世界中の牛が一度にゲップしたら、地球上の気温が1度上がるという噂を聞きましたが、本当に有り得るのでしょうか?
環境学や生物学に詳しい方、ご回答・ご意見お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

生物の研究者です。


この話題で思い出すのが「進め!電波少年」。
今のようなドキュメンタリーバライティーじゃなくて松村や松本が
「~したい!!!」という番組でした(覚えてます?)
そのテーマの一つに「体をはって牛のゲップから環境を守りたい!!」
ってのうがありました。まあ、松村が牛のゲップを吸うっていうもの
だったんですが、結局、吐き気をもよおしてあえなく終了。

あんまり生物学とは関係ないんで、生物の話しをしましょう。
牛は反芻といって胃袋に一旦牧草をためて、そこで微生物に消化して
もらいます。それをもう一度口に戻して食べるんですね。そのため
牛の胃袋は一つではありません。微生物は醗酵するので、当然、ガスが
発生します。人間は大腸に微生物を飼っているのでガスはおならとして
放出されますが、牛の場合はそれがゲップとして排出されるわけです。

この噂の根本にある科学誌は一頭の牛が一度に排出するガスの量と
世界中の牛の頭数を単純計算すると気温が上昇するとあります。
まあ、この手の話題なんて別に牛に限ることなく、なんでもあります。
今年、イギリスで国内の子供が一度に飛跳ねたら地震が発生するか?
というイベントがありました。結果は見事に地震計が感知できるほどの
揺れを起すことに成功したようです。

もっとも、ゲップは牛の食事に影響され、その食事も体内時計に影響されています。
一言に世界中といっても、昼間もあれば深夜もあります。確率論以前の問題ですね。

単純計算でいけばプリンだろうがなんだろうがたくさん食べると
致死量になります。でも、胃袋の容積の関係でそんなには食べれないんですけどね。
    • good
    • 1

 各温室効果ガスが、温暖化に与える影響率は二酸化炭素が64%、メタンが19%、


フロンが10%となっています。しかし、温室効果の能力はメタンが二酸化炭素
の63倍、亜酸化窒素が270倍、フロン11が4500倍フロン12が7100倍と、なって
います。

たしかに、ゲップのたとえは極端ですが、世界の牛の飼養頭数は13億600 万頭(1995年)が排出するメタンは無視できる数字とは言えないと思います。

参考URL:http://www-cger.nies.go.jp/grid-j/gridtxt/grid9. …
    • good
    • 0

牛のゲップ、というのは、胃の中の微生物が草を分解して発生するのですが、自然界に、メタンガスを発生させるものはいっぱいあります。


牛のことを気にするより、まず、人間の捨てている生ゴミを考えるべきでしょう。

メタンガスも、たくさん集まれば、エネルギー資源ですが、いまのところ、牛のゲップを資源化する話は聞きません。(生ゴミはききます)

松村君が牛のゲップを吸っても、肺の中でメタンを分解するわけでないので、呼気といっしょにまた排出されるだけですね。(オナラが燃える、というのは、メタンだろうと思いますが、オナラは問題にされなかったのですかね?)
    • good
    • 2

あははは・・・「一斉にゲップした」だけではあがりませんよ。



「世界中の牛が一度にゲップしたら、地球上の気温が1度上がる」という理屈は時間の概念を無視しています。

「ゲップ一発分のメタンガス含有量」×「ウシの数」だけ「大気中のメタンガスの含有量が増加」すれば一度分の温室ガス効果になるかもしれませんが、牛なんて食事の都度ゲップをしてますよね。
だからと言って牛が1日3回ゲップをすれば1日3度ずつ気温が上がる訳でないのは、メタンガスが自然に分解されているからです。
「一斉に」ゲップするかは関係ありません。

おそらく、「電波」の松村クンはこの「論理のワナ」に嵌ったのでしょう。

かといって、自然の復元力にも限界があります。
かつて緑豊かな土地だった四大文明の遺跡がすべて砂漠になっているのは自然の復元力を超えた家畜の増加による自然破壊によるものといわれています。

上の言葉は生態系のキャパシティを無視した家畜の増加や堆肥の生産に警鐘を鳴らす為のものと受け取るべきでしょう。
    • good
    • 1

本当ですよ。



実際に気温がどれくらい上がるか、という定量的なことは諸説あるでしょうが、
牛のゲップに含まれる「メタン」は、有名な温室効果ガスですよね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地球平均気温のグラフ

タイトルの通り、地球の平均気温の変化を示すグラフを探しています。しかし、なるべく年ごとに平均気温の書いてあるグラフがほしいです。
お願いします

Aベストアンサー

「平均気温」ということで出しているのはほとんどありません

日本の気象庁は「偏差」で出しているし、そもそもの測定データは
IPCCのいう1,000~1,500箇所の都市部が半分以上です
(そもそも日本のデータも都市部の物中心にしか、データ化していません)

全地球規模で求めようとすると、イギリスとアメリカの2国が行っているのが
認められているだけで、特にイギリス気象庁は30,000箇所を測定点にして
出して居ます

ただ、ここも10年ごとにしか出して居ませんので、2010年までのデータしか
公表はされていません

大学との連携での観測もされているようですが、昨年の大学との共同発表
では、地球の平均気温は1997年以降は上昇していないと発表されており
とくに南半球での気温低下は、この報告だけがふれた事実です

IPCCの報告では「北半球に限れば...」と注釈がつくのはそのためでしょう

全地球的には高止まり状態のようですが、平均気温のグラフとしては公開されてはいません

Q最近5年間くらいの日最高気温、日最低気温を知りたい

先に質問させていただいたのですが
書き忘れがあったので再度投稿させていただきます。
こんどは
最近5年間くらいの毎日の日最高気温と日最低気温を知りたいのです。
希望する地域としては愛知・名古屋、三重・津です。
今年の分については掲載HPがあるのですがどちらかで簡単に調べられる、あるいは掲載のあるhPをご存じであれば教えてください。

関連URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?qid=146157

Aベストアンサー

地方自治体が大気汚染の監視を24時間自動測定していますが、そのとき気象データも24時間測定しています。最寄の地方自治体(県)に問い合わせて、地殻の測定地点があるかどうか聞かれたらいかがですか。データはコンピュータ処理されていて、毎日の最高最低など数値が出ているはずです。

Qもう人間は、地球や他の生物のために全員自殺するべき

もう人間は、地球や他の生物のために全員自殺するべき

と思いつつ、ノウノウと生きている人間がたまにいますが
実は自分もそう考えていた時期がありました。
でも、それは地球のためではなく、ただ自分だけが惨めに死にたくないから
皆も一緒に死んでくれというエコならぬエゴなのだということが分かりました。

実際、それとは別に
人類が現在の地球を放り投げて死ぬのは「逃げ」ですよね?
死ぬなら死ぬ前に地球に対して何か償うことがあると思います。

Aベストアンサー

地球上の生態系の本質は、日光によって励起された化合物の合成(光合成=植物)と分解(消化=動物)の連鎖反応です。
植物が成長(合成)するためには、二酸化炭素と水、窒素などの、化合反応の材料が必要であり、動物抜きの分解(紫外線による分解や大気中の酸素による酸化)より、動物による能動的摂食による高速の分解の方が有効なのです。
生命の進化とは、いかなる“強い種”の創出でもなく、地球に降り注ぐ日光が輻射によって再び宇宙に還って行くプロセスに於ける、生態系としての多様化=地球上の熱容量(物質循環量と速度)の増大だと言えるのです。

生物は、エントロピー増大に抵抗して、成長したり、増殖したりして、エントロピー減少しているように見えます。
しかしそれは、生物にしても、社会的な要素にしても、「開放系」だからです。
生物は、自分のエントロピー増大を新陳代謝するために、環境のエントロピーの低い物(食物、燃料)のエントロピーを増大させて放出(排便、廃棄)する事で、環境も含むトータルな閉鎖系におけるエントロピー増大を加速しています。

それでも、生態系全体の進化は、エントロピー減少だと言えますが、それも太陽の核融合というエントロピー増大の一環である、「日射>光合成>摂食>消化>酸化>輻射」という一時的な地上の熱滞留としての、開放系ゆえのもので、結果的にはエントロピー増大を加速するものです。
先にあるのは太陽光=植物による光合成であり、動物はその有機物の分解を加速して植物の光合成の原料にする(物質循環の加速)ための寄生的な存在に過ぎません。

物質に「目的」はありません。
しかし、その「無目的=エントロピー増大」は淘汰となり、二次的に進化を導きます。
「いや違う!」と主張する事は可能ですが、厳しい生存競争の中で、生き残るために努力しない個体の遺伝子が次世代に伝わり、種の形質となる事はなく、進化は常に、「生きる事」を目的とするよう導くのです。

地球上の生態系も、争いによる淘汰の連鎖の中にあります。
そもそも、遺伝子の中にさえ、寿命に限界を与え、有性生殖によって種内の争いによる進化の加速をはかるメカニズムがあるように、生物の進化においては、社会性の発達による組織内での争いの制限の外においては、弱肉強食が正義です。

そうであるならば、その弱肉強食の延長にある人類の存在が悪である訳がなく、ただ、そうした生存競争の環境である自然を破壊するまでに強くなったことが問題なのです。
生物の進化において、生存システムにわざと不安定要因を内包して、進化の可能性を追求してきた一方、持続性とのバランスが大事です。

その「持続性」には、多様な“利己”の拮抗による争いの結果としてのものと、分業化=組織化の発達における“利他”による助け合いとしてのものと、2つの方向性があります。
もし、人類が相変わらず“勝ち続け”、自己チユーに自然破壊を進めるならば、生態系の持続性を阻害するものなので、いない方がよい存在になりますが、お金をもらうために仕方なく働いている(奪い合っている)のではなく、助け合うために働いているという真実を自覚して生きるならば、その「助け合い」の延長に環境との循環が組み込まれ、生態系の発展と持続性をつかさどる、神の代理人となるでしょう。

地球上の生態系の本質は、日光によって励起された化合物の合成(光合成=植物)と分解(消化=動物)の連鎖反応です。
植物が成長(合成)するためには、二酸化炭素と水、窒素などの、化合反応の材料が必要であり、動物抜きの分解(紫外線による分解や大気中の酸素による酸化)より、動物による能動的摂食による高速の分解の方が有効なのです。
生命の進化とは、いかなる“強い種”の創出でもなく、地球に降り注ぐ日光が輻射によって再び宇宙に還って行くプロセスに於ける、生態系としての多様化=地球上の熱容量(...続きを読む

Q生物学的にco2増加の対策はできないのですか?

地球温暖化の対策でco2の排出が問題になっていますが、発想を変えて生物学的な方法で、たとえば遺伝子改造したシアノバクテリアを海で増殖させてco2を減らすようなことはできないのでしょうか?

遺伝子を人工的に操作して役割を終えたら固定した炭素と共に海の底に沈んでくれるようにできたらいいと思います。

Aベストアンサー

>固定した炭素と共に海の底に沈んでくれるようにできたらいいと思います。
これをやっているのが珊瑚礁の珊瑚虫ですね。現在の珊瑚礁を増やしてやれば、海水中のCO2を石灰石に変えてくれますので、海水は絶え間なく大気中のCO2を絶えず溶かし込んでくれます。海水中に溶けているCO2は大気中のCO2の総量の約20倍もあります。珊瑚が絶滅すれば大気中のCO2が海水に溶け込むことがなくなってしまうでしょう。海水中のCO2が石灰石に変わることで海は毎年大量のCO2を吸収してくれるわけです。
あらたに遺伝子改造したバクテリア(どんな影響が出るか分からない)を作り出すより、そんなことをしなくても、現在の珊瑚虫(と褐虫藻)が育ちやすい環境を作ってやればその役目をしてくれます。海水温暖化で海水温が30℃を越えると珊瑚が白化しますので、海水温暖化の原因となる(熱廃水を海に放出)原発や火力発電を止めて太陽電池発電やバイオマス燃料などの自然エネルギーへ切り替えたり、珊瑚を食べるオニヒトデの繁殖の原因となる海水の富栄養化(肥沃な土壌の海への流れ込みや生活雑廃水を海に流さないようにする)を止めるように生活に切り替えれば防ぐことも可能。

化石燃料よりクリーンなメタノハイドレードの開発利用(日本近海に大量に埋蔵、同じ料の燃料の燃焼でもCO2の発生量が少ない)も国家事業として開発すべきですね(化石燃料の輸入や原発の必要性がなくなるかも知れない)。石油タンカーが石油を日本に運んでくる為にどれだけの化石燃料を使ってCO2を放出しているか分からない。

食料を世界中から輸入して運んでくる船舶や飛行機の化石燃料から放出されるCO2の量も馬鹿にならない。日本の農地で作った農産物を日本人が食べることでそういったCO2の発生量も減らせるのでは、と思いますね。
余りにも経済優先、利益優先のやり方を続けていくと、将来高い代償を払わされることになるでしょうね。

>固定した炭素と共に海の底に沈んでくれるようにできたらいいと思います。
これをやっているのが珊瑚礁の珊瑚虫ですね。現在の珊瑚礁を増やしてやれば、海水中のCO2を石灰石に変えてくれますので、海水は絶え間なく大気中のCO2を絶えず溶かし込んでくれます。海水中に溶けているCO2は大気中のCO2の総量の約20倍もあります。珊瑚が絶滅すれば大気中のCO2が海水に溶け込むことがなくなってしまうでしょう。海水中のCO2が石灰石に変わることで海は毎年大量のCO2を吸収してくれるわけです。
あらたに遺伝子改造した...続きを読む

Qゴリラと人間とでは生物学的にゴリラが優れている

上記の課題で・・
肯定と否定を考えないといけない。
【否定(人間の方がゴリラより優れている点)】はたくさんあるんです。
    (1)人間はきちんと言葉で話せるので、泣いたり、笑ったりと感情がある。
    (2)字が書ける。
    (3)スポーツが出来る
    (4)寿命が長い
    (5)免疫力が強い

など・・

【肯定(ゴリラの方が優れている点)】が全く見つからない。

教えて下さい。

【肯定】【否定】どちらでも良いので教えて下さい。

Aベストアンサー

運動能力はゴリラは遥かに人間よりすごいです。
ゴリラの握力は400~500kgと言われておりますので…ハンマー投げの室伏選手でも確か160kgだったでしょうか?桁外れです
筋肉量なども人間とは比べ物にならないはずですので、こんなことで良ければ参考にしてみて下さい


人気Q&Aランキング

おすすめ情報