痔になりやすい生活習慣とは?

歴史上人物の肖像権というものは
どのように保護されているのでしょうか?
たとえば豊臣秀吉風の格好をした役者が
テレビやCMなどでおもしろ、おかしく放映されている場合はあてはまらないのでしょうか?
その物語の作家などの著作権にふれるということで
しょうか?その作者が死後50年たっていればふれないのでしょうか?お詳しい方、おしえてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

意表をついた質問ですね。



下記のサイトから抜粋しました。
「人物の肖像権を権利として明確に定めた法律の規定は日本の法律には存在しません。民法の不法行為に関する709条などを根拠として判例上認められるようになってきたものです。
写真の著作権は原則として公表後50年で保護期間が切れますから、幕末の頃の写真であれば、既に著作権は切れていると考えられます。また、肖像権については明確な保護期間はありませんが、幕末の頃の人物であれば、これもないと考えて差し支えないと思われます。」
www002.upp.so-net.ne.jp/ysuzuki/ onepoint/backnumber/20020622.html

「人物自体は歴史上の人物であっても、絵としては昭和・平成など新しい時期に描かれた肖像画であった場合にはその書いた人の著作権が今現在も生きていることも十分に考えられるのです。」
www.solicitors1.com/publicity.html 、
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すばやい回答ありがとうございます。
たいへん勉強になりました。

お礼日時:2005/08/03 00:17

歴史上の人物の肖像権はないでしょう。


たとえば総理大臣の写真を使ったからといって肖像連を侵害したことにはなりません。
また歴史上の資料に載っているようなことについては著作権の保護の対象にはならないでしょうから、豊臣秀吉がサル顔?と小説に書かれていたからそういう感じのイメージを使ったからといっても著作権侵害にはならないでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【坂本竜馬などの歴史上の人物の肖像権は?】

題名通りでございます。

ある製品のデザインで坂本竜馬の肖像の印刷を
利用したいと考えております。
販売も検討しています。
その肖像(原画)として使用を検討しているのは、
教科書等の挿絵です。

現存しております俳優やスターの方の肖像を
スキャンするのは無論、違法であると承知しています。

しかし故人であり歴史上の偉人の場合はその肖像権は
どうなるのか、疑問に思いました。
坂本竜馬を始め、歴史上の人物の画像を
商品としてスキャンし、印刷することは違法なのでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

故人の肖像権がどうなるのか、まだはっきりとした判例はありません。

学説では故人には肖像権はない、とする説があるのですが、肖像権自体が明確な法律上の根拠がある権利でもないので、裁判所の今後の判断次第ではどのような結論が出てもおかしくはありません。

ですので、残念ながら、はっきりとした回答はできないのです。

しかし、そもそも肖像権というのは、(1)ある人のプライバシーを守る権利と、(2)ある人が自分の容姿を利用して経済活動を行う権利を定めたものです。

芸能人の写真を無断使用することが肖像権侵害だというのは、(2)の権利を侵害するからです。芸能人は容姿を売ることが商売ですから。

これを坂本竜馬について考えてみると、坂本竜馬は別に自分の容姿でお金を稼いでいたわけではありませんから、坂本竜馬の肖像を使用することにより坂本竜馬(の遺族・子孫)に何らかの損害が出るとはおもえません。

また、すでに一般的に出回っている写真を使用するのであれば、上記(1)のプライバシーの問題もないでしょう。

ということで、個人的には、肖像権侵害となる可能性はほぼない、と考えます。

以上が肖像権の話ですが、著作権についても検討します。

もし質問分の「教科書の挿絵」というのが、坂本竜馬の「写真」であるのなら、その写真を撮影した人に著作権が発生しているといえますが、著作権は旧著作権法では死後30年、現著作権法でも死後50年で消滅しますので、その写真の著作権も間違いなく消滅しています。自由に使用してかまいません。

なお、写真の所有者は著作権に関してはまったく関係ありませんので、所有者の許可などは必要ありません。著作権法46条は著作権切れの著作物とは全然関係ない条文です。

ただ、もしその「教科書の挿絵」というのが、竜馬の写真をもとに誰かが書いたイラストというのであれば話は全く変わってきます。誰かが新しく書いたイラストであれば、その人にまた著作権が発生するからです。その場合は、商品に利用すれば著作権侵害になります。

故人の肖像権がどうなるのか、まだはっきりとした判例はありません。

学説では故人には肖像権はない、とする説があるのですが、肖像権自体が明確な法律上の根拠がある権利でもないので、裁判所の今後の判断次第ではどのような結論が出てもおかしくはありません。

ですので、残念ながら、はっきりとした回答はできないのです。

しかし、そもそも肖像権というのは、(1)ある人のプライバシーを守る権利と、(2)ある人が自分の容姿を利用して経済活動を行う権利を定めたものです。

芸能人の写真を無...続きを読む

Q歴史上の人物の肖像写真の著作権(肖像権?)について

たとえば、自分のホームページに坂本竜馬の肖像写真を貼り付けようと思った場合、誰かに許可をもらうなりしなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

 ありません。教科書会社が作成した文章、および独自に作成した資料であれば、許諾を得る必要があります。

Q偉人の写真の著作権について

古い偉人に肖像権、著作権はありますか?
教科書の写真に落書きをするように、偉人(例:伊藤博文、土方歳三、沖田総司)の画像に加筆修正を加えてネット上にアップロードするのは何らかの規約に引っかかりますか?
また、そのような画像を非営利で誌面の載せたり大勢の人が見る所に置いたり、公共の電波に流したりするのは違法なことでしょうか?
著作権の問題でよく分からなかったので、教えてください。

Aベストアンサー

ご質問は写真ということなので、画像の改変とした場合に、2つの観点があります。

1.著作権: 教科書の写真を含めて、一般に写真にはある意図が反映されていれば著作権が認められることがあります。
つまり写真の撮影者に著作権が生じます。その場合撮影者の著作権は、現在は、撮影者が死去してから50年間は保護されます。それ以降は許諾無しにその写真を使えることになります。一方で、著作者人格権というのがあり、例えば、同一性保持権やその撮影者の氏名表示権などがあります。通常、人格権は死亡によって保護されなくなるのですが、著作者人格権については著作権法第60条により、生存しているとした場合と同様の権利が認められ、この保護期間は理論上は永久です。
権利とした場合に死亡した著作者の権利は遺族等に引き継がれるわけですが、場合によっては国家が引き継ぐことになります。著作権法第115条および116条が関係しています。
例えば、伊藤博文は1909年に暗殺されたとされていますが、仮に、1900年に肖像写真が撮影されたとすれば、その撮影者がその時から50年間生存し1950年に死亡したとすれば、2000年には著作権の保護期間が切れます。しかし、写真に「加筆修正」を加えるなどの著作者人格権については保護が続くと考えられます。
言わば死者の人格権を認める考え方は、文化的遺産として国家が保護するという考え方に立っています。例えば、ダビンチのモナリザに髭を書き加えて公表するなどは、人類一般からは肯定的な感情は得られないと考えられます。

2.肖像権: 肖像権は日本の法には定めがありませんが、判例で積み重ねられています。肖像権も人格権と考えられ、死亡により保護されなくなるとの考え方があります。また、肖像権には財産権の側面もありますから、時には写真が商標になる場合もあります。
一方で、被撮影者の人格権の保護については、刑法第230条(名誉棄損)の定めがあり、また、刑事訴訟法第233条に「死者の名誉を毀損した罪については、死者の親族又は子孫は、告訴をすることができる。」と定められているように、子孫であっても告訴が可能です。

ご質問の場合は、どのような態様での利用か不明ですが、以上のことを参考にされると良いのではないでしょうか。

ご質問は写真ということなので、画像の改変とした場合に、2つの観点があります。

1.著作権: 教科書の写真を含めて、一般に写真にはある意図が反映されていれば著作権が認められることがあります。
つまり写真の撮影者に著作権が生じます。その場合撮影者の著作権は、現在は、撮影者が死去してから50年間は保護されます。それ以降は許諾無しにその写真を使えることになります。一方で、著作者人格権というのがあり、例えば、同一性保持権やその撮影者の氏名表示権などがあります。通常、人格権は死亡によって...続きを読む

Q歴史上の人物の写真をHPに掲載すると著作権に違反?

歴史の教科書などによく出てくる例えば信長の写真を自分の趣味のHPに掲載すると違反になるのでしょうか?

Aベストアンサー

教科書に掲載されている写真は『他のところから掲載しても良いという「許諾」を得て使用している』ものがほとんどですから、著作権法に引っかかる可能性が高いと思われます。

Q会社名の後につくInc.とは?

こんにちは。
会社名の後につく、Inc.とは、どういう意味でしょう?会社の法的な位置付けをあらわしていると思うのですが、実際の所どうなんでしょう?1.日本語でどういう意味か、2.英語の原型はどういうかたちか。教えて下さい。


ちなみに、co.,ltd.はcompany limited か、または、cooperation limitedで、株式会社(有限責任)の意味ですよね??


回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

inc.は
incorporated の略で
「一体化した,法人組織の」の意味だそうです。
「有限責任の」の意味もあります。

映画「モンスターズ・インク」のインクもこれですね。

Q独自ドメインからどこのレンタルサーバーを使用してるか調べる方法

独自ドメイン(www.好きな名前.com等)からどこのレンタルサーバーを使用してるか調べる方法を教えて下さい。
またレンタルサーバー専用会社なのか大手プロバイダのレンタルサービスを使用してるかを調べる方法をできれば具体的に教えて下さい。

Aベストアンサー

.comや.orgなどならば http://www.whois.sc/
でドメイン名を入れて検索すると、
その結果表示の中の IP location という項目に
会社名がでます。

.jpならば コマンドプロンプトで"ping サーバ名"で
IPアドレスを取得、次に http://www.nic.ad.jp/
下部左の部分にそのIPアドレスを入れて検索すると
会社名がでます。

でドメインを入れて

Q「初め」か「始め」どちら?

「社長さまをはじめとする職員の皆様には・・・」

この文章のなかの「はじめ」を漢字にすると
「初め」でしょうか?「始め」でしょうか?

Aベストアンサー

かなりややこしい問題です。はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。(使っている言葉のあとから漢字をあてはめているのでしょうがないといえばそれまでしょうか)

大辞林では、
「はじめ 【初め/始め】
とくに漢字表記については明確化されていません。
ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。

大辞泉では、
「はじめ【始め・初め】
5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多くの中で、主となるもの。また、先に立つもの。「校長を―、教師全員」「米を―として食品の多くが」」
  …
「◆ふつう345は「初め」と書くとあります。つまり、5の文例は「初め」を慣用とするとしているようです。

岩波国語辞典では、
「はじめ【始め・初め】」としているだけで、特にどちらを(が)用いる・用いられるかは明確にしていません。ただし、副詞に限っては「初め」としています。

新明解国語辞典
「はじめ【初め】」として、末尾に「「始め」とも書く」としています。

Windows付属のIMEでは、
始め: [一般的][物事に関して][動詞的]
初め: [時間に関して][副詞的]
としています。

IMEだけは、はっきりと「校長を始めとして」と用例をあげています。しかし根拠は ? です。

漢字の由来としては、
「始」は「終わり」に対する「始め」の意味だけです。
[始皇帝、終始、始終、始末、始めは処女のごとく後には脱兎のごとく]
ま、大辞林のとおりですね。

IME他、時間的な始まりと物事の始まり、という分け方をしているものを時々みかけますが、どうでしょうか。
「並んでいる一番目」「第一の」というようにとらえれば「初め」になるようです。初恋、初陣、初夜などは時間とばかりはいえないでしょう。

少なくとも、「社長をはじめ、職員の…」であれば「はじめ」は動詞・連用形と考えられるので「始め」になります。
しかし、「社長をはじめとする職員の…」となると「ははじめ」は名詞ですから、やはり ? です。

歯切れのいい回答にならず申しわけありません。

かなりややこしい問題です。はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。(使っている言葉のあとから漢字をあてはめているのでしょうがないといえばそれまでしょうか)

大辞林では、
「はじめ 【初め/始め】
とくに漢字表記については明確化されていません。
ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。

大辞泉では、
「はじめ【始め・初め】
5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多く...続きを読む

Q昔の絵や写真の著作権

江戸時代とか昔の絵画、印刷物とかには著作権はあるのでしょうか。
音楽などは作曲者の没後50年だか70年は著作権があると聞きましたが、絵や写真は?

例えば、福澤諭吉の写真?をTシャツにして売ったら著作権法違反ですか?

Aベストアンサー

 この手の質問は過去に何度もあるようですね。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q_id=1302674

 この辺りが最も参考になるでしょうか。
 特にここで#4の方が提示している文化庁のテキストが非常に参考になります。

 さて、絵や写真の著作権について。
 古い著作権法の関係で若干の例外はありますが、著作者(絵を描いた人、写真を撮った人など)の死後50年以上経っていればほとんどの場合著作権は消滅しているので、自由に利用することができます。

 また、写真に関しては1946年以前に撮影されたものは例外なく著作権が消滅しています。したがって例に挙げられている福澤諭吉(~1901)は、本人が存命中の写真であれば著作権はすでにありませんので、Tシャツにして売っても著作権法違反に問われることはありません。

Q写真を元にしたイラストは著作権侵害になるのでしょうか?

はじめまして、趣味でイラストを描いて、Webで公開している者です。
この度、写真を参考に描いたイラストをサイトに掲載するにあたり、著作権について確認したく書き込ませて頂きました。

回答をお願いしたい点は、以下の通りです。
(1)市販の写真集の構図やポーズを参考に、トレース無しでディフォルメして描いた場合も「模写」にあたるのでしょうか?
(2)写真集(ポーズ集ではない)の写真の構図(人物のデッサンや服の皺のつき方(服や背景・人物の顔や表情は変えています))を参考にイラストを描いた場合は「著作権侵害」になるのでしょうか?
(3)「花札」や「トランプの絵札」などを模写して、イラストの背景などに使うのもやはり「著作権侵害」になるのでしょうか?

「著作権」について気になってしまったので、どうか回答の程、宜しくお願いします!

Aベストアンサー

度々投稿ですみませんがNo1llamaです。
2つの回答の補足と言うか詳しい解説と訂正をかねて
書かせていただきます。

まず著作権侵害の前提ですが親告罪であるということ、
つまり著作権を持っている人が告訴することを
前提にしてはじめて問われるものであること
著作物であるかどうかの判断は作者や権利者ではなく
第三者つまり裁判所であるということの説明が抜けて
いました。
つぎに著作物の定義ですが思想や感情を創作的に表現した
文芸、学術、美術、音楽とありますから
作品の雰囲気やペンタッチなどは含まれないようです。
しかし全体の構図と作品の内容物や文字などは注意した
ほうがいいでしょう。

つぎに新著作物というものについての説明がありません
でした。
過去に発表された著作物から影響を受け新たに創作された
ものについては新たに創作されたものの権利を新たに
創作した者が権利を持つというものです。
この視点からいえば最初の質問1と2は模倣の域を超えて
創作していればOKとなるようです。
申し訳ありませんでした。

模倣、複製については機械でコピーしようが、手で複製
しようが複製には変わらないとの判断なので、トレース
しようが、目でみて模写しようが変わらないようです。
著作物をもとに新たに創作したか、模倣して一部分
変えたのかの判断がここでは重要といえるのですが、
写真家と裁判所の判断に任せるしかないようです。
私個人の意見は写真を漫画イラストのような表現に還元
しているので影響を受けての創作ととれるのではないかと
思います。

漫画などでどこまで利用してよいか著作権について説明して
くれているサイトがありました。
参考URLとして貼っておきます。

http://www.linkclub.or.jp/~yoo/copyright/idx.html

度々投稿ですみませんがNo1llamaです。
2つの回答の補足と言うか詳しい解説と訂正をかねて
書かせていただきます。

まず著作権侵害の前提ですが親告罪であるということ、
つまり著作権を持っている人が告訴することを
前提にしてはじめて問われるものであること
著作物であるかどうかの判断は作者や権利者ではなく
第三者つまり裁判所であるということの説明が抜けて
いました。
つぎに著作物の定義ですが思想や感情を創作的に表現した
文芸、学術、美術、音楽とありますから
作品の雰囲気やペンタ...続きを読む

Q歴史上の人物の名言の著作権について

歴史上の人物の名言に対して、著作権 他の法的権利は発生するのでしょうか?
ご子孫の方なの了解が必要なのでしょうか?

例えば、坂本龍馬の名言を商品にプリントし、販売する場合はどちらかへの許可が必要なのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 名言といっても色々な種類がありますが、著作権の対象となるのは、作品として造られたものだけです。
 例えば、福澤 諭吉の「天は人の上に人を造らず」と言う言葉は、彼が「学問のすゝめ」と言う著作作品の中で使用した言葉ですので、(後述の保護期間内であれば)著作権の対象となります。
 一方、「ウィリアム・S・クラーク博士」の「少年よ大志をいだけ・ボーイズ ビー アンビシャス/Boys. be ambitious.」と言う言葉は、別れの際に言った言葉であり、作品と言うわけではないので、著作権の対象とはならないと思います。
 又、演説は作品と見なされていますので、第16代米大統領「エイブラハム・リンカーン」の「ゲティスバーグ演説」中にある「人民の人民による人民のための政治/Government of the people, by the people, for the people」と言う言葉は、(後述の保護期間内であれば)著作権の対象となると思います。
 それから、著作権には保護期間と言う、一種の有効期限があり、著作権として著作者の権利が保護されるのは、著作者の死後50年までで、それ以降は著作権は失われます。
 但し、例外的なものでは、著作者の死後に著作品の公表が行われた場合等は、著作品の公表後50年間は著作権が認められる場合のように、幾つかの例外もあるようです。

【参考URL】
 著作権・肖像権とは?
  http://mediagets.k2i.co.jp/copyright.html

 著作権 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9#.E8.91.97.E4.BD.9C.E6.A8.A9.E3.81.AE.E5.AF.BE.E8.B1.A1.E3.81.A8.E3.81.AA.E3.82.89.E3.81.AA.E3.81.84.E3.82.82.E3.81.AE

 著作権法/第四章 著作隣接権/第六節 保護期間(第百一条)
  http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html#4_6

 名言といっても色々な種類がありますが、著作権の対象となるのは、作品として造られたものだけです。
 例えば、福澤 諭吉の「天は人の上に人を造らず」と言う言葉は、彼が「学問のすゝめ」と言う著作作品の中で使用した言葉ですので、(後述の保護期間内であれば)著作権の対象となります。
 一方、「ウィリアム・S・クラーク博士」の「少年よ大志をいだけ・ボーイズ ビー アンビシャス/Boys. be ambitious.」と言う言葉は、別れの際に言った言葉であり、作品と言うわけではないので、著作権の対象とはな...続きを読む


人気Q&Aランキング