十一条及び第七百八十八条において準用する場合を含む。)の規定による子の監護に関する義務
 ニ 民法第八百七十七条 から第八百八十条 までの規定による扶養の義務
 ホ イからニまでに掲げる義務に類する義務であって、契約に基づくもの

5.雇用関係に基づいて生じた使用人の請求権及び使用人の預り金の返還請求権
6.破産者が知りながら債権者名簿に記載しなかった請求権(当該破産者について破産手続開始の決定があったことを知っていた者の有する請求権を除く。)
7.罰金等の請求権

ご質問の損害賠償請求権の場合には2か3に該当するのであれば、それを主張して免責対象外としてもらいます。

何に関する損害賠償請求なのかによります。
破産しても免責を受けられない債権に該当するのであれば、破産後も依然として請求は可能です。
具体的には、

1.租税等の請求権
2.破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権
3.破産者が故意又は重大な過失により加えた人の生命又は身体を害する不法行為に基づく損害賠償請求権(前号に掲げる請求権を除く。)

4.次に掲げる義務に係る請求権
 イ 民法第七百五十二条 の規定による夫婦間の協力及び扶助の義務
 ロ 民法第七百六十条 の...続きを読む

Q永久脱毛について

30歳、男です。すね毛の永久脱毛を考えております。
そこで質問なのですが
体毛は体の毒素を排出する役目があると思うのですが
永久脱毛をすると、毒素排出ができなくなり、体にたいして副作用などあるのでしょうか。

毒素は主に排便や排尿、汗などでも排出されると思うのですが
すね毛くらいの永久脱毛では特に副作用はないと考えてよいのでしょうか?

10年後、20年後、先のことも含めご回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

質問拝読しました

女子です

20年前に両ワキの永久脱毛をしましたが、副作用は一切ありません

そのような事例があるなら厚労省が待ったをかけると思います

Q名誉毀損で訴えた相手から損害賠償請求

名誉毀損で自分の会社のスタッフに内容証明をおくり慰謝料を請求したところ
会社の上司から口頭で「こんなので裁判できないよ」「裁判をして会社のスタッフの雰囲気が悪くなったら損害賠償請求するよ」などと言われました。他のスタッフには事情をすでに説明済みで理解してもらったうえでの内容証明の送付となりました。

これは脅迫に当たりますか?
スタッフの雰囲気が悪くなったことによる損害賠償は成立するのでしょうか?

また、このような事に対応するにはどういった行動が最適でしょうか?


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法律専門家に具体的な経緯を説明して相談にのってもらうのが最適です。

あなたの慰謝料請求が不当な内容で、会社の業務が滞ったりスタッフが
辞めたりといった実害がでれば、業務妨害を原因として損害賠償請求も
あるかも知れません。

名誉棄損等の場合、普通は先ず棄損行為を「止めろ」と警告します。
それでも改善されない場合、悪質ということで法的手段に移します。
もし、いきなり慰謝料請求したとすれば相手もびっくりするでしょう。

逆に相手の不法行為(名誉棄損)を会社にも訴えていて、会社も何も
対策してくれていなかった場合、会社に対しても加害者の使用者責任や
管理者責任を問うことができます。

Q永久脱毛剤

本当に永久脱毛される永久脱毛剤はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

聞いたことがありません。

永久脱毛とは、脱毛すれば一生毛が生えてこないことを言います。
そのためには、毛穴の一番根本にあって、発毛の基となる毛乳頭あるいは毛母細胞を破壊しなくてはなりません。
当然、これらを破壊できたとしても、それ以外の肌の部分に影響があってはなりません。

脱毛剤として一般的なのは脱毛クリームです。
このクリームの主成分はチオグリコール酸で、パーマ液と同じものです。
強アルカリ性で、毛のタンパク構造に働きかけ、ケラチン結合を切り離します。
つまり、アルカリの化学作用によって脱毛するものです。
確かにこれによって脱毛はできますが、毛乳頭あるいは毛母細胞を破壊することはできません。

また、永久脱毛法としてはニードル脱毛という方法があり、その中の電気分解法では、毛穴に針を挿入し、直流電流を流すと毛穴の中の組織液が電気分解し、塩素、水素、水酸化ナトリウムに別れます。
水酸化ナトリウムはアルカリ性ですので、この作用によって発毛組織を破壊します。
これは針先を発毛組織まで到達させることによってのみ可能です。

さらに、発毛組織が皮膚の下のどの深さにあるのかは、毛穴毎にバラバラです。
ヘアサイクルがあるためですが。

その溶剤が、皮膚に塗布して浸透させ、発毛組織を破壊できるとすると、周辺組織も破壊することになりますし、塗布した肌表面へも重大な影響を及ぼすはずです。

従って、もし「永久脱毛」を謳う市販品があるとすれば、ウソということになります。

因みに「永久脱毛法」として世界で認められているのは、先ほどの「ニードル法」だけです。

聞いたことがありません。

永久脱毛とは、脱毛すれば一生毛が生えてこないことを言います。
そのためには、毛穴の一番根本にあって、発毛の基となる毛乳頭あるいは毛母細胞を破壊しなくてはなりません。
当然、これらを破壊できたとしても、それ以外の肌の部分に影響があってはなりません。

脱毛剤として一般的なのは脱毛クリームです。
このクリームの主成分はチオグリコール酸で、パーマ液と同じものです。
強アルカリ性で、毛のタンパク構造に働きかけ、ケラチン結合を切り離します。
つまり、アルカリの化学...続きを読む

Qセクハラ損害賠償の請求相手について(派遣契約の場合)

私は派遣社員で、派遣先企業の社員からセクハラ被害を受けました。
派遣会社から派遣先企業に損害賠償請求する事で、加害者がその責任をとらされる事や会社に居辛くさせる事、これ以上恥をかかせる事を望んでおりません。(社長から怒られ、減給処分をされたと聞いていますので)
また、損害賠償は、加害者が支払える程度の低い額(実費のみ)を請求したいと思っています。
私個人から加害者個人への請求にしたいと思っていますが、派遣という雇用形態でそれが可能なのか教えてください。

1.損害賠償の請求相手は、派遣先企業ではなく、加害者個人にする事は可能な事でしょうか。
2.請求は派遣会社を通さず、私個人から加害者個人に請求する事は可能な事でしょうか。
3.行政書士や弁護士に依頼する際、個人対個人の案件を取り扱ってもらう事は可能でしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.損害賠償の請求相手は、派遣先企業ではなく、加害者個人にする事は可能な事でしょうか。

損害賠償請求の直接の相手方は、セクハラした従業員(社員)個人です。
セクハラ行為自体に、その雇い主である派遣先企業がなんら関与していなければ、これに対し原則責任を問うことはできません。
※例外:使用者責任等


2.請求は派遣会社を通さず、私個人から加害者個人に請求する事は可能な事でしょうか。

もちろん可能です。
ご質問文面からは、ご質問者は派遣会社に知られずに賠償請求したい、とお考えのようですが、加害者本人がご質問者から賠償請求された事を上司にでも話して、それが派遣先企業を通じて派遣会社にでも伝われば、派遣先企業と派遣会社の力関係等もあり、後々トラブルになる、という事態も考えられます。
一応は、派遣会社に、加害者本人に賠償請求する旨、事前に一言伝えたおかれた方が無難だとは思います。
派遣会社には、それ(ご質問者が加害者に賠償請求すること)を止める権利はありません。


3.行政書士や弁護士に依頼する際、個人対個人の案件を取り扱ってもらう事は可能でしょうか。

弁護士依頼案件だと思いますが、もちろん可能です。


以下余談ですが、賠償額を実費のみ、とされていますが、セクハラ被害での「実費」という意味がよくわかりません。
もしこれが弁護士費用のことだけを指すのだとすれば、賠償請求せずに、彼の上司等の立会いを入れ、本人に謝罪を要求すればよいかと。
そうではなく、この他に慰藉料等含まれるのだとすれば、弁護士費用がありますので、それ相応な額にはなると思われます。

1.損害賠償の請求相手は、派遣先企業ではなく、加害者個人にする事は可能な事でしょうか。

損害賠償請求の直接の相手方は、セクハラした従業員(社員)個人です。
セクハラ行為自体に、その雇い主である派遣先企業がなんら関与していなければ、これに対し原則責任を問うことはできません。
※例外:使用者責任等


2.請求は派遣会社を通さず、私個人から加害者個人に請求する事は可能な事でしょうか。

もちろん可能です。
ご質問文面からは、ご質問者は派遣会社に知られずに賠償請求したい、とお考...続きを読む

Q永久脱毛と自己処理

永久脱毛と自己処理

現在除毛クリームを使ってムダ毛を処理しています。

思い切って永久脱毛しようと考えているのですが
永久脱毛前は抜く処理はダメで剃るようにというのを聞いたことがあります。

除毛クリームでの処理を続けた状態で永久脱毛に行ってもいいのでしょうか?

ダメな場合はやめてからどのくらいすればOKになるでしょうか??

Aベストアンサー

私が永久脱毛に行った時は、二ヶ月は抜いたりはしないで、剃るのみで対処して下さい、と言われました。脱毛をやめ二ヶ月経てばいつでも永久脱毛が可能だと思うので、エステ?脱毛機関に行って下さい。行く前は一週間くらい毛の処理は行わず、どの程度の毛の密度なのかを正確に知ってもらう為に生えてきた毛の状態を見せて下さい。
エステによっても、注意や毛の未処理期間なども違うかもしれないので確認するのが一番だとは思いますが・・・
永久脱毛を考えているなら抜く、はしばらく止めておいたほうがいいでしょう。

Q3年の時効が過ぎてしまった相手の不法行為について損害賠償を請求したい

3年の時効が過ぎてしまった相手の不法行為について損害賠償を請求したい

どうすればよいか。
普通に訴状を提出しても、
受付の段階で棄却されるのだろうか?

Aベストアンサー

時効の援用については、他の方の書いているとおりです。

経験者としてアドバイスすると。
訴状が被告へ送達したら、被告も勉強するでしょう、その結果、答弁書にて時効の援用を主張してくる可能性が大です。
私は以前、敗訴覚悟で訴訟したところ、上記のような結果で敗れました、ただ、被告に非があったことの確認が出来たので、精神的には勝った感じでした。

Q永久脱毛について。

永久脱毛について、教えてください。
普通の脱毛でも、毛を抜いたら、皮(皮膚)がふさがって皮をつきやぶる
事なく、皮のしたで、毛が成長して(皮膚の下で成長している)、ヒリヒリ痛い時があります。永久脱毛したいのですが、こんな事おきないのですか?
又、永久脱毛永久脱毛とか言ってますけど、マジで、そんな事できるのでしょうか?(レーザー)又、やった場合、後遺症は、のころないでしょうか?
火傷による内部からの皮膚癌とか?どなたか、詳しいかたおしえてください。

Aベストアンサー

医療機関であれば、永久脱毛できます。
何回か通う必要がありますが、ほんとに永久です。

ちゃんとした医療機関であれば、火傷を起こしてどうこう、ってことはまずありません。
火傷を起こすことがあっても、適切に対処してくれます。

私は男ですが、顔の脱毛をやっている途中で、結構いい感じです。
レーザーをあてて1週間くらいは毛穴が盛り上がったみたいに、ぼこぼこするんですが、それが抜け落ちて、するっとつるっときれいになります。
超楽です。

Q損害を見込んでの損害賠償請求???

取引先から損害賠償請求通告書が届きました。話し合いによる解決という方向で考えているということなんですが。
でも、実際まだ実質的な損害は出ていなくて、あくまで概算でこのくらいかかるだろうという費用を請求されています。
その費用とは、ある製品に使われた部品を交換するという作業です。
実際交換しなくてもなんとかなるらしく、大半はそのまま使われており、在庫分を補修したいのでその費用を払えと言うことなんです。

ここでなんですが、補修済みなら金額も確定するので損害が発生したわけですから、損害賠償請求されても仕方ないんです。しかし、今の段階ではまだ補修をしていないわけですから、この請求を飲んでお金を払ったとしても、そのお金が実際、補修に使われるかどうかはわかりません。
取引先は、この請求を認めないと訴訟を起こすと言います。
その場合は在庫分だけでなく、全ての製品についての金額になるぞ!とやや脅し気味にすら感じます。

弁護士に相談したら、まだ損害が発生していないのだから相手にするなと言うし、取引先は、損害発生してなくても損害賠償請求できるって言うし・・・
本当のところはどうなんでしょうか?

取引先から損害賠償請求通告書が届きました。話し合いによる解決という方向で考えているということなんですが。
でも、実際まだ実質的な損害は出ていなくて、あくまで概算でこのくらいかかるだろうという費用を請求されています。
その費用とは、ある製品に使われた部品を交換するという作業です。
実際交換しなくてもなんとかなるらしく、大半はそのまま使われており、在庫分を補修したいのでその費用を払えと言うことなんです。

ここでなんですが、補修済みなら金額も確定するので損害が発生したわけです...続きを読む

Aベストアンサー

この問題は、その取引先の云う「損害賠償請求通告書」が「損害賠償予定契約書」とすれば、正しいことです。
でも「通知書」は「契約書」ではないので、弁護士の云うとおりです。
しかし、裁判となれば、sakura7053さんとしても「補修済みなら金額も確定するので損害が発生したわけですから、損害賠償請求されても仕方ないんです。」と云っていることからみても、損害額が確定していなくても、あらかじめ、決めておくことができます。
その契約を締結してあれば、賠償請求に応じないわけにはいかないです。
今回の件を、そのままとすれば嫌悪となるならば、正しい契約書を締結することをおすすめします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報