クフ王のピラミッドが墓ではないのであれば、クフ王の墓はどこにあるのでしょうか?考えを聞かせてください。できればそう考える理由も教えて下さい。

A 回答 (2件)

意外と「スフィンクスの中」とか。


いや、空洞があるらしいとかそんなことを聞いたような気がしたので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。私も最初はそう思いましたが、スフィンクスはピラミッドより時代が古いみたいなので今違う説を考えています。

お礼日時:2001/11/02 22:07

スフィンクスの地下辺りが怪しそうです。



理由:いかにもお墓に見えるピラミッドで、墓荒らしを惑わせておき、本当のお墓を守る為に、守り神に見えるスフィンクスの地下を使えば、安全だと思えるからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2001/11/02 22:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクフ王のピラミッドの製作について

ちょっと疑問に思ってネットで調べたのですが、大きさが230メートル×230メートル、高さが146(147と言う記述も)メートル、平均2.5トンの石を約300万個使って作られたそうですね。
で、これだけ大きな物ですと相当作るのに時間が掛かったはずですよね。当時は重機もないはずですから。
で、お聞きしたいのは何人くらいで何年掛って作られたかと言うことです。こういう学説があるよというのでも構いません(と言うか、はっきり分からないでしょうから説ですよね?)。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

テレビでもやっていましたが、HPでわかりやすいのを参考に添付します。
 私もH8にエジプトへ行きそのスゴサに圧倒させられました。
 サッカラに初期のピラミッドがありますが、ギザのピラミッドとは全く異なったものです。それは、石の積み方が全く違います。運搬する手段もわからないのですが最も不思議なのは、サッカラは日本の城の石垣のように隙間が多いのに比べ、ギザのピラミッドの石には隙間は全くありません。鉄の無い時代にどのようにしてあの大きな石を正確に面を削り積み重ねたのか、一度現地へ行かれてそのスゴサに驚いてみてはどうでしょう。

参考URL:http://www.actv.ne.jp/~yappi/w.history/mokuji/mokuji1.html

Qクフ王

ギザにあるピラミッドがクフの墓ではないとすると、今もクフは発見されてないのでしょうか?もちろん盗掘されているかもしれません。 つまり、すくなくともクフらしき王の墓は発掘されているのでしょうか?
また、今現在王らしい墓として発掘されているのは、全体の王(はっきりしている王だけでも)のどのぐらいの数なのでしょうか?

Aベストアンサー

ギザの一番大きなピラミッドを作ったのは、クフ王で間違いなさそうです。

問題は、これが墓かどうか? という点です。考え方として、

  1 墓でない。
  2 墓であったが、クフ王は葬られていない。
  3 墓であるが、盗掘された。
  4 墓であり、今もクフ王は眠っている。

この4つの説が考えられる。

どこぞの教授がいろいろなことを言っているが、まだ4の説も魅力的である。

また、紀元前5世紀(今から約2500年前)のヘロドトスさんは、自分が生きている頃からさらに2000年前のクフ王が、「ナイル川の水を地下に引き、その中ノ島(中洲)にクフ王の玄室がある」と書き残しています。この事からすると、ピラミッドの地下、もしくは付近の地下から、クフ王の墓が見つかる可能性も否定できません。

こんなのはいかがでしょうか?結構ためになります。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~moonover/bekkan/chorono/first_page.htm
http://www5b.biglobe.ne.jp/~moonover/bekkan/chorono/farao22.htm

専門的ですが、膨大な量の資料があります。
http://www005.upp.so-net.ne.jp/nanpu/index/index.html

ギザの一番大きなピラミッドを作ったのは、クフ王で間違いなさそうです。

問題は、これが墓かどうか? という点です。考え方として、

  1 墓でない。
  2 墓であったが、クフ王は葬られていない。
  3 墓であるが、盗掘された。
  4 墓であり、今もクフ王は眠っている。

この4つの説が考えられる。

どこぞの教授がいろいろなことを言っているが、まだ4の説も魅力的である。

また、紀元前5世紀(今から約2500年前)のヘロドトスさんは、自分が生きている頃からさらに200...続きを読む

Q卑弥呼の墓はどこですか?

卑弥呼の墓はどこですか?

Aベストアンサー

奈良の箸墓古墳とする説があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AE%B8%E5%A2%93%E5%8F%A4%E5%A2%B3
http://inoues.net/club/hashibaka.html

邪馬台国が九州であった説をとると
宇佐説と
http://homepage3.nifty.com/washizaki/paper/paper21.html
平原遺跡と言われています。
http://www.systemicssystem.com/ja/%E5%B9%B3%E5%8E%9F%E9%81%BA%E8%B7%A1

Q倭の五王の次に中国歴史書に登場する倭の王は?

倭の五王は有名ですが、その次に中国の歴史書で確認できる
倭の王は誰ですか?
王でなくともよいのですが、倭の人物ならだれになりますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 王でいえば、隋書の「日いずるところの天子、書を日没するところの天子に致す」という記載になります。西暦607 年ですね。

 「倭の五王」も突然現れますが、その後はまた空白となり、607年いきなり「天子」と称して隋王に書簡を送っていますね。

Qピラミッドの隠し扉

早稲田大学の吉村教授率いる調査チームが、ピラミッド内部の人間が入れないような小さな穴に小型ロボットを入れて探索する というテレビ番組を1年ほど前に観ました。

記憶が定かではないのですが、その小さな穴の先にドアのようなものを見つけて、そのドアを開けると新たな空間があるのではないか、、みたいな内容だったと思います。
「現段階では、そのドアを開ける技術がない、、」みたいな感じで番組は終了したと記憶しています。

その後どうなりましたか?ドアの先には何かあったんでしょうか?

Aベストアンサー

「通風口」とされていた小さな穴のことですね。
確か1年くらい前のテレビ番組でやっていました。うろ覚えなので不正確ですが次のとおりです。

通風口といわれていのですが、ロボットカメラで調査したところ、取っ手のある扉(というか閉塞石)が見つかったため、ドリルで穴をあけてさらにその向こうへカメラを挿入しました。
その先にはまた閉塞石があって行き止まりになっていました。
このドリルで穴をあけて調査したのがエジプト考古庁のザヒ・ハワス氏で、扉そのものは欧州の調査隊が確認したもののようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報