システムメンテナンスのお知らせ

先日、学校での実験で、第一級アルコール(1-ブタノール)の臭化ナトリウムによる求核置換反応を行いました。その際に、濃硫酸を加えました。教科書やサイトを見てみると、第一級アルコールの求核置換反応には硫酸が必要なのはわかったのですが(汗)その理由がわからないんです。教科書などをいくら見ても解決に至らず困っています(汗)どうか、ご存知の方おしえてください<(_ _)>

gooドクター

A 回答 (2件)

臭化物イオンが求核攻撃をしやすいわけでもなく、1-ブタノールの1位の炭素が求核攻撃を受けやすいわけでもないので、反応を起こしやすくするために入れるのだと思います。


硫酸のプロトンがアルコールの酸素についてオキソニウムイオンになり、1位の炭素から水として脱離しやすくなった状態で、臭化物イオンが1位の炭素の背面からアタックして反応が起こります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!よく理解できました~

お礼日時:2005/06/20 02:59

詳しくは書きませんが、


1)アルコールが酸からプロトンを取り入れてアルキルオキソニウムイオンを作る。
2)アルコールは水酸化物イオンを失うよりは、アルキルオキソニウムイオンが中性の水分子を失う反応の方がずっと起こりやすい。
3)このため臭化物イオンと置換反応を起こしやすい。
と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。とてもよくわかりました!

お礼日時:2005/06/19 22:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング