A 回答 (5件)

こんにちは!


何を基準にするかで変わってくると思いますが
(交通・経済・環境・人口・面積等々)
昔から分けられていた一般的な公共的分割を一定条件で
組み合わせるのが楽かもしれません

1.北海道
2.東北
3.関東(経済圏としては東京を別とする場合もあり)
4.甲越
5.信越
6.北陸
7.東海
8.近畿
9.中国
10.四国
11.九州
12.沖縄

9分割なので12分割の内3箇所を複合させることになります。

例えば
 甲信越
 関東・甲越
 関東・甲信越
 東海・北陸
 九州・沖縄

などがよく用いられています。

いずれにしろ何を目的とする分割なのかによって変化します。
    • good
    • 0

ただの補足です。


1の回答で、「近畿」と言う場合は、三重県は「東海」にはいって、「近畿」は2府4県ですね。地理区分(地図)では、三重県は「中部」ですが、東海と北陸と、いっしょに「中部」というのも、実際の暮らしを考えれば無理があります。

ところで、9つに大きく分ける、というのは、結果的に9つになったわけで、最初から9分割するつもりでわけたのではないはずです。
    • good
    • 0

こんにちは。



 たんなる私の思いつきですから、気にしないで下さい。教科書的な裏付けはありません。

北海道 (梅雨がない)

東北太平洋側 (冷涼 冬場の雪少なし)

東北日本海側~北陸 (冷涼 冬場の雪多し)

山陰~北九州 (温暖だが 冬場の雪・雨多し)

関東

東海・近畿・南四国・南九州(温暖 梅雨・台風などの雨多し)

中部山岳

瀬戸内海地方 (雨少なし)

沖縄 (亜熱帯)

では。
    • good
    • 0

北海道


東北
関東
北信越
東海
近畿
中国
四国
九州
もよく使われますね。
    • good
    • 0

北海道○東北○関東甲信越○東海○北陸○近畿○中国○四国○九州沖縄


といったところですか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシンクタンク

 こんばんは。
 
 日本のシンクタンク(データバンク)は欧米の企業と比べ、経済分野や公共政策はともかく安全保障分野が弱いと聞きます。現在は大学法学部2年生の私ですが、卒業後の進路の一つにシンクタンクへの就職を考えています。

 そこで質問ですが、日本に於けるシンクタンクで、国際戦略問題や安全保障問題に強い、あるいは主なテーマとしているシンクタンクを教えてください。

>>

Aベストアンサー

総合研究開発機構(NIRA)が日本のシンクタンクのデータベースを持っています。

http://asia.nira.go.jp/niradb/s_org.jsp

組織形態、事業内容、専門分野ごとにシンクタンクが検索できるので、ここで探してみてはいかがでしょう。シンクタンクによっては、インターンを募集しているところもあるようです。参加してみるのも一つの方法ではないでしょうか。


ここからは蛇足になるので、ご不満なら読み飛ばしてください。

日本のシンクタンクが、安全保障、国際戦略問題に弱いのは、それらが利益にならないからです。大手のシンクタンクは、ほとんど株式会社です。つまり、利潤にならないものは、仕事にはなりません。

安全保障、国際戦略問題関係を専門にしているシンクタンクは、外務省などの省庁傘下の財団法人が多いと思うのですが、仮に、そこに就職したとしても、自分のレポートが現実の政策に生かされる可能性はかなり低いと思います。自発的に仕事をしているというよりも、上部団体から下りてきた仕事の下請けをしている、という感じが強いと思います。

もともと、日本のシンクタンクが、安全保障、国際戦略問題等で弱い理由は、日本が日米安保の中に組み込まれているため、日本が独自に戦略を立てて動く余地がほとんどない、つまり、アメリカの戦略をそのまま受け入れるしかないという、日本が置かれている立場そのものが反映していることもあると思います。

シンクタンクに入って、どういうことをしたいのか分かりませんが、仮に、国政レベルにまで影響を及ぼすような仕事がしたいのならば、国家公務員試験を受けて、外務省あるいは防衛庁に入ることを視野に入れてはどうでしょうか。

どうしても、シンクタンクでなければならない、というならば、学部卒業後、海外、特にアメリカの大学院でPublic Policyを勉強して、そのまま、現地のシンクタンクに入社するという方法もあります。特に、アメリカのシンクタンクは、この分野では日本よりも進んでいます。

確実に入社できるかどうか分かりませんが、何人かの日本人の方が海外で学位を取って、現地のシンクタンクで仕事をしています。中には、連邦議会議員のスタッフをやった人もいるようです。

蛇足部分が長くなりましたが、上記のウェブサイトがご参考になれば、幸いです。

総合研究開発機構(NIRA)が日本のシンクタンクのデータベースを持っています。

http://asia.nira.go.jp/niradb/s_org.jsp

組織形態、事業内容、専門分野ごとにシンクタンクが検索できるので、ここで探してみてはいかがでしょう。シンクタンクによっては、インターンを募集しているところもあるようです。参加してみるのも一つの方法ではないでしょうか。


ここからは蛇足になるので、ご不満なら読み飛ばしてください。

日本のシンクタンクが、安全保障、国際戦略問題に弱いのは、それらが利益にな...続きを読む

Q「国」の分け方。

日本国内は、現在は都道府県にきっちり分かれていますが、その昔は上州、甲州など州というくくりでわける方法、津軽、薩摩など、藩で分ける方法、国替え、幕府直轄、取り潰しなどでこれもいろいろ変遷はあると思います。それからいまでも駅名になど残っていますが、上越、越後。陸中、陸前。羽前、羽後。と言う言い方。(北国出身なのでつい北方になってしまいますが。)いろいろあります。昔なので厳密な線引きはできないと思いますが、それぞれの言い方で分けて日本地図を俯瞰すればどうなるのか、わかる本などあるでしょうか?さがしてもなかなか見つかりません。わかる方、いらっしゃると思いますが、調べる方法などあればご教示いただきたいと思います。

Aベストアンサー

こんにちは。
お話を伺いましたところ、質問者さんの中で色々なことがごっちゃになってしまっているようなので、僭越ながら少し解説をさせて下さい。

>上州、甲州など州というくくりでわける方法
日本には「州」で分ける方法というのはありませんでした。
仰る通り「上州」「甲州」などと言いますが、これは「上野国」「甲斐国」の慣例的な呼び方であって、実際には「州」という行政単位はなく、律令制下においては全国を「国」という単位で分けていました。
今「旧国名」などと言われるあれです。

>津軽、薩摩など、藩で分ける方法
江戸時代には確かに全国が三百弱の藩と旗本・御家人領、幕府直轄領、公家・寺社領などに分かれていましたが、これは「国」という単位と並存していた訳ではありません。
江戸時代には「国」は事実上「特定の地域の呼び名」として慣例的に残っていただけでした。
因みに質問者さんが挙げられている「薩摩」というのは「薩摩藩」のことですが、薩摩というのは今の鹿児島県の西側の部分を占めていた「国」の名前でもあります。
この薩摩国を中心にその周辺を支配する藩でしたので「薩摩藩」と呼ばれている訳です。
しかしここがややこしいところですが、「呼ばれている」というのは後世そうなのであって、江戸時代には「藩」という用語は用いられていなかったようです。
それはともかくそういう分け方なのですが、「藩」(混乱をきたすので便宜的に用いておきます)にしろ、旗本・御家人領にしろ殆どのものは今の県のように一塊ではなく、色々なところに散っていました。
更に江戸時代を通じてその範囲が同じであった訳でもないので、そういう分け方をした地図を作るのは非常に困難なことだと思います。

>上越、越後。陸中、陸前。羽前、羽後。と言う言い方
これも色々混じっていますね。
まず「越後」ですが、これは「国」です。
陸中以後の四つも「国」と言えば「国」なのですが、明治になってからあまりにも広い「陸奥国」と「出羽国」を分解したものなので、他の「国」と違って行政単位として機能した時期がありません(廃藩置県までは藩・県が、それ以降は県が行政単位でした)。
つまり結局は江戸時代の「国」と一緒で特定の地方を指す慣例的な呼び方でしかなかった訳です。
「上越」というのもそうですね。
これもそれほど古くない呼び方だと思いますが、広い「越後国」(今の新潟県)では気候や風土にも違いがある為に「上越」「中越」などと分けて呼ぶことが慣例化していったのでしょう。

「旧国名」などの地図はよくありますが、それ以外のものは作るのも中々大変なのであまり見かけません。
しかし大雑把なものでもよければ「地図で訪ねる歴史の舞台~日本~」(帝国書院)なども参考にはなるかと思います。

お役に立つかわかりませんがご参考までに。

こんにちは。
お話を伺いましたところ、質問者さんの中で色々なことがごっちゃになってしまっているようなので、僭越ながら少し解説をさせて下さい。

>上州、甲州など州というくくりでわける方法
日本には「州」で分ける方法というのはありませんでした。
仰る通り「上州」「甲州」などと言いますが、これは「上野国」「甲斐国」の慣例的な呼び方であって、実際には「州」という行政単位はなく、律令制下においては全国を「国」という単位で分けていました。
今「旧国名」などと言われるあれです。

>津...続きを読む

Qシンクタンクへの就職

将来シンクタンク(特に大和総研)への就職を考えています。

OBの方からシンクタンクは昨今のような不況時に採用は基本無いと言われました。
不況時は予算がシンクタンクのような研究部門に回ってこないから、規模を拡大するところは皆無なので、別の業種への就職を勧められましたが、実際どうなんでしょうか?

就職活動でシンクタンクもあたってみたかた、実際に内定もらった、働いている方等、どんな回答でも構いませんので、何かアドバイス等ありましたらどうぞよろしくお願いしします。

Aベストアンサー

知人のご子息が、今年 野村総研に内定をもらったと聞きましたが、

大和総研もHPでは募集を行っています。
シンクタンクは、継続的な分析が必要なのでいきなり規模を縮小することは考えられません。
もし、シンクタンクの規模を縮小するような状況まで追い詰められているなら、
就職は遠慮されたほうがよろしいかと、

参考URL:http://www.dir.co.jp/recruit/new/info/recruit_points.html

Q道北・道東・道央・道南の分け方

仕事で北海道を調査し統計表を作成しています。
しかし、関西に住んでいるのと北海道には行ったことがない為、未知でどの市町村がどこにあてはまるかが
さっぱり分かりません。インターネットでいろいろ調べて14支庁があることは分かりました。その14支庁がそれぞれ道北・道東・道央・道南のどれにあたるかを分かる方がいましたら教えて頂けないでしょうか?14支庁は次の通りです。石狩・渡島・檜山・
後志・空知・上川・留萌・宗谷・網走・胆振・
日高・十勝・釧路・根室です。困っています。
至急お願いいたします。

Aベストアンサー

 おはようございます。難しい問題みたいですね。

 下記のサイト参考にならないかもしれませんが,とりあえず。

http://www.onitoge.org/old/resbbs3.htm

参考URL:http://www.onitoge.org/old/resbbs3.htm

Q化学屋とシンクタンク

いわゆるシンクタンクとか総研ってありますよね。
三菱総研とか日本総研とか。。。
そういう業種で、大学で化学を専攻した人の需要ってあるんでしょうか?
シンクタンクで化学屋としての経験を多少なりとも活かせる可能性はあるのかな。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

需要はあります。
ただし、大学院卒を条件にしている割には、
修論(あるいは博論)の内容がそのまま業務に活かせることは
ほとんどありません。

むしろ、当該分野(無機/有機化学一般とか)に係る知識と理解力、
あるいは修論/博論研究を通じ得られた研究遂行能力を買われる場合が
多いと思います。

もう少し専門性を、というのであれば、
専門コンサルタントや、メーカー関連の研究所(例えば三菱化学生命研とか)が
適当ではないでしょうか?

Q「ヨーロッパ」「アジア」などの分け方

恥ずかしい話ですが、小学校以前の地理の知識しかありません。そんな私がある某食品会社のキャンペーンを手がけることになりました。
「ヨーロッパ編」「アジア編」など世界の味で季節ごとに打ち出しをかえていこうと思っているのですが、この2つ以外にどんな「○○○編」が考えられるでしょうか?なるべくわかりやすくてメニューをイメージしやすいもので何かあったら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

アフリカ、南米、北米、オセアニア、などいかがでしょうか。

Q環境系学生のシンクタンクへの就職

現在工学部の環境系学科で学ぶ大学3回生のものです。
就職先として、シンクタンク・コンサルティング業界を考えていますが、大学で学んだことを生かしたいので、環境に関する調査や分析を行っている会社に就職したいと考えています。
民間でどのような会社があるのでしょうか??
また、シンクタンクと官公庁との役割の違いや力関係が知りたいです。
ご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

民間のシンクタンクとしては三菱総研、野村総研、大和総研などがあげられると思います。三菱総研が一番環境については強いと思います。大学院卒が求められるかもしれませんので、一度募集要項をご確認ください。

シンクタンクと官公庁の役割の違いや力関係についてですが、
大体官公庁が調査をシンクタンクに依頼するケースが多く、依頼者と受託者の関係にあります。

Q日本と排他的経済水域で接している7つの国

 題名の通りです。日本と排他的経済水域で接している国が7つある事を知ったのですがこの7つの国が良く分かりません、後、排他的経済水域でこの7つの国とで日本とで生じている問題があれば教えてくれると嬉しいです。

1.排他的経済水域で接している国は韓国、中国、台湾、ロシア、(北朝鮮)、(アメリカ)と後一つどこですか?

2.排他的経済水域(領土)で生じている問題で韓国の竹島、中国の尖閣諸島、ロシアの北方領土以外のものはありますか?

Aベストアンサー

残り一つはフィリピンです。

中国とは尖閣諸島以外に、春暁・天外天など四つの石油ガス田をめぐる問題があります。

1カ国のみとの問題ではないですが、最南端の沖ノ鳥島の国際海洋法上での取り扱いをめぐる問題もあります。
島とみなすのか、そうでないとするか。
中国は、人間が居住できないことや、経済的活動を行えないことを理由に島ではなく岩であり、沖ノ鳥島周辺海域を排他的経済水域とは認められないと主張しています。

Q文系のシンクタンクとは

シンクタンクって何ですか。僕のイメージでは、大学などではない、民間の研究機関だと思っているのですが(野村総研など)、違いますか。

私は、営業や企画などの商業的な分野に就職するのではなく、学問(○○学というもの)を職業に活かしたいと考えています。

シンクタンクとはどのように就職するものなのですか。院卒でないとまずいですか。
私は某国立大文系のものですが(具体的な校名はいえませんが、レベル的には千葉大・横国大レベルです)、このぐらいのレベルの国立大では厳しいでしょうか。やはり文系なら東大・一橋レベルでないとダメでしょうか。もしそうならば、現在20歳の大2ですが、東大・一橋を再受験するだけの気概はあります。

まったくの初心者なのでシンクタンクがなんなのか分からず、基本的なところからレスをお願いいたします。

Aベストアンサー

シンクタンクと呼ばれるところには大手の野村総研、三菱総研のようなところから、比較的小規模な専門シンクタンクまで色々あります。ご質問の対象は大手総研系と考えてお答えします。

大手のシンクタンクの業務は大きく2つに分けられます。一つは企業/官公庁向けのコンサルティング業務、つまり困っている事や分からない事を一緒に考えて道筋を示してあげる仕事ですね。もう一つはシステム開発/データベース開発系の業務、日ごろの業務で困っている事をシステムを利用して効率的にしたりすることを提案する仕事です。

いずれの場合も、仕事の中心はお客様(クライアント)から相談された事を、クライアントの何が問題で何を改善すれば良いのか調べたり提案したりしながら解決する事であり、自分が好きな分野を研究していれば良いというものではありません。
最終的にクライアントからお金を貰わなければいけないので、ある意味営業職であり、ある意味企画職であり、総合的に見てコンサルタント業と言えると思います。

justice725さんはどうしてシンクタンクを目指そうと思ったのでしょうか?
上記の説明は持っていたイメージと一緒でしたか?
もし、人が好きで、他人とのコミュニケーションが得意で、問題発見能力と問題解決能力が人よりも優れていると思われるのであれば、学歴はさほど関係なくシンクタンクの一員として活躍する素地はあると思います。

頑張ってください。

シンクタンクと呼ばれるところには大手の野村総研、三菱総研のようなところから、比較的小規模な専門シンクタンクまで色々あります。ご質問の対象は大手総研系と考えてお答えします。

大手のシンクタンクの業務は大きく2つに分けられます。一つは企業/官公庁向けのコンサルティング業務、つまり困っている事や分からない事を一緒に考えて道筋を示してあげる仕事ですね。もう一つはシステム開発/データベース開発系の業務、日ごろの業務で困っている事をシステムを利用して効率的にしたりすることを提案する仕...続きを読む

Q日本の西端・南端・北端のいい覚え方おしえてください。

こんばんは・・
日本の西端は、与那国島
   南端は、沖ノ鳥島
   北端は、択捉島 です。

この三つが、いったん覚えることは出来るのですが
どうしても暫くすると忘れてしまいます。

東端が南鳥島というのだけは、語呂合わせをなぜか覚えていて忘れません。
それは、「とうたん(おとうさん)南に鳥がいる」というものでした。
なので、あと最低でも西端の与那国島をぜったいわすれないようにしておけば
何とか思い出せるのかもしれないのですが、
普通に覚えただけではいつのまにか混乱してきてしまいます。

なにかいい覚え方があればおしえてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

地図上の位置を言葉だけで語呂合わせで覚えても、全く意味はありませんので…
良い覚え方…それは地図帳とにらめっこすることでしょう。

「エトロフ」とか「クナシリ」とか、北海道には独特な読みの言葉がありますから
それを探していれば、択捉=エトロフ=北にある、ことが自然と頭に入ります。

与那国島は私の場合、沖縄の首都=那覇ですから、
与「那」国と「那」覇で、「那」繋がり=沖縄の場所=西
って具合に頭に入っていきました。

沖の鳥島は、南鳥島が頭に入っているとのことですので大丈夫ですよね。

テストか何かで覚えているのでしょうか。
なんにせよ地図帳は大事ですよ。目で覚えましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報