ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

こんにちわ。私の会社の同僚が退職をすると言い出しました。転職するのかと思いきや、フランチャイズに加盟し独立をするとのことです。
しかし、私はフランチャイズは儲からないと聞いたときあります。そこで教えてもらいたいのですが、フランチャイスで儲かってる人はいるのですか?また、どんなフランチャイズが儲かっているのですか?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

このサイトの「Q&A検索」で「フランチャイズ」「FC」で検索すれば、回答がたくさん出てきますが、おおかたは厳しい意見です。


フランチャイズ・ビジネスでは、事業経営の経験がない(あるいは寡少な)人を対象に特定の事業の事業権(販売権)を与え、開業ノウハウを提供し、その後の経営指導・支援や販促、商品・材料の流通(これがFC本部の主要な事業でもある)を保証し、契約関係の上で一定のロイヤリティを受け、経営の実現を図る。一方、フランチャイジー(FCチェーン資本参画者)は、自店の出店/開業費用を負担し、事業主として自店舗の経営責任を持ち、経営実務を担うシステムです。
そこで収益性が高く、事業も順調に推移すれば、ロイヤリティ負担も苦にならず、FC本部もフランチャイジーもハッピーなわけですが、そんなうまい話は残念ながらまずありませんし、そういうものがあったとしても競争社会の市場原理でそのロイヤリティ(契約条件)は高くなるでしょうし、参加者が殺到して審査が厳しくなるのが道理です。
FC本部側の立場に立てば分かりますが、収益性が高く事業実現性が容易なら本部自体が金融機関から融資を受けて自社で資本投下して直接経営します。そうしないのは少額出資者を募る(その資本を利用する)ことと、契約で縛り自己責任で経営(実質的に経営者本人が主な労働力)を任せれば、フランチャイジーも赤字にならないように必死で働く(本部が責任を持たずに厳しい労働条件を実現できる)ので、社員を雇い入れるよりも本部は経営リスクを低減し、事業展開が早まることになるからです。
結局、資本を出したのだから楽に儲けられる、と考えると大間違いになります。ただ、全く商売にならないのであれば、これはFC以前に詐欺行為ですし、人並み以上に研鑽し頑張れば、場合によってはFCから離れて夢の独立経営が実現することになりますが、そういう例は多くはないと思いますし、そのくらい自覚と気概がある人は事業ノウハウも自分で研究しFCに頼ろうという発想は初めからしないものです。
FCチェーンシステムはどうしても「新規の経営に不安で誰かに頼りたい」という起業希望者の心理を利用し、甘い言葉で事業経営の夢を売る側面があり、参加しようとする人は経営の現実をよく見極める必要があります。
貴方の同僚のケースでも、いずれの業種でもいきなりFC契約するのではなく、どこかのFC店でアルバイトなどで一定期間働き、FC契約の長所短所など実情を理解するのが先ではないかと思います。その上でやるのなら、よい業種よい事業者の選択眼が付き、自分の判断で決められ大きな失敗もしないで済むのではないでしょうか。
    • good
    • 8

儲かるかどうかは、本人次第です。


(何でもそうですよね)

独立する場合、ノウハウをどこから得るかが問題に
なります。それを短期間で得られるFCにはそれなりの
メリットがあるでしょう。

ある程度の期間をFCで経験を積み、その後に
独立というのも有りと思います。
    • good
    • 1

こんにちはm(__)m



FC次第ですよ
どんな業種のFCに加盟するか判りませんが
初期投資が少ないFCは売り上げも少ないですね

一例ですが・・・・

軽自動車運送業もFCですね
これも台数が多く一人当たりの振り分けが少ないので
顧客の取り合い状態です

ダス○ンなどハウスクリーニングは
初期投資があり技術的なサポートも有りますが
飽和状態ですね

コンビニ系では当初のロイヤリティが高く
10年は我慢しないといけないと聞きます
初期投資も安くは無いですからね

ファーストフードもハードな部分での影響が多く
(立地条件など)
加盟開店後の売り上げに極端な差が生じます

皆さんが知っている名の企業名のFCは
それなりの人数が揃っています
人数=店舗数で考えると飽和状態の可能性が高いんです

逆に名の知れないFCですと
顧客へのアプローチに不利になる可能性が高いので
これは個人の営業技術だと思います

どれが儲かる儲からないでは無く
本人のやる気次第なんですが
それでも色々な側面から考えてみれば
本人が持っている色々な技術を生かせるか生かせないかなんです

独立=FC加盟ってありがちなんです
本部の方はリスクなどを丁寧に説明し
今後何年間かの営業経緯や目標などを具体的に数値で表し
成功するとは限りませんと契約時に話をしていれば良いのですが
やはり独立する人は変な意味でテンション高いですから
良く考えて踏み出さないといきなり失敗してしまいます
    • good
    • 1

フランチャイズというと


コンビニ、飲食店など実にさまざまなものがあります。

儲かってらっしゃる方もいますし、
儲かっていない方もいます。

フランチャイズが儲からないと言われているのは
・ フランチャイズ料がかかるのでコストが高い。
ということがあります。
ですが、ノウハウを提供してもらえる
ということの対価であるので、一概になんとも
言えません。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランチャイズってやめたほうがいいんでしょうか?

いろんな、フランチャイズビジネスがあります。特に、何ができる、といったものがない人には、ある程度システムが組まれているフランチャイズって、始めやすいように思います。でも、フランチャイズって、本部だけが、儲かるようになっているという話も聞きます。実際、利益を上げてる人もいると思いますが。でもフランチャイズって、独立を目指して始める仕事としては、難しいのが、実情なんでしょうか?回答おねがいします。

Aベストアンサー

申し込むフランチャイズがしっかりしているところという前提で書きます。もちろん悪いフランチャイズなら止めておくべきです。

タイプは2通りに分かれると思います。
タイプ1
経営者自身、本当になにもノウハウがなく、0から物
を作りあげていくことができそうにない方ならフランチャイズをおすすめします。

タイプ2
いや、俺は裸一貫でいいシステムを構築する自信があるぞ!という人にはフランチャイズはおすすめしません。

フランチャイズのメリットは、0からつくりあげていく必要がない、同一ブランドを使用できるが大きなメリットです。

デメリットとしては、相手のシステムをもらうわけですからそれなりにコスト高になりやすいことが上げられます。また、フランチャイズとしての拘束も受けますが、これがないと質がよくなりません。

タイプ1の人が気をつけるべきことは、客は本部が運んできてはくれないことをしっかり心に留めておくべきです。売上げが低いから本部になんとかしてくれ!なんていうのはお門違いです。

また、ロイヤルティなどを考慮に入れると本当に繁盛しないと、なかなか稼げない商売です。

このロイヤリティが曲者で儲かっているのに店をたたむ経営者もいます。

逆に言えば、フランチャイズに申し込まなくても0からつくりあげていく店はロイヤリティを払わない分、多くの売上げを必要としません。つまり足かせが少ない分、持続させる可能性が高まります。

タイプ2の人は自分で0から作り上げていく作業には根気とスキルが必要になります。根気がない人、スキルがない人、アイデアに乏しい人、不器用な人、などは素直にフランチャイズを選択しておくべきです。

フランチャイズだから「いい」「悪い」はありません。要はその経営者の資質にかかっているのです。

申し込むフランチャイズがしっかりしているところという前提で書きます。もちろん悪いフランチャイズなら止めておくべきです。

タイプは2通りに分かれると思います。
タイプ1
経営者自身、本当になにもノウハウがなく、0から物
を作りあげていくことができそうにない方ならフランチャイズをおすすめします。

タイプ2
いや、俺は裸一貫でいいシステムを構築する自信があるぞ!という人にはフランチャイズはおすすめしません。

フランチャイズのメリットは、0からつくりあげていく必要がない、同...続きを読む

Qコンビニのオーナーって儲かるんですか?

こんにちは、中学三年のOOSAWAと申します。
最近気になった事はコンビニのオーナーがどれぐらいの月給をもらっているかです。
最初に300万円ぐらいかかるみたいですが、年に2000万円は最低でも保障されるらしいです。
2000万円というと一ヶ月に大体160万円じゃないですか!!!
もし儲かるのであれば将来は高校を出てから、会社に勤めてある程度の資金をためたらコンビニを開こうと思います。
コンビニ関係者の方からのアドバイスを聞きたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

24時間のお店なら、何が何でも24時間にしないといけない。
たとえ親族に不幸があろうと関係ない。
どうしても人数が足りない場合、本部に要請して短期人員確保するけど極端に高い人件費で派遣が来る。(その間赤字になる)

店でバイト人員確保できないと赤字が続く。

売れ残った弁当など賞味期限が切れたものは店の損として廃棄。
したがって店の賞味期限切ればかり食べているオーナーも居る。

利益率が非常に低い。
100円のものを販売して、通常30円利益があっても
フランチャイズ料金が20円ぐらいもっていかれる。

毎月のフランチャイズ料金が馬鹿にならず、支払いに毎月悩んでいるオーナーが多い。


立地条件の良い所(集客力のある)はすでに開店済みが多い
結局の所、売り上げが上がらない店は廃業に追い込まれる。

Qやればやるだけ儲かるフランチャイズは?

頑張れば頑張るほど儲かるフランチャイズがあったら情報ください。
要するに、需要があるビジネスということになるかと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

んじゃご希望に沿った回答を致します。これは事実に基づいた話ですが、特定の社名を出すのは規約に違反しますので具体的な社名は明かせないことをご了承ください。

矯正下着の代理店です。1着あたりが3万円は下りません。無店舗販売形式ですので、家賃などの経費もかかりません。そして、月に100万円以上売り上げるとFCの「格」が上がりまして卸価格が約半分になります。最高格になると卸価格は38%くらいになるそうです。本部との契約で、定価販売じゃないと売ってはいけないと決まっているので、売れば売るほど儲かります。
喜ぶべきことに、ほぼすべての女性が下着を着ていますから、需要もバッチリです。

「どうやって男の俺が女の下着を売ればいいんだ」みたいなことは一切質問にございませんので、そこに関しては当局は一切責任は持てません。ご幸運を祈念しております。

Qお金、資本金が少なくて儲かりそうな仕事って何かありますか?

お金、資本金が少なくて儲かりそうな仕事って何かありますか?
探偵や結婚紹介等は別です
例えばネットショップで注文があってから仕入れる事や
海外から安く仕入れて国内で売るとか(具体的に何があるか・・・)
又は代理店でマージンを貰う事や
商売的なものを考えています
(ねずみ講や何かすれば毎日何もしなくても自然にお金が入ってくる様な物は却下です)
有限会社的な物でもいいです

Aベストアンサー

情報商材やいろいろなネットビジネスなどありますが現実は収入に結びつきません。
ネットショップに関してもすぐには利益が出ないし売れる商材の確保やネットショップを認知させる為の宣伝広告なども必要になってきます。
商品写真の撮影、画像加工など経費はそれなりに掛ります。
初めは季節商品や実店舗で買いにくい商品をオークションに出品して様子を見ながらネットショップそして卸までをすれば成功します。
売れてるネットショップは店舗の販売は20%であとは卸をしてます。
多少の時間と努力は必要です。
私も今はネットビジネスで成功してますが途中、何度もやめようと思いました。
オークション、ネットショップで現在は毎月2000万の売り上げはありますが
経費に1300万掛り商品の仕入れストックに予備資金を残しておかなければならないので
結構大変ですが初めは10万からの資本金で半年後に本業になりました。
本気でビジネスを始めたければ商材の卸先を紹介します。
後払いや注文があってからの仕入れも可能です。
取扱商品は数百万アイテムあります。
よく考えてビジネスを始めてください。

Q人材派遣会社ってなんでもうかるの?

友人が人材派遣の会社を興すと言って張り切っています。
とても仲がいい関係なのですこし皆様のアドバイスをお聞きしたいと思い質問させていただきました。
人材派遣というのは悪く言ってしまえばピンはねをする人数がどれだけいるかで決まってくるのかなぁと感じていますが、その派遣される方達はなぜ就職しないのでしょうか・・?
就職した方がメリットが多いように思います。
当然雇う側も人件費を抑えられますし、長く勤務してもらった方が経験も豊かになりますしメリットが多いように思います。
なぜこの世の中では人材派遣会社がこんなにふえたのでしょうか?理解ができません。
求人をうって募集を募り採用した方が人材を選択できるでしょうしコスト面(人件費)では安くできるのではないでしょうか?
いちいち求人広告→面接→採用→不採用通知→研修という流れをしたくないという会社なら理解できるんですけどね・・・

人材派遣で働いたことのある方や人材派遣の会社を経営しているもしくは経営側の関係者の皆様のお声をお聞きしたいと思います。

変な質問かとは思いますが、アドバイスよろしくお願いします。

友人が人材派遣の会社を興すと言って張り切っています。
とても仲がいい関係なのですこし皆様のアドバイスをお聞きしたいと思い質問させていただきました。
人材派遣というのは悪く言ってしまえばピンはねをする人数がどれだけいるかで決まってくるのかなぁと感じていますが、その派遣される方達はなぜ就職しないのでしょうか・・?
就職した方がメリットが多いように思います。
当然雇う側も人件費を抑えられますし、長く勤務してもらった方が経験も豊かになりますしメリットが多いように思います。
なぜこ...続きを読む

Aベストアンサー

あなたのおっしゃる事が正論です、その通りなのです。
しかし、これほど人材派遣が労働の選択肢として普及したかと言うと、小泉内閣の大企業よりの誤った政治方針からです。
大企業は(主に製造業ですが)生産の変動があります、正社員だけでは人手が足らない、人手が余るという事が起きます。
ある程度は残業、休日出勤で凌ぎますがそれでも補えない場合もあります。
かっては人手が不足したときは同じ会社内で、別の事業所から応援などということがよくありました。
しかし、これも従業員を移動させると応援手当て、応援に行った先での宿泊施設の支払いなど余分な経費が発生します。
そこでそれまでは設計などでしか認めていなかった、派遣という方法を生産現場に導入してしまったのです。
正社員は必要最低限にして、不足した分は派遣で賄う、過剰になったら断ればよい。
正社員では簡単に首にはできません、しかし派遣なら派遣会社に断ればそれでOKです。
これで味をしめた大企業はリストラと称して正社員を首にし、派遣会社を別会社で設立し正社員をそのまま派遣会社に移動させているのです。
若い人は派遣会社の「自由に働き先を選択できる」などの派手な宣伝文句と、簡単に正社員になれないという状況の中で派遣会社を選択しているという状況です。
    
しかし、今までは労働者が余剰でしたから成り立っていたのです、今後団塊の世代が退職し労働者が不足してくると労働者の奪い合いになります。
今までは派遣会社に頼んでいた企業も、派遣会社では埒が明かなくなると正社員として雇うようになります、そうなると派遣会社は人員不足となり、成り立たなくなってくると私は思います。
人材派遣はどこまでも労働人員過剰の時代に咲いた仇花だと思うのは私だけでしょうか?

あなたのおっしゃる事が正論です、その通りなのです。
しかし、これほど人材派遣が労働の選択肢として普及したかと言うと、小泉内閣の大企業よりの誤った政治方針からです。
大企業は(主に製造業ですが)生産の変動があります、正社員だけでは人手が足らない、人手が余るという事が起きます。
ある程度は残業、休日出勤で凌ぎますがそれでも補えない場合もあります。
かっては人手が不足したときは同じ会社内で、別の事業所から応援などということがよくありました。
しかし、これも従業員を移動させると応...続きを読む

Q履歴書の職歴って、誤魔化してても後でバレるの?

 29歳で、ただいま求職中です。昨日、職業安定所で良さそうな求人があったので、応募を申込みました。
まずは履歴書を郵送してその後に面接なのですが、これはおそらく面接を行う応募者をまずは履歴書から見出すのだと思います。私の場合これまでに4つの会社に就職しており、次に勤める会社が5つ目になります。自分ではこの年齢でこの数は多いと感じ、先方にとっては「この人はあまり長続きしないのではないだろうか…。」と思われそうで不安です。

そこで、職歴の1つか2つを記入せずに、記入する職歴の在籍期間を長く書き空白の期間を埋めてしまおうと思うのですが、これってどうなんでしょう。
仮に応募した会社に入社したとして、後になって履歴書に記入してあった職歴に偽りがあったとバレてしまうのでしょうか?

わかる範囲でかまいませんので、みなさんのご意見をお待ちしています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

過去の4社が、社会保険のある会社で、正社員となっていたのであれば、厚生年金手帳を会社に提出することで、バレると思います。

4社が多いというのは、hero0124さんの「ものさし」でしかないです。

退職の理由が、4社とも同類であれば、採用担当者は、また、すぐやめるかも...と思うかもしれません。

自分が将来、どんな35歳、45歳となりたいかを人生設計する必要があろうかと思います。

わたしは、IT系企業の地方都市の営業所長をしています。採用面接にも同席させてもらうこともありますが、面接に来られる人に、前職の退職理由は、必ず、伺います。
その、退職理由が、いかにも自分勝手というレベルの説明をされると、私は、必ず、不採用の欄に署名するようにしています。

転職の回数を問題と考えるのではなく、自分がどんな仕事をしていきたいか、そして、過去4回の退職したくなるシチュエーションが今度の会社であったとき、今度はどう対処するかをきちんと考えておくことが大事です。

ちなみに、私は、「同じ状況になったら、また、退職されますか?」という質問は、必ず、するようにしています。もち、みなさん、耐えます!と返答されます。

わたしは、「そうなってしまったらおしまいと考え、そのような状況にならないようにする覚悟を決めています」くらいのことを言って欲しい、と思っています。

過去の4社が、社会保険のある会社で、正社員となっていたのであれば、厚生年金手帳を会社に提出することで、バレると思います。

4社が多いというのは、hero0124さんの「ものさし」でしかないです。

退職の理由が、4社とも同類であれば、採用担当者は、また、すぐやめるかも...と思うかもしれません。

自分が将来、どんな35歳、45歳となりたいかを人生設計する必要があろうかと思います。

わたしは、IT系企業の地方都市の営業所長をしています。採用面接にも同席させてもらうこともありま...続きを読む

Qパーセントの計算がまったく出来ません…

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○円で、65%オフ!?ということは○○円ですね!?」などとパッと暗算で計算しているのを見るととても驚きます。

暗算とまではいかなくても計算機(ケータイにもその機能はありますし)があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。

また、今のバイト先で、商品の売り上げ目標というのを作るのですが、先輩たちのミーティングを見ていると「目標○○万円でしたが、××円しか売り上げがなく、△△%の達成率となってしまいました」と報告をしているのですが、この場合もどのような計算式で計算しているのでしょうか?

消費税を出す場合につきましても教えて頂きたいのですが、今現在の税率は5%で、その計算をする場合は「定価×1.05」で出ますよね。なぜ、1.05をかけるのかわからないのです。

本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。よろしくお願いいたします。

本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。

お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。
ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端(?)な数の場合、さっぱりわからないのです。テレビなんかでバーゲンセールを取材している様子を見るとリポーターの女性なんかが「定価が○○...続きを読む

Aベストアンサー

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。
つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。
だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた
残りである700円が答えです。
でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。
30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。
つまり、1000円の70%なので700円、となります。
ここまではいいですか?

次、達成率の計算ですが、、
目標100万円に対して売り上げも100万円だったら達成率は100%なのは
感覚的に分かりますよね?
つまり、達成率=(実際の値÷目標値)です。
%で表現する場合はこれに100を掛けます。(●%=●÷100だから)
たとえば目標50万円で売り上げ35万であれば35÷50×100なので70%になります。

最後、消費税。前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。
つまり、税抜き●円であれば、●円と●円の5%を足した金額が税込み金額です。
式にすると●+(●×5÷100)です。
これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。
5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。
ですから●×(105÷100)です。
ここで出てくる(105÷100)は1.05ですよね。
つまり、元の値段●に1.05を掛ければよいのです。

おまけ。暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。
1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、
  順番を無視しても答えは一緒です。
  上の例でいくと35÷50×100は35×100÷50でも答えは一緒です。
  で、100÷50を先に計算して、それに35を掛けます。
  これならすぐに暗算できますね。

2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば35÷50であれば、前後に2を掛けて(35×2)÷(50×2)でも
  答えは一緒です。
  35÷50の暗算は一瞬悩むけど、70÷100なら簡単ですよね。

3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。
  たとえば25×32を計算する場合、32は4×8なので25×4×8を計算しても
  答えは一緒です。
  25×4は100、100×8で800ということで25×32=800です。
  これなら暗算できそうですよね。

丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。
数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。

1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね?
これは以下計算をしていることになります。
 1000×(50÷100)=500
 1000×(30÷100)=300
●%ってのは●÷100のことです。
で、▲円の●%を求める場合、▲×(●÷100)で計算します。

次、1000円の30%オフって場...続きを読む

Q収入証明書ってどこで手に入れるのでしょうか

収入証明書ってどこで手に入れるのでしょうか



賃貸マンションの申し込みをしてきました




この後,内見⇒申込金を振込⇒ 契約 ⇒ 申込金を差し引いて入金



というながれだと言われました。



差し当たって,内見できるのが1ケ月後なので,何か用意する書類ありますか?と質問したところ。



収入証明書を用意してくださいと言われました。



これってどこで手に入れるのでしょうか

Aベストアンサー

収入証明書は会社からいただく源泉徴収票やお役所でいただく所得証明や納税証明で良いと思います

源泉徴収票は会社によって違うかもしれませんが大抵は会社から無料でいただけますし取りに行く時間がはぶけますよ

どの証明書が必要か不動産会社にどれがいいのか聞くのも良いかと思います。

また働き始めで年末調整が1度も済まれてない場合は源泉や所得証明等がなければ会社から給与証明書などいただくことは出来ると思いますよ

Q開業資金0円で個人事業を始めたいのですが

自宅で個人事業を始めたいのですが、資金0円でも始めれますでしょうか?

業種はサービス業で、お金がなくても始めれるビジネスを考えたのですが
すぐに始めたいと思い立ちました。

ネットサーフィンなどで情報を集めていると、ほとんどが融資を必要とする情報や
開業準備に1年も待たないと駄目とか・・・

思い立ったらすぐに始めたいのが私の性格でそんなに待てません。
融資なんかもいらないです。自宅に固定電話を開設くらいの資金ですぐに始めれますでしょうか

また、売上が徐々にたまったら株式会社に以降したいです。
いまは設立資金がないため、個人事業から始めますが、なにかアドバイス等ありますでしょうか?

そんな質門してる時点で・・とかそういう回答はいらないです。重々承知で質門してますので。

Aベストアンサー

個人事業というのは、株式などの法人と違って登記不要なのでそれ自体の資金は不要です。税務署への開業届にボールペンが必要ですが、これも税務署に備えてありますし、届を出さなくとも問題はありません。
個人事業と言うと何かカッコいいですが、実際には何も無いですから。

問題は、事業内容、つまり何の仕事をするかです。
個人事業だろうが株式会社だろうが、仕事が無ければ何の意味もありません。
どんな仕事をするか何もなければ何も始まりません。
何をするか決まっているなら、それをすればいいのです。資金とかはそれに応じて必要だったり不要だったりするでしょう。何も無いから資金が必要なのかどうかも判断が付かないのです。
そのサービスとやらも、結局、開業に資金が必要かどうか判断できないのでしょ?つまり、具体的な業務内容が定まっていないからです。
ですから、そんな質問をしてる時点で、、となってしまいます。

Q1000万円あったら何ができますか?(仕事)

今の会社がアレな状態なので遅かれ早かれ辞めようと考えています。
普通に転職する方向でほぼほぼ心は決まっているのですが、
1000万円程の貯金を使って別の生き方をするのもありかな?
なんて、ふと思ったので質問してみました。
(本気で考えているわけではないので、気軽にお答えください)

私は自営業で好きな店を始めることくらいしか思いつかなかったのですが、他にどんなことができますかね。
起業カテゴリで質問してみましたが、起業以外のことでもOKです。

Aベストアンサー

自営業者です。

1000万あれば、個人事業のレベルなら大抵の事はできますよ。
お店系なら、コンビニでも、美容室でも、趣味のショップでも、ラーメン屋でも、独りでやる小さな居酒屋でもOKです。
地方だったら300万が目安になるかと思いますが、都内でも1000万なら十分だと思います。
1000万を頭金にして金融機関や政策公庫から融資を受ければ、もう少し大きな事業も可能かもしれません。

1000万あれば大抵の開業は容易ですが、長く続けるのが大変な訳で、利益を出せないといずれ行き詰まります。
ちなみに、開業するための資金だけでなく、軌道に乗るまでの運転資金や生活費も含めて資金計画を立てる事が重要です。

あと、若くて法律や会計に興味があるなら、年間生活費250万で専業受験生になって3年以内に士業の資格を取って、残った250万で開業するという方法もありますが、今のご時世士業の資格があるからといって成功が約束される訳ではありません(弁護士でさえ困窮している人もいます)。
自己投資系に使うなら、資格以外に留学という手もありますが、帰国後にどうやって生計を立てるか具体的に計画して取り組む事が大事ですね。

語学とバイタリティに自信があるなら、物価が安くて日本人に人気のある国へ行き、日本人バックパッカー相手のゲストハウスを経営するというのもアリです。
ただ、物価が安い=経済水準が低い=治安が悪い、という場合も多いので、その点は自己責任でお願いします。
必ずしも経済水準と治安が反比例する訳ではありませんが、1000万持って経済水準の低い国へ行けば周囲の人とは著しい経済格差がある訳で、その上土地勘がないという状態では、仮に治安の悪くない国でも詐欺や殺人などの犯罪に巻き込まれる可能性は高くなりますので、それなりの覚悟が要ります。

>本気で考えているわけではないので

会社が「アレな状態」では毎日面白くないでしょうし、いつでも独立できるという思いを心の支えにしたいという事でしょうか?
まあ、1000万あれば独立の選択肢は無限にあるので、その点は安心して下さい(成功できるかどうかは別問題ですが)。

本気で考える際には、年齢、性別、お住まいの地域(最低限、地方か政令指定都市か首都圏かは明記)、これまでに経験した仕事、興味のある事、家族の有無、これまでの年収、欲しい年収などを明示して、再度質問することをお勧めします。
あと、どんな事をしたいのか、具体的でなくても「人の役に立ちたい」とか「大儲けしたい」とか「慎ましくていいので楽に生きたい」といった程度でも書いた方が、回答しやすいです。
自営業はモチベーションが続くのが大前提ですから「やりたい事」というのも意外に大事です(もちろん好きなだけで成功できる訳ではありませんが)。
あと、一般に年齢は若い方が有利です(例外はありますが)。

私はサラリーマン経験のある自営業者ですが、独立して良かったと思ってます。
まあ、運に恵まれて飯を食えているから、そう思えるのでしょうけど。

最後に一言「成功できるかどうかは最後は運次第。でも、運が巡ってきた時に掴めるのは、自分を信じて努力し続けた人だけ。」という一言を贈りたいと思います。

自営業者です。

1000万あれば、個人事業のレベルなら大抵の事はできますよ。
お店系なら、コンビニでも、美容室でも、趣味のショップでも、ラーメン屋でも、独りでやる小さな居酒屋でもOKです。
地方だったら300万が目安になるかと思いますが、都内でも1000万なら十分だと思います。
1000万を頭金にして金融機関や政策公庫から融資を受ければ、もう少し大きな事業も可能かもしれません。

1000万あれば大抵の開業は容易ですが、長く続けるのが大変な訳で、利益を出せないといずれ行き詰まりま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報