最新閲覧日:

給湯器の配管の銅管の一部に針の先よりも小さな穴があき、
そこから、目に見えないぐらいの水が噴出しているようです。
簡単に、補修することはできないでしょうか?
単純な発想でテープを巻いたりしましたがだめでした。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (4件)

針の先よりも小さい穴は、針の先でふさぎましょう。


1.なるべく短くて先は細いが根元がしっかりした針(マチバリが良いでしょう)を用意
2.これを穴に突き刺して(垂直に)
3.突き刺した部分に漏水防止用のパテ(ホームセンタにある)を塗布(なくても止水できるがあったほうが良い)
4.ビニールテープでマチバリが抜けないようにぐるぐる巻く。
5.『これ以上漏れませんように』とお祈りをする(冗句)
もちろん配管内の水圧を下げて(元栓を締める)から作業してください。
応急ならこれが一番手軽でしょう。

恒久的は、他の回答のようにロウ付けが必要ですが、機材をそろえる費用と手間を考えると、水道業者に頼んでも対して金額は変わらないと思います。
見積だけでも取ってみたらいかがですか。

それよりも、一箇所でも「ピンホール」が発生した場合は、つぎつぎと発生する恐れがありますので、
専門業者に診断してもらうことをお薦めします。
    • good
    • 2

0.5mm程度の穴でしたら、


配水管内の水を抜くことができるのなら、
ロウ付け埋めることが可能ですね。
トーチバーナーと、フラックス、ロウ(糸半田のようなもの)が必要になります。
穴があいたのは、物が当たるなどの外的要因ですか?
腐食が原因ですと、他の個所からももれる
ことが考えられます。
さらに、銅で一部だけ鉛だと、鉛の部分は
腐食が早くなることがありますので、
御注意ください。

給湯器の銅管と言うことは、ガス管が
近くを通っていませんか?
大変危険なので、御注意ください
    • good
    • 4

エポキシパテというのが、DIYの店で売っていますので、それで穴をふさぐのが一般的だと思います。

    • good
    • 11

日曜大工用具の店に行くと、液状ハンダを売っています。


電気鏝が無くても使用できます。買うときに耐温に気をつけて下さい。

私の手許に有るものには耐温80℃と有りましたが、針の穴より小さくて
長時間加熱が無ければ大丈夫と思います。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ