私はマニュアルの車に乗っています。ある日、父親が私の車を動かして、ギアを1に入れたままエンジンを切っていました。(雪国のため、サイドブレーキをひくと、凍って下りなくなるのを回避するためのクセで。)それに気づかず、私がエンジンをかけたところ、車が、前へ進み、隣の家の塀にぶつかり、その塀が倒れて、隣の家の車のドアに傷をつけてしまいました。それらは、私がギアを確認しなかったせいなので、すべて自分が払うといって、保険を使いました。そして、車の修理代と塀の修理代すべて含めて25万近く払いました。
しかし、隣の家は土建やさん?で自分のうちで塀を直すといって、見積もりを持ってきて、その通りの額を払ったにもかかわらず、未だ直していません。(事故からもう1ヶ月くらいたっています。)塀はブロック塀で、一部が壊れたわけでなく、根元から倒れたため、ロープで電柱に縛って、一時をしのいだままです。
このまま、隣の家が塀を直さなかったら、修理代はただの利益になってしまうのでしょうか?それに、万が一また私が突っ込んでしまって、車を傷つけてしまったら、過失はやはり100%ですか?一回突っ込んだくらいで、塀は壊れないとおもうのですが・・・。もう同じ過ちはしないつもりですが、このまま隣の家が塀を直さないのは何か納得いきません。ヒマがありましたらご回答ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1 「修理代はただの利益?」


 お隣の方(Aさん、とします。)には、witch425さんからの賠償金を塀の修復に使用する法的義務はありません。Aさんには塀の損壊という損害があり、これをwitch25さんからの賠償金で填補(穴埋め)したわけですから、利益は何もないわけです。

 なお、25万円という額が賠償金として過大なら、やはりAさんには「利益」があるのでは、という疑念をお持ちかもしれません。
 しかし、witch425さんとAさんとは、Aさんの損害額を25万円と確定した上でwitch425さんが全額を賠償するという和解契約(民法695条)を締結されたわけです。和解契約によっていったんAさんに25万円という損害賠償請求権が認められた以上、後からこの25万円が過大であったという確証(例えば、修理代合計は20万円である旨の別の業者の見積書)が出てきたとしても、witch425さんは「和解は無効だった。」と主張して過払分(先ほどの例なら、5万円)の返還を請求することはできません(民法696条)。

2 「また車を傷つけてしまったら……」
 結論的には、Aさんに対する損害賠償額が減額される可能性はあるが、減額幅がそう大きくなるとは思われない、と考えます。

 民法722条2項は、不法行為(民法709条)の被害者に、損害の発生または拡大について落ち度があった場合には、賠償額を減額する旨規定しています(過失相殺)。交通事故などで「過失が8:2」だとかよく言いますが、これは、2割の過失相殺が行われるべき事例だということを意味します。

 通常の住宅地においては、塀は、隣家との境界を明らかにし、また、プライバシーを維持するために設置されるものであり、車庫の車を保護するために設置するものではありません。
 ですから、Aさんが塀を修復される前に、再びwitch425さんの車がAさん方に突っ込み、Aさんの車が損傷した場合であっても、「Aさんには、車の損傷の発生または損傷の拡大について落ち度があった」ということは難しいと思います。
 もっとも、witch425さんのお住まいの周辺で、本件類似の事故が他にも発生しており、塀があったためにその他の物が損傷しなくて済んだという前例が多数(何件あれば「多数」といえるかは、難しい問題ですが。)あるような場合には、Aさん側にも「落ち度」があるという余地はあるかもしれません。ただし、そもそも塀の設置目的がその他の物の保護にはない以上、塀を設置しなかったことを大きな「落ち度」と捉えることは難しいと思います。

 結局、どうしてもご心配であれば、witch425さんご自身が費用を出されて、独自に塀をお作りになるしかないと思います。

 以上、長文の割には、なんらご期待に沿う回答になりませんでした。申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
そうですよね。なにも塀は私のために建っているわけではないんですよね。
塀の本来の意味というものを忘れていました。
つい自分本位で物事を考えてしまうのは悪いクセです。
今後も不注意での事故がないように十分注意したいと思います。

お礼日時:2001/10/15 22:09

確かに納得いかないでしょうが、下の方々も書いてあるとおり利益ではありません。

前にあった塀の対価ですから、修理しようと新たに塀を作ろうともういらないと思って、そのまま何も作るまいと相手の勝手だと思います。
>一回突っ込んだくらいで、塀は壊れないとおもうのですが
ですが突っ込む前は塀は立っていたのでしょう。
「一回人を轢いたぐらいで、人は死なないと思うのですが」という理屈と同じだと思います。
もしこのような事故が心配でしたら、ご自分の敷地に自費で車止め等を設置し再発を防ぐようにした方がよろしいのでは。
今回は車で良かったですが、この次もし人なら・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>「一回人を轢いたぐらいで、人は死なないと思うのですが」という理屈と同じだと思います。
そうですよね。この文章をよんで反省しました・・・。今後も事故には十分気をつをつけたいと思います。

お礼日時:2001/10/15 21:57

本来は加害者が自ら原状回復すべきところを


被害者に賠償金を支払い
被害者の手続きにより現状を回復してもらうように
加害者側にお願いしている格好になっていることを
頭に入れておいてください。

隣の家が塀を直さないのに納得いかないのであれば
witch425さん自ら直すか
witch425さんが工事業者に工事の依頼をして
原状回復することもできたのです。(後の祭りですが)

witch425さんが手間をかけずに賠償金を支払って
ことが済んだと思えば安い物だと思いますし、
そのための自動車保険だと思います。

また、下記の質問については
witch425さんが被害者の立場だったら
自ずと答えが出ると思います。
>万が一また私が突っ込んでしまって、車を傷つけてしまったら、
>過失はやはり100%ですか?
>一回突っ込んだくらいで、塀は壊れないとおもうのですが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>本来は加害者が自ら原状回復すべきところを
被害者に賠償金を支払い
被害者の手続きにより現状を回復してもらうように
加害者側にお願いしている格好になっていることを
頭に入れておいてください
そうですよね。お願いしている立場というものを忘れていました。面目ない・・・。
今後も事故の無いように気をつけたいと思います。

お礼日時:2001/10/15 22:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q隣家のブロック塀が汚い

現在、戸建住宅新築中(基礎工事が始ったばかり)なのですが、隣家の敷地境界のブロック塀(高さ約2m)が汚く、家が完成した時にリビングから外を見た時に見える景色(隣家ブロック塀までの距離5m)が気になります。

工務店とは、これから(1ヶ月先になりそう)外構の打合せになるものと思いますが、自分の敷地内で安価に、この汚いブロック塀をカモフラージュする良いアイデアがあれば教えて下さい。

隣家と話合い、費用はこちらで出すから高圧洗浄させて欲しいとか、木を植えるとか、今考えられるのはそれくらいです。

工務店にも相談していますが、なかなか良いアイデアが出てきません。

Aベストアンサー

補足回答します。
>中心に境界線があるのですが、塀は相手の所有物なので
これは法律的にもあり得ないと思います。おそらく隣は既存の家で、質問者さんは後から引っ越して来られたのであろうと思いますが、隣の家が建てられた段階で、塀は両側の地主の境界物になっているはずです。
一方が所有者になっていr場合には、必ず自分の区画内に建てないと他人の敷地を侵す事になりますので。つまり、一方の所有者が自分の金で境界線上には建てられないのです。逆に境界線上にあるとしたら、共有物と看做されるはずです。

おそらくその土地は分譲住宅地などで、以前に分譲された時に両方の境界上に販売業者が塀を建てたのでしょう。一般にこの様なケースでは、複数に分けて分譲販売する宅地の境界はこの様な塀を建てます。
既に隣家に塀がある時には、新たに塀を作る事はしません。この場合の既存の塀は隣家の敷地内にあります。
既存の塀が不適切な場合には新たに分譲するが輪に塀を建てるか、隣家の地主と交渉して、境界線上に共同の塀を作ります。

質問者さんのケースは、蒸気の分譲した業者が分譲時に境界上に作った共同の塀の可能性が高いと思います。購入した元の地主あるいはそれを販売した業者さんから事情を聞くべきだと思います。

なおもし争いになって、隣家が自分の塀であると主張した場合には、明らかに自分の敷地が冒されている訳ですから、はみ出している分は撤去を求める余地があるはずです。
共同物と看做して、それぞれの側はそれぞれの地主が直すというのが、良い落とし所だと思います。

補足回答します。
>中心に境界線があるのですが、塀は相手の所有物なので
これは法律的にもあり得ないと思います。おそらく隣は既存の家で、質問者さんは後から引っ越して来られたのであろうと思いますが、隣の家が建てられた段階で、塀は両側の地主の境界物になっているはずです。
一方が所有者になっていr場合には、必ず自分の区画内に建てないと他人の敷地を侵す事になりますので。つまり、一方の所有者が自分の金で境界線上には建てられないのです。逆に境界線上にあるとしたら、共有物と看做されるはずです...続きを読む

Q家の塀ギリギリに、隣の家が墓を作った!!

裏隣の家が、我が家の塀ギリギリのところに新規に墓を作っています!
数日前からずいぶん大きな音がして気になっていたのですが、今日石屋さんがやってきてなんとお墓だったことが判明!近隣住民に何の相談も無く…です。中止を言いに行った父に「自分の土地に自分のうちの墓をたてて何が悪い」と逆ギレされました。とても気分が悪いです。
父は弁護士に相談するといっていますが、お金もかかりますし、まずは役所に行くように勧めたのですが、感情的になっていて聞く耳を持ちません。
少し調べまして、「墓地と埋葬に関する法律」いわゆる「墓埋法」は読んだのですが、まだ隣家の墓石が立ったところが地目が「墓地」であるのか確認出来ていないので、これでその墓の撤去を要求できるかわかりません。
たとえば、墓地と民家の距離規定みたいものはないのでしょうか。もしご存知の方がいらしたら、お知恵を拝借いたしたく、質問させていただきます。

Aベストアンサー

お気持ちお察しいたします。
法律の専門家に直ぐに連絡したほうがいいです。
ーーー
アドバイス。+ 後半実例を載せておきます。
ーーー
1、日曜なので警察110に連絡。
2、月曜日に、区や市民課の無料弁護士相談で相談。
3、同様に市民課に「敷地内にお墓を作っている人がいる」と通報。

当方は田舎ですが、1回30分x3回までは1年間で無料でした。
ーーー
実例:(状況は違いますが)
道路を跨って交通標識を覆ってしまっている植物・木とかありますよね、該当者+当人だけならケンカになります。また「所有者としての所有権」も「木」に存在します。よって当人が勝手に切断する事も出来ません。。「事故の原因になる」と交番に通報しました。

結果キレイさっぱり。。。毎週少しずつカットしてくれたのでしょう。半年後には1/3の背丈程までに伐採してくれてました。隣の敷地でも同様です。
ーーー
写真を撮って、いつ頃から工事が入ったのかA4用紙でも良いので箇条書して直ぐに動いた方がいいと思います。^^

おだいじにです^^

Qカモフラージュメイク(リハビリメイク?)

バリバリの受験生、中3です。

将来のことを考えていて…カモフラージュメイクに興味を持ちました。
…どうすればカモフラージュメイクをするような人になれるのでしょうか。
たとえば、大学を出て化粧品会社に入り、そこで知識を得た後で…というようなことは可能なのでしょうか。

Aベストアンサー

リハビリメイクといえばかづきれいこさんですね。
メイクインストラクターを養成しているようです。
詳しくはかづきさんのホームページでご確認ください。

ファンデーションで有名な
アメリカの化粧品会社、カバーマークは
カモフラージュメイクの先駆けです。

また、NPO法人ユニークフェイスというところが
カモフラージュメイクの専門家を育てようと様々なイベントなどを
されています。
ユニークフェイス カモフラージュメイクで検索すると
色々出てきますので参考にされてはいかがでしょうか。

メイクの専門学校だけでなく、医療系の専門学校も
調べてみてはいかがでしょうか。
医療メイクは欧米の方が進んでいるようですので、
そちらで学ぶこともありかとおもいます。

また、カモフラージュメイクを受ける方々は
心にも傷を持っている方がいらっしゃいます。
メイクの技術だけではなく、
お客さんの心の痛みを和らげる、
コミュニケーション能力も重要だと思います。
様々な人々と接したり、多くの社会経験をすることが
大切だと思います。
色々な経験をして、たくさんのことを吸収して、
がんばってください。

参考URL:http://www.kazki.co.jp/

リハビリメイクといえばかづきれいこさんですね。
メイクインストラクターを養成しているようです。
詳しくはかづきさんのホームページでご確認ください。

ファンデーションで有名な
アメリカの化粧品会社、カバーマークは
カモフラージュメイクの先駆けです。

また、NPO法人ユニークフェイスというところが
カモフラージュメイクの専門家を育てようと様々なイベントなどを
されています。
ユニークフェイス カモフラージュメイクで検索すると
色々出てきますので参考にされてはいかがでしょうか。...続きを読む

Q自分の家の敷地と隣の家の敷地の境界線上の塀について

家を建てて早1年半ほど経ちました。当時、まだ隣は空き地でした。
そして最近その空き地に家が建ちました。(まだ引っ越してきてはないです。)
当時、隣の空き地との境界線上の塀をどうするか決める時に、「まだ隣は居ないので、塀を好きなように決めれますよ。」と、塀を作ってもらえる会社の人に言われたので作ったのですが、その時私は「代金は、将来、その空き地に引っ越してくる人と折半なんだろうな」と思って(境界線の上の塀なので)今に至っていたのですが、最近夫と塀の話をしていると、夫が「塀の代金は折半じゃないよ。うちが全部払っとる。」「その時まだ誰も空き地に引っ越して来る人決まってないから好きなように塀を作れると言われただけ。お前がちゃんと話聞いてないのが悪い。」と言われました。
そして、私は自分の母にこの事を話すと、「境界線の上なんだから、塀を作ってくれた会社に言ってもだめなら、自分で隣に引っ越して来た人にちゃんと言って半分払ってもらいなさい!」と、どこにそんな根拠があるのか分かりませんが、そう言われました。
明細書を引っ張り出して見てみると、もちろん、半額にはなっていませんでした。なので、旦那が言っていた通りで、私がちゃんと話を聞いていなかったのかな?と後悔しています。もし勝手に勘違いしていなければ、隣に引っ越してくる人がくるまで、塀を作らずにいたと思います。

この場合、あとからでも、新しく引っ越してきた人に、塀の代金、半分請求する事ができるのでしょうか?

請求できない場合、この境界線上の塀は私の家の所有物になるのでしょうか?
そして引っ越してきたお家のお子様とかが、わざとじゃなくても塀を破損等された場合は、修理代とか請求できるのでしょうか?

境界線の上の塀なので、どういう扱いになるのかがわかりません。(代金を折半しているなら、お互いのもの(?)と考えれるのですが・・。)

分かる方がおられれば教えてください。
よろしくお願いします。

家を建てて早1年半ほど経ちました。当時、まだ隣は空き地でした。
そして最近その空き地に家が建ちました。(まだ引っ越してきてはないです。)
当時、隣の空き地との境界線上の塀をどうするか決める時に、「まだ隣は居ないので、塀を好きなように決めれますよ。」と、塀を作ってもらえる会社の人に言われたので作ったのですが、その時私は「代金は、将来、その空き地に引っ越してくる人と折半なんだろうな」と思って(境界線の上の塀なので)今に至っていたのですが、最近夫と塀の話をしていると、夫が「塀の代...続きを読む

Aベストアンサー

境界線上の隣地双方の土地にまたがる境界塀の設置に要する費用は、原則として双方の折半負担(民法225条、226条)とされています。

母はこの法律の事を言われてるのかも知れませんね。

しかしこの法律は双方の合意、又は司法の判決が必要になります。

つまり質問者さん側が先に勝手に塀を作って、引越してきた人に半分費用を持て、は強引な話です。

つまりお隣は、塀は必要ない、あるいは、塀を作るなら自分にも好みがありその塀では気に入らない、というような事が考えられるからです。

むろん引越して来た人が、折半を納得すれば払ってくれるでしょうけど、強制することはできません。

自分の敷地内であればどのような塀を作ろうと、自分の費用でつくる限りは問題ありません。もっとも非常識に高くするなどして、隣の日照、通風を阻害しては問題になるでしょう。

>請求できない場合、この境界線上の塀は私の家の所有物になるのでしょうか?

質問者さんの所有物です。

>そして引っ越してきたお家のお子様とかが、わざとじゃなくても塀を破損等された場合は、修理代とか請求できるのでしょうか?

修理代は請求できます。しかし・・・
今現在の状況は、質問者さんの構築物が、わずかながら(塀の厚みの半分)隣地を侵害してる状態です。

なので逆に隣から塀をそちらの敷地内に建て直してください。と言われる可能性があります。

>(代金を折半しているなら、お互いのもの(?)と考えれるのですが・・。)

そのとおりです。境界線上に双方で負担して建てた塀は、共有物になり維持管理費用なども折半していくことになります。

境界線上の隣地双方の土地にまたがる境界塀の設置に要する費用は、原則として双方の折半負担(民法225条、226条)とされています。

母はこの法律の事を言われてるのかも知れませんね。

しかしこの法律は双方の合意、又は司法の判決が必要になります。

つまり質問者さん側が先に勝手に塀を作って、引越してきた人に半分費用を持て、は強引な話です。

つまりお隣は、塀は必要ない、あるいは、塀を作るなら自分にも好みがありその塀では気に入らない、というような事が考えられるからです。

むろん引...続きを読む

Q隣との境界塀

去年新居に引越し、外構工事にかかるところだったのですが
空き地だった隣との境界に立てる塀について
「隣が売れて、その方が塀は敷地内に立てるので中間では立てないで」と言っている
と不動産屋から連絡がありました。
同じ区画のウチより先に建った他のお宅は、みんな境界の中心で塀を立てています。
後々もめるのが嫌なので、ウチが契約する時に、わざわざ隣の土地の契約書には
「隣家との境界は中心で塀を建てる」と不動産屋には記載してもらっていたんですが・・。

不動産屋の話ではウチは塀を建てないで、
隣の建てた塀を使って良いですよ~みたいな(あいまい)話なのですが
隣の塀は夏くらいに立てるそうです。

お隣は、他のお宅と隣接して境界の中心で既に立っている塀は内側にもっと高い塀を別に立てたいようです。

ウチが塀を立てなくてすむのはありがたいんですが
既に外構の業者には中間で塀を立てて(費用はウチが負担)庭や駐車場の工事に入るように
予定も組んでいたのに・・塀がないと工事にかかれません
この場合はどう対処したら良いと思いますか?
現在の塀より高い塀というのも気になります。

お隣とはうまくやっていきたいので
もめない為に、今のうちに書面等で取り決めをする等があれば教えてください。

去年新居に引越し、外構工事にかかるところだったのですが
空き地だった隣との境界に立てる塀について
「隣が売れて、その方が塀は敷地内に立てるので中間では立てないで」と言っている
と不動産屋から連絡がありました。
同じ区画のウチより先に建った他のお宅は、みんな境界の中心で塀を立てています。
後々もめるのが嫌なので、ウチが契約する時に、わざわざ隣の土地の契約書には
「隣家との境界は中心で塀を建てる」と不動産屋には記載してもらっていたんですが・・。

不動産屋の話ではウチは塀を建...続きを読む

Aベストアンサー

特に、現時点での書面等で取り決めをする事は無いと思います。

基本的には、民民境界(民地と民地の境界)は明確に残しておくことが後々のトラブルに対する策なのですが、皆さん結構勘違いしてらっしゃる方々が多々いますが、「境界」を構造物で区別する事は、NGです。

境界はブロック塀等の中心で・・・っと言われる方が多いですが、これらの構造物が崩壊・倒壊した場合に、公共構造物と違って隣家でもめ事の原因になる場合が多々見受けられます。

基本的に、構造物は「自分の敷地」に建設された方が完全にセーフティーです。

建売り住宅等の最初から、出来上がっていた物は仕方がないですけどね。

境界の復旧なんて事は、簡単にできますので、塀があろうが無かろうが、何の問題もありません。

新しい隣家の方が、塀を建設し、あなたが建設しなくてすむ事なら、なおの事良いと思いますけどね。

>既に外構の業者には中間で塀を立てて(費用はウチが負担)庭や駐車場の工事に入るように
予定も組んでいたのに・・塀がないと工事にかかれません
この場合はどう対処したら良いと思いますか?

その施工業者は、プロでしょ?
だったら、境界復旧は簡単な事です。
境界杭を復旧したうえで施工すれば何の問題もありません。

塀を建設しなければ、庭や駐車場の位置出しが出来ないような施工業者では、話になりません。

お隣と上手くやっていきたいのなら、お互いの「民民境界」は割って入らないようにしたほうが良いですね。

境界を越えなければ、もめる原因が無いのですから、書面は必要ありません。

>現在の塀より高い塀というのも気になります。

これについては、個人の主観ですから、仕方がないですね。
高い塀を好まれる方も結構多いですよ。(空き巣に入られやすいんですけどね)

長年、建設事業に関わってきていますが、「境界」は自分と相手との重要な境目です。
この「境界問題」で、険悪になったケースは山ほどありました。

お隣さんと体を密着させるのも窮屈でしょう。
少し離れた方が、楽ですよ。

特に、現時点での書面等で取り決めをする事は無いと思います。

基本的には、民民境界(民地と民地の境界)は明確に残しておくことが後々のトラブルに対する策なのですが、皆さん結構勘違いしてらっしゃる方々が多々いますが、「境界」を構造物で区別する事は、NGです。

境界はブロック塀等の中心で・・・っと言われる方が多いですが、これらの構造物が崩壊・倒壊した場合に、公共構造物と違って隣家でもめ事の原因になる場合が多々見受けられます。

基本的に、構造物は「自分の敷地」に建設された方が...続きを読む

Q隣との境界線を移動したら塀の作り直しはどちらが持つ。

測量の結果、隣との境界線に誤差があってわが家が隣の敷地側へ広く出来る場合、わが家の塀や囲いの植木は隣に作り変えてもらえるでしょうか。塀は我が家の方だけでお隣のはありません。

Aベストアンサー

あなたのお宅の塀や植栽はあなたのお宅の物であって、
隣地境界線以内であればどこにあっても良い訳です。
境界線ぎりぎりの位置に変更したいと言うのもお宅の事情ですから、
やはりお宅でするしかありません。隣に責任はありません。
仮にこの塀と植栽が隣のお宅の物である場合、
境界線の位置を変更した為にその塀や植栽が、
あなたのお宅の敷地にある事になってしまう場合は、
隣に位置変更してもらえます。

Q塀を巡ってのトラブル

すいません、アドバイスをください。最近家を建てました。土地は親戚のところを借りています。隣の家との間に親戚が住んでいたときからある塀があります。その塀を巡って隣から撤去してほしいという要求があります。

その塀の経緯は下記のとおりです。
1.もともと親戚と隣家Aさんとの間で共有物として塀を設置
(費用も折半)
2.隣家AさんがBさんに土地を売り、Bさんが家を新築
3.新築する際に業者が誤って塀を壊す。親戚が直す様に依頼し新しい塀を業者が勝手に新しく設置
(このとき親戚は費用負担せず、また何も相談もなし)
4.私が親戚の土地に家を新築
5.隣家Bさんより塀を撤去してほしいという依頼
★このような状態でも塀は私と隣家Bさんとの共有物になるのでしょうか?

隣家Bさんの撤去してほしい理由は下記のとおりです。
1.塀がBさんの土地に少しはみ出している
2.塀が自分の家のデザインにあわない。
3.木塀なのでシロアリが怖い
4.塀があると防犯上よくない

こちらとしては以下の理由により残してほしいのです。
1.1Fに寝室があるので塀がなくなると丸見えになる
2.塀がないと防犯上、よくない
3.塀がはみ出している部分については壊した業者が勝手に作ったものなのでこちらとしては関係ない。
4.新しい塀を設置するのには費用負担もかかる

こちらから折半という形で新しい塀の設置を提案しましたが、やはりBさんとしては撤去を望まれています。
共有物という判断であればこちらとしては撤去には応じないというつもりですすが、近所付き合いもあり戸惑っています。
何かよいアドバイスがあればお教えいただけないでしょうか。

すいません、アドバイスをください。最近家を建てました。土地は親戚のところを借りています。隣の家との間に親戚が住んでいたときからある塀があります。その塀を巡って隣から撤去してほしいという要求があります。

その塀の経緯は下記のとおりです。
1.もともと親戚と隣家Aさんとの間で共有物として塀を設置
(費用も折半)
2.隣家AさんがBさんに土地を売り、Bさんが家を新築
3.新築する際に業者が誤って塀を壊す。親戚が直す様に依頼し新しい塀を業者が勝手に新しく設置
(このとき親戚は費用負担せず...続きを読む

Aベストアンサー

>★このような状態でも塀は私と隣家Bさんとの共有物になるのでしょうか?

Aさんの権利はBさんが引き継いでいますので、Bさんは共有物の所有者でしょう。
次に、その土地は質問者の親戚の土地ですし、建てられたのも親戚の方のようですから、所有権は借地をしている質問者ではなく、親戚の方にあると思いますが。

借地ということは原状回復義務がありますので、借地を返却する際には借りたときの原状に戻す義務があると考えれば、元からあった塀を戻して返却するのが筋と思いますし。

つまり、隣人Bさんと質問者の共有物ではなく、隣人Bさんと質問者の親戚の方の共有物ではないかと思います。

なお、共有物の変更は共有者全員の合意が必要です。
また、共有物なら敷地境界上に立てるのが普通ですので、塀は両方の敷地にまたがって建てられても全然問題はないでしょう。

請負工事中に発生した損害については、発注者は関係なく施工業者が損害賠償責任を負いますので、施工業者が費用を負担するべき問題です。
施工業者が補修をした補修上に問題があるのならそれは施工業者の責任問題でしょう。

なお、親戚の方の合意が得られる場合、Bさんとは撤去について意見が食い違っているようですので、撤去費用は撤去を希望するBさんが全て負担するということで手を打って、撤去し、自分の敷地内に新たな塀や目隠しのための植林などをしてみるというのも1つの方法ではないでしょうか?

あとは、自分は借りているだけで、塀の所有権は親戚の方にあり、自分の意志では決められないと逃げてしまうのも1つの手ですね。

>★このような状態でも塀は私と隣家Bさんとの共有物になるのでしょうか?

Aさんの権利はBさんが引き継いでいますので、Bさんは共有物の所有者でしょう。
次に、その土地は質問者の親戚の土地ですし、建てられたのも親戚の方のようですから、所有権は借地をしている質問者ではなく、親戚の方にあると思いますが。

借地ということは原状回復義務がありますので、借地を返却する際には借りたときの原状に戻す義務があると考えれば、元からあった塀を戻して返却するのが筋と思いますし。

つまり、隣人Bさ...続きを読む

Q隣の家が高い塀を・・・ (南側の庭への日照)

妻の実家の南隣家が、高い塀を設置しようとしています(鉄筋まで出来てる状態)。これが完成すると日照的・精神的圧迫感および防犯問題が発生しそうで、何とか阻止する方法はないものでしょうか。

状況はこうです。(1)妻の実家は高台。南の隣家よりも0.5m高い (2)実家・隣家共に東側は崖。西側は隣接道路 (3)南隣家が建て直し中 (4)南隣家は北側に箱庭(1坪強)を作り、それを臨める展望風呂を計画 (5)眼除けのために北側(つまり妻の実家の南側)に高い塀(2.4m)を計画 (6)妻の実家は隣家よりも長く30年以上在住 (7)これまで隣家の北側は勝手口で塀はなかった(生垣・樹木のみ) (8)実家の南庭には植物が豊富に育っている。南側に高い塀(当方から見れば2.0m弱)が出来ると庭への日照など影響が大きい。(9)実家の建物は南側の境界線から2.5m離れているため、建物自体への日照への影響は限定的 (10)例え隣家が塀を設置しても実家の2階からは隣家の風呂は覗けてしまうことが予想される (11)実家の玄関は南側にある。塀が建つことによって隣接道路からの玄関付近の見通しが悪くなり防犯上の懸念あり。

以下の措置をとりましたが効果は得られませんでした。(ア)隣家の工務店の担当者に申し入れたが施主の意向ということでとりあげられなかった (イ)隣家に塀の設置の見直しを申し入れたが「検討する」という対応以降回答がない (ウ)その後工務店から「計画通り2.4mの塀を建てることにした」との通告。

ご相談したいのは、(a) 2.4mの塀の設置は法律違反ではないでしょうか (b) 日照が遮られることへの救済措置は取れないでしょうか (c) 今回のようなことを隣人である我々に相談・通告なく建てようとするってどうなんでしょうか (d) 「先住権」ってないのでしょうか。南側に塀がない生活をしていたのに… (e)裁判などで争える事柄でしょうか

非常に困っています。何かいい方法はないでしょうか。よろしくお願いします。

妻の実家の南隣家が、高い塀を設置しようとしています(鉄筋まで出来てる状態)。これが完成すると日照的・精神的圧迫感および防犯問題が発生しそうで、何とか阻止する方法はないものでしょうか。

状況はこうです。(1)妻の実家は高台。南の隣家よりも0.5m高い (2)実家・隣家共に東側は崖。西側は隣接道路 (3)南隣家が建て直し中 (4)南隣家は北側に箱庭(1坪強)を作り、それを臨める展望風呂を計画 (5)眼除けのために北側(つまり妻の実家の南側)に高い塀(2.4m)を計画 (6)妻の実家は隣家よりも長く30年以上在住 (7)...続きを読む

Aベストアンサー

大変にお困りのご様子ですが、ご質問者側は非常に不利、というか、隣家の方に非は少ないと言わざるを得ません。

皆さんのアドバイスや、役所への相談をお聞きになって、冷静に判断されることをお勧めします。

(a) 2.4mの塀
⇒塀も「建築物」ですので、建築基準法に定める「建築物の各種高さ制限」「日照権」の適用を受けます。
しかし、2.4mの高さでは、これらのいずれの制限にも抵触しませんので、法律に違反しません。

(b) 日照が遮られることへの救済措置
⇒前述のように、日照権を阻害していないということになります。
2.4mの物にたいして救済をすることになりますと、平屋の家も制限を受けることになってしまいます。

(c) 今回のようなことを隣人である我々に相談・通告なく
⇒建築の際に、建築確認申請を取得して着工しますが、その表示を行うことは必要です。
しかし、低層の個人住宅を立てる際に、近隣に説明と交渉をすることは、義務付けもありませんし、実際問題としてこれを行っていくとなると、個人の財産権を著しく制限することとなる恐れがあります。

(d) 「先住権」
⇒全くありません。むしろ、既存の環境を主張するのは、相手の権利を侵害することになります。
簡単に言えば、南側を永久に確保したい場合は、南に河川・公園・道路などがある土地を購入しなくてはなりません(将来、環境が変わる可能性は残りますけど)。

で、もしご質問者がご自分の家を建てるときに、北側に住んでいる方から、色々な要求を出されたら、どうされますか。

2.4mの塀は作らないにしても、「法律には違反していないかもしれないが、2階建てで影になるのは困る」とか、「覗かれる恐れがあるから、こちら側には一切窓は作るな」と言われたら、どうしますか。

人の嗜好や事情、考え方は様々ですから、ある人にとっては当然でも、他の人からすると不当ということはたくさんあります。

これらの問題を、できるだけ共通化して定められているのが解決するのが「法律」です。この場合なら、「民法」「建築基準法」「都市計画法」などがこれに当たります。

従って、
(e)裁判などで争える事柄でしょうか
⇒勝ち目はありません。

又、これらの申し入れは、工務店に言うのではなく、最初から施主に言わなくてはなりません。
工務店には設計変更の権限はありませんし、合法であれば施主へのアドバイスも無理です。
そして、初期の段階から施主に申し入れておかないと、工事は進んでいき、結局「手遅れ」になります。

尚、「隣家の風呂が覗けてしまう」点については、相手も困ることですし、話し合いの余地は十分あると思います。
しかし、その他のことと併せての交渉となると、話がこじれる可能性が高く、この「目隠し」に絞った交渉が良いかと思います。

大変にお困りのご様子ですが、ご質問者側は非常に不利、というか、隣家の方に非は少ないと言わざるを得ません。

皆さんのアドバイスや、役所への相談をお聞きになって、冷静に判断されることをお勧めします。

(a) 2.4mの塀
⇒塀も「建築物」ですので、建築基準法に定める「建築物の各種高さ制限」「日照権」の適用を受けます。
しかし、2.4mの高さでは、これらのいずれの制限にも抵触しませんので、法律に違反しません。

(b) 日照が遮られることへの救済措置
⇒前述のように、日照権を阻害していな...続きを読む

Q新車等に施されているカモフラージュ柄について

新車のテスト等で外観を分かりづらくするためにカモフラージュされているものをよく見かけます。
そのカモフラージュの正式名(?)ってあるんですか?
あったら教えて下さい
よろしくお願いします

Aベストアンサー

ダズル迷彩
http://f1-gate.com/redbull/f1_26204.html

Q他人の家の壁に車をぶつけてしまいました。壁の修理代金を修理業者に払いたいとお願いしたのですが

ぶつけた直後、警察と保険会社に連絡して事故処理しました。保険会社を通して修理代金の見積額を聞いたところ12万余りでした。保険を使うと総額25万以上の保険料アップになるとの事でしたので保険を使わず支払う事にしました。修理のタイミングは今年の年末年始頃相手方が塗装の1年点検の時にするとのことでした。ですが、支払は一週間以内にと言われたので修理業者に私が支払をする旨を伝え問題なしとのことでした。相手の方に早速お伝えしたところ『そんな馬鹿な話は無い!』との事。私は業者の領収証が欲しいのでと話したのですが…。馬鹿な話なのでしょうか?

Aベストアンサー

損害賠償金は被害者に支払うべきです。

業者へは、被害者から払うのが筋です。

だから、業者への支払いを被害者が拒む
のであれば、どうしようもありません。

領収書は被害者からもらって下さい。
業者の領収書が欲しい、というのは質問者さんの
都合に過ぎません。
被害者に、質問者さんの都合に合わせる
法的義務はありません。


”馬鹿な話なのでしょうか?”
    ↑
バカはともかく、通らない話しです。
業者に支払ったが、修理しなかった、
倒産した、なんて場合を考えれば
不合理だ、ということが理解できる
のではないですか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報