涌き水の作り方を教えてください。

A 回答 (3件)

 syoujux88さんが湧き水を作りたいところは傾斜地にあるのでしょうか?傾斜地にあるのなら、(水が流れていなくても)谷地形のところならもしかしたら、望みがあるかも知れませんが・・・


 湧き水=地下水です。地下水は文字通り、地下にある水です。この地下にも水面があり、水面が地表より上にあれば水が噴出します。(でもたいてい湿地になっている。)また、地下水に圧力がかかっていて、大気圧とのバランスに勝っていれば自噴します。湧き水を作りたいと思っている近所に井戸はありませんか?もし、湧水があれば可能性はあるし、無ければ可能性は低いといえるでしょう。
地下深く掘れば、自噴する可能性もありますが、費用がたくさんかかります。地下水脈があれば、自噴できないまでも、ポンプで汲み上げるのが現実的です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。なんか大変ですね。私じゃなかなか作れそうにないです。

お礼日時:2001/10/09 12:44

草をみて.湿原植物の生えている傾斜地をみつけて.ブルでちょっと表面をけずれば.湧き水を作れます。


ただ.該当する土地を持っていますよね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。…該当する土地を持ってません。(残念)

お礼日時:2001/10/08 11:02

湧き水って山にある湧き水のことですよね。


庭の設備として水道水を引いて人工的に作るのでしょうか?それとも本物みたいに実際に地下水を掘って作るのですか?

水道水を使う場合は簡単な仕掛けで出来ると思いますが、地下水を使うとなると自噴泉を探さなくてはなりません。平野部だと被圧地下水脈を探すだけで莫大な設備とお金がかかりそうですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

お礼日時:2001/10/08 01:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電気の作り方を教えてください

ぽんと野に放たれて、まわりに文明の利器がない環境下、果たして電気を作って、光などに利用することは可能でしょうか?

小学生にもわかるように、文明の利器を使わない、電気の作り方を教えてください

Aベストアンサー

訂正
< 電気を作るには「電子」の固まりともいえる金属等を作ること
  ↓
 電気を作るには「自由電子」の固まりともいえる金属等を作ること

・・・ 化学は難しい。畑違いには堪えます。 ではでは

Q一般住宅の電気工事をされてる方教えてください。

電気工事のプロフェッショナルの方よろしくお願いします。

私のところは田舎です。古い住宅ですが、まだ単相2線式(配電盤にメインブレーカーなし。配電盤に入ってきたVVF2,6mmが直接銅の棒状端子で子ブレーカーに。子ブレーカーはすべて20A、3つあって空きスペースなし。)です。

この時、エアコン(100V)用にもう1回路増やせるのでしょうか。私の記憶だとVVF2,6mmだと30Aまでと記憶しています。メインブレーカーがないので1つのブレーカーに20A流れたら20A×3=60A!?VVF2,6mmに60A流れたら!と思うことがあります。

知っておられる方。是非教えてればありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的には、電力会社との契約は、負荷契約になりますので、負荷が増えれば申請が必要となります。

また、主幹無しで20A3回路程度は良くありますが、現在では、屋外や水回りなどに設置する機器への供給回路では、漏電遮断器を設置する事になっていますので、分電盤の交換をした方が良いでしょう。
一次側の電線の取替をしない場合ですと、VVF2.6mm-2Cですと、30Aの主幹がついている物で良いでしょう。
この場合の分岐の数(分岐回路数)は多くても4回路程度が適切でしょう。

単3にすれば、尚良いでしょう。

絶縁抵抗の測定について!
メガを125Vや250Vを使うと良いなどとする回答がありましたが、500Vである必要があります。
一般的に低圧の絶縁電線の耐電圧は600Vである事からも解ると思います。
絶縁抵抗値に関しては、オームの法則を用いて考えれば、メガの測定値が何オームあれば良いか解るでしょう。
また、絶縁抵抗の測定には2種類有ります。
L-E(大地間)の絶縁抵抗を測定する場合と、L-N(線間)を測定する場合です。
線間の絶縁抵抗を測定する場合は、必ずスイッチなどは全てONにしておく必要があり、その回路に接続されている機器がメガの電圧(500V)を印加する事に問題は無いか確認する必要があります。
通常線間の絶縁抵抗を測定する場合は、ケーブルや複数の電線が管路(金属管など)に収めれれている場合の線間の絶縁を図る場合にのみおこない、通常一般的に漏電が無いかどうかを見る為には、大地間の絶縁抵抗を測定する事を言います。
要するに、大地にどれだけ電気が漏れているかを測定しそれが 規定の範囲内にあるかどうかを判定するのです。
大地間の絶縁抵抗測定の場合は、よほど特殊な物で無い限り、メガの電圧(500V)を印加した影響は少ないです。(但し注意や確認は必要です)

基本的には、電力会社との契約は、負荷契約になりますので、負荷が増えれば申請が必要となります。

また、主幹無しで20A3回路程度は良くありますが、現在では、屋外や水回りなどに設置する機器への供給回路では、漏電遮断器を設置する事になっていますので、分電盤の交換をした方が良いでしょう。
一次側の電線の取替をしない場合ですと、VVF2.6mm-2Cですと、30Aの主幹がついている物で良いでしょう。
この場合の分岐の数(分岐回路数)は多くても4回路程度が適切でしょう。

単3にすれば、尚良いでしょ...続きを読む

Q大量のバイクの廃棄→くず鉄業者の探し方を教えてください。

大量のバイクの廃棄を考えています。
くず鉄として、購入してもらえるでしょうか?
また、相場はどのような感じなのでしょうか。
また、くず鉄業者の探し方を教えてください。

Aベストアンサー

よくバイク回収車が回っていますがそちらではいかがでしょうか?走らなくなった250ccバイク、1万円と交換しました。また、インターネットでバイク買取で探すと下記URLのほかいくつもヒットします。リサイクルの観点からいきなりくず鉄化するのはやめてぜひバイク回収車や引き取り業者と交渉されることをお勧めします。

参考URL:http://www.bike.uri-kai.net/index1.html

Qフロンに詳しい方、教えてください。

ある企業でISO14001の事務局を担当している者です。今度環境関連の法規に関する社内勉強会の講師をする事になりました。そこで、フロン回収破壊法に関する調べ物をしていたら、あるメーカー(フロン回収業務もしている)のHPで、代替フロン(HFC。R-134aやR-410A等)は今後冷媒として主流になるという記述がありました。但しこれは、オゾン破壊係数こそゼロですが、地球温暖化係数は1300あります。そのようなものが今後(今も結構使ってると思いますけど)主流になるのでしょうか?まあ、社内勉強会でそこまで説明しなくても良いとは思うのですが、気になって仕方ないので、どなたか教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

> 但しこれは、オゾン破壊係数こそゼロですが、地球温暖化係数は1300あります。そのようなものが今後(今も結構使ってると思いますけど)主流になるのでしょうか?

ご指摘のとおりです。主流になるどころか、HFCは、CFC同様、いずれ国際的にも製造中止(R-134aは2005年だったと記憶しています。)になることが決まっています。

冷媒に関する世界の潮流は、某メーカーのHPの記述とは正反対の流れです。間違いなく主流はノンフロンです。EUでは、既にノンフロンが冷蔵庫の主流になっています。

無知のせいか、確信犯なのか、知る由もありませんが、そのメーカーの見識の低さには心底悲しくなりました。

Q電気の詳しい方 教えてください。 電線のサイズsqとは断面積と解釈して

電気の詳しい方 教えてください。 電線のサイズsqとは断面積と解釈しておりますが、現場では電線サイズを確認するには電線のサイズは直径でしか判断できません。 動力の場合(3相3線200V)で
(1)sqと直径の関係表はどこで調べられますか?
(2)sqとKW容量の許容容量の関係はどこで調べられますか?
(3)3本のうちの1本のサイズをsqで表してますね?

誰か教えてください。

Aベストアンサー

sq(スクエア,スケア)は断面積のことですが,これは撚り線の規格なので,直径dの素線を7本撚りにすれば,太いところは3d,細いところは√(3)dになります。電線の見た目の径を3dとして,それを外径としていることがありますが,これには隙間が入っているので,これで許容電流を求めてはいけません。
(1)
円の直径dと断面積Sの関係は,S=π/4*d^2なので,d=√(4S/π)になります。これなら許容電流の計算ができるはずです。素線d=1[mm]で7本撚りは,S=5.5[mm^2]で,見た目は,直径3[mm]だが,許容電流との関係の直径は,d=2.65 [mm]ということになります。単線の規格で直径d=2.6[mm]のIV電線の低減率なしの許容電流は48[A]にたいして,5.5[mm^2]のIV電線の許容電流は49[A]です。48*2.65/2.6=49または48*(2.65/2.6)^2=50で,だいたい見合っています。しかし,60[mm^2]の直径は,8.74[mm]になりますが,この近辺の単線の規格がないので,この方法では,許容電流を求めることはできません。しかし,許容電流計算式があるので,この式で計算はできますが,
http://www.sei.co.jp/ewp/J/product/detail/pdf/8_13.pdf
r :電線のT1 ℃における導体実効抵抗(Ω/cm)
R :電線の全熱抵抗(℃cm/W)
T1 :電線の最高許容温度(℃)
T :周囲温度(℃)
η0 :多条布設の場合の許容電流低減率
などが必要で,専門家でないとちょっと難しいでしょう。
だから,換算表がなくても,sqからdは求められますので,換算表はありません。あまり役に立たないし。規格外の電線を使うのでなければ,sq別の許容電流値が一覧になっているのでそれで十分なのです。
(2)
sqとKW容量の許容容量の関係を調べる所はありません。自分で計算してください。電線には,許容電流がありますので,許容電流以下で使うことになります。KW容量というのは負荷の容量ののことですね。不平衡とか細かいことは別にして,三相交流の電力は,P=√(3)VIcosθで表されるので,I=P/(√(3)Vcosθ)で計算される電流が許容電流以下になればいいでしょう。
P:電力[W],I:線電流[A],V:線間電圧[V],cosθ:力率
です。
(3)
すみません。ちょっと何のことかわかりません。芯数が3本で,それぞれ同じsqのものが3本あるということで,3本の断面積合計ではありません。ということかな。

sq(スクエア,スケア)は断面積のことですが,これは撚り線の規格なので,直径dの素線を7本撚りにすれば,太いところは3d,細いところは√(3)dになります。電線の見た目の径を3dとして,それを外径としていることがありますが,これには隙間が入っているので,これで許容電流を求めてはいけません。
(1)
円の直径dと断面積Sの関係は,S=π/4*d^2なので,d=√(4S/π)になります。これなら許容電流の計算ができるはずです。素線d=1[mm]で7本撚りは,S=5.5[mm^2]で,見た目は,直径3[mm]だが,許容電流との関係の直径は,...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報