「シェイクスピア」の「言葉遊び」についての質問です。

●以前何かの本で、シェイクスピアは、生涯の作品で、(またはある作品中で)おおよそ、いくつぐらいの言葉遊びを用いていた。という記事を見ましたが忘れてしまいました。(><)

シェイクスピアって、駄洒落や言葉遊びの名手だったことは推測できますが、おおよそどのぐらい使っていたか、ご存知の方ご指導くださませ。m( _ _ )m

生涯の作品中でも、特定の作品中でもかまいません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

【シェイクスピアの言葉遊び】


シェイクスピアの言葉の駄ジャレだけで各作品では、平均72という事です。
駄洒落、押韻、、縁語、掛詞、早口言葉まで入れると数千になるでしょう。
もっともシェイクスピアが折角、挿入しても誰も気づかない場合もあるでしょう。
下記のサイトに詳しく載っています。
http://www.toyama-cmt.ac.jp/~kanagawa/language/d …

私、jakyyが気に入った言葉遊びものをあげましょう。
【駄ジャレ】
Said he young Harry Percy's spur was cold?
Of Hotspur Coldspur? that rebellion
Had met ill luck?
「The Second Part of Henry the Fourth」

【早口言葉】
But she as far surpasseth Sycorax,
As great'st does least.
「The Tempest」

【Shakespeare Quotes】
My words fly up, my thoughts remain below
Nothing can come of nothing

全く関係ありませんが、「Shakespeare Jokes」というサイトがあります。
洒落のサイトです。
"Do me, or not do me. THAT is the question."
http://www.arches.uga.edu/~erhart/Jokes/Jokes.htm

参考URL:http://www.toyama-cmt.ac.jp/~kanagawa/language/d …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシェイクスピア作品のどこに魅力があるのか分かりません。

ここにいる皆様に比べれば、あまり文学作品は読まない人間からの質問です。

世間一般で持て囃されているシェイクスピアの作品について、6年程前、四大悲劇とベニスの商人を読んだのですが、どこが素晴らしいのか全く理解できませんでした。

その当時は、「どこが良いのかは全く分からないが、昔の読み物とはこういうものなのだろう」と心の中で片付けていたのですが、こうも持て囃されると、私自身の想いが間違っているのか、それとも読む前の前提の知識を必要とするのか、いずれにせよ、世間の評価と私の気持ちが乖離している事に疑問を持っています。

シェイクスピアの表現が一般的になりすぎて新鮮味を感じないからなのか、はたまた現代の表現に適していないからなのか・・・。
また、ベニスの商人の後書きに書いてあったのですが、既存の民話や作品を繋ぎ合わせて、物語を構築する手法を用いて作品を作っていたという説明に、シェイクスピア独自のオリジナリティーが無かった事に対する失望も湧き上がった事も魅力を失わせた理由の一つと思います。

ただ、私がシェイクスピアを読む上での観点が誤っていたりする事も考えられるので、シェイクスピア作品を読む上でどこに着目すべきかを、どなたかご教示頂ける方がいらっしゃいましたら教えて頂きたく。

また、
・どこに着目すべきか
・シェイクスピアの作品の作り方はどこが評価されているか
・誰が、どの作品を評価しているか
が分かる参考図書等があれば教えて頂けないでしょうか?
(ホームページでも構いませんが、私は見つけられませんでした・・・。)

ちなみに私が読んだ中で素晴らしいと感じたものは、
 ゲーテのファウスト、
良いと思ったのは、
 武者小路実篤 愛と死
面白さがよく分からないものが
 川端康成 伊豆の踊り子

文学以外で素晴らしいと思ったのは、
 福澤諭吉 学問ノススメ
最近の本で良かったのは、
 的場明弘 超訳 資本論
です。

勝手我侭な質問で大変恐縮ですが、宜しくお願い致します。

ここにいる皆様に比べれば、あまり文学作品は読まない人間からの質問です。

世間一般で持て囃されているシェイクスピアの作品について、6年程前、四大悲劇とベニスの商人を読んだのですが、どこが素晴らしいのか全く理解できませんでした。

その当時は、「どこが良いのかは全く分からないが、昔の読み物とはこういうものなのだろう」と心の中で片付けていたのですが、こうも持て囃されると、私自身の想いが間違っているのか、それとも読む前の前提の知識を必要とするのか、いずれにせよ、世間の評価と私の気...続きを読む

Aベストアンサー

シェイクスピアは大衆向けのにぎやかし芸であって、
藤山寛美や手塚治虫と同類でありシーンごとの
盛り上がりをどうするかがコンセプトなのです。
テーマとか全編構成はそのための手段にすぎません。
あなたがおもしろさを理解できないのは
趣味が合わないからですよ。
大ヒット作品であっても好みに合わない人もたくさんいるのです。

Qシェイクスピア作品はなんで「文学」として評価されてるんですか?

シェイクスピアの作品はすべて劇の台本ですよね。
現代のものであれば、劇の台本と読むための文学作品は、区別されて
台本自体は、演劇という作品の準備にすぎない、として扱われると思うんですが

なんでシェイクスピアについては「文学」としての評価が与えられているんでしょうか。


…とまで書いたところで、シェイクスピアに限らず、劇の台本の形をとる作品っていっぱいあるじゃん、と気づきました。
そういうものってすべて、上演されることと、そのまま読まれること
両方を目的として書かれてるんでしょうか?

Aベストアンサー

戯曲作品について。
近年の戯曲作品には、上演を目的としたもの(これが本旨でしょう)と上演と購読とを狙ったもの、そして購読を狙ったものとがあるようです。
まあ、上演も行いそれだけでも読むに堪えるような御本(戯曲)と云うのは大変だろうとは思いますが、中には院本の体裁を取りながら一体これってどう云う演出を考えているのだろうかとか上演する事を考えているのだろうかと云うものもあります。

なお、沙翁の場合、邦人は邦訳で読むので解りがたいですが、原文は韻文となっているようです。従って韻文としての美しさもその一つとして文学として評価されているのでしょう。

もう一つは古典文学を現代の目で見てはいけないと云う事です。本邦の国劇や浄瑠璃本も演劇の上演の準備と云う点では同じではないでしょうか?

まあ、これが文学作品か否かの線引きは画然としたものがあるとは思えませんし、理学や数学のようの定義もないようですから。(主観が交じる事になる、…と感じるとか、…と思えるとか)

Qシェイクスピアの「お気に召すまま」という作品を読みました。

シェイクスピアの「お気に召すまま」という作品を読みました。

「君、時というものは、それぞれの人間によって、それぞれの速さで走るものなのだよ」

という台詞が、誰がどんな場面で言ったのか知りたかったからです。

しかし、私の買った書籍には、この台詞がありませんでした。

この台詞は、誰がどんな場面でいったのか教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Orl のセリフに

Orl. And why not the swift foote of time? Had not that bin as proper? Ros. By no meanes sir; Time trauels in diuers paces, with diuers persons: Ile tel you who Time ambles withall, who Time trots withal, who Time gallops withal, and who he stands stil withall

とうのがあり、"Time trauels in diuers paces, with diuers persons" の部分がご質問の部分に相当するように思われます。

場所は全体の中ごろですから、第2幕第2場くらいじゃないかと思います。
Orl. とあるのは、Orlando のことでしょう。

下記のサイトのテキストで見ました。
 → http://www.gutenberg.org/cache/epub/2244/pg2244.html

どんな場面なのかは、ずっと読まなければ分りませんし、私の読解力ではとても無理だし、日本語訳を持ってるわけでもないので、それは答えられそうにないので他の方にお任せします。

Orl のセリフに

Orl. And why not the swift foote of time? Had not that bin as proper? Ros. By no meanes sir; Time trauels in diuers paces, with diuers persons: Ile tel you who Time ambles withall, who Time trots withal, who Time gallops withal, and who he stands stil withall

とうのがあり、"Time trauels in diuers paces, with diuers persons" の部分がご質問の部分に相当するように思われます。

場所は全体の中ごろですから、第2幕第2場くらいじゃないかと思います。
Orl. とあるの...続きを読む

Qシェイクスピアの舞台はどうしてイタリアが多い?

どうしてシェイクスピアはあんなにイタリアを舞台に書いたのでしょう?
遠く離れた国で、あの当時なかなか行けなかったと思いますが
(シェイクスピアは行ったという説があるそうですね)。
ルネッサンス以降、文化の中心地であったから?

Aベストアンサー

ほかの理由として、劇の元になった話、元ねたが、イタリアの話だった、というのもあります。
「ジュリアス・シーザー」「アントニーとクレオパトラ」「タイタス・アンドロニカス」あたりはイタリアというより古代ローマ。プルタークの英雄伝(対比列伝)あたりが元ですし、ほかにもギリシアやローマの
神話や劇がもとになっているものもあります。
この時代古典といえばイタリア(というよりローマの、ラテン語の)文化なのですね。ギリシアあたりのものもラテン経由ですので。

Q言葉遊びと数学との関係(ルイスキャロス、ウリポなど)

最近言葉遊びに興味があります。
世界の言葉遊びなどについて調べていくうち、
数学者であり、言葉遊びを含む作品を発表している人物を
何人か発見しました。
ルイスキャロス、レーモン・クノー、フランソワ・ル・リヨネーなどです。

そこで質問なのですが、
1.他にも数学者(数学に明るい、と言う程度でもかまいません)であり
言葉遊びに関する作品を発表した人がいたら教えてください。

2.数学と言葉遊びの関係について述べている、
本やサイトをご存知でしたら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

二人ほど

Jacques Roubaud 数学者であり詩人
Trente et un au cube, Gallimard, 1973, 131 p
http://www.mollat.com/auteur/jacques-roubaud-9401173337.aspx
http://www.inventaire-invention.com/textes/roubaud_tokyo.htm

Oliver Salon 数学者であり文人、喜劇俳優 janvier 2000からの会員
これからのようです


人気Q&Aランキング

おすすめ情報