最新閲覧日:

南半球で主流となっていて、日本代表や大学ラグビーNO.1のディフェンス力と噂されている帝京大をはじめに、数多くのチームで取り入れられている「ピラーディフェンス」についてなるべく詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんわ。

関東の某大学でラグビーをしているものです。簡単に説明しますと、ピラーというのがラックまたは、モールのポイントの後ろに立ち敵のハーフやハーフとクロスしたプレーヤー<ホワード>のディフェンスをします。そして、両サイドのフローター<サイドディフェンス>をポスト1<ぽすとわん>そしてもうひとつ外側のフローター<サイドディフェンス>をポスト2<ぽすとつー>そして敵のスタンドのディフェンスをキーといいます。ラインディフェンスは、敵のボールが出た時、「アップ!」と言い。敵がパスをしてチェックした相手がスライドすると「プッシュ!」とコールします。この掛け声は、みな大声で相手にプレッシャーをかける意味でもあります。へたくそな説明ですが参考になれば…
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報