はじめまして。現在特許関係の事務をしながら司法試験の勉強をしているものです。市販の教材などを利用して、悪戦苦闘していますが、なかなか論文という形で表現することができず、悩んでおります。
特に、論文を書き始める前に、答案構成をする必要性は強く感じているのですが
予備校で出されている参考答案の答案構成例をみてみると、非常に分量が多く、
丸写しするだけでも、とても1時間で書ききることができません。ほとんど答案と同程度の量になってしまいます。
教育学部出身なものでなかなか実際に合格されている方などからお話を伺うことができないため、もし有効な参考書などありましたら教えて頂きたいと思い、投稿しました。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

わたし、少し分野が違いますけど、或る国家資格を獲るためにこの会社の「受験新報」という冊子を参考にさせてもらいました。

 安くてページこそ少ないけど毎月発行されていて旬の話題も満載、かつ中央大学真法会のコーナーもあって大変役になりました。たまに購読者から郵送された論文の添削コーナーも掲載しますので是非一読してください。ちょっとした気分転換にもお薦めです。

参考URL:http://www.hougakushoin.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まず始めに回答してくださった皆さん本当にありがとうございます。
お忙しい中で回答してくださったことをひとつひとつ読み返しましたが
どれもみな役に立つものばかりでした。また反省することばかりです。

勉強に王道はないのかもしれませんが、試行錯誤の結果搾り出されたような
皆さんの貴重なアドバイス、やはり重みが感じられます。なんとか自分の
勉強方法に取り入れ頑張りたいと思います。

mttさん、ありがとうございました。
ホームページ早速アクセスしてみました。とてもよいページで情報満載でした。
まだ自宅でインターネットはじめてから日が浅いのでこのようなページがあることに気がつきませんでした。お気に入りに登録して利用していこうと思っています。
どのような試験であっても最後は自分との勝負なのかもしれませんね。
mttさんも目標を達成できるまで、頑張ってください。自分もがんばります。

sein13_2さん、ありがとうございました。
とても参考になりました。特に問題を読んだ瞬間論点が頭に浮かんでなければ勝負にならないというところが参考になりました。まだ自分は問題文を読んで論点が次々とうかんでこないのです。
このため、これからは問題文を読んで論点が直ぐに浮かんでくるかを意識して、すこしでも早くsein13_2さんのレベルまで持っていけるようにしたいと思います。とにかく勝負の場に立てるようにしなければと反省するとともに、今から実践していこうと思っています。sein13_2さんも合格まで是非頑張ってください。

jelliclecatsさん、ありがとうございました。
「目的を絞って書いていました。」というところが特に参考になりました。
確かに初めから全部をきれいに書かなければと思いすぎていました。
問題をもう一度見直して、書けるものをひとつずつ増やせるようにすることを
目標のひとつにしたいと今思っております。
jelliclecatsも受験生ということなので、頑張ってください。

justinianiさん、ありがとうございました。
元司法試験委員の先生からのご意見も教えていただき、貴重な情報参考になりました。
問題提起の考え方、参考書、是非これからの勉強に役立てたいと思います。
元受験生とのことですので、もしかしたら現在は実務で活躍されているのでしょうか。
お忙しい中、重ねてお礼申し上げます。

inuxxさん、ありがとうございました。
普段実践されている答案構成のしかた、とても参考になりました。
「書くべき事項とその結論を簡単に箇条書きにする程度です。」をはじめ
具体的な方法を教えていただけたので、問題集を参考にしながら
再検討し、自分の中に取り入れていきたいと思っています。
inuxxさんも受験生とのことなので、合格の日まで頑張ってください。

最後に、みなさんありがとうございました。一人で勉強していると、何か間違っているのではと不安になったりしますが、皆さんから貴重なご意見を頂けたので、もう一度勉強法を見直してみようと思っております。

回答に対する了回答を求められるのですが、全てが了回答ですので、判決?を下すことができません。
このような場合じゃんけんがもっとも公平と考えるのですが、皆さんのお手がお借りできませんので
しかたなくNo順にします。ごめんなさい。

お礼日時:2001/10/10 22:52

私も受験生に過ぎませんから、参考程度に。



答案構成は答案を書くための手段に過ぎません。そして時間の制約がある以上、
私は「できるだけ」簡潔に答案構成するようにしています。

大きなミスをなくすために、最低限の骨組みは必ず書きます。
論点以前のことを含めて、書くべき事項とその結論を簡単に箇条書きにする程度です。

「できるだけ」というのは、ここからどの程度、構成段階で書くかが問題によって異なるからです。

長く書けそうな問題(事実認定、問題点の把握やあてはめが簡単、論証の暗記も確実な場合など)なら、
忘れがちなキーワードを挙げる程度です。自分にとって簡単なら構成は短く済ませて、
答案を書く時間を確保するわけです。10分までですね。

短くしか書けない問題(上の逆のような場合…(^^;)では、答案を書く時間が短くなる分、
構成をしっかりするようにします。キーワードを挙げることはもちろん、
注意すべき言い回しは、そのまま下書きする感じです。
考える時間も長くなりますが、時には30分近くかかることも。
簡潔ではないですけど、この場合はいいんじゃないかと思っています。

時間不足になることが多いので、合格者のアドバイスでこんな感じで書いてます。


答案作成に参考になるような本・・・
私はI塾の塾長の書かれたものや、LのS講師の機械的合格法など、結構たくさん目を通しました。
方法論は、合否を左右する、かなり重要なものだと思います。
多くの本が出ていますから、自分に合うものを吟味してくださいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

まず始めに回答してくださった皆さん本当にありがとうございます。
お忙しい中で回答してくださったことをひとつひとつ読み返しましたが
どれもみな役に立つものばかりでした。また反省することばかりです。

勉強に王道はないのかもしれませんが、試行錯誤の結果搾り出されたような
皆さんの貴重なアドバイス、やはり重みが感じられます。なんとか自分の
勉強方法に取り入れ頑張りたいと思います。

mttさん、ありがとうございました。
ホームページ早速アクセスしてみました。とてもよいページで情報満載でした。
まだ自宅でインターネットはじめてから日が浅いのでこのようなページがあることに気がつきませんでした。お気に入りに登録して利用していこうと思っています。
どのような試験であっても最後は自分との勝負なのかもしれませんね。
mttさんも目標を達成できるまで、頑張ってください。自分もがんばります。

sein13_2さん、ありがとうございました。
とても参考になりました。特に問題を読んだ瞬間論点が頭に浮かんでなければ勝負にならないというところが参考になりました。まだ自分は問題文を読んで論点が次々とうかんでこないのです。
このため、これからは問題文を読んで論点が直ぐに浮かんでくるかを意識して、すこしでも早くsein13_2さんのレベルまで持っていけるようにしたいと思います。とにかく勝負の場に立てるようにしなければと反省するとともに、今から実践していこうと思っています。sein13_2さんも合格まで是非頑張ってください。

jelliclecatsさん、ありがとうございました。
「目的を絞って書いていました。」というところが特に参考になりました。
確かに初めから全部をきれいに書かなければと思いすぎていました。
問題をもう一度見直して、書けるものをひとつずつ増やせるようにすることを
目標のひとつにしたいと今思っております。
jelliclecatsも受験生ということなので、頑張ってください。

justinianiさん、ありがとうございました。
元司法試験委員の先生からのご意見も教えていただき、貴重な情報参考になりました。
問題提起の考え方、参考書、是非これからの勉強に役立てたいと思います。
元受験生とのことですので、もしかしたら現在は実務で活躍されているのでしょうか。
お忙しい中、重ねてお礼申し上げます。

inuxxさん、ありがとうございました。
普段実践されている答案構成のしかた、とても参考になりました。
「書くべき事項とその結論を簡単に箇条書きにする程度です。」をはじめ
具体的な方法を教えていただけたので、問題集を参考にしながら
再検討し、自分の中に取り入れていきたいと思っています。
inuxxさんも受験生とのことなので、合格の日まで頑張ってください。

最後に、みなさんありがとうございました。一人で勉強していると、何か間違っているのではと不安になったりしますが、皆さんから貴重なご意見を頂けたので、もう一度勉強法を見直してみようと思っております。

回答に対する了回答を求められるのですが、全てが了回答ですので、判決?を下すことができません。
このような場合じゃんけんがもっとも公平と考えるのですが、皆さんのお手がお借りできませんので
しかたなくNo順にします。ごめんなさい。

お礼日時:2001/10/10 22:56

 元受験生です。



1 答案構成
 予備校の参考答案のような詳細な答案構成は不要だと思います。私は、答案の論理の粗筋をフローチャートのような感じで図示するだけにしていました。
 予備校の参考答案は、添削者向けの解説を兼ねる意味合いがあって、総花的にあらゆる論点を盛り込んでいるらしいです。それよりも、問題文が提示する事実を的確に分析し、なぜその論点を論じるのか(=問題提起部分)を説得的に書くと良い、当てはめを丁寧にすると良い、と聞いたことがあります。
 大学時代の恩師が元司法試験委員だったのですが、論点落ちよりも途中答案の方がまずい、と言っておられました(私も、途中答案だらけでした。)。

2 参考書
 好みが分かれると思います。
 私の場合、早稲田経営出版の『デバイス』シリーズを読んで知識と論証方法を勉強し、気づいたことや考えたことなどを付せんに記入して、べたべた貼り込んでいました(=準基本書兼サブノート)。
 択一対策には、やはり早稲田の『択一の肢』を、通学電車の中で読んでいました。六法の憲法、民法、刑法のページを破り取って、条文が出てきたら必ず参照するように心がけていました(こう書くと、心がけだけは立派なんですよね。)。
 あと、自由国民社の『JKブックレット』シリーズも、お手頃でした。
 答練は、辰巳でした。

 nikoniko500さんのご質問のおかげで、他の方の勉強方法も参考にさせていただくことができました。ありがとうございます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まず始めに回答してくださった皆さん本当にありがとうございます。
お忙しい中で回答してくださったことをひとつひとつ読み返しましたが
どれもみな役に立つものばかりでした。また反省することばかりです。

勉強に王道はないのかもしれませんが、試行錯誤の結果搾り出されたような
皆さんの貴重なアドバイス、やはり重みが感じられます。なんとか自分の
勉強方法に取り入れ頑張りたいと思います。

mttさん、ありがとうございました。
ホームページ早速アクセスしてみました。とてもよいページで情報満載でした。
まだ自宅でインターネットはじめてから日が浅いのでこのようなページがあることに気がつきませんでした。お気に入りに登録して利用していこうと思っています。
どのような試験であっても最後は自分との勝負なのかもしれませんね。
mttさんも目標を達成できるまで、頑張ってください。自分もがんばります。

sein13_2さん、ありがとうございました。
とても参考になりました。特に問題を読んだ瞬間論点が頭に浮かんでなければ勝負にならないというところが参考になりました。まだ自分は問題文を読んで論点が次々とうかんでこないのです。
このため、これからは問題文を読んで論点が直ぐに浮かんでくるかを意識して、すこしでも早くsein13_2さんのレベルまで持っていけるようにしたいと思います。とにかく勝負の場に立てるようにしなければと反省するとともに、今から実践していこうと思っています。sein13_2さんも合格まで是非頑張ってください。

jelliclecatsさん、ありがとうございました。
「目的を絞って書いていました。」というところが特に参考になりました。
確かに初めから全部をきれいに書かなければと思いすぎていました。
問題をもう一度見直して、書けるものをひとつずつ増やせるようにすることを
目標のひとつにしたいと今思っております。
jelliclecatsも受験生ということなので、頑張ってください。

justinianiさん、ありがとうございました。
元司法試験委員の先生からのご意見も教えていただき、貴重な情報参考になりました。
問題提起の考え方、参考書、是非これからの勉強に役立てたいと思います。
元受験生とのことですので、もしかしたら現在は実務で活躍されているのでしょうか。
お忙しい中、重ねてお礼申し上げます。

inuxxさん、ありがとうございました。
普段実践されている答案構成のしかた、とても参考になりました。
「書くべき事項とその結論を簡単に箇条書きにする程度です。」をはじめ
具体的な方法を教えていただけたので、問題集を参考にしながら
再検討し、自分の中に取り入れていきたいと思っています。
inuxxさんも受験生とのことなので、合格の日まで頑張ってください。

最後に、みなさんありがとうございました。一人で勉強していると、何か間違っているのではと不安になったりしますが、皆さんから貴重なご意見を頂けたので、もう一度勉強法を見直してみようと思っております。

回答に対する了回答を求められるのですが、全てが了回答ですので、判決?を下すことができません。
このような場合じゃんけんがもっとも公平と考えるのですが、皆さんのお手がお借りできませんので
しかたなくNo順にします。ごめんなさい。

お礼日時:2001/10/10 22:55

> 予備校で出されている参考答案の答案構成例をみてみると、非常に分量が多く、


> 丸写しするだけでも、とても1時間で書ききることができません。ほとんど答案と
> 同程度の量になってしまいます。

確かに、予備校の答案構成は、どんな用途にも対応できるように非常に詳しくなっていますよね。I塾の論文Mの答案構成も、レイアウトが変わっているだけで答案例と分量が一緒です(笑)。

最初のうちは、何を書いていいのかさっぱりわからないというのは僕も同じでした。特に、論文を書き始めのころは、資料が予備校のテキストぐらいしかないじゃないですか。でも、予備校のテキストに載っている答案例って、完全解なんですよ。難しいんです。ほとんどの答案例で4頁きっちり使い切っていますし。言い回しも基本書などの文言をそのまま引いたものがあったりして、難解な言い回しも多かった気がします。使っているテキストにもよりますが、こういった例は多いと思います。

僕も最初のころは、ぜんぜん書けませんでしたので、目的を絞って書いていました。一番最初は、条文と論点だけ抽出できればよしとしました。次に、問題提起と結論が書けるように練習して、自説の理由付けを加えて、反対説を付け加えて……というように、回を重ねるごとに肉付けして、合格答案に近づけていきました。とにかく最初から、完全解でないとだめだなんて思わないことですね。

あと、接続詞の使い方や、キーワードリンクの使い方など、文章を書く基礎力を身に付けることも大事ですよね。答練を受けていれば自然と身につくことですが、普段から意識することが大事だと思います。でないと、僕のように「しかるに」の意味を最近まで知らなかったということになりかねません。


参考書は自分で手にとって選んでみて好みのものを選べばよいはずです。それが、そのときの自分のレベルに最もあった良い参考書です。他人にとって良い参考書が、自分にとって良いものとは限りませんし、使いにくくなったら新しい参考書を買えばいいだけです。
もっとも、時間内に書かれた優秀答案(合格答案)は、実力の程度を問わず積極的に集めることをお勧めします。


私も受験生です。がんばいりましょう。
以上、思いつくままにだらだら書いてしまったのですが、ご参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まず始めに回答してくださった皆さん本当にありがとうございます。
お忙しい中で回答してくださったことをひとつひとつ読み返しましたが
どれもみな役に立つものばかりでした。また反省することばかりです。

勉強に王道はないのかもしれませんが、試行錯誤の結果搾り出されたような
皆さんの貴重なアドバイス、やはり重みが感じられます。なんとか自分の
勉強方法に取り入れ頑張りたいと思います。

mttさん、ありがとうございました。
ホームページ早速アクセスしてみました。とてもよいページで情報満載でした。
まだ自宅でインターネットはじめてから日が浅いのでこのようなページがあることに気がつきませんでした。お気に入りに登録して利用していこうと思っています。
どのような試験であっても最後は自分との勝負なのかもしれませんね。
mttさんも目標を達成できるまで、頑張ってください。自分もがんばります。

sein13_2さん、ありがとうございました。
とても参考になりました。特に問題を読んだ瞬間論点が頭に浮かんでなければ勝負にならないというところが参考になりました。まだ自分は問題文を読んで論点が次々とうかんでこないのです。
このため、これからは問題文を読んで論点が直ぐに浮かんでくるかを意識して、すこしでも早くsein13_2さんのレベルまで持っていけるようにしたいと思います。とにかく勝負の場に立てるようにしなければと反省するとともに、今から実践していこうと思っています。sein13_2さんも合格まで是非頑張ってください。

jelliclecatsさん、ありがとうございました。
「目的を絞って書いていました。」というところが特に参考になりました。
確かに初めから全部をきれいに書かなければと思いすぎていました。
問題をもう一度見直して、書けるものをひとつずつ増やせるようにすることを
目標のひとつにしたいと今思っております。
jelliclecatsも受験生ということなので、頑張ってください。

justinianiさん、ありがとうございました。
元司法試験委員の先生からのご意見も教えていただき、貴重な情報参考になりました。
問題提起の考え方、参考書、是非これからの勉強に役立てたいと思います。
元受験生とのことですので、もしかしたら現在は実務で活躍されているのでしょうか。
お忙しい中、重ねてお礼申し上げます。

inuxxさん、ありがとうございました。
普段実践されている答案構成のしかた、とても参考になりました。
「書くべき事項とその結論を簡単に箇条書きにする程度です。」をはじめ
具体的な方法を教えていただけたので、問題集を参考にしながら
再検討し、自分の中に取り入れていきたいと思っています。
inuxxさんも受験生とのことなので、合格の日まで頑張ってください。

最後に、みなさんありがとうございました。一人で勉強していると、何か間違っているのではと不安になったりしますが、皆さんから貴重なご意見を頂けたので、もう一度勉強法を見直してみようと思っております。

回答に対する了回答を求められるのですが、全てが了回答ですので、判決?を下すことができません。
このような場合じゃんけんがもっとも公平と考えるのですが、皆さんのお手がお借りできませんので
しかたなくNo順にします。ごめんなさい。

お礼日時:2001/10/10 22:54

>予備校で出されている参考答案の答案構成例をみてみると、非常に分量が多く、


>丸写しするだけでも、とても1時間で書ききることができません。
答案構成をまともにやっていたら、時間がいくらあっても足りません。1問につき10分くらいを構成にかけるのですが、問題を読んだ瞬間論点が頭に浮かんでなければ勝負になりません。基礎が大事と言われるのはここらへんの事です。論点と論証を頭にたたき込んでおいて、問題提起をどう問題の所在とつなげて書くか、論点と論点のつなぎ目をどう流れを出して書くか、結論をどっちに振るかを構成で決めてます。一行問題などでは視点を出してどう統一的に論文を書くかが勝負となります。キーワードをリンクさせることや規範とあてはめを統一することなどなど・・・論文の書き方はここで書ききれるものではありません。それから論証も暗記ばかりに頼っているとバランスを失した答案になります。論証は長くも短くも書き出せるようにして結論が変らないところは反対説もちだすことはしませんし・・・論点主義的な勉強をやっていると点数もあがりません。

>特に、論文を書き始める前に、答案構成をする必要性は強く感じているのですが
構成をしない受験生はいないと思います。必要性というよりも、見切り発車で書き始めると答案にならないと思います。

>もし有効な参考書などありましたら教えて頂きたいと思い、投稿しました。よろしくお願いします。
無いような気がします。論文がちゃんと書けて合格する方の99%以上は予備校に通っています。大学の法学部の授業なんぞ受けても司法試験に効果なんか全然ありません。私はわざわざ法学部に編入学して卒業したのですが、効果はありませんでした。(東大の授業だったら効果があるかもしれないらしいですが・・・)自力勉強では合格は難しいので、予備校の授業を受けに行くことをすすめます。基礎コースで答案の書き方も教えてくれるし、答練をずっと受けていると、自然と身につきます。あと答練につきものの優秀答案検討会に出ることも大事です。伊藤塾や辰巳法律研究所でやってます。早稲田セミナーやLECでもやっているのかもしれません。私は伊藤塾と辰巳に通っているもので後の2つの予備校はよくわかりません。ちなみに伊藤塾は在宅受講も安いし、インターネット上で講義まで配信しています。今年の本試験の再現と分析を見て驚きました。
ま、えらそうな事書いてますが、私もまだ受験生ですし、予備校で論文は週6通書いているだけの者なので・・・

参考URL:http://www.itojuku.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まず始めに回答してくださった皆さん本当にありがとうございます。
お忙しい中で回答してくださったことをひとつひとつ読み返しましたが
どれもみな役に立つものばかりでした。また反省することばかりです。

勉強に王道はないのかもしれませんが、試行錯誤の結果搾り出されたような
皆さんの貴重なアドバイス、やはり重みが感じられます。なんとか自分の
勉強方法に取り入れ頑張りたいと思います。

mttさん、ありがとうございました。
ホームページ早速アクセスしてみました。とてもよいページで情報満載でした。
まだ自宅でインターネットはじめてから日が浅いのでこのようなページがあることに気がつきませんでした。お気に入りに登録して利用していこうと思っています。
どのような試験であっても最後は自分との勝負なのかもしれませんね。
mttさんも目標を達成できるまで、頑張ってください。自分もがんばります。

sein13_2さん、ありがとうございました。
とても参考になりました。特に問題を読んだ瞬間論点が頭に浮かんでなければ勝負にならないというところが参考になりました。まだ自分は問題文を読んで論点が次々とうかんでこないのです。
このため、これからは問題文を読んで論点が直ぐに浮かんでくるかを意識して、すこしでも早くsein13_2さんのレベルまで持っていけるようにしたいと思います。とにかく勝負の場に立てるようにしなければと反省するとともに、今から実践していこうと思っています。sein13_2さんも合格まで是非頑張ってください。

jelliclecatsさん、ありがとうございました。
「目的を絞って書いていました。」というところが特に参考になりました。
確かに初めから全部をきれいに書かなければと思いすぎていました。
問題をもう一度見直して、書けるものをひとつずつ増やせるようにすることを
目標のひとつにしたいと今思っております。
jelliclecatsも受験生ということなので、頑張ってください。

justinianiさん、ありがとうございました。
元司法試験委員の先生からのご意見も教えていただき、貴重な情報参考になりました。
問題提起の考え方、参考書、是非これからの勉強に役立てたいと思います。
元受験生とのことですので、もしかしたら現在は実務で活躍されているのでしょうか。
お忙しい中、重ねてお礼申し上げます。

inuxxさん、ありがとうございました。
普段実践されている答案構成のしかた、とても参考になりました。
「書くべき事項とその結論を簡単に箇条書きにする程度です。」をはじめ
具体的な方法を教えていただけたので、問題集を参考にしながら
再検討し、自分の中に取り入れていきたいと思っています。
inuxxさんも受験生とのことなので、合格の日まで頑張ってください。

最後に、みなさんありがとうございました。一人で勉強していると、何か間違っているのではと不安になったりしますが、皆さんから貴重なご意見を頂けたので、もう一度勉強法を見直してみようと思っております。

回答に対する了回答を求められるのですが、全てが了回答ですので、判決?を下すことができません。
このような場合じゃんけんがもっとも公平と考えるのですが、皆さんのお手がお借りできませんので
しかたなくNo順にします。ごめんなさい。

お礼日時:2001/10/10 22:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q都庁(1)類採用試験出身大学別合格者数

タイトルのままです。都庁(1)類試験の出身大学別合格者数を教えてください。最近のデータで、正確なものをお願いします。

Aベストアンサー

TM0513さん。あなたがされた別の質問「都庁の内定率について」に今答えてきたところですが、ついでにこちらにも。
残念ながらどこを探しても出身大学別合格者数はありません。それは都庁が公表していないからです。ただ予備校別のデータならあるかもしれませんが、それも期待薄でしょう。
同期の人と話している感触としては、早稲田、慶応、中央が多いように感じました。
あなたはこれから勉強しようとしているのですか?公務員試験は頭のよさ(素質)は関係ないように思います。大学受験の頃には素質の違いをおもいっきり感じましたが、公務員試験は勉強時間に正比例するとおもいますよ。特に試験前の2~3ヶ月前にゼミや卒論に追われることなくひたすら勉強する時間がある人が絶対有利!!

Q著作権法上の引用と参考(丸写しでなければいいのか?)

引用と参考について教えてください。

ある市販の法令解説書を参考に、社内配布用にその法令の遵守マニュアルを作成したいのですが、その解説書からポイントとなる解説文章のみを抜き出 し、マニュアルを作成した場合、違法になるでしょうか。

以下のサイトによれば、丸写しすることは許されませんが、自分の文章で書 き直せばよくて、文章を作るに当たり、手元に本を何冊か用意して、引用に 関するページを開きっぱなしにして、それを参考に理解を深めながら自分の文章にして打ち込む形ならば、問題ないような趣旨が書かれていますが。
http://www.geocities.jp/shun_disney7/hos2.html

極論で言うと、解説書の原文をまる写しではなく「てにをはを」とか、少しでも自分で工夫して文章を変えて、自分の文章にすれば問題ないでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

誰が書いても同じ表現にしかならないもの、例えば事実記載などには著作権は発生しないとされます。
しかし、「てにをは」を変えたくらいでは引き写しでしかないので著作権違反になる可能性はあります。
マニュアルだと微妙な部分もありますので個別事例で判断するしかないと思われます。

Q平成19年度大学別合格者数について

高校の進路状況で大学の合格者数がホームページで掲載されています。
平成19年度大学別合格者数と書かれているのですが、まだ大学入試って終わってないですよね?
私が、大学入試のことを詳しく知らないからかもしれないんですが、よくわかりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

現在行なわれているのは平成20年度入試です。
入試の場合には実施年度ではなく、入学する年度で表示する習慣になっています。
したがって、平成19年度入試は1年前に終わっています。

Qお勧めの参考書など

こんにちは。いつもお世話になっております。

例えば暴行罪の場合、
「人を殴ったりする行為」でなく「人の身体に対し不法に有形力を行使する行為」など
きちんと法律用語の定義を理解したいのですが、(刑法に限らず)
こういうものを勉強された方で、何かお勧めの参考書や辞書などはありますか?
何かありましたら、ぜひ紹介していただきたいです。

Aベストアンサー

法学部です。まだ、一回生なのであまり法律は勉強していませんが、
六法か国語辞典がいいとおもいます。普通の英和辞書ぐらいの値段&大きさで売っています。国語辞典(電子辞書に入っていたのでやってみました。)は普通に定義をのせてくれています♪定義を知りたいだけなら国語辞典の方がお勧めです!わかりやすいです(*^_^*)

Q大学の高校別合格者数について

この時期になると、電車の中刷り広告などで週刊誌が東京大学やその他の旧帝大、国立大学医学科を中心としてどこの高校から合格者数が多いかなどをランキングしているものをよく見かけます。そこでふと疑問に思ったのですがこれら高校別合格者数はどのようにして調べているのでしょうか?個人情報についてこれだけ意識が高まっているときに大学当局がご丁寧に高校別合格者数を集計してアナウンスでもしているのでしょうか。でも大学側がそんなことをするとも思えません。それとも高校の自己申告を出版社側が信じて掲載しているのですか。でもそうすると大学発表の合格者数と出版社集計の合格者数が合わなくなる可能性も出てきますよね?
それにしてもよく懲りもせずに毎年毎年高校別大学合格者数なんてしょうも無い企画を週刊誌はほんとによくやるなと思います。
個人的な意見としてはこんな記事大きなお世話だと思うし、そっとしておいてほしい合格者の方々もいっらしゃるのではないでしょうか。それとも噂話や伝言ゲームが好きな日本人に貴重なネタを提供してやっているんだとも発行元は思っているのでしょうか。
みなさんお忙しいとは思いますが、投稿よろしくお願いいたします。

この時期になると、電車の中刷り広告などで週刊誌が東京大学やその他の旧帝大、国立大学医学科を中心としてどこの高校から合格者数が多いかなどをランキングしているものをよく見かけます。そこでふと疑問に思ったのですがこれら高校別合格者数はどのようにして調べているのでしょうか?個人情報についてこれだけ意識が高まっているときに大学当局がご丁寧に高校別合格者数を集計してアナウンスでもしているのでしょうか。でも大学側がそんなことをするとも思えません。それとも高校の自己申告を出版社側が信じて...続きを読む

Aベストアンサー

週刊誌には「昨年、合格実績のあった高校に調査を行い、○月○日までに回答のあった高校を掲載(A校、B校、C校などは未回答)」などと注釈が付いています。

当の大学や他の高校の目もありますので、高校の回答はある程度信用できるのではないかと思いますがいかがでしょうか。

今の時期「大学合格者高校別ランキング掲載号」が、書店では同じ週刊誌の普段の号より高く積み上げられているのを見ますと、「高校別合格者数」などの情報には今でもそれなりの関心があるのだと思います。ご指摘のように「大きなお世話」と考える方もいると思いますが…。一昔前の新聞(地方紙)には、大学の合格者数どころか個人名まで掲載されていたことも思い出しました。

Q転得者の法的地位としての相対的構成、絶対的構成。

94条2項の善意の第三者から悪意の転得者について、また177条の
善意の第三者からの背信的悪意の転得者について、法律関係の早期の安
定を図る意味で絶対的構成が当然かと思っておりましたが、必ずしもそ
うでないと聞きまして迷っております。

法律関係の早期安定はともかくとしまして、追奪担保責任につきまして
は、相対的構成だからといっても、(詐害行為取消権が相対効であるこ
とから債務者に追奪担保責任を追及できないとされているのと同様に)
追及出来ないとの考えがあると聞きまして、であれば相対的構成でもよ
いかなと思い始めております。

Aベストアンサー

で、質問は何?
理論的には絶対的構成でも相対的構成でもどっちでも良いけど、試験との関係では絶対的構成の方が楽だよ。相対的構成で追奪担保責任を否定する法的根拠を説明するのは難しいしね。絶対的構成なら当たり前で済んじゃうから。

Q駿河台大学 行政書士の合格者数・・・

もうすぐ駿河台大学の入試を控えてる者です。
私は行政書士合格対策講座がある駿河台大学に惹かれ受験することにしました。そこで質問なんですが・・
司法試験合格者を3名出したことで有名になっている駿河台大ですが、行政書士の毎年の平均合格者数がどうしてもわかりません。(載せてはいけないのかな??)在学生のかたもしくは知っている方情報いただけたら、お願いします。

Aベストアンサー

合格者3名出して有名になってるの?聞いたことないな・・・

行政書士って合格者多いんですよね。ちょこっと探してみましたが、恐らくないかと思います。

Q事例問題の答案作成法

学部試験の法律答案作成がイマイチ分かりません。

たとえば民法の事例問題など、いったいどのように
組み立てていけば無難なものが出来上がるのでしょうか。
あくまで学部レベルで通ればいいのですが・・・。

どなたか類型的なテクニックのようなものを教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

 民法の問題は、結局は「物よこせ」「金払え」に収束できます。
(1) まず、法律の話を抜きにして、問題文に出てくる登場人物が何をしたいのか、その理由はなんなのか、ということをまず抜き出してみます。
 例えばAがBに対して「その土地を引渡せ」と主張しているとします。そして、その理由としては「私(A)はCから土地を売買によって購入したから、私に所有権がある」というものがあったとします。
(2) それに対して、相手方はどういう反論をしているのかを探します。
 例えば、Bが「私もCから購入したが、先に登記をした」などということが考えられます。
(3) そこで、この土地はAの物なのかBの物なのか、つまりAとBのどちらに所有権があるのか、という法律の問題となります。
 このように、主張と反論が出揃ったところで、法律の話を持ち出して適用すればよいのです。
 例えば、先ほどの例でしたら、Aは登記がなければ所有権をBに対抗できない(民法177条)のですから、先に登記を備えたBに所有権があるということになるわけです。

 つまり、どのような事例でも、
(1) 登場人物の一方が何を主張しているか
(2) その相手方はどう反論しているか
(3) どう結論を出すか(法律の出番)
という処理をすれば、大丈夫です。

 なお、3人以上出てくる場合には、1対1に整理して考えることになります。先ほどの例だと、CとAの関係、CとBの関係も問題になります。ただ、あまりに書きすぎると時間がなくなったりしますし、たいした問題でなさそうだ(出題の中心がなさそうだ)と考えたなら端折ってしまってもいいと思います。

 民法の問題は、結局は「物よこせ」「金払え」に収束できます。
(1) まず、法律の話を抜きにして、問題文に出てくる登場人物が何をしたいのか、その理由はなんなのか、ということをまず抜き出してみます。
 例えばAがBに対して「その土地を引渡せ」と主張しているとします。そして、その理由としては「私(A)はCから土地を売買によって購入したから、私に所有権がある」というものがあったとします。
(2) それに対して、相手方はどういう反論をしているのかを探します。
 例えば、Bが「私もCから...続きを読む

Q大学受験 合格者数 入学者数

私立大学の早慶から日東駒専ランクまでの私大において、合格者数とそれに対する実際の入学者数はどれ程の差があるのでしょうか?
基本、合格者数の2〜3割が入学しているという話も耳にしたのですが、正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

http://passnavi.evidus.com/
から例えば
http://passnavi.evidus.com/search_univ/2930/bairitsu1.html
とか。
募集人員と合格者数を見ます。
実際の入学者数は、ほぼ定員でしょう。
多すぎても少なすぎても文科省からクレームが来ますんで。

Qなかなか貰えない領収書をもらうには?

昨年6月に会社のイベントで知人に芝居を依頼し10万円支払ったのですが、
その時に領収書を貰えず、その後何度も領収書を請求するのですが
未だに貰うことが出来ません。
また、この件が主な原因で私自身が転職せざるを得なくなりました。
このような場合、何か法的な手段に訴えることが出来るのでしょうか?
10万円返して欲しいのではなくただ領収書が欲しいだけなのですが、
知人にはメールや電話で連絡するのですが埒があきません。
良きアドバイスをどうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>10万円返して欲しいのではなくただ領収書が欲しいだけなのですが、

パソコンで氏名押印の欄のみ空白で他はすべて記入済みの領収書を作成し、知人の方を適当な理由(「この間は芝居やってくれて有難う。好評だったよ。お礼がてら、久しぶりに会おうとか一緒に飲もう」・・)で呼び出して、「ところで書いてもらうの忘れていた領収書の件だけれど、この領収書に署名してくれる?」「印鑑なければ苗字にマルでOKです」と伝えて、署名押印させれば良いでしょう。断る人はいないと思いますよ。

知人の方がバイト収入を得ている場合は給与所得者扱いとなり、原稿収入を得たとか講演料、出演料は雑所得の扱いとなり、年間20万円までの雑所得は非課税ですから、領収書を書いたことによる知人の方の不利益はないことを良く説明すれば良いでしょう。芝居をするために要した経費をすべて差し引いた額が所得額ですから、20万円を多少超えた場合でも不利益は生じていないでしょう。

>このような場合、何か法的な手段に訴えることが出来るのでしょうか?

雀を撃つのに大砲は不要でしょう。上記のコーヒー代、食事代、飲み代、のいずれかを質問者さんが負担してあげれば、何か法的な手段に訴える費用より安上がりでしょう。弁護士さんに30分相談するだけで5000円かかります。

法的手段よりイベントが終わった後なるべく速い適当な時期に「忙しいところ(たとえヒマな俳優と判っていてもあえてこういいます)お芝居やってくれて有難う。・・・という意見の人もいたけれど(ここで芝居の批評的意見をフィードバックしてあげます)私はそうは思わなくて、なかなか良かったです。また機会があれば宜しくね(2度と頼む気がしなくてもこういう)」という心遣いをしておくべきでしたと、私は思います。もしこういことおやりになっていないなら、今からでも遅くなく、されればよいでしょう

質問者さんに限らず「人脈」はその人の財産でしょう。結果はともあれ、質問者さんに協力してくれた方を大切にすると人脈が益々広がるでしょう。金銭だけでなく「心のこもったお礼の一言」を大事にされると良いでしょう。

この知人の方は気難しいところがあったり、プライドが高い人だけのことで、領収書を書くのに応じない理由はこんなところにあるのでは・・・というのが私の勝手な推定ですが、当たっていますかね?

>10万円返して欲しいのではなくただ領収書が欲しいだけなのですが、

パソコンで氏名押印の欄のみ空白で他はすべて記入済みの領収書を作成し、知人の方を適当な理由(「この間は芝居やってくれて有難う。好評だったよ。お礼がてら、久しぶりに会おうとか一緒に飲もう」・・)で呼び出して、「ところで書いてもらうの忘れていた領収書の件だけれど、この領収書に署名してくれる?」「印鑑なければ苗字にマルでOKです」と伝えて、署名押印させれば良いでしょう。断る人はいないと思いますよ。

知人の方がバイ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報