dポイントを20倍にするたった2つの方法

主に職場での人間関係に関してのコーチングを受けたいと思っています。
Webではコーチングの紹介をしているサイトをいくつか見つけたのですが、どのように選べばいいのかがよくわかりません。
コーチの選び方、お勧めのコーチはたは紹介業者などがありましたら教えていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

以前、市民講座でコーチング講座を受講しました。

6回の講座で、市民講座だったために無料で受講することが出来ました。内容もとても充実していたので、そのような講座がお住まいやお勤めの自治体で安価で提供されているといいですね。

6回の講座のなかの1度は、インストラクターの師匠、岸英光氏をゲストに迎えての授業でした。お話もとても面白く、また判りやすく、そのとき、お話をされていたのは、1時間程度だったと思うのですが、楽しい且つ心に良い刺激を受け、帰り道に何度も授業を振り返ったことを思い出します。

私が受けた市民講座は大阪でしたが、岸氏は全国で活動されているので、
機会があれば、ご本人or関連の方の講座を受けてみてください。
生憎、HPを見たところ、すぐに受けられそうなものが上手く見つけられなかったのですが、岸氏に師事していた前田京子さんのHPを見つけましたので参考までにご紹介します。
講座もセラピーも両方されているようです。

参考URL:http://www.communication.ne.jp/profile.html

この回答への補足

ありがとうございます。

ほかにも市民講座のようなものがないか探してみたいと思います。

補足日時:2005/06/26 02:07
    • good
    • 0

No.1の者です。


東京の方ですか。私の知り合いで、広島でそういった職業の人がいたので。

コーチング、というのとは少し違うとは思うのですが、選択理論心理学という分野です。私はリーダーシップという観点から勉強させていただきました。

自分たちが普段実生活で行っていることが、いかに人間関係を無視したものであるか。企業という組織の中で正しいとされていることがいかに誤ったものであるか。

しかし長い間企業やそういった組織にどっぷりと使って感覚が麻痺してしまっている人にその話をしても、「必ずしもそうとはいえない」と言う答えが返ってきます。
彼らは自分たちの考え方がひょっとすると間違っているかもしれない、と考えることができなくなっているのです。

しかし、倒産してしまう会社の多くが、そういう私たちがついやってしまいがちな習慣というやつを無理強いしている場合が多いです。

ですから今、多くの企業がこの考え方を取り入れようとしています。勉強してみると結構面白いですよ。

この回答への補足

まさにその通りですね。

noki2005さんは広島の方に「選択心理学」を学んだということですね?
ちょっと難しそうですが、自分でも勉強してみたいと思います。

補足日時:2005/06/26 02:00
    • good
    • 0

コーチングの本などを読まれてコーチとは何か


自分なりに理解していると思ったので
コーチの探し方のみについてアドバイスします。

私はコーチングとは、自分で話す言葉で気付く
ということだと思っています。従って、安心感が
あるか?素直に話せるか?がポイントですから
コーチとクライアントの相性が合うかがポイントです。
コーチの大部分は無料お試しコーチングと
いうのがありますから、お試ししてからが良いです。

私は企業で管理職をして、今コーチの修行中です。

参考URL:http://coach.or.jp/

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
実際にコーチングの勉強をしている方からご回答いただき、とても参考になります。

相性ですか。。。そう考えるとまずはいろいろ調べるよりもコーチングを一度受けてみるのが一番、ということでしょうか?

補足日時:2005/06/26 01:49
    • good
    • 0

こんにちは(^_^)



職場での人間関係で何か具体的にお悩みの
ことでもあるのでしょうか?

「人が不幸な理由の大半は。満足できる人間
関係を持っていないからである」といわれる
くらいですから、人間関係での悩みって尽きない
ですよね。
「ちなみに、残りの大半はお金がないからで
ある(笑)」

コーチ=馬車ということで、「どこかへ連れて
行ってあげる」の意味があります。
つまり、走るのはあくまで、本人であって、コーチ
は御者の役割を果たすにすぎません。

また、コーチングには「3つの哲学」があると
言われています。

1.人は皆、無限の可能性をもっている。
2.その人が必要とする答えは、すべてその人の
  なかにある。
3.その答えを見つけるためにはパートナーが
  必要である。

上記の3つは大体どんな本を読んでも同じような
ことが書いてあるくらいです。


しかし、かなり胡散臭いですよね(笑)

1.「無限」と言った時点でこれは宗教
  になってしまいます。
2.「その人の中にある」とは限りません。
  なぜなら知識が無い人には解決策の選択は
  限られてしまいます。

正確には以下のとおりではないでしょうか?
1.人は皆、想像もつかないほどの潜在能力や
  可能性を秘めている。
2.その人が必要とする答えは、その人自身が
  判断できる。ただし、いつもその人の中に
  予め存在するわけではない。
3.その答えは、パートナーがいたほうが早く
  見つけることができる。

このポイントをしっかりと押さえているコーチ
を選択されることがポイントだと思います。

ただし、具体的な状況はわからないので、はっきり
とはいえませんが、もしかしたらコーチングが必要
なのではなく、コンサルティングまたは、
カウンセリングが必要なのかもしれませんよ。

この回答への補足

詳しくありがとうございます。

>コンサルティングまたは、
>カウンセリングが必要なのかもしれませんよ。

このあたりも含めてコーチングによって解を見つけていければ、と思っています。

補足日時:2005/06/25 14:33
    • good
    • 0

お住まいは何県ですか

この回答への補足

東京都です。

補足日時:2005/06/25 14:32
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング