私が子どもの頃、学研の「科学」という月刊誌に
「生きた化石 カブトガニ」の飼育セットがついていました。当時は、何の疑問も持たずに飼育していたのですが、本当にあれはカブトガニであったのか疑問に
思っています。

たぶん、昭和58~62年の間の付録だったと記憶しています。当方が4~6年生くらいであった記憶があります。

飼育セットは、小さな水槽、カブトガニの乾燥卵、海水のもと、エサのセットでした。
本にもカブトガニはこんな生き物といった紹介がされており、確かに「カブトガニ」と銘打って付録についていました。

ネットでいろいろと検索をしてみたところ、それより後の時期は、「カブトエビ」や「シーモンキー」の飼育セットに変わったようです。

ですが、私の時には確かにカブトガニという名前で付録についていたのです。

友人にも聞いてみたところ、実はシーモンキーだったのではないか(海水で育てたため)、あれは確かにカブトガニと書いてあったなど、いろいろ意見がでましたが、真相がわかりません。
中には、香港やマレーシアでは食用として扱っているところがあるらしく、そういったところから乾燥卵を輸入していたのではないか等の意見もありました。

どなたか真相をご存知の方、いらっしゃいませんでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

あっ!



http://kids.gakken.co.jp/kagaku/furoku/84.html

「科学のふろく」サイト
http://kids.gakken.co.jp/kagaku/furoku/
より
    • good
    • 2
この回答へのお礼

情報ありがとうございます。

やはりカブトエビだったようです。

お礼日時:2005/06/24 17:09

数年前にでた、「科学のふろく」という本を持っているのですが、このテーマの教材は、


アルテミア(ブラインシュリンプ、シーモンキー)かカブトエビだったそうです。
たしかアルテミア→カブトエビ→アルテミアと推移したと記憶します。カブトエビは父母にも懐かしいと大人気の教材だったけれど、養殖していたひとが廃業したため、アルテミアにもどったそうです。ちなみに私は第1期アルテミア時代。

アルテミアは塩水で飼育することからもわかるように、本来、塩田、塩湖のような所にいて、水が干上がると乾燥卵で生き延びます。
カブトエビはご存知の通り、田んぼに水が入ると現れて、水のない時期は乾燥卵でこします(ミジンコなんかもそうです)。
カブトガニは乾燥卵を生じないと思いますが?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

あれから調べましたところ、海水で飼育するカブトエビセットもありました。

また、カブトガニは乾燥に耐える卵ではないそうです。

学研に聞いてみたところ、カブトガニを付録につけたことは一度もなく、私の年齢からしてカブトエビであることを調べていただけました。

お騒がせしました。

お礼日時:2005/06/24 17:07

私のときは「カブトエビ」でした。

あなたより数年前だと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

実は、私より前の年代の方でもカブトエビが付録だったという人もいました。
ですが、私と同年代だけはカブトガニだったとみんな言うんですよね。

やはりエビだったのでしょうね。

お礼日時:2005/06/22 19:21

(笑)私も飼育してました。


学研は毎月付録のみが楽しみでした。
勉強には全く役にたってなかったかも。。。(笑)

あれは、カブトエビですよ。
今でも、飼育用の容器持ってます(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

名称は「カブトエビ」ですか?「カブトガニ」でしょうか? 私が持っていたのは、カブトガニだったのですが、この場合、名称に嘘があるし、それでもいいのかなあ・・・とも思ったのですが・・・。

お礼日時:2005/06/22 19:10

どうやらカブトガニではなくカブトエビみたいです。


http://kids.gakken.co.jp/kagaku/furoku/84.html

カブトエビはこんなのです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%96% …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そちらのキットも確認したのですが、私が持っていたものとは違うので、希望を持っていました(笑)
私のはカブトガニだったかもしれない・・!!と(笑)

雑誌のほうでは、カブトガニの特集を組み、付録もカブトガニでつけているのに実は、カブトエビだったというのはどうなんでしょう???

似ているからいいのでしょうか・・・。
カブトエビも生きた化石らしいですし・・。

お礼日時:2005/06/22 19:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q橋での蛾の大量発生

先日、尾濃大橋を原付で渡ろうとしたら蛾が大量発生していて渡れませんでした。
9月中旬の今の季節は毎年そうなのでしょうか?また、大量発生の期間はどのくらいでしょうか?
教えてくださいお願いいたします。

Aベストアンサー

蛾なのかな・・・・
カゲロウの大量発生で橋が閉鎖というのは時折ニュースになるが、蛾でと言うのは初耳

カゲロウの場合、二三日程度でかつ夕方から夜間の時間帯だけだったはず

Qこどもちゃれんじの付録

こどもちゃれんじの付録で、子供がとても気に入っている付録があったのですが、付録の一つがなくなってしまいました。ちゃれんじ(ベネッセ)から新たに購入することは可能でしょうか?
しまじろうパペットは紛失等の理由で再度購入することは可能なことは知っているのですが・・・玩具も可能なのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.shimajiro.co.jp/inquiry/index.html
↑こちらのページに、問い合わせ用の電話番号が紹介されています。

教材が破損した場合には無料で再送してくれますよ。
今回のケースが該当するかどうかは不明ですが。

Qマイマイガの大量発生の原因は何でしょうか?

マイマイガの大量発生の原因は何でしょうか?

ここ数年、頻繁にニュースに上っている「マイマイガ」の大量発生の原因は何でしょうか?
前から気になっていたのですが、どうしても知りたいです。

インターネットで検索しても、具体的な大量発生の原因はわかりませんでした。
どなたかご存知の方教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

原因というか、以前から大発生と減少を繰り返しています。

マイマイガはいろいろな葉を食用にしますし、天敵となる鳥や虫も少ないので
消長を繰り返すようです。

ちなみに、大発生した2年後くらいに、多くがウィルスにやられて大幅に数が減って
大発生が収束するのが普通のパターンのようです。

Q「名言」の真相

女性初の宇宙飛行士テレシコワの名言として有名な「私はカモメ」という言葉はとても詩的な感じですが、
実はテレシコワの通信上のコードネームが「カモメ」だったので「こちらカモメ」と言っただけだったらしいとか。
このように、歴史上の「名言」とされている言葉が実は何でもない言葉だった、という話が他にあったら教えて下さい。

Aベストアンサー

WHERE IS RPT WHERE IS TASK FORCE THIRTY FOUR RR THE WORLD WONDERS (第34任務部隊は何処にありや 何処にありや。全世界は知らんと欲す) 。のハルゼー提督が激怒したとされる”全世界は知らんと欲す”の部分は暗号を複雑にするために用いただけで意味はない。(文章の頭でWから始まる単語を2つ使っているのでそれに合わせて用いた。平文化する際には省略されるべき部分だが、誤ってハルゼーの手元に届けられた)。

Q庭に大量発生した虫。サシガメ?カメムシ?この虫をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。鮮

庭に大量発生した虫。サシガメ?カメムシ?この虫をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。鮮やかな黄色です。
イラムシ除去後に大量発生してしまいました。

Aベストアンサー

キバラヘリカメムシの幼虫でしょう

http://mushinavi.com/navi-insect/data-kame_kibara.htm

Q海水と岩塩

海の塩が固まって岩塩になったのでしょうか?
それとも岩塩が溶けて、海の水がしょっぱくなったのでしょうか?
それとも両者は、ぜんぜん別なものなのでしょうか?
私はなんとなく、岩塩が溶けて海の水がしょっぱくなった気がするのですが。

Aベストアンサー

海が先です。高校地学の教科書とかをみれば
ふつうに岩塩のできかたとか書いてますよ。

Q【クラゲ】猛暑日だとクラゲが海に大量発生しないのはなぜですか?

【クラゲ】猛暑日だとクラゲが海に大量発生しないのはなぜですか?

Aベストアンサー

ほんとは大量発生してんだよう
暑過ぎるから溶けて次々に海の藻屑になっちゃってるんだよう
海中がそんな感じで渋滞してんだよう
その下に生きてるのもいるよう

Q確かな学力とは

2008年1月の中教審答申「幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善について」に、次のような記述があります:

次に、改正教育基本法や学校教育法の一部改正は、「生きる力」を支える「確かな学力」、「豊かな心」、「健やかな体」の調和を重視するとともに、学力の重要な要素は、(1)基礎的・基本的な知識・技能の習得、(2)知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等、(3)学習意欲、であることを示した。・・・

この書き方によると、「確かな学力」の要素を、、(1)基礎的・基本的な知識・技能の習得、(2)知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等、(3)学習意欲、と捉えるものと解釈しても良いものなのでしょうか。

ちょっと判断に迷ったので質問させていただいております。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Q、「確かな学力」の要素を、(1)基礎的・基本的な知識・技能の習得、(2)知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等、(3)学習意欲、と捉えるものと解釈しても良いものなのでしょうか。
A、No!

>学力の重要な要素は、
>(1)基礎的・基本的な知識・技能の習得、
>(2)知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等、
>(3)学習意欲、であることを示した。

ですから、3つの要素はあくまでも「学力」の「重要な要素」と書かれているに過ぎません。
ですから、「確かな学力」の「重要な要素」そのものとは書かれていないと思います。

例えば、労働力・設備・材料は生産力の3要素であることは周知の通り。
だが、生産性とか品質を問題にする場合、3要素を組み合わせて商品化するプロセス全てのレベルが問題。
このように、「確かな生産力」と「生産力」では意味合いが違います。
そういうプロセス全てのレベルを捨象しての3要素ですから、「学力の重要な要素は・・・」と記述されているんじゃないですか?

Q、「確かな学力」の要素を、(1)基礎的・基本的な知識・技能の習得、(2)知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等、(3)学習意欲、と捉えるものと解釈しても良いものなのでしょうか。
A、No!

>学力の重要な要素は、
>(1)基礎的・基本的な知識・技能の習得、
>(2)知識・技能を活用して課題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力等、
>(3)学習意欲、であることを示した。

ですから、3つの要素はあくまでも「学力」の「重要な要素」と書かれているに過ぎませ...続きを読む

Q虫や動物が大量発生する理由って?

虫や動物が大量発生する理由って?

素人の素朴な質問なのですが、
定番のイナゴ、ねずみや、数年前のハチの大量発生や
保護しすぎて急増するあまり小さくない動物の急増は
どんな条件が重なって起きているのでしょうか?

何か発生するパターンなどが有れば教えて頂けませんか?

Aベストアンサー

イナゴは前年に豊作だと卵をたくさん産むことになり、
翌年豊作でないとエサを求めて各地を食い散らかしながら大移動をすることになり
大発生になります。イナゴと各年のエサのバランスの問題です。

ネズミはエサや隠れ家が何らかの理由で豊富なら簡単に大発生します。

ハチはおそらくスズメバチでしょうが、
その年の気温が高いなどの条件でエサとなる他の昆虫が多くなると女王バチが卵を産みやすくなり、
孵った働きバチの栄養も豊富なので順調に育ち大発生します。

Q海水の温度について

南米のエクアドルからペルー沖にかけて海水の温度が例年より高くなることを何というか、ご存知の方いらっしゃったら教えてください。

Aベストアンサー

エルニーニョ現象ですね。

参考URL:http://www.binet.co.jp/koko/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報