【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

小学一年生の娘の質問に誰か答えてはいただけないでしょうか?
『お父さん』は『おとうさん』なのに、
何で、『氷』は『こおり』なの・・・

解っていただけたでしょうか??
同じ『お』と発音する物でも、
書き方は『お』や『う』がある。
同じように『じ』と『ぢ』、『ず』と『づ』・・・

なんでって聞かれたらどう答えたらいいのでしょう?
何か、法則でもあるのでしょうか?
バカバカしい質問ですが、
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 オ列長音の問題に関して、#5、#7、#8の回答が非常に正鵠を得ているのですが、一般の方にはわかりにくく、ましてや小学生にそのまま伝えてもちんぷんかんぷんですよねえ。


 以前に小学生を塾で教えていたときには、私は次のように言っていました。
(1)漢字の音読みに出てくる「オー」という音は「おう」と書く。
(2)漢字の訓読みに出てくる「オー」という音は「おお」と書く。
(3)「お父さん(おとうさん)」「扇(おうぎ)」「今日(きょう)」などは例外なので覚える。
 なぜそうなるかは、今はまだ難しいから、高校へ行って「歴史的仮名遣い」という昔の書き方を習ったときに、国語の先生に聞きなさい。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

何でもそうですが、例外があると凄く悩んでしまいますね。
先生も大変でしょう。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/07/24 17:35

現代仮名遣いでは、「オー」(オ列の長音)を表記するときに「お」と「う」が使われますが、この使い分けは、歴史的仮名遣いで、「ほ」または「を」にさかのぼる場合には「お」、そうでない場合には「う」となるのが原則です。


しかし、ある語が歴史的仮名遣いでどう表記されていたかというのは、原理からの推定は不可能で、結局、「オ」と「ウ」の使い分けは覚えこんでいくしかありません。

大きい(おほきい)⇒おおきい
氷(こほり)⇒こおり

扇(あふぎ)⇒おうぎ
今日(けふ)⇒きょう

(「アウ」⇒「オー」、「エウ」⇒「ヨー」という発音の変化を経た語は、現代仮名遣いでは、「おう」と表記します)


歴史的仮名遣いに実際の発音とかけ離れたものが多いのは、かつては字面のとおりに発音していたのが、発音の変化が起こったというふうに理解しておいてよいと思います。音の変化は自然と起こるもので、「寒い⇒サミー」のようにもともとはくだけて聴こえていたものが、いつの間にか普通になっていくような現象です。テレビアナウンサーのような規範がない時代には今よりもずっと発音が変わりやすかったと思われます。

また、表音文字を使っているのに同じ発音に何通りも表記がある言語は珍しくなく、例えば英語がありますよね。
英語のつづりは、歴史的仮名遣いのようなものだと理解してよいと思います。ようするに昔は字面のとおりに発音していたものが、だんだんと変化していって、発音とつづりがかけ離れたものがあるというこということです。

日本では、「てふてふ」が「ちょうちょう」などといった例が学習の負担を増やしているということから、発音に忠実な仮名遣いが望ましいという考えで、現代仮名遣いが生まれたわけですが、「表記の慣用を尊重して一定の特例を設ける」ともされたので、ご質問のような、同じ「オー」の音なのに「オウ」と「オオ」のふたつの表記が行われるのです。

習慣というものは、根強いもので、「お父さん」を「おとおさん」と書く例よりも、「氷」を「こうり」、「通り」を「とうり」と書く例のほうを圧倒的に見かけるのは、まさにオ列の長音を「う」と書く習慣が染み付いていることの表れと思います。

お子さんの質問に対しては・・・「日本語って面白いね」と答えていただければ幸いです^-^
    • good
    • 9
この回答へのお礼

日本語が乱れる原因に、このあたりもありそうですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/07/24 17:32

何か法則でもあるのかという問いには、戦後に制定された「現代かなづかい」に則っているというのが正確な答えです。


もう少し具体的な答えとしては、戦前まで行われていた「歴史的仮名遣い」では書き方に区別があったものを、一定の基準で実際の発音に近い形に改めたのが「現代かなづかい」ということになります。
完全に現代語の発音通りかといえばそうでもなく、「う」と「お」の違いや、「じ・ず」と「ぢ・づ」の使い分けなど、昔の名残りを一部にとどめていることが小学生の悩みのもと(ちと大げさ?)になっているわけです。助詞の「は・へ」を「わ・え」と書かないきまりは、その代表ともいえるでしょう。

歴史的仮名遣いと現代かなづかいの具体的な対応は、昭和21年内閣告示第33号 『現代かなづかい』 に示されています。小学生でも高学年ならある程度は理解できると思います。
ちなみに、内閣告示は閣議決定を経て内閣総理大臣が告示したものですが、内容を決めたのは文部大臣の諮問機関である国語審議会の「かなづかいに関する主査委員会」です。著名な国語学者を含む有識者が検討した結果であることくらいは小学生にも教えてよいでしょう。
・『現代かなづかい』 国語審議会答申 (昭和21年9月21日)
 http://www.bunka.go.jp/kokugo/main.asp?fl=show&i …
・「かなづかいに関する主査委員会」 (昭和21年6月~9月)の委員名簿、議事録
 http://www.bunka.go.jp/kokugo/frame.asp?tm=20050 …

なお、さらなる疑問として「歴史的仮名遣い」ではなぜ書き方に区別があったのか?と問われるかもしれません。それに対しては、数百年~千年くらい前には実際の発音にも区別があったというのが答えです。
今でも一部に「じ(zi)・ず(zu)」と「ぢ(dzi)・づ(dzu)」、「か(ka)・が(ga)」と「くゎ(kwa)・ぐゎ(gwa)」などの発音の区別が残っている地方もあるようです。

現実問題として、「おとうさん」「おかあさん」「おにいさん」「おねえさん」「こおり」などの長音を文字通り正確に発音している人はいるでしょうか。
実際には「おとーさん」「おかーさん」「おにーさん」「おねーさん」「こーり」などの発音で、耳にもそのように聞こえているものを、仮名遣いの知識で無意識に補正しているだけではないかと思います。

事実、明治33年の尋常小学校教科書では「おとーさん」「とーきょー」といった、いわゆる「棒引き仮名遣い」が正式に採用されていました。いきなり字音仮名遣いを覚えるのは難しいという理由です。しかし結局、字音仮名遣いを覚え直す負担が増えるだけということで、わずか8年間で「棒引き仮名遣い」は廃止されました。
このことは、当時既に「おとーさん」「とーきょー」のように発音されていたことの証拠でもあります。現行の仮名遣いの問題点は当初から指摘されていますので、将来「棒引き仮名遣い」が再登場するかもしれません。それまでは小学生の悩みは続くでしょう(か?)。
ちなみに点字の世界では昔から「棒引き仮名遣い」が正式に採用されています。ただし「おかあさん」「こおり」など、「う」の長音以外は『現代仮名遣い』のとおりです。

参考:
『現代仮名遣い』 (昭和61年7月1日 内閣告示第1号) …最新のきまり
 http://www.bunka.go.jp/kokugo/main.asp?fl=show&i …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

日本語は難しいですね・・・
ありがとうございます。

お礼日時:2005/07/24 17:30

「じ」と「ぢ」、「ず」と「づ」は、原則「じ」と「ず」を使います。


例外としては2つあります。

1) #1さんの書かれている『もともと「ち」や「つ」だったものが、濁ったもの』ex:「みかづき」「おこづかい」「まぢか」

2) 『「ち」や「つ」に続けて発音されるもの』ex:「つづき」「ちぢむ」

これらは、中学受験の問題に出題されることもよくありますよ。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

一番解りやすい説明です。
ありがとうございます。

お礼日時:2005/07/24 17:26

ぜんっぜんバカバカしい質問ではないです。

というより、娘さんの質問、当然! バカバカしいのは、昭和21年に「内閣告示」を決めちゃったおじさんたちです(笑)。

>何か、法則でもあるのでしょうか?

以下、お母さん向けの説明です。
上記の告示で、

?「オ列の長音は『う』で書く」

と決めちゃったんですね。それで「あふぎ(発音『オーギ』)」「きのふ(発音『キノー』)」は「おうぎ」「きのう」と書くようになりました。

ところが、同じ告示の他の箇所で、

?「『オ』に発音される『ほ』は『お』と書く」

と決めちゃったものですから、「とほる」「おほきい」は「とおる」「おおきい」と書くようになりました。

なので、同じ発音にしか聞こえないのに、

?「行李(歴史的仮名遣い『かうり』)」は「こうり」
?「氷(歴史的仮名遣い『こほり』)」は「こおり」

と書くようになってしまった、というわけです。原則についてはこんな説明でよろしいですか?

問題は、娘さんへの説明ですね。「昭和21年にナイカクのおじさんたちが決めたの!」で納得してくれるでしょうか?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほどねぇ・・・
言葉を考えるのも難しい・・・

お礼日時:2005/07/24 17:25

学術的な回答ではないのですが。


私はカリキュラマシーンの歌で覚えました。

♪とおくのこおりをとおってるおおくておおきなおおかみおー

これ以外は大体「う」だよってことでどうでしょう?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

おもしろいですね!
遠くの氷を通ってる、多くて大きな狼おー・・・
でしょうか^^

私は未だに太陽の昇る方角を、
バカボンの歌で思い出しています^^

お礼日時:2005/07/24 17:23

通常の発音で「おとーさん」と長音記号で表せるものは「う」です。


「こおり」は通常の発音では「こーり」ではないですね。
だから「お」です。
小学生が相手なら、このへんでお手うちといたしましょう。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
長音の発音の区別もよく解りませんが・・・

お礼日時:2005/07/24 17:20

「かな」の表記は、現代かなづかい以来、原則として発音の通り記すようになったのですが、完全ではなく、歴史的かなづかいの部分も残されています。

古語では、氷は「こほり」と書きましたし、実際、当時はそのように発音していたようです。また、父は「たう」と発音していたようです。
現代の日本人にとって、じ』と『ぢ』、『ず』と『づ』は発音上、差がありませんが、昔は、区別して発音していたようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど!
ありがとうございます。

お礼日時:2005/07/24 17:19

元々は違う音であったものが、発音が楽な方へ流れて似たような音になってきてしまったということだと思います


複合語内の『じぢずづ』については、濁る前の元の言葉を考えれば区別がつく場合(『缶詰』→『かん+つめ』→『かんづめ』など)もありますが、『稲妻』→『いなずま』のように、国語審議会が容認してしまった例もありますし、法則というほどしっかりしたものは最早無いかもしれません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/07/24 17:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「お」列長音表記の小学国語教育での手法・実情を教えてください

お世話になります。普通の父親をやっております者です。

 関連カテゴリでも、何度も話題になっている、「お列」長音の表記について、小学校では、通常どのような学年、シチュエーションで教育されているか知りたいと思っております。(関連質問 No.380779、No.280555、No.101414 etc.)

 実は、私は、ほとんど日本での小学校教育を経験しておりませんで、そのせいか?それとも、不真面目だったせいか?青年期になってから、「お列長音」に例外表記「通り=とおり」「狼=おおかみ」「氷=こおり」・・・などがあることを知り、かなり驚いた記憶があります。
 助詞の「は」「へ」「を」などは、くりかえし教えられた記憶が鮮明なのですが、「お」列長音の表記になると、どう教えられたか?まった思い出せません。

 今、子供たちがそういうことに興味をもつ年齢になり、どう教えるのが通常の手法なのか?わからないでいます。

 できれば、こうゆう由来があって例外があり、規則はこうだ・・・と明確に教えてやりたいと思うのですが・・・。
 現在小学校でどのように教えることになっているか?実情も併せてご教示いただければ幸いです。

お世話になります。普通の父親をやっております者です。

 関連カテゴリでも、何度も話題になっている、「お列」長音の表記について、小学校では、通常どのような学年、シチュエーションで教育されているか知りたいと思っております。(関連質問 No.380779、No.280555、No.101414 etc.)

 実は、私は、ほとんど日本での小学校教育を経験しておりませんで、そのせいか?それとも、不真面目だったせいか?青年期になってから、「お列長音」に例外表記「通り=とおり」「狼=おおかみ」「氷=こおり」・・・な...続きを読む

Aベストアンサー

説明不足で申し訳ございませんでした。

 小学校一年生の一学期(いわゆる入門期段階)の国語科では、言語事項として、促音 (小さい「っ」)、拗音 (小さい「ゃ・ゅ・ょ」) や助詞の「は・へ・を」等と並んで、長音 (伸ばす音) の発音と表記の基礎的なことを指導することになっています。
 長音の指導では、「おばさん」と「おばあさん」、「くき」と「くうき」とでは、発音も書き方も違うことに気づかせ、語や文として読み書きする学習の積み重ねの中で、次第にその規則性に気づき、身に付けていくことが目標とされています。

 ただ、こと、オ列の長音に関しては、No.2でも書きましたが、「王様」は「おうさま」なのに、なぜ「大きい」は「おおきい」なのかという疑問を持つ子が居たとしても、すぐに「王」と「大」の漢字を習いますので (いずれも一年生配当漢字)、仮名で書く必要性が薄れ、疑問として持続しないのです。これが、助詞の「は・へ・を」の場合ですと、誤った書き方をすれば日常の言語生活に支障を来すことを子供なりに実感しますので、大抵の子は一年生のうちに表記法として定着します。

 オ列長音の仮名表記の原則と例外を、知識として取り立てて指導する機会は、現在のところ、小学校・中学校を通じて、無いというのが実状のようです。
 このサイトで、「通る」は「とおる」と「とうる」のどちらが正しいのですか? というような質問がなされることが、それを端的に物語っているのではないでしょうか。

説明不足で申し訳ございませんでした。

 小学校一年生の一学期(いわゆる入門期段階)の国語科では、言語事項として、促音 (小さい「っ」)、拗音 (小さい「ゃ・ゅ・ょ」) や助詞の「は・へ・を」等と並んで、長音 (伸ばす音) の発音と表記の基礎的なことを指導することになっています。
 長音の指導では、「おばさん」と「おばあさん」、「くき」と「くうき」とでは、発音も書き方も違うことに気づかせ、語や文として読み書きする学習の積み重ねの中で、次第にその規則性に気づき、身に付けていくことが目標...続きを読む

Q遠い・大きい・通りのように「とうい・おうきい・とうり」と読むのに「お」であるものの覚え方

小学校の時、通る・大橋・遠いなどの単語を組み合わせて、そのすべてを覚えやすい文章にしてある例文を教えてもらったことがあるのですが、それがどのようなものであったかを思い出せません。読み仮名をつけるときに、「とうり」とか「とうい」と誤るようなのを集めて一つの文章にしたものです。「遠くの大橋を通る」という感じの文章です。思い出せないので教えてください。

Aベストアンサー

私もず~っと前に聞いたことがあります。

途中までしか覚えていないのですが、

「多(おお)くの大(おお)きな狼(おおカミ)が、赤いほおずき(ほおズキ)十(とお)手に持って、遠(とお)くの???」

あとは、どなたかお願いします!

Q小1こくごの『は』と『わ』

小1の息子の国語で、ぼく(は,わ)○○です。の『は』か『わ』を選ぶ部分で分かってるのか、未だ間違わず正しい方を選んでますが、にわとりなら『わ』だけれど、ぼくは、の『は』は、『は』なになるのは、こうだからよ!となるほどと思わせる説明の仕方ってないですか?難しい言葉を使わず大人が聞いても『うまいな~』と思うような。。そんな例えないでしょうか??

Aベストアンサー

こんにちは。

『ね』で区切れるものは『は』

「ぼく【は】、遊びに行くよ」→「ぼく【ね】、遊びに行くよ」
「こんばん【は】」→「こんばん【ね】」
「それ【は】パンだよ」→「それ【ね】パンだよ」

Qぢ と じ の違い?

じぬし(地主)じしん(地震)等 ち(地)に濁点なのにじ
しかし鼻血は はなぢ 。
みぢか(身近)等 語中では ぢ になっております。
語尾 語中では ぢ で使用 語頭では じ を用いるのが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

私は、国語に関する原稿執筆を仕事としており、各サイトで何度か同じご質問に答えて参りました。今回はいい機会ですので、網羅的に説明させていただきたいと思います。部分的に、他の方のご回答と重なる点もございますが、ご了承ください。

まず、国が内閣告示・訓令で定めた「現代仮名遣い」(昭和61年 全文は文化庁のHP=下記URL内にあります。)では、「ぢ」「づ」を使うのは次の二つの場合(例外)に限り、それ以外は原則としてすべて「じ」「ず」を使うことになっています。

例外1)同音の連呼によって生じた「ぢ」「づ」
例 ちぢむ(縮む) つづく(続く) つづみ(鼓)
例外2)二語の連合によって生じた「ぢ」「づ」
例 はなぢ(鼻+血) そこぢから(底+ちから) たけづつ(竹+筒) みちづれ(道+連れ)

以上のことから結果的に(現象的に)、
「語頭には『ぢ』『づ』は来ない。」
ということになります。

なお、次のような語は「二語の連合」ではあるけれども、「現代語の意識では二語に分解しにくい(元々の言葉を想起しづらい)」という理由で、当初(昭和21年の内閣告示・訓令)は「じ」「ず」と書くことになっていました。
例「世界中(せかいじゅう)」「稲妻(いなずま)」
しかし、「現代語の意識では二語に分解しにくい」という理由が主観的すぎるなどの批判があってか、昭和61年の内閣告示・訓令では、上記のような語について、
「『じ』『ず』を用いて書くことを本則とし、『せかいぢゅう』『いなづま』のように『ぢ』『づ』を用いて書くこともできる」
と、規範が緩められました。

その規範の緩和がなければ(「中」を「ぢゅう」と読むことが許されなければ)、現象的に次のようなことがいえたのです。
「『ぢ』『づ』は、和語(訓読みの言葉・漢字)に限られ、漢語(音読みの言葉・漢字)には用いられない。」

さて、ご質問の「地震」の「じ」ですが、これは、上の二つの例外にあてはまりません。しかも、現象的な面(語頭には来ない・音読みである)から見ても、「ぢ」とは読めません。
つまり、もともと「地」には、「ち」「じ」という二つの音読みがあるのです。「省」に「せい」「しょう」という二つの音があるのと同じ事です。(ここらの経緯は、日本における漢字受容の歴史に関係しているのですが、煩雑になるのでここでは触れません。)
「地震」の「地(じ)」は「ち」が濁ったものではないのです。

ただ、ややこしいのは、「地震」をかつて(歴史的仮名遣いで)は「ぢしん」と書いていたということです。しかし、この「ぢ」も「ち」が濁ったことを表しているのではなく、かつては「じ」と「ぢ」の発音が実際に異なっていたことの名残なのです。
今では、全国的に「ぢ」「じ」、「づ」「ず」はそれぞれ同じ音で発音されますが、歴史的仮名遣いの定められた平安時代の共通語では、文字どおり異なった音で読んでいたのです。つまり、その当時「地」は「ぢ」という「じ」とは違った読み方をしていたのです。
しかし、江戸時代ごろまでには、ごく一部の地域(九州など)を除いて、「ぢ」「じ」、「づ」「ず」は、それぞれ同じ音で発音されるようになりました。つまり、「ぢ」「じ」は発音上区別されなくなったのです。

そのような表記と発音の不一致は、国民の言語教育にとって、大きな障害となります。そこで明治以来、仮名遣いの改革が論じられ続け、ついに戦後間もない昭和21年に、前記のごとく「内閣告示・訓令」が出されて今のような現代仮名遣いが行われるようになり、それが昭和61年に一部修正され、現在に至っているのです。

長くなりましたが、以上が「ぢ」「じ」にまつわる仮名遣いについてのあらましです。

「国語学辞典」(東京堂)「日本文法辞典」(有精堂)「日本文法大辞典」(明治書院)「日本語の歴史」(岩波新書)などを参考にしました。

参考URL:http://www.bunka.go.jp/kokugo/frame.asp?tm=20061109114640

私は、国語に関する原稿執筆を仕事としており、各サイトで何度か同じご質問に答えて参りました。今回はいい機会ですので、網羅的に説明させていただきたいと思います。部分的に、他の方のご回答と重なる点もございますが、ご了承ください。

まず、国が内閣告示・訓令で定めた「現代仮名遣い」(昭和61年 全文は文化庁のHP=下記URL内にあります。)では、「ぢ」「づ」を使うのは次の二つの場合(例外)に限り、それ以外は原則としてすべて「じ」「ず」を使うことになっています。

例外1)同音の連呼に...続きを読む

Q一年生 算数がわからない  どう教えたらいいかわからない・・・。

春に一年生になった娘がいます。
昨日、娘に算数の勉強がわからないと泣かれてしまいました。
今、学校では足し算?の問題を習っているようですが
1+1=とか 10+5=などはわかるようなのですが
日本語で
13は10と? や 19は10と? という問題がわからないようです。
ちなみに 10と2で? や ?と6で16 という問題はわかるようです。
(読解力がないのでしょうか?算数じゃなくて本を読ませるべきなのか・・・?)

どういう風に教えるのが効果的ですか?
おはじき?指?・・・どうも私が教えると回りくどくなってしまって余計に混乱するらしいです。
教えようとせずに同じような問題を毎日出していくのがいいですか?
それともこれからは+-で計算するのだから○は□と?という問いにこだわらなくていいですか?

私たちのころは1+1=みたいなのが普通で?+1=3みたいなのはなかったように思うのですが
最近は足し算でもいろんなバリエーションがあるのでしょうか?

他の方の質問で「差が出始めている」との言葉もうなづけることがあります。
自分の教え力のなさに参ってしまいます・・・。
問題を教えるにはどういうアイテムを使ったほうがいいのか?
ひとつのことにこだわらなくていいのか、教えてください。
又、ドリルも与えてありますが授業がゆっくりなのか毎日持ちません。
(入学当初、「宿題のほかにドリルを一ページね」といって始めましたが
ドリルのほうが進んでしまい結局宿題のみになってしまっています。)
ドリルを増やすべきなのか、別の教材にするべきなのか(でもチャレンジとかも結局一緒ですよね?)
他のご家庭ではどうしていますか?

春に一年生になった娘がいます。
昨日、娘に算数の勉強がわからないと泣かれてしまいました。
今、学校では足し算?の問題を習っているようですが
1+1=とか 10+5=などはわかるようなのですが
日本語で
13は10と? や 19は10と? という問題がわからないようです。
ちなみに 10と2で? や ?と6で16 という問題はわかるようです。
(読解力がないのでしょうか?算数じゃなくて本を読ませるべきなのか・・・?)

どういう風に教えるのが効果的ですか?
おはじき?指?・...続きを読む

Aベストアンサー

教員です。

数には、3つの要素があります。
例えば、「5」なら、
「5」という数字の記号、
「ご」という音(読み方)、
○○○○○というイメージ
です。

きっとお子様は、この3つ目の「イメージ」がしっかり定着していないのだと思います。
ためしに、紙に、

○○○○○

と書いて、「5」とすぐ言えるか。

○○○○○


を見せて、「6」がすぐ言えるか。
ここで、「1、2、・・・6」ではダメです。
上の段が「5」のかたまりだとすぐにわかり、下に1つあるから「6」と出なければいけません。

同様に、「10」までやってみてください。

次に、「10」以上の数です。

○○○○○ ○
○○○○○

を見せて、「11」とすぐに出るか。

○○○○○ ○○
○○○○○

を見せて、「12」とすぐに出るか。
これも、左側が、「10」と一目で認識でき、右側が、「2」と認識できることが大切です。

フラッシュカードのように、○だけを画用紙や自由帳に書いて、
どんどん言いながら、テンポよくめくっていき、
イメージを定着させるのもいいでしょう。

計算だけを繰り返すより、
おはじき、ブロック、フラッシュカード なども上手に活用しましょう。

また、こんな方法もあります。
「11」~「19」までのカードを作って、机の上に裏返して適当におき、1枚めくります。
「16」がでたら、「10と?」と聞きます。
数秒で答えられなければ、親が「6」と答えを言ってしまい、またカードをもとにもどします。
そして、違うカードをめくります。
こうやってゲーム感覚で繰り返しているうち、子どもは答えを暗記しますから、言えるようになります。

あとは、
「1」~「9」のカードを用意しておいて、今度は数字を見せて机の上にばらばらにおいておきます。
先ほどの、「11」~「19」のカードは、裏向きに一山にしてつんでおきます。
その山から一枚とって、例えば「13」がでたら、子どもに見せながら、「13は10と?」と聞きます。
子どもは、「3」をとるわけです。
数字を見ながらですから、言葉だけより簡単だと思います。
「3!」をとったら、今度は、カードを一旦ふせさせて、
「13は10と?」と再び聞きます。
すると、子どもは「3」といえるわけです。

コツは、楽しく、テンポよく、いろいろな方法を組み合わせながら飽きないように、です。

教員です。

数には、3つの要素があります。
例えば、「5」なら、
「5」という数字の記号、
「ご」という音(読み方)、
○○○○○というイメージ
です。

きっとお子様は、この3つ目の「イメージ」がしっかり定着していないのだと思います。
ためしに、紙に、

○○○○○

と書いて、「5」とすぐ言えるか。

○○○○○


を見せて、「6」がすぐ言えるか。
ここで、「1、2、・・・6」ではダメです。
上の段が「5」のかたまりだとすぐにわかり、下に1つあるから「6」と出なければいけません...続きを読む

Q意地悪をする子の対応はどうしたらいいのでしょうか?

意地悪をする子の対応はどうしたらいいのでしょうか?

小1の男の子の母です。

今年から小学校に入学して同じ幼稚園からは1人も
同じ学校へ行く子がいず心配もありましたが
学校ではお友達もでき楽しいと言って通っています。

が…、近所に住んでる子に仲間外れにされてしまいます。

その子Aちゃん(同じクラス)とは地域の子供会も一緒で
4月から行事の度にずっと仲間はずれ的な行為が続きましたが
最近は私も息子もあまり気にせず学校では仲の良いお友達もいるので
と割り切っていたのです。

でも、今週に入りよく遊ぶ近所の男の子と帰りがけに遊ぶ話をしていたら
割って入って来て『〇〇(息子)とは遊ぶな!!〇〇は誘わないで遊ぼう』
と言われたそうです。

帰って来てから様子がおかしく何かあったのか聞きましたが
『何もない!!』と強く言われ何も言わずそれでもやはりいつもと
様子が全然違ったので夜寝る前に聞いてみるとその時のことを話してくれました。

とても悲しい思いをしたと言う息子を可哀想に思いなんとかしてあげたいと思いながらも
子供同士のことにあまり親が口をだしても良くないかなというのもあり
息子の話を聞いてあげて息子もすっきりしたようで何事も無かったように
楽しく学校に通っていたのですが、昨日の夕方に電話があり私がとると
近所の男の子で後ろでは女の子の笑い声が聞こえました。
『何かな?』と聞いてみると『明日、Aちゃんたちと一緒に遊べる?』と聞かれました。
先日、あんなことがあったけれど一緒に遊んでくれる気になってくれたのかな?と思い
息子に遊べるかって〇〇君からと電話をかわると息子は『うん。遊べるよ。…うん…うん』と
私は会話が気になったのでスピーカー機能にして聞いていると遊べるか誘い遊べるよ言うと
『あ~やっぱり遊べない。Aちゃんたちとだけで遊ぶから。じゃっ!そういうこと!! ガチャッ』
と、電話が切れました。

息子は泣きはしないもののとても悲しそうな顔になり
見ている私も辛くなりました…。

そして、遊べるか誘い遊べると答えるとやっぱり遊べないと答え
後ろではクスクス笑う声が聞こえるあの電話はとても陰湿で酷いと思いました。

今どきの1年生はこんな意地悪なことをするのかと正直かなり驚きました。

学校では仲良しのお友達もいるので気にしなければいいと思っていましたが
家の方角が一緒の子は意地悪な子で学校帰りに仲間はずれにされ
挙句に電話までしてきて人の気持ちをもてあそぶような行為に
私もそろそろ黙ってられない状態です。

このような意地悪をする子に親としてどういう対応をしたらいいのでしょうか?
Aちゃんの親に直接されてることを言うのはいき過ぎでしょうか?
先生に話してみるのもありでしょうか?

今まで(幼稚園時代)はまわりにこんな子はいなかったし
息子もお友達とも仲良く遊ぶ子で問題もなかったので
とても困惑しています…。

学校のお友達の親御さんからは会うととても仲良くしてもらってると
お礼を言われたり息子のことが好きでいつも色々話してくれると言われるので
学校での問題はなさそうなのですが、Aちゃんも同じクラスなので
このままだとクラスでも何かあるようになるのでは?という不安もあります。

何かいいアドバイスなどあればお願い致しますm(__)m

意地悪をする子の対応はどうしたらいいのでしょうか?

小1の男の子の母です。

今年から小学校に入学して同じ幼稚園からは1人も
同じ学校へ行く子がいず心配もありましたが
学校ではお友達もでき楽しいと言って通っています。

が…、近所に住んでる子に仲間外れにされてしまいます。

その子Aちゃん(同じクラス)とは地域の子供会も一緒で
4月から行事の度にずっと仲間はずれ的な行為が続きましたが
最近は私も息子もあまり気にせず学校では仲の良いお友達もいるので
と割り切っていたのです。

でも、今週に入...続きを読む

Aベストアンサー

うちの娘も1年生です。

幼稚園のような和やかな雰囲気とは違い、いろいろな所からいろいろな子供たちが来るので・・
なかにはやはり(1年生?!)と思うような陰湿な言動をする子っていますよね。

娘はとてもマイペースなので聞くと(それは明らかにいやがらせだ!)と思うような事をされていても本人は気にせずまた切り替えも早いのである意味得ですね(笑)

個人的にはやはり、先の事を考えればあまり口を出すのは好ましくないとは思いますがまだ1年生。
あまりにも酷いときは親が出てもいいのではないかと思います。

親ではなく当の本人に「あなたのしている事は意地悪だ。」と。
受話器を代わって「こんなことされたら君はどう思うの?悲しくならないかな?」と。
まずは優しくこちらが気付いている事を伝えて。

それでも気付かないようなら直接顔を見て。
それでもダメなら最後は親御さんでいいと思います。

子供同士の関係を考慮できる親御さんのように感じられました。
質問者様ならベストな関わり方で関係出来るのではないでしょうか。

Q小学生以下無料とは、小学6年生は無料ですか?

タイトルどおりなんですが
こんな事も知らなくてすみません(^_^.)
イベントのチケットなんですが
「小学生以下は無料」と書いて
あるんですが、小学6年生は無料なんですか?

私はてっきり「小学生以下無料」というのは
小学校入学していない子供までは無料だと思って
ました。
なので小学校に入学したら有料かと思って
いたんですが、友人に聞いてみても
意見は真っ二つで・・・
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

小学生以下は、小学生を、以って(もって)下がる。
小学生以上は、小学生を、以って(もって)上がる。
小学生未満は、小学生に、満たない。(小学生になっていない)

分かりやすいでしょう♪

Q朝顔の葉っぱが黄色くなるのは?

朝顔の根元(下の方から)葉っぱが黄色くなるのは、その葉っぱの寿命ですか?

何か原因がありますか?

黄色くなりかけた葉っぱや枯れかけた葉っぱは除去していまいが問題はないですか?

Aベストアンサー

葉が黄色くなる原因は勿論、寿命もありますが日光に当てすぎたり水不足や水の遣りすぎ、土が固く根詰まりしている、強い風に当てた、光不足など色々考えられます。
ただ窒素肥料が欠乏すると葉緑素が減少して光合成を行う能力が衰えて成長が悪くなり、その症状は古い組織つまり下葉から現れ黄色くなりますが、遣りすぎても葉ばかり繁ることになりますのでとりあえず液体肥料を遣ってみましょう。
勿論、黄色くなりかけた葉や枯れかけた葉は光合成が出来ないだけでなく病気の原因にも成りますのですぐ除去しましょう。
下記参考URLもご参照下さい。

参考URL:http://www.gardeningshop.co.jp/basics/ferti1.html, http://heboen.hp.infoseek.co.jp/kiso1.html

Q子供の友達の親に言ってしまいました。

子供の友達の親に言ってしまいました。
小学二年の娘の友達で1年からほぼ毎日のように遊びに来る子がいます。週二日はその子のうちで遊ぶ約束なんですが親が嫌だと言ったからと家に来ます(その子のママ曰く勝手に出て行くらしいんですが)その子のとっては都合がいい家なんでしょう。

その子がなかなか言うことを聞いてくれない子であがっちゃだめと言う日も勝手にあがってきたり、お菓子に文句付け自分の好きな物を用意してといったり、冷蔵庫を勝手に開けて棚の食べ物を取り出して食べていいと食べたりなど、ひどいときはその子が嫌いな子は家に入れるなと言う始末、うちは5時までが遊び時間と決めていたのでその子にも言っていたのですが、私は5時半までだからと何回言っても聞いてくれずそれどころか延長するように言ってきます。(最終的に追い出しましたけど・・・)

毎回だめと注意し厳しく言ったのですがなかなか帰ってくれず約束守れないなら出入り禁止にしようと考えたのですが娘が一番気に入っているお友達だったのでそれもできずどうかと迷いましたが、親に時間のことだけは手紙を書いてお願いしてみました。すると怒られたらしく時間を守ってくれるようになりました。しばらくは良かったのですが、最近まただんだんと時間がきても帰らなくなり延長をしてと毎回行ってくるのでもう聞き流して時間がきたら帰らしてました。

親に毎回言うのも嫌だし毎日そうしていたのですが、この前子供に今日は用事があるから遊べないと伝えてといった日があって娘が学校の帰りに言ったらしいのですが「私も一緒に行くから大丈夫!」と何回断ってもだめだったそうです。たまになら許せますが毎回です。

子供も少しあきれた様子でもう嫌だといっていました。でもさすがに来ないと思っていたのですが、けろっとした顔で遊びに来てました。「今日は遊べないって言ってなかった?」と聞くと「うん、聞いたけど私も一緒に行くから大丈夫」というのです。

一緒には連れて行けないので帰るよう促したのですが「何で?」と帰ってくれる様子もなく注意しても聞くどころか笑っていてうちの娘のほうがごめんなさいと泣いて私に謝っていました。たぶんなめているんだろうとも思いましたが次からは約束守るように言ってその日は公園で遊ばせるようにしました。

おかげで予定も狂ってしまいイライラしました。子供の言うことで腹を立てるのも大人げないのですが、今までのこともありどうしても我慢できず親に電話しその日のことを説明し用事があるときは来ないようにお願いしました。

ところが違う意味にとられたのかその子が親から2学期始まるまでおうちに遊びに行くのも呼ぶのも禁止にされたそうです。そこまで言ったつもりはないのですが相手もいい気がしなかったのでしょう、結果的に娘に寂しい思いをさせてしまいました。自業自得ですが我慢してれば良かったのにと反省しています。注意しても聞かない子にはどう接したらいいんでしょうか?またどう我慢してますか。

子供の友達の親に言ってしまいました。
小学二年の娘の友達で1年からほぼ毎日のように遊びに来る子がいます。週二日はその子のうちで遊ぶ約束なんですが親が嫌だと言ったからと家に来ます(その子のママ曰く勝手に出て行くらしいんですが)その子のとっては都合がいい家なんでしょう。

その子がなかなか言うことを聞いてくれない子であがっちゃだめと言う日も勝手にあがってきたり、お菓子に文句付け自分の好きな物を用意してといったり、冷蔵庫を勝手に開けて棚の食べ物を取り出して食べていいと食べたりなど、...続きを読む

Aベストアンサー

小学校2年生の男の子の母です。
似たような子が息子の友達にもいます。。

はじめのうちはその子ももう少しおとなしかったのではないですか?
遊びにいく回数が重なるにつれて?このおうちでワガママ言っても大丈夫?
と思ってしまったのでしょう。
おそらく質問者さんの家で起こっていることが親にきちんと伝わっていなかったんだと思います。
息子の友達がそうでした。

それまでは基本的に子供のことは子供同士で考えさせ、決めさせて自立心を養わせようと思っていたのですが、息子はそれが完全に裏目にでた形で大きなトラブルになってしまいました。

それ以降、私も反省し、遊ばせるときにはなるべく親同士も一緒に顔を合わせることにしました。
子供の友達と、そのママを家に一緒に呼ぶのです。
うちはマンション住まいなのですが、ドタバタとするような時は
『下の人に迷惑だからドンドンしないでね~!』と注意します。
するとだいたいの親が『こらっ○○!気をつけなさいよ~!』と怒ります。
そうして最近では価値観が合うママとは、子供だけ預かって遊ばせたりもするようになりました。

ちなみにその子は親が一緒に遊ぶ時間を作れないので、少し可哀相かもしれませんが
放課後、休日に遊ぶことを3年生になるまで禁止しました。
もちろん、学校内で遊ぶのは構わないし、私もその子に会えば普通に接します。
ちなみに3年生までと区切りをつけたのは、ある程度の分別がつくようになるまでの期間を子供に明確に説明したかったためです。
息子もさすがに懲りたようで、約束はきちんと守っています。

私がこのくらいの年齢の頃はもっと自由に遊んでいた記憶があって、
自分の息子にも同じ感覚でいたかったのですが、時代の流れでしょうかそれがとても難しいことなのだと思い知らされました。
時には娘さんに寂しい思いをさせてでも、親がトラブルを回避してあげるべきだと思います。

質問者さんは電話して正解だったと思いますよ。
相手の親もきっと今までの行動から察して厳しく言ったのではないかと推測しますが、
万が一相手が気分を害してしまっていたとしても、いっそのこときっぱり割り切ってしまいませんか?
親同士の価値観が違うのだ、と。
ここで我慢しているとそのうちもっと大きなトラブルになる可能性が高いと思います。

息子の学校では、女の子は2年生の終わり頃には仲良しグループを作りはじめ、
3年生になるとグループ同士の対立なんかもたびたび起こっているようです。
もし可能であれば、娘さんに今からでも他のお友達と仲良くするように
言葉が悪いかも知れませんが誘導してあげるのもひとつの手かとも思います。

小学校2年生の男の子の母です。
似たような子が息子の友達にもいます。。

はじめのうちはその子ももう少しおとなしかったのではないですか?
遊びにいく回数が重なるにつれて?このおうちでワガママ言っても大丈夫?
と思ってしまったのでしょう。
おそらく質問者さんの家で起こっていることが親にきちんと伝わっていなかったんだと思います。
息子の友達がそうでした。

それまでは基本的に子供のことは子供同士で考えさせ、決めさせて自立心を養わせようと思っていたのですが、息子はそれが完全に裏目にでた形で...続きを読む

Qこんにちわ、こんにちは、どっちが正しいの?

メールのやり取りで最初の挨拶に私はずっと「こんにちわ」が正しいと思って使ってきました。ところが友人たちからくるメールは全部「こんにちは」で来ます。

私はそのまま変えることはなかったのですが、あまりにも全部が全部後者でくるので、本当は私の間違い?と思い後者に改めました。
でも最近あるブログのやり取りを見ていたら全員が「こんにちわ」だったのです。
ちょっと嬉しくなり、「私、正しかった?」と自分に問いかけました。
でも本当はどちらが正しいのでしょうか。こだわる私は正確なことを知りたいのです。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

A No.6です。
質問者さまは混乱されているでしょうから整理します。
国語の決まりとしては「こんにちは」「今日は」です。
ただし最近は、「は」が助詞としての意識が薄れてきているので「わ」派が増加しています。
どちらを使っても自由ですが、「こんにちわ」を使って、人から「こんにちは」に直されることはありえます。

喋り言葉を記述した「コンニチワー」「コンチワ」「チワー」などは「わ」で表記することが一般化しています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング