半導体工場で半導体製造時に発生する汚泥(特にフッ素汚泥、有機汚泥)について処理方法をどうしているのか教えて下さい。

A 回答 (1件)

シリコンウエハの研削・研磨粉を含む排水を処理するのでしたら、ろ過方式が一般的だと思います。



参考URL:http://nmc.nikkeibp.co.jp/news3/n9594.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q流量単位 Nm3→m3換算

流量単位 Nm3からm3への換算が分からず困ってます。

例)発熱量 9700kcal/Nm3のものがあるとして、これをkcal/m3になおしますと、ボイルシャルルの法則RV/T=RV/Tにて、
  0.15*10^6*V/(273+20) = 0.1013*10^6*1/273
  v=0.725 
*圧力0.15MPa  温度20度とします。

  9700÷0.725=13379.3kcal/m3でして
  9700kcal/Nm3→13379.3kcal/m3であってますか?

Aベストアンサー

大雑把にはその理解でいいのですが、
厳密には実在ガスによるずれ、圧縮係数を考慮する必要があります。

9700kcal/Nm3というと都市ガス13A相当になりますが、
13Aの場合一般的にノルマル条件(0℃、1気圧)では圧縮係数が0.99程度になって、
ボイルシャルルの式に対して1%ほど体積が小さく(=熱量が大きく)なります。
精度をどの程度求めるかによりますが、便覧などを参考に、圧縮係数を見積もられることをお勧めします。

また普通は計測された流量(例m3/h)を温度、圧力補正をして
ノルマル流量(例Nm3/h)に換算して表示することが多いです。

Q無機汚泥と有機汚泥の区分

産業廃棄物の内、建設発生土の汚泥は有機性汚泥と無機性の汚泥に分類されていますが、発生の方法ではなく、泥そのものに含まれている物質で区別する方法。また、その基準値を調べたいのですが、どこをどう調べれば良いのか皆目検討がつきません。どなたかHPか、本の名称でもかまいませんので、御存知の方いらっしゃいませんでしょうか?

Aベストアンサー

有害・無害に関する組成基準、溶出基準はありますが、有機、無機については排出工程(消化設備)で分類されていると思うのですが

ご質問の内容が、現実に発生するものであれば発生地の所管保健所の廃棄物担当または県庁の廃棄物対策課に具体的内容をもとに照会する事をお勧めします。

私の経験では、組成基準で判断されたことはありませんでした。

Qエチレン(C2H4)m3/Hをkg/Hに換算

エチレン(C2H4)があります。エチレンは工業上極めて重要な化学物質で有名です。

圧力は1.32MPaで温度が19.5℃とします。

そこでエチレンの換算方法について教えてください。

(1)エチレンが112m3/H流れていた場合、Kg/Hに換算する方法は?

(2)エチレン1399Nm3/H流れていた場合、Kg/Hに換算する方法は?

良く分かりませんので、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ということは、
1.32MPa、19.5℃において、
1) エチレン112m³/h 流れていた場合、一時間あたりの質量 (kg/h)に換算しなさい。
2) エチレン1399Nm³/h 流れている場合に、一時間あたりの質量 (kg/h)に換算しなさい。
なお、標準時様態はSATPを使用するものとする。
 SATP:298.15 K)(10⁵ Pa)  24.8L  0.0248m³
 用語説明) Nm³(ノーマル・リューベ)標準状態(SATP)のときの体積(m³)

換算に必要な値
m³=10³L
Cの原子量 12.01
Hの原子量 1.008
0℃ = 273.15 K
エチレンの化学式:C₂H₆

です。自分で解いてみましょう。
1.32MPa 1.32×10⁶Pa
19.5℃  19.5+298.15 = 317.65 ≒ 317.7 (K)
PV/T = P'V'/T' より、V = V'(P'/P)(T/T')ですから、
モル数は、
X = V/298.15 = 112{(1.32*10⁶)/(10⁵)}(298.15/317.65)/298.15
       = (112*1.32*10⁶)/(317.65*10⁵)
       = (112*1.32*10)/317.65
それにエチレンの分子量を掛け合わせるとg数がでますから、kgになおす

2)上の逆算になります。SATPであらわされた体積ですから、そのまま0.0248で割ってモル数を出して分子量をかければよい。

ということは、
1.32MPa、19.5℃において、
1) エチレン112m³/h 流れていた場合、一時間あたりの質量 (kg/h)に換算しなさい。
2) エチレン1399Nm³/h 流れている場合に、一時間あたりの質量 (kg/h)に換算しなさい。
なお、標準時様態はSATPを使用するものとする。
 SATP:298.15 K)(10⁵ Pa)  24.8L  0.0248m³
 用語説明) Nm³(ノーマル・リューベ)標準状態(SATP)のときの体積(m³)

換算に必要な値
m³=10³L
Cの原子量 12.01
Hの原子量 1.008
0℃ = 273.15 K
エチレンの化学式:C₂H₆

です。自分で解いてみましょ...続きを読む

Q近所の工場で発生する石膏・コンクリートの粉塵がひどい!

近所の工場で発生する石膏・コンクリートの粉塵がひどく、廃棄物等の杜撰な処理が目立ちます。法的に問題ないのでしょうか?

私の自宅から50m程の所に工場が出来たのですが、そこから発生する粉塵に辟易しています。
工場の入り口から目視できるほどの白い粉塵が発生しており、私の自宅では今のところ実害はないのですが、近隣の住人からは「洗濯物が干せない」とか「家、車に粉塵が付着して汚れる」といった苦情をたまに耳にします。
何よりそんな代物の粉塵が微量でも体内に入っているかと思うと…やはり気持ちが悪くなります。
また、先日そこの工場で使用していると思われる集塵機のフィルター(と思われる大きな布製の物)を、工場の人が普通に洗濯機で洗濯して干しているのを見てしまいました。
石膏の粉などを普通に大気中に撒き散らしたり、汚水として垂れ流すのは法的に問題はないのでしょうか?
どなたか詳しい方、ご回答をお待ちしております。m(_ _)m

Aベストアンサー

市役所の環境保全課に匿名で電話すれば、その会社に調査に行ってくれ、
状況がひどければ是正勧告してもらえますよ。

粉塵に関しては大気汚染防止法?およびその県の公害防止条例に違反するか
どうかですね。(騒音防止法、振動防止法かも?)
ただこれらで規制するのは一定の大型機械を有する特定工場だけですが。

Q .01-.10ppm を g/m3 に換算

オゾン濃度 .01-.10ppm を g/m3 に換算したいのですが 教えてください。

Aベストアンサー

#2です。

温度t[℃]、圧力p[kPa]の気体とする。
温度は絶対温度に直すと、T=t+273[K]
標準状態は、0[℃]、101.3[kPa]だから、
モル体積は、

22.4×T/273×101.3/p=22.4×0.371×T/p[L/mol]

になる。
したがって、前の回答の計算の22.4の代わりにこれを使えばいいが、
結局、前の回答の結果に1/(0.371×T/p)=2.70×p/Tを掛ければいいから、

1[ppm]=0.00214×2.70×p/T
=0.00578×p/T=0.00578×p/(t+273)[g/m^3]
になる。

ちなみに、常温(20[℃])、大気圧(101.3[kPa])なら、

1[ppm]=0.0020[g/m^3]

になるので、温度や圧力がこの付近のふつうの計算では、これで換算するのが実用的だろう。

Q工場排水処理について

工場排水処理施設のプロセスが初心者でもわかりやすく書かれた(特に酸化や還元、イオンなど)本やサイトを教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

工場排水処理施設全般がわかる本はないと思います。
というのも、工場ごとに排水に含まれる処理対象成分が違うため、処理したい物質に対する処理プロセスの組み合わせとなるためです。また、濃度も工場ごとに異なり、放流基準を多少超える場合の処理方法と放流基準を大きく超える場合の処理方法が異なることもよくあります。
例えば、排水のBODが高ければ生物処理が一般的ですが、これに重金属が含まれていれば凝集沈殿を組み合わせたり、キレート吸着を組み合わせたりします。また、BODの成分によっては活性炭を使う場合もあります。では、油が含まれていれば、そのときに出てくる汚泥の処理は・・・といった具合にきりがありません。
したがって、工場排水の処理プロセスを理解したいのであれば、結局たくさんの処理技術を理解するしかありません。
酸化・還元などの基礎知識があった方がよいですが、なくても処理物質と処理方法の組み合わせがわかっていれば全体のプロセスは理解できます。

処理技術そのものの理解であれば、水処理技術絵とき基本用語(タクマ環境技術研究会)が結構評判がいいですが、質問者が理解できるかはわかりません。
 質問の主旨と違うかもしれませんが、ご参考まで。

工場排水処理施設全般がわかる本はないと思います。
というのも、工場ごとに排水に含まれる処理対象成分が違うため、処理したい物質に対する処理プロセスの組み合わせとなるためです。また、濃度も工場ごとに異なり、放流基準を多少超える場合の処理方法と放流基準を大きく超える場合の処理方法が異なることもよくあります。
例えば、排水のBODが高ければ生物処理が一般的ですが、これに重金属が含まれていれば凝集沈殿を組み合わせたり、キレート吸着を組み合わせたりします。また、BODの成分によって...続きを読む

Q濃度換算について(mg/m3→ppm)

「環境空気中のベンゼン濃度95mg/m3をppmに換算せよ。
ベンゼンの分子量は78とする。」という問題を解きたいのです。ちなみに回答は29.8ppmなのですが、換算過程を教えて下さい。

Aベストアンサー

ちょっと情報不足ではないでしょうか。
試行錯誤して一応解答の29.8ppmにたどり着きましたが。

仮定1 求めるのは質量のppmではなくて、molのppmなんでしょう。
仮定2 温度は25℃、気圧は1atm

とした上で進めます。
(1)25℃での空気1m^3に含まれる分子のmol数=(1000/22.4)×(298/273)  
∵標準状態で気体1molあたり22.4リットル、1m^3=1000リットル

(2)空気1m^3に含まれるベンゼンのmol数=0.095/78

(3)
(2式)÷(1式)=29.78×10^-6

ppmはご存知かと思いますが、parts per million、いわば百万分率です。
したがって、29.8ppm

Q食品工場の廃水処理について

 当方、食品工場の排水処理に関わっている者です。排水や河川の水質試験の指標としてBOD、COD、TODがありますが、食品工場の熱水殺菌工程直後や洗浄後の排水の水質評価はどれが適しているのでしょうか?各製造工程における水処理への負荷を測定するのが目的です。
 BODでは菌がほとんどいないため数値がでないものもあり、かといってCODでは数値の信頼性がイマイチなような気がするのです。TODはやったことがありません。
 水処理を通していない工場内排水では結構栄養成分が豊富なので、ケールダール法で全窒素を測定するのが良いのでしょうか?何かいい方法があれば教えてください。贅沢かもしれませんが既存の測定法と相関性が高い方法がよいのですが。
 よろしくご教授下さい。

Aベストアンサー

 食品工場と、排水中の成分は食品関係のものでしょう。それなら、本来は微生物が一番分解しやすいので、BODが適していると考えます。ただこのケースの場合、殺菌してあれば、BODでは正確な値はでません。
 CODでは、食品中の油やセンイは分解しにくいので、この場合は指標として適しているとは想えません。

 原理的にはTODですが、私も実際にやったことがないので、なんとも言えません。
 もしも、汚染がかなりのものならば、蒸発残留物はどうでしょうか。

 また、処理の方帆は、どうされるのですか。さらに、処理後はクローズなのでしょうか、
 あるいは排水基準まで下げて、放水されるのでしょうか。単に、排水基準に合わせるのなら、もう少し考えられそうですが。

Q電車の車両とかで聞く、2M3Tとか6M5Tって・・・?

2M3Tとか6M5Tって電車でよく聞きますが、
何の意味なんでしょうか?
MとTの意味を教えてください。

Aベストアンサー

Mはモーターで、動力のあるつまりモーター付き車両です。
Tはトレーラーで、動力の無い車両です。
2M3Tだと、5両編成のうちモーター付きが2両という事になります。
なお、McとかTcなど、小さなcが付いていると、制御車つまり運転台付き車両という事になります。

Q再処理工場の寿命

六ヶ所村の再処理工場ですが、この施設は設備の更新さえすれば半永久的に稼働可能なのでしょうか、それとも何年かで寿命になるのでしょうか。

Aベストアンサー

http://mext-atm.jst.go.jp/atomica/02020313_1.html

基本的原発に同じです


人気Q&Aランキング