今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

自分の車で会社の名を借りて仕事をし、出来高の歩合制でお金を会社に支払うような個人と会社との契約のことについて知りたいです。
こういった契約を規制する法律はあるのですか?
このような契約の場合、個人の方に不利益が多いようにみえるのですが、会社側に反論できるような何か法律はありますか?
また、この契約についてどこで(何法で)調べればわかりますか?

とても困っています。どんなことでもいいので教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

結論から言うと、このような庸車契約について規制する法律はありません。

一回毎の庸車契約は委託契約ですが、継続的に行う場合には、業務委託契約を結ぶことがありますが、これについても内容について規制する法律はありません。
運送会社の場合、自社で対応できない荷物を他社(者)に依頼することを庸車といいます。この場合、庸車取扱手数料として数%(3%~10%)を徴収するのが普通です。最近は軽油価格の高騰など、運送業界の競争激化などで、数%しか手数料は取れませんが、以前は20%もとるようなことが多くありました。
これは、個人のほうに不利益が多いように見えますが、実は経済原則にはかなっています。なぜなら、荷主にとっては庸車先と直接取引きしたほうが、この手数料を節約することができるのですが、庸車先の信用度が低い場合、交通事故を起こした場合の賠償が出来ない(経済的理由)、配送先に対して問題を起こした場合などについての賠償も出来ない(業務品質の理由)など、不利益がたくさんあるため、荷主は信頼できる会社を中に入れたがります。一種の保険ですね。
したがって、直接荷主と取引できるような信用を積み重ねる、また経営基盤を強固にするといった努力をすれば、荷主と直接交渉ができるようになるかと思います。
しかし、個人の業者が法人の荷主と直接取引きができるかとなると、それは難しいと思います。やはり法人となり、物的資本を確保しないと、荷主も信用はしてくれないと思います。
    • good
    • 1

経営基盤のほとんど無い個人名でなく、会社の名前を使用して営業することで売上げは増えていませんか。

変わらない、赤字であれば、契約を切って個人でした方がいいに決まっています。
不満が起こる原因は書かれていませんが、どういうことなのでしょうか。
    • good
    • 0

業務委託契約、または請負契約を結ぶのだと思います。



一般的には、売上げを一旦本部に納め、その中から歩合が支払われるということになろうかと思います。

ようは、その歩合の量に納得できれば契約すればいいし、嫌なら他を当たればいい、ということです。決まっている歩合が支払われないというならともかく、そうでないなら、不利益を訴えるというのはどうでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q傭車料とは何でしょうか?

 取引の中に、運送費・傭車料とあるのですが、傭車料とは、何のことでしょうか? また、読み方を教えてください。ようしゃりょう?、なのかな?

Aベストアンサー

 傭車料とは、他社が所有している車輌を自社のために利用しているときの使用料
だと考えられます。
 また、傭車料の「傭」は傭兵の傭ですね。

 例えば、
 (1)運送業
  他社のトラックに自社名を付けて利用する。

 (2)学校
  スクールバスとして他社のバスを借りるケースはよくあります。

 (3)一般企業
  駅から会社までの送り迎えバス

  あと、ハイヤーなどの使用料を含める場合もあるかもしれません。

  ただ、傭車料という科目は現在ではあまり使われていないのではないかと思います。

Q名義貸しになりますでしょうか?

「A運輸」において2tトラック(緑ナンバー)に配送の仕事をしているB氏の話です。

・トラックの所有者はオートリースの会社で、借主はA運輸。

・当該車両に乗務して配送業務をしているドライバーはB氏。

・B氏はA運輸の社員ではなく、A運輸から専属で仕事を請けて、
 完全歩合で働いている。

・当該車両のリース代はB氏がA運輸からの報酬から天引きされて支払っている。
 その他、燃料代や高速道路代なども天引き。 

・B氏がやっている仕事はA運輸の正社員と同じ。

これは貨物自動車運送事業法第27条に抵触していませんか?

Aベストアンサー

他の回答と異なりますが、実態としては、Bさんの持ち込みと同じ行為です。
Bさん個人の名で緑ナンバーが取れず、A運輸の許認可での仕事ができないため、A運輸の名義を借りての車両持込みでしょう。

Bさんがドライバーというだけであれば、雇用関係でなくとも構わないかもしれませんが、リース料や諸経費負担をしている実態としては、運輸関係の許認可のない下請けにやらせている行為をごまかしているだけでしょう。

私の知っている運送会社においても、持ち込みの下請けさんがいました。しかし、緑ナンバーの問題が出て、質問のA運輸のような名義貸し行為の形でごまかしましたが、それも陸運局より問題視されてしまったことがありました。

結果、持ち込みや下請けドライバーを辞めざる負えない状態となり、条件が変わることにより喜んだり妥協するドライバーは残り、嫌がるドライバーは他社へ移りましたね。

この問題は警察よりも陸運局からの指導に注意が必要だと思います。
また、事故などが生じた場合、雇用関係なのか下請なのかわかりにくい状況となり、労災や損害賠償で大変なことになるでしょう。

仕事内容が社員と同じかどうかよりも、契約形態と実体の状況が重要なのです。本来は形式の問題ではないのです。陸運局へ密告などをすれば、A運輸は事業の仕組みを大きく見直す必要が生じますし、下請けに頼った事業であれば、最悪会社が傾く可能性があることでしょうね。

他の回答と異なりますが、実態としては、Bさんの持ち込みと同じ行為です。
Bさん個人の名で緑ナンバーが取れず、A運輸の許認可での仕事ができないため、A運輸の名義を借りての車両持込みでしょう。

Bさんがドライバーというだけであれば、雇用関係でなくとも構わないかもしれませんが、リース料や諸経費負担をしている実態としては、運輸関係の許認可のない下請けにやらせている行為をごまかしているだけでしょう。

私の知っている運送会社においても、持ち込みの下請けさんがいました。しかし、緑ナンバー...続きを読む

Q運送会社の社員でないドライバーが、他社の車(緑ナンバー)を使って荷物を

運送会社の社員でないドライバーが、他社の車(緑ナンバー)を使って荷物を運ぶことは法令上問題があるのでしょうか。
またこの場合、自分の会社の荷物であるか、他社の所有物であるかによってこの適法性は変化しますか?

ご存じの方、お教え下さい。

Aベストアンサー

・・・・。

どういうシチュエーションで社外の人間が運送会社のトラックを
運転するんでしょうか??

派遣とかの他社からくる労働者ならわかりますが・・。

運転することは問題ないでしょう。
ただ事故起こした場合に保険がききませんので
派遣とかの場合はお客さんから運転の依頼があった場合は断れと
当たり前のように言われます。

Q業務委託契約書について(運送業)

業務委託(例えば運送業)する場合、業務委託契約書の作成は
必須でしょうか?(法律上の義務でしょうか?)

また、口約束や、契約書の体の為さない簡易的なもので、
業務を委託した場合の、デメリット(トラブルの発生)やペナルティについて教えてください。

Aベストアンサー

   
 こんにちは。

 運送業(運輸業)の範囲は意外と広く、運賃等を受領し旅客・貨物の運送を行う場合の輸送する以外にも、保管や荷役(搬出・搬入・仕分)、流通加工、物流にかかる情報処理等もあるそうですから、こうした中には勿論、バス、タクシーの事業も含まれ、これらの業務だけでは顧客間との契約書を交わす法的義務は一切ないでしょうね。

 そして、今回のご質問では恐らくトラックによって荷物の輸送を行う、いわゆる トラック事業 を指していると解釈しますが、この場合でも依頼主と契約書を交わす義務がないのは先の通りでも、依頼された内容を口約束だけで処理してしまえば、後にトラブルが発生する可能性があります。

 これについては、例えば配達先の住所や相手、日時等が違っていたり、また、その荷物の中身も解らない場合では輸送中に壊れてしまったり、時には爆発する様な危険物であったりしますから、契約書までは必要なかったとしても、最低限、これらを明らかにする依頼伝票の様な書面を残し、配達依頼者と受取人双方に対し手渡しているのは既に ゆうぱっく、宅急便等 も同様の続きを経て行われていますね。
   
 

   
 こんにちは。

 運送業(運輸業)の範囲は意外と広く、運賃等を受領し旅客・貨物の運送を行う場合の輸送する以外にも、保管や荷役(搬出・搬入・仕分)、流通加工、物流にかかる情報処理等もあるそうですから、こうした中には勿論、バス、タクシーの事業も含まれ、これらの業務だけでは顧客間との契約書を交わす法的義務は一切ないでしょうね。

 そして、今回のご質問では恐らくトラックによって荷物の輸送を行う、いわゆる トラック事業 を指していると解釈しますが、この場合でも依頼主と契約書を交...続きを読む

Q白ナンバーのトラックで営業可能?

白ナンバーで合法的に運送営業する方法として、
下記のようなことを記載している記事をネットで見つけました。


【請負というのは仕事を個人事業として仕事を行うということで
例えば運送業者が預かった荷主の荷物を自社の荷物として扱い
それを知り合いのトラックを借りて運び、その車に対価を支払うと
同時にドライバーを別口で雇ってその労務費を正当に支払うという
体にすることで、あたかもトラックを持っている知人に引っ越しの
手伝いをしてもらったかのような扱いになるので、合法で緑ナンバーと
同じ仕事ができるという抜け道もある。】


上記の記事は具体的にどういうことでしょうか?

Aベストアンサー

基本的に、労務違反と許認可違反に当たります。

ま~すべてが撮りすまれるわけではないので違法操業している業者もいるでしょう。

例えばその会社のドライバーなり、アルバイトが告発するのであれば、労働基準監督書に相談して、勤務実態が国土交通省などへ問合わせて発覚する場合もあるでしょうし・・・
まったくの赤の他人なた、直接国土交通省なりに通告するのも手でしょう。

警視庁に通報しても良いと思います。

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q土砂禁ダンプに砂利を積んだら・・・?

「土砂等運搬禁止車両(土砂禁ダンプ)」たまに見かけるのですが、
普段運転していると何が積まれているのかはわかりません。

先日、自宅の2階から道路を眺めていたら、
「砂利を満載した」土砂禁ダンプが走っていきました。

これって罰則とかあるんでしょうか?
それとも、見つからなければ許されるってんじゃ・・・(--;)

Aベストアンサー

土砂を積むダンプは保安基準だったかな?ちょっと昔のことで記憶が定かでないですが、荷台の煽り高さは決められております。
これは土砂の比重で車両総重量から割り出し、この車は○○トン積載可能となればそれに見合った荷台の大きさが決められます。
ちょっと考えますと、例えば10トン積めるトラックで積み荷がプラスチック屑のような物なら、同じ重さでも大きな箱でないと10トン入らないですよね!!
これと同じで、土砂の比重が10トンの箱の大きさにに制限されます。
この車は、土砂は積まない約束でこの大きさの荷台が許されているのですよ、と言うのが土砂禁ダンプと言うことになります。
これは立派な違反行為と言えるでしょう。
また、当然この荷台に土砂を積めば、積載オーバーとなり、これまた違反となります。

Q「決裁」と「決済」の違いって・・・

経理のド素人ですので、こんな質問をしています。
「決裁」と「決済」の意味の違いを教えて下さい。

あと、出張申請書の「検印」は普通は誰が押すものなのでしょうか?

Aベストアンサー

手元の辞書によれば、
決済は「売買取引を済ませる」こと、
決裁は「案件の採否を決める」こと
だそうです。

出張申請書は・・・・会社によると思うのですが、「直属上司」あるいは「経理担当者」なのでは?

QCD、ADとは何の略でしょうか

通帳を記帳して、ふと思ったのですが・・。
入金にはADと記帳され、出金にはCDと記帳されます。
他の銀行の通帳では、入出金とも「ATM」と記載されたりもします。
ATMなら、わかるのですが、「CD」「AD」とは、何の略でしょうか?

Aベストアンサー

●私は、「昭和40年代から、銀行の、キャッシュカードの、ユーザー??」なのですが、

皆さん方が、おっしゃるとおり、
「CD」は、「Cash Dispenser」(現金自動支払機)

「AD」は、「Automatic Depository」(現金自動預金機)

の、意味です。

「ATM」は、皆様方も、ご存知のとおり、「Automated Teller Machine」(現金自動預け入れ・引き出し兼用機、自動取引機)
の、意味です。

「ATM」は、昭和54年(1979年)くらいから、次第に普及し始めました。

「CD」は、大阪万国博の、少し前から、「旧住友銀行」に、設置されたのが、最初だと、思います。(カード専用の、支払機)
(最初のころの、「CD」は、ちょうど、「ダイヤル電話と、同じ、ダイヤルが、テンキーの、代わりに、あった??」ようです。)

「AD」(「預け入れ」と、「記帳」が、できる機械)は、現在は、ほとんど、見かけませんが、ずっと昔、
「旧協和銀行」「旧住友銀行」「旧三井銀行」と、「第四銀行」(新潟市中央区)・・・などに、ありました。

●私は、「昭和40年代から、銀行の、キャッシュカードの、ユーザー??」なのですが、

皆さん方が、おっしゃるとおり、
「CD」は、「Cash Dispenser」(現金自動支払機)

「AD」は、「Automatic Depository」(現金自動預金機)

の、意味です。

「ATM」は、皆様方も、ご存知のとおり、「Automated Teller Machine」(現金自動預け入れ・引き出し兼用機、自動取引機)
の、意味です。

「ATM」は、昭和54年(1979年)...続きを読む

Q消費税・法人税の中間申告の納付時の仕訳のやり方について

いつもお世話になっております。
消費税と法人税(法人税・県民税・事業税・町民税)の中間申告納付時
の仕訳についてお聞きしたいのですが、ある会社では上記は全て、「仮払金」であげて、期末に処理しております。(実際の処理は税理士さんにお願いしております)
また、違う会社では、消費税については「仮払金」(資産)であげているのは同じなのですが、法人税については中間納付の時点で「法人税および住民税等」(費用)という科目で処理しており、同じく期末で税理士さんにお願いして最終処理しているようです。
仕訳の方法については特に指摘もないことから、この2社どちらのやり方でもかまわないの(間違いではない)だろうとは思うのですが、上記2社のやり方では法人税の期末の仕訳はそれぞれどのようになる(違いがある)のでしょうか?
実際の部分は税理士さんにお願いしていることから、期末の仕訳がどうなるのか、いまいちわかりません。
すいませんが、大まかでかまいませんので、期末の仕訳がどうなっていくのか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・仮払金の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[仮払金]*****
           /[未払法人税等]*****

・法人税等の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[未払法人税等]*****


人気Q&Aランキング