gooポイントが当たる質問投稿キャンペーン>>

私は土日が休みの会社員なのですが、最近、弓道を始めたいと思っています。ちょっと疑問があります。そこで一つお聞きしたいのですが、仕事と弓道とを両立して練習してらっしゃる方で、週何回ぐらい、どんな時間帯で練習されているのか、両立はできるか、資金的にどうかなど、なにか体験談をふくめて宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

今まで経験が無く、新たに始められるんですよね?


私は学生時代に部活で始め、最近はのんびりと仕事の帰りや休日に楽しんでいる者です。

>週何回ぐらい、どんな時間帯で練習されているのか、両立はできるか
週に1、2度くらい。平日の仕事帰りか日曜に2~3時間ずつ引いてます。近くの市立体育館の道場が夜間も9時までは使えますので。
大会に出るくらいのレベルになるとこの練習では全然足りないですが、趣味としてやるなら筋力がギリギリ維持できるレベルかなと思います。
ただ家でもエアロバイクをこいだりダンベルやストレッチなどそこそこの運動はしてます(別に弓道のためにじゃないですけど)

>資金的にどうか
これから始める方にはこれが難点かもしれません。
私は学生時の弓、矢、道着などがあったのでそのまま使ったり徐々に買い換えたりしてきましたが。
どうしても買わなくてはいけないのはユガケ(カケ)だと思います、これはその人の手に合っていないといけないので借りたり中古では無理です。
着るものや弓、矢などは借りたりしても最初は大丈夫です。

それに関連して、師匠というか教えてくれる方は決まっていらっしゃるのでしょうか?
弓道というスポーツは一人で自己流で始めるには難しく、礼儀作法も必要で、また危険も伴う競技です。
ある程度独り立ちできるまではちゃんとした指導者についたほうがいいと思いますよ。

わかりにくいことがあれば、補足いただければ再度書き込みいたします。

この回答への補足

間違えて補足に書き込んでしまいました。やはり毎日するくらい練習しないと筋力は維持できないものなのですか。

補足日時:2005/07/12 23:49
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しく回答していただいてありがとうございます。お察しのとおり私は全く経験がありません。
 会社が午後8時に終わるので仕事帰りに、直行するなどして、週3回くらいで本格的にやってみたいというのが正直ありました。ちょっと時間的に厳しいかなと思います。私としては、自分の住んでいる市にある弓道場で教えてもらうつもりでした。
 経験者のnoba1977さんに質問があるのですが、やはり>大会に出るくらいのレベルになるとこの練習では全然足りない、とあるのですが、毎日練習するようじゃないとそういう本格的にやるには筋力的に足りないものなのでしょうか?

お礼日時:2005/07/12 23:46

NO.1で回答した者です。



お住まいの市の弓道場が遅くまでやっているなら、平日でも大丈夫そうですね。
地域によっては道場が独立しており、最後の練習者が終わるまで事実上時間制限なしという所もありますから一応聞いてみてくださいね(まぁ真夜中まではさすがに無理でしょうけど)。

道場で指導者になってくれる人が常連にいたり、NO.2さんのように教室を開いているところなら安心できます。
私は高校から始めましたが、休日は一切無しで毎日朝と放課後に練習し、的に向かって立てたのは入部から4ヶ月後でした。それまでに基本的な礼儀や作法、基本の型(射法八節といいます)を繰り返し体で覚えました。
最初にしっかり基本型を覚えるのはとても大事です。
本物の弓を持つ前に「ゴム弓」という短く切った棒に太いゴムチューブをゆわえたもので練習すると思います。これで弓を引いたときの体の姿勢、弓の握り方、筋肉の使い方などを簡易的に練習できます。
ゴム弓は道場外に貸し出してくれる所もあるので、その場合は自宅でも空いた時間をうまく使えるでしょう。

>毎日練習するようじゃないとそういう本格的にやるには筋力的に足りないものなのでしょうか?

本格的というのがどのレベルかによると思いますが、例えば国体を目指そうというのであれば練習量としては足りないと思います。これは筋力だけの問題ではないのですが、他のスポーツでもプロに近いアマチュアであれば軽い練習メニューはほぼ毎日こなしていますよね。弓道も同じで、やはり毎日的に立ったほうが勘は鈍らないと思います。
弓道は競技者の年齢層が高く、仕事を引退されて毎日午前中から道場に来られる方もいます。お年を召しているので若者より弱い弓を引く方が多いですが、必ずしも強い弓のほうがよく当たるわけではないので練習量の多い年配の方のほうが安定して当たる場合も多いです。
(私が書いた「筋力が維持できる」というのは純粋に筋肉だけの意味ではなく、射の勘も含めてのことだと思ってください)

それと、大人の弓道は当たり(的中)至上主義ではありません。もちろんよく当たるほうが気持ちがいいのですが、それを追求するあまり射型が崩れたり礼を欠くと非難される雰囲気があります。このへんは実際始めると感じると思います。(高校や大学生は当たり重視でいいんですけどね)

長々と書きましたが、参考になれば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変詳しく書いて回答して頂きありがとうございます。
 弓道とはそれだけに単なるスポーツとしてではなくて、奥深い、最初に基本的な礼儀や作法、基本の型を繰り返し体で覚える、基本や礼儀が大切な武道なのですね。
 毎日繰り返す大切さというのは筋肉だけでなくて、射の勘を養うという意味でも重要なのですね。
 私は正直最初「的の中心に当てて何ぼ」だと考えてしまいましたが、そうではなく射型といったものや礼が重要な要素であるのですね。
 弓道は背筋が伸び、精神を養うことが出来る、有意義な武道であると感じました。
 書いていただいた内容からとてもやってみたいと思うようになりました。自分のようななにも知らない人間に親切に分かりやすく答えていただいて本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/07/13 08:24

社会人になってから弓道を始めました.


私の場合は,地域の弓道協会の初心者教室で基礎から教えていただきました.
ペースは週2回各2時間,3ヶ月ほどで何とか形になったかな,という感じです.
道具類は全て弓道場で借りていました.

現在は週2~3回練習しています.
仕事の後や休日ですね.
審査や試合の前は,毎日ちょっとでも時間を作って練習するようにしています.

費用の面ですが,徐々に自分のものを買い揃えています.ゆがけ(右手につける手袋のようなもの)が2万円~
矢が4~6本組で1万5000円~
弓が3~5万円くらいでしょうか.ある程度射形が安定してきてから,筋力に見合った強さの弓を購入したほうがいいでしょう.
道衣は上下で1万円くらいでした.
道場の使用料も必要ですので,お近くの弓道場でご確認ください.

参考URLは弓道を始めたいと思っている方にはわかりやすいかと思います.

こちらのサイトも動画などあって参考になります.
http://ecoecoman.com/kyudo/index.html

参考URL:http://www.kyudo-web.com/beginner/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただいてありがとうございます。早速サイトも見ました。金銭的にも徐々にそろえていけば何とか大丈夫そうですね。近くの弓道場に問い合わせて見ます。

お礼日時:2005/07/13 00:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q初心者ですが、弓道を始めたいっ!

30歳になったのを機に、昔から憧れていた弓道を始めたいと思っています。
神奈川県内で、初心者でも弓道を教えて下さる弓道場(サークル等含む)を教えて頂けないでしょうか?
本当にまったくの初心者で、決して若くないし(爆)、運動経験も乏しいです…。(^_^;)
それでも、どうしても弓道をやりたくって…っ!

どうぞ宜しくお願い致します。<(_ _)>

Aベストアンサー

ayaeさん、初めまして!!
同じ県内在住のafroと申します。
私は高校の時に弓道部所属で初段だけ取りました。
卒業してから全くやらなくなり丁度2年前無職の期間があって
久しぶりにやってみよっかなって思って市でやっている弓道のサークルに
3ヶ月程行きました。
男女含めて20人程でほとんどの方が初心者でした。年齢も20代後半くらい
から50代位までと幅広く主婦の方も多かったです。

>本当にまったくの初心者で、決して若くないし(爆)、運動経験も乏しいです…
。(^_^;) それでも、どうしても弓道をやりたくって…っ!
大丈夫デスヨ!!弓道って運動神経よりも腕力が必要です。
弓を使う訳ですが、その弓にも重量があり女性だと大体12キロ位を引くように
なると思うのでまずは体力作りをした方がいいですね。

ところでayaeさんは弓道はどこまでが目標なんですか?
大会へ出場したり、資格を取りたいですか?
それともとりあえず、的に打ちたいって事ですか?
資格を取るとなると時間もお金も(道具など)必要になってきます。
最低袴くらいはそろえないといけないのでだいたい約1万5千円。
弓を引く道具(かけといいます)が約3万。矢が4本1セットで約1万円程。
ざっと5万ほどはかかってしまいます。
こう考えると結構しますよね。
わたしは高校時に作ったかけを使ってました。(ちなみに10年前)
ずっと手入れしてなかったけどちゃんと使えました。

地域がどの辺りにお住まいかはわかりませんけど県や市の施設で弓道場を
持っている所があれば必ず教室をやっていると思いますよ。

最後に、弓道って地味ですけど、ゴルフと一緒で精神面ではかなり鍛えられるし
奥深いし、やる気さえあれば年齢なんて問題ないです。
がんばって下さい!!
はぁーーって話をしていたら、なんだか私もやりたくなってきました。

ayaeさん、初めまして!!
同じ県内在住のafroと申します。
私は高校の時に弓道部所属で初段だけ取りました。
卒業してから全くやらなくなり丁度2年前無職の期間があって
久しぶりにやってみよっかなって思って市でやっている弓道のサークルに
3ヶ月程行きました。
男女含めて20人程でほとんどの方が初心者でした。年齢も20代後半くらい
から50代位までと幅広く主婦の方も多かったです。

>本当にまったくの初心者で、決して若くないし(爆)、運動経験も乏しいです…
。(^_^;) それでも、どう...続きを読む

Q弓道を始めたいのですが。。。

こんばんは。24歳の男です。
弓道を始めたいと思っているのですがこの歳からでも始められるのでしょうか?

今気になっている所は、

・この歳から始める人は居るのか。
・大人を対象とした初心者の為のスクールみたいなのは普通にあるのか。(高校などでやってた人はサークルに入れば良さそうですが、流石に初心者は無理そうなので。)
・大体どの位で矢を射る事が出来る様になるのか。(すぐに矢を射れるとは思っていませんが、いつまでもゴム弓での練習だと弓道の面白さを知る前に挫折してしまいそうで。)
・最低限必要な道具と値段。(出来るだけ安くで揃えたいと思っています。竹製の弓と『直心』と書かれている一部カーボン製の弓とゴム弓は持っているのですが他は何も持っていません。矢もあるのですが多分私の手の長さからしたら短いと思います。)

以上です。
上記の事に対して何かアドバイスなどありましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

初めまして。

私は今ちょうど弓道を習いはじめて2週間目の者です。
私は大学の部には入らず市の弓道教会の弓道教室に通っています。
そこでは下は18、上は50、60ぐらいの人が通っています(20人ぐらいですが)週一回、3時間の練習ですが、今週はじめて弓を引かせてもらえました。もちろん矢は未だ触らせてもらえませんがね。
これを長いと思うかは質問者様の考え方によるところですが。

ちなみに弓など全部でかかる値段は値段は8、9万ぐらいだそうです。

質問者様は弓をお持ちだそうですが、15キロ以上だとおそらく引けないと思います。腕力や握力によりますが、動作をゆっくり行うのでかなり腕に負担がかかります。

私も始めたばかりなので質問者様にもがんばってもらいたいです。

Q弓道 引分けに力をかけずにすむコツは?

弓道 引分けに力をかけずにすむコツは?

弓道初心者です。
ゴム弓までは何とかこなしてきたのですが、本物の弓(9kg)を引く段になって、
腕の力が足りずに十分な引分けができません。
「肘で引く」とか「上腕の筋肉だけを使う」などと指導を受けるのですが、
理屈は分かっても実際に筋力が追いつかず、
途中まで引いたあたりで肩も上がったり後ろにずれたりして一向に様になりません。

腕力が強い方ではありませんが、腕立て伏せ20回程度はこなせます。

呼吸がしっかりできていれば筋力を使わずに済む、とか「割って入る」という話しもうかがうのですが、こうした抽象的な概念を具体的にどう実践に結びつけたら良いでしょうか。

丹田呼吸は、大三までならできていると思います。
引分けの時点で腕に力をかけるあまり、気がぶれてしまうように自覚しています。

Aベストアンサー

〉打ち起こしをとった後に息を吐きながら肩を下ろすように意識しているのですが・・・
この時点で肩を下げようとするのでは遅いです。
射を携帯などのムービーで構いませんので記録してみて下さい。
打ち起こしから大三に移る際に、右肘が顔の方向に流れていませんか?
打ち起こしの際に肩を(肩胛骨を)あげてしまうと、肩の関節にきちんとはまらずに上腕三頭筋で力を総て受け止めることになりますので、初心者の方にはたとえ9キロでも辛いと思います。

弓道は各関節をキチンとはめる事が基本となります。
よく指導者が、初心者の弓手をのばさせて親指と人差し指の間を押してみることがあると思います。
そして『押し返してみなさい』と言うはずです。
このとき弓手の肩関節にキチンとはまっている人は指導者が押す力に耐えられます。
キチンとはまっていない人は押し負けてしまい、肩がせり上がったり背中側に肩が逃げてしまう(抜けてしまう)と思います。
現状ではそれと同じような事が右肘でも起きているのではないかと思います。もしかすると両肩・・

〉また、右腕の引きが弱すぎて「顔を切る」、「肘で引け」、「呼吸だ」といつも注意をされているのですが、それができずに困っております。
「顔を切る」というのが何を指す言葉なのか解りかねます。私は使ったことがない言葉です。
肘が流れてしまった大三から肘で引くのはとても難しいです。
呼吸では技術的な問題は解決しませんので、おそらく息あいを(呼吸)肺いっぱいに溜めてしまって、みぞおちあたりから上に力が入ってしまっている力を下に降ろすようにいっているのだと思います。

〉大三をとる際にも、本物の弓ではゴム弓と違って右肘が左腕に持って行かれてしまうため、妻手の肘を同じ位置に残すために妻手側を結構な力で引かざるを得ないことに気づきました。

 そうならないために、肩関節にキチンとはめ込む様にするのです。
試してみて欲しいのですが、斜面打ち起こしの要領で弓構えの状態から右肘を固定して両拳を平行移動させてみて下さい。(本来の斜面打ち起こしの引き方ではありません)
簡単に言えば、打ち起こしせずに下で大三を作るような感じです。
そのとき右肘は流れてしまいますか?おそらく肘を支点に平行移動をすれば右肘が弓の力に負けてもって行かれることは無いと思います。
その状態で大三がとれればよいわけですから、平行移動した状態のまま打ち起こしてみて下さい。
肩の関節がキチンとはまっていればつぶれてしまうことはないと思います。
きちっとした大三がとれなければ引き分けはなかなかスムーズにきませんから、指導者の方と肩の関節(肩胛骨)がキチンと収まる位置を確認しながら打ち起こしから大三までを繰り返してみてください。
それがキチンと出来るまでは引き分けに移ることをしなくても良いぐらいの気持ちが必要です。

正面打ち起こしでは大三が綺麗な射手はとても上手に見えます。
引き分けにこだわらず、弓構えから大三までを両肩のラインを崩さないように気を付けながら何度も繰り返し練習して下さい。
綺麗な大三がとれれば必ず引き分けは上手くいきます。



〉張力の弱いゴム弓ですと「引き下ろす」「下弦をとりながら収めていく」という感覚が何となくつかめるのですが、本物の弓ですと(たかだか9kgでも)力負けして上から押し開く要領がつかめません。

 ゴム弓で引いたときに妻手の位置はどこにありますか?(これもムービーでとってみて下さい。)
頭に被る様な位置にないですか?被っている方がおそらく収めやすいと思います。
実際に弓を引くときも少し被る位に大げさに大三をとってみて下さい。そして、思い切り『たぐって』も良いぐらいのつもりで(たぐるって解りますか?)引いてみましょう。
大丈夫です、『たぐり』なんてすぐに直せます。

弓道は焦らずにじっくり取り組みましょう。
私が教えた女性は腕立て伏せがヒト桁も出来ないほど非力で、手伝って会の状態までもってきてあげて、手を離したとたんに漫画のように両手が元に戻ってしまうほどでしたが、一年足らずで初段をとり最終的には2年で二段まで取得しました。

あきらめずに頑張って下さい。

〉打ち起こしをとった後に息を吐きながら肩を下ろすように意識しているのですが・・・
この時点で肩を下げようとするのでは遅いです。
射を携帯などのムービーで構いませんので記録してみて下さい。
打ち起こしから大三に移る際に、右肘が顔の方向に流れていませんか?
打ち起こしの際に肩を(肩胛骨を)あげてしまうと、肩の関節にきちんとはまらずに上腕三頭筋で力を総て受け止めることになりますので、初心者の方にはたとえ9キロでも辛いと思います。

弓道は各関節をキチンとはめる事が基本となります。
よく...続きを読む

Q弓道の弓の重さについて

30代男ですが、弓道を始め、1年くらいたちました。そろそろ弓を買いたいと思うのですが、今丁度いい重さでも、将来軽くなってしまうことがあるのでしょうか。
また、成人男子が使う弓は普通、何キロ位なのでしょうか。初段~2段レベルでお願いします。

Aベストアンサー

おはようございます。
高校の弓道部の顧問をしている者です。
40代男性です。

まず、
>成人男子が使う弓は普通、何キロ位なのでしょうか。初段~2段レベル
の件ですが、

(1)その人にあった弓力の目安としては、ご存知とは思いますが、
頑張って「肩入れ」できる強さの
2分の1(初心者では3分の1)程度とよく言われます。
(30代男子で何キロというわけではありません。)

(2)実際には、各人の体格・筋肉の強さ・矢尺・練習頻度・習熟度などによって、
「適した強さ」は、多少変化すると思います。
(さらに各人の条件で変わるわけです。)

(1)・(2)でお分かりと思いますが、
「成人男子なら初段くらいで○○キロくらいを使うべきだ」と言ったきまりみたいなものはなく、
各人に適した強さの弓を引けばいいのです。

個人的には、12キロから18キロくらいの間なら、
まあ普通かなと思います。

tukatk22さんが、
もし、あまり筋肉質でなく、手が長い(矢尺が長い)方で、
週に1回くらいしか練習できず、そのため射形もまだ不安定なら、
12・13キロくらいの弓でも構いません。
(この場合のキロは、例えば伸び弓90cmでのもので、
 実際は各人の矢尺でキロ数は変わるわけです。)

もし、手が短く、力が強く、練習も豊富で、射形も整った方なら、16・17キロくらいでも、とも思います。ただ、現在お使いの弓から2キロ以上急に弓力を上げると射形を崩しかねないので、できれば段階的に上げた方が良いと思います。
(弓を買い足すこともあるということです。)

さらに、
>今丁度いい重さでも、将来軽くなってしまうことがあるのでしょうか
のことですが、練習が豊富なら充分ありうることです。また、現在ガンガン引いていても、仕事の都合等で練習量が落ちれば、逆に自分の弓が強すぎて不適であるという事態もありえます。
(これらの場合も弓を変えることになります。)

以上から、
tukatk22さんのいろいろな条件が分からないので、
一般的なことしか言えませんが、
○個人の条件や射形などをもとに、道場の先生や同輩に相談してアドバイスをもらう。
○急に極端に上げるのは難しいので、現在ちょうど良い強さよりやや強い程度(1キロくらい?)の弓を買う。
○将来、さらに弓を買い足すこともある。
などをアドバイスしたいと思います。

それでは。

おはようございます。
高校の弓道部の顧問をしている者です。
40代男性です。

まず、
>成人男子が使う弓は普通、何キロ位なのでしょうか。初段~2段レベル
の件ですが、

(1)その人にあった弓力の目安としては、ご存知とは思いますが、
頑張って「肩入れ」できる強さの
2分の1(初心者では3分の1)程度とよく言われます。
(30代男子で何キロというわけではありません。)

(2)実際には、各人の体格・筋肉の強さ・矢尺・練習頻度・習熟度などによって、
「適した強さ」は、多少変...続きを読む

Q弓道「きざ」の正姿勢と足の痛みについて

弓道歴2年のまだ未熟な者です。

もう弓道始めてからずっとなんですが「きざ」がどうもうまくいきません。  足の形を横からみると    ̄ ̄ ̄]
    みたいなのが普通だとおもいます(上ラインがすね部分でかっこが足部分です)
自分も同じようにやっているのですが、部活(ちなみに高校です)の皆20人以上はまず5人行射を普通にやってしまいます。一般的にはそれが普通なのかもしれませんが自分は5人行射の3番たちにたっても1順目がくるまでもたないことがあるぐらいです・・・(時間にして1分半ぐらいでしょうか)

もう きざ だけが嫌で部活にいきたくないですし、今までの審査も足の痛みが苦痛で射を見せるどころじゃありませんでした。
皆が痛いというといえば指らしいんですが自分の場合 すねです。厳密にいうと足首の曲がる部分のすね側のところです。きざをしていると必ずその部分が堅くなってそこに力がかかりいずれ力がぬけていき自然に正座モードに入るぐらいです。皆はそこに力なんて入らないといっていますがどうしても入ります。乳酸がたまりすぎてもとの体制に戻れないので曲がりすぎの内出血や爪がはがれそうになったことさえあります。

正しいきざが一番しりたいですが もう多少外れてもいいので痛みの伴わない もしくは私の述べている力の入らないきざのしかたをご教授お願いします。

弓道歴2年のまだ未熟な者です。

もう弓道始めてからずっとなんですが「きざ」がどうもうまくいきません。  足の形を横からみると    ̄ ̄ ̄]
    みたいなのが普通だとおもいます(上ラインがすね部分でかっこが足部分です)
自分も同じようにやっているのですが、部活(ちなみに高校です)の皆20人以上はまず5人行射を普通にやってしまいます。一般的にはそれが普通なのかもしれませんが自分は5人行射の3番たちにたっても1順目がくるまでもたないことがあるぐらいです・・・(時間にして1分半ぐらい...続きを読む

Aベストアンサー

私の跪座の状態と全く同じです。私は、5分くらいは何とかなりますが・・・。
私の(そして貴方の)跪座の症状は、正しく跪座ができているとか間違っているとか言う問題ではありません。
一応、私は臨時審査・定期審査にそれぞれ1度合格している経験者ですが、正しい跪座(膝を活かすとかお尻の下に紙一枚分の隙間が空くとか太腿をお腹に引き付けるとか・・・)をしても「乳酸が溜まる」感じがして、「跪座崩れ(私が道場でそう言っています)」を起こしてしまいます。
なるべく、脛に力が入らないように心がけたり、踵を付けるようにしたりしていますが、それでも「楽な跪座」にはなりません。
跪座をしながら、自分に合った跪座を探してみるのも、一つの稽古になると思います。
今では、跪座の辛さを楽しむ境地にまでなっています。

さて、跪座の対応策としては、爪先・踵・脛のなす角をなるべく小さくなるように、日頃の鍛錬を積むことです。
これは、毎朝・部活前・お風呂上りに爪先を弁慶に向けて引き付けます。
それから、爪先で中腰になって(跪座で膝を浮かせて爪先で座る格好)足首を柔らかくします。
これを欠かさず、毎日しましょう。
でも、これで跪座が無難にできるようになるとは限りません。
私も、落ちで1回の審査の間合いをやりきるのが精一杯です。

審査では跪座を避けて通ることはできませんが、部活の方では先輩にお願いしてみてはどうでしょう。
跪座の辛い状態を話して、正座で対応して貰えないか、相談できないでしょうか。

私のそれぞれの審査では幸運が続いたのでなんとか合格できましたが、審査では辛い思いをされていることと思います。
次の定期審査は、跪座が解決しない限り受審することはないでしょう。

私の跪座の状態と全く同じです。私は、5分くらいは何とかなりますが・・・。
私の(そして貴方の)跪座の症状は、正しく跪座ができているとか間違っているとか言う問題ではありません。
一応、私は臨時審査・定期審査にそれぞれ1度合格している経験者ですが、正しい跪座(膝を活かすとかお尻の下に紙一枚分の隙間が空くとか太腿をお腹に引き付けるとか・・・)をしても「乳酸が溜まる」感じがして、「跪座崩れ(私が道場でそう言っています)」を起こしてしまいます。
なるべく、脛に力が入らないように心がけたり...続きを読む

Q弓道五段20歳。

20歳のとき、弓道五段を取得しました。これは珍しいのでしょうか?
ときどき人に段位を聞かれて”学生のとき五段もらった。”と言うと、”学生は普通三段までしかもらえないはず。”などと信じてもらえなかったりするのです。
学生のとき一緒に練習した仲間は大勢五段をもって卒業したので、別に珍しいとは思っていませんでした。一般のほうではどうなのでしょう。珍しいですか?
そもそも段位に年齢制限とかあるのでしょうか?
個人的には、若造でも毎日百発百中なら十段でいいと思うのですが。

Aベストアンサー

弓道の段位に年令制限はないと思います。制限があるとおっしゃった方は剣道と混ざったのだと思います。それに実際に五段を取得しているわけだし、論より証拠ということで。弓道の段位は5ヶ月たったらまた新しく受けることができるので、5ヶ月ごとに審査会場に足を運べば、若いうちに高い段位を取得することも可能なはずです。弓道は精神力がとても必要な競技なので、若いうちから高い技術があるということは段位に値するすばらしいことだと思います。ただ、一般では20才で五段というのは、珍しいかもしれませんね。それだけとるのがむずかしいということだと思います。ですから、もっと自信をもっていいと思いますよ。あまり参考にならなくてごめんさない。

Q明治神宮・至誠館の「武道研修科」について教えて下さい

武道経験無しの20代社会人です。
情報が少なく、雰囲気などもわからないので
見学に行ったりしてみたいのですが
明治神宮と聞くとなんだかとても敷居が高く感じられ
ものすごく堅苦しかったり厳しかったりするのではと尻ごみしてしまいます。
そして武道と言うとみんな学生時代には始めていてベテランというイメージがあり
20代の超初心者が入門して浮いてしまわないか心配です。。

以下のことを教えて頂けたら嬉しいです。

・初心者でも受け入れてくれるのか(通いやすい雰囲気か)。
・武道研修科(合気道と剣術等を練成)とありますが、
 どちらか片方を受けるのではなく両方必須なのか。
・稽古日が毎日設けられていますが好きなように通ってよいのか。
・先生や練習の雰囲気。

その他些細なことでも何か情報をお持ちでしたら教えて頂きたいです。
お願いしますm(__)m

Aベストアンサー

剣術ということは鹿島神流に限らず探しているということですか?
あと合気道ではなく剣術のみを学ばれたいのでしょうか?
あくまでも個人的な意見ですが、剣では至誠館、香取神道流、水鴨流居合が
素晴らしいと思いました。

香取神道流(川崎市 杉野道場唯心館)
http://www.bab.co.jp/hiden/dojyo/ken/ken14/ken14-07.html

水鴨流居合(横浜に支部あり)
http://www2.wbs.ne.jp/~nck/suiou/

日本古武道協会 
ここに加盟している道場は出自が総体的にはっきりしている伝統流派です。
日本武道館、協会に電話すれば連絡先は教えてくれると思います。
http://www.nipponbudokan.or.jp/shinkoujigyou/kankeidantai_03.html

居合道、道場案内所
日本古武道協会加盟道場のホームページも紹介されています。
http://iai-dojo.jp/modules/dojo/

秘伝道場ガイド
「秘伝」という古武術系雑誌の道場案内です。
載っている道場は伝統、新興といろいろで、レベルは正直、玉石混交ですが
掲載数は多いです。
http://www.bab.co.jp/hiden/dojyo/index.html

インターネットで道場を見つけよう
古武道関連の掲載数は少ないですが今後増えるかもしれません。
他武道の掲載は多く、よく知られているサイトです。
http://www.dojos.org/

あとは流派名で検索しても道場のホームページがいろいろ出てくると思いますよ。
ご参考までに。

剣術ということは鹿島神流に限らず探しているということですか?
あと合気道ではなく剣術のみを学ばれたいのでしょうか?
あくまでも個人的な意見ですが、剣では至誠館、香取神道流、水鴨流居合が
素晴らしいと思いました。

香取神道流(川崎市 杉野道場唯心館)
http://www.bab.co.jp/hiden/dojyo/ken/ken14/ken14-07.html

水鴨流居合(横浜に支部あり)
http://www2.wbs.ne.jp/~nck/suiou/

日本古武道協会 
ここに加盟している道場は出自が総体的にはっきりしている伝統流派です。
日本武道館、協...続きを読む

Qスキーウエアの下に着るもの、初心者への注意!

友達に誘われて、高校の修学旅行以来ぶりに10年ちかくぶりに無謀にもスキーに行くことになりました。
高校生の時は、ウエアの下は学校指定のジャージを着ましたが、今回はそうはいかないので何をきたらいいのか教えて下さい。
あと板とかブーツとかウエア、手袋はレンタルしたのですが、帽子やゴーグルは必要なのですか?身につけなくても大丈夫ですか?
あと土曜の夜から夜行バスでスキー場にいって、日曜日の朝から滑って帰ります。持っていったほうが良いもの、これがあったら便利など、荷物はこんなものにいらたらいいよなど、ほんのささいなことでもかまいません。教えてください!ホントに分からないことだらけなのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、滑るときの服装ですが、理想は
上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等
下:足首まであるタイツ、スパッツ
です。特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。

ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、
上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット
下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット
でも、代用できます。
首の部分にこだわるのは、転んだときに雪が入って来るのを防ぐため、足首部分に堅いものが付いているものを避けるのは、ブーツを履いたときに足に食い込んで痛くなるのを防ぐ意味があります。

また、スキー場の標高や場所・天候によって寒さが変わるので、寒いなと思ったら、少し厚めのものを用意すると良いと思います。

続いて、バスの中ですが、夜行バスは次のような状態です。
1.暖房は効いているが、頭が暑く、足下は寒い。また、窓際が寒い。
2.あまりリクライニングしないシートの場合が多い。
3.カーテンをしても対向車のヘッドライトは結構気になる。
4.長い間座るので腰が痛い。
5.イスで寝るので、慣れていないと寝付けない、眠りが浅い。

これらを解消するのに、
1.ジャンパー(ウェアでも良い)等を車内に持ち込んで、膝掛けにする。
2.首を固定する空気枕等を用意する。
3.アイマスクを用意する。
4.途中のドライブインやサービスエリアで止まったとき、目が覚めていれば、一度降りて軽く腰を伸ばしておく。
5.寝酒を用意する。ただし、量を多く飲む人はビールではトイレが近くなって迷惑を掛けるので、日本酒の方がベター。でも飲み過ぎに注意。(笑)
あと、途中で目が覚めたときのために、ヘッドホンステレオなどがあると完璧でしょう。
あると便利な小物は、日焼け止め、使い捨てカメラ、使い捨てカイロ、帽子が脱落するのを防ぐクリップ、煙草を吸う方は携帯灰皿とターボライターがあげられます。

これだけのものを全て用意するのは大変なので、自分が必要だと思うものを選択してください。

まず、滑るときの服装ですが、理想は
上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等
下:足首まであるタイツ、スパッツ
です。特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。

ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、
上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット
下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット
でも、代用できます。
首の部分にこだわるのは、転...続きを読む

Q弓道について教えてください!!

弓道に関する職についている方、もしくは
弓道に関する職に詳しい方に質問です。

弓道に関する職には、どのようなものがありますか?
また、それはどうやってみつければいいですか?
教えてください!
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

中学時代に弓道部に入ってました。ほとんどサボリだったので、
全然上達しなかったのですが。(^^;)
弓道の関連で思いつくものをあげると。
・弓道教室や道場の先生
・弓、矢などを作る職人
ぐらいしか思いつかないのですが、参考までに
弓道連盟の連絡先
http://www.shintaido.com/text/kyudo.shtml
全国弓道場一覧
http://www.kcn.ne.jp/~toyo/yumi/yumi_db/zenkoku.html
全日本弓道具協会
http://www.sun-inet.or.jp/~kyudo/

Q弓道を始めたいのですが・・

こんにちは。高校卒業間近の18歳(女)です。
今年の9月に留学に行くのですが、それまでの半年間昔から興味のあった弓道に挑戦したいと思っています。
神奈川の川崎市に住んでいるのですが、神奈川・東京あたりで初心者を指導している道場はありませんか?入れる時期が決まっていなくていつでも入会可能なところを探しています。知っている方いましたら教えてください。宜しくお願いします!

Aベストアンサー

 まずはココから探してみてはどうでしょうか?

 以前、学生の頃私が通っていたところは
市立体育館の地下の弓道場で、
週に3回、教室をひらいていました。
月謝制で参加は自由です。
半年間という短い期間なので、道具を揃えるのも
大変かとは思いますが、その辺りは考えていらっしゃいますか?
道具はある程度借りられないこともないとは思いますが、
矢は自分の手の長さに合わせますので、
ちょうど良いものがない場合は購入しなくてはなりません。

 年配の方が多かったので、そういう方々はすべて自前、
学生の子たちの場合は弓以外はすべて購入していました。
学校で部活をやっている子たちは自前でしたけどね。
弓以外といってもそこそこお金がかかります。
近くに教室があるようでしたら、見学に行って
色々聞いてみるといいですよ。

 はじめてみるとなかなか楽しいです。
いい道場が見つかるといいですね。

参考URL:http://www.kyudo.jp/main.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング