利用規約の変更について

ちょうど今、テレビで高校野球をやっております。
滋賀県(近江高校)vs神奈川県(桐光学園高校)。この暑いのにご苦労様です。

で、思ったのですが、日本の地名には後ろに「賀」のつく地名がわりとありますよね。滋賀・加賀・伊賀・甲賀・佐賀...まだありそうです。なぜ「賀」なのでしょう?「賀」とは、地名に好まれるような特別な意味を持っているのでしょうか?
地名の謂れなどにお詳しい方、よろしくお願いします。

手元の国語辞典・漢和辞典・古語辞典を引いても
『祝うこと』位の意味しか見つかりませんでした。まぁ、好字であることには違いないのですが....
http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=0271110 …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

奈良時代(和銅5・712)に「好字令(こうじれい)」という法律(というか天皇の命令みたいなもの)が出ています。



内容は、地名をめでたい漢字二文字にしなさい見たいなものです。

それ以前にも昔から地名を中国から伝わった当時としてはかっこいい漢字に置き換えられていったようです。

そのときに「か」とか「が」と言う音に対して、めでたい「賀」という字を当てたのではないかと思っています。

なお、好字令はその後も何度か出されています。

ついでに、この好字令のおかげで、地名や人名の調査をするときに、元の意味を探るのに、漢字から追えないという不便さがあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり、「賀」の法則性は特に無いのでしょうかね。(#1さんにも書きましたが、そのあと本屋で語源・地名辞典を立ち読みしてきたのでした。)
ただ万葉集では、「か」の音に「賀」の字を当てることもあったとか..(ウチにあった国語辞典)
好字令ですか。万葉集よりも前の時代ですね。万葉仮名しかない時代に地名については和語の音だけがあった状況だったのでしょうか?「せっかくだから、良い字をつけてあげよう」当時のお役人の気持ちもわかる気がします。

お礼日時:2005/08/08 01:38

こんにちは。



いろいろな説があるようですが、私が支持しているものをご紹介します。

弥生時代頃から、奈良の葛城山麓に鴨族と呼ばれる農耕集団があったそうです。やがて、鴨族はヤマト王権の支配下に組み入れられて賀茂氏(上賀茂神社を創設した氏族)を名乗るようになり、京都盆地に進出し渡来系である秦氏と婚姻関係などを結び勢力を広げたといわれています。
その賀茂氏の氏族は、東海から西に広く分布し(川に近いところが多いようなのですが)、下世話な例えで恐縮ですが、よく地方で田中だらけ村があって、川向こうの田中とか、四辻の田中などと呼び分けるのと同じように、この『どこどこ』のにあたるのが、滋・伊・甲(言葉のいわれはわかりませんが)にあたり、滋の賀茂、伊の賀茂のように、区別して呼んでいた(自称していた)のが、そのまま地名として定着したのではないか?というものです。

ご参考までに・・・(すみません、書いているうちにごちゃごちゃしてしまいました)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
こういった説は私も大好きです。
特に賀茂社の一族が全国に散っていったなんて、なんだか楽しいですね。(昔、京都の下賀茂に住んでいたことがあるので、この話はなんだかうれしい)
加藤さん・伊藤さんみたいだ。

お礼日時:2005/08/08 01:38

http://www11.ocn.ne.jp/~jin/KAGA.htm
http://www2s.biglobe.ne.jp/~kuribou/todouhukenme …
http://www5f.biglobe.ne.jp/~tsuushin/sub16.html

上のような語源説が参考になると思いますが、つまりは音に漢字を当てたのであって、「賀」に特別の意味はないようです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ふむ。
ここに出ていた敦賀・加賀の(kwa:囲まれた土地)説はちょっと魅力的だったです。
実はさっき本屋に行って語源辞典やら地名辞典やらを立ち読みしてきました。(立ち読みかよ!)
やはり、教えていただいたような土地によってのそれぞれ個別のいわれが紹介されていました。
特に法則性は無いようなのですね。

お礼日時:2005/08/08 01:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q滋賀県東部の「甲」がつく地名のなぞ

滋賀県に「甲賀市」という地名がありますね。山を越えた三重県側には「伊賀」という地名もあります。両方とも忍者の里として有名です。私見ですが「伊賀」の「伊」とは「伊勢」のことであろうと推測しますが、そうすると甲賀の「甲」とは何でしょう。
滋賀県には他に甲西という町がありました(今は合併でなくなった?)。また、地図を眺めていたら新名神高速道のPAで「甲南」というのを見つけました。これらの地名の「甲」とは「甲賀」のことなのでしょうか。だとしたらその大本である「甲賀」の「甲」は何でしょう。
普通に考えれば「甲」とは「甲斐の国(山梨県)」のことと思われますが、「甲賀」と山梨は何か関係あるのでしょうか?。
一つにヒントになるかもしれませんが、甲賀にある忍術屋敷は「甲賀忍者筆頭・望月出雲守家」のものだそうです。
http://www.teinenjidai.com/ryokou/tabi/h21/05_2/index.html
「望月」とは山梨に非常に多い姓であり、また戦国時代に武田家に仕えた人物として「望月氏」が登場します。下記サイトによると
「望月家は甲賀流の上忍53家の一つである。・・・近江の住人諏訪三郎こと甲賀三郎兼家が33年の間、地底をさまよい、蛇体となって諏訪に現れた後、諏訪に定着し、望月氏の祖となったといわれている」とのこと。
http://www.sysj.com/kansuke/kashin.html
どうも、この辺が怪しく思われるのですが、このことについて何か研究結果とか定説とか、ないものでしょうか。ご存じでしたら教えて下さい。

滋賀県に「甲賀市」という地名がありますね。山を越えた三重県側には「伊賀」という地名もあります。両方とも忍者の里として有名です。私見ですが「伊賀」の「伊」とは「伊勢」のことであろうと推測しますが、そうすると甲賀の「甲」とは何でしょう。
滋賀県には他に甲西という町がありました(今は合併でなくなった?)。また、地図を眺めていたら新名神高速道のPAで「甲南」というのを見つけました。これらの地名の「甲」とは「甲賀」のことなのでしょうか。だとしたらその大本である「甲賀」の「甲」は何でし...続きを読む

Aベストアンサー

ついでに、甲賀三郎は安寧天皇五代の孫の甲賀権守諏胤の息子で、この時点ですでに「甲賀」という地名はあり、その地に縁があるから「甲賀三郎」ではないでしょうか。
甲斐の文字は「かひ」という音が先にあって、文字を充てたと言われています。
地名というものは意外と当て字が多く、文字のない時代に地元の人が読んでいた音に似た発音の文字を当てはめたということが多い気がしており、特にその文字自体は意味がないことも少なくないと思う。
たとえば台湾に「高雄市」という都市がありますけど、由来は日本統治時代に「打狗(ターカウ)」という地名に、日本語で音の似た「たかお」という文字を充てたに過ぎず、現在では「高雄」と書いて「ゴーションorガオション」と発音しますから、本来の「ターカウ」とはこの間の推移を知らないと関連が見えずおかしなことになります。

Q奈良のナラは韓国語のナラ(国)という意味ですか?

知り合いの朝鮮人が言っていました。
『奈良のナラは韓国語のNARA(韓国語で“国”)という意味だ。
つまり、百済人が古代日本を植民地支配していた証拠だ。
倭人は百済人の奴隷だった。
韓国の学校教育で習った事実だ。』
と言っていました。


(1)奈良のナラはどういった意味ですか?

(2)百済人という人種は存在したのですか?
うろ覚えですが、昔に読んだ本で「中国の正史に百済には中国人と倭人が住んでいて、支配層は扶余族だった。」と書いていたような。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

奈良という地名は、万葉集など少なくとも1300~400年は遡れますよね。しかしその時代の朝鮮語(所謂、古代朝鮮語)は「分からない」というのが常識になっています。なぜなら、その当時の発音を記した史料が残っていないからです。
日本では、平仮名がまだ発明されていなかった時代に、本来表語文字である漢字を表音文字として使用するという、ウルトラC(万葉仮名)によって当時の発音を記録しました。幸運にもそれが現代まで残っているので、当時の発音を知ることが出来ます。
しかし、古代朝鮮語という言葉の発音は、残らなかったのかそれとも最初から記録しなかったのかは分かりませんが、現代まで残っていません。韓国の方は決まって「それは秀吉が…」と言いますが、実際のところは??です。
つまり、「なら」という言葉は、その言葉が生まれた時代の言葉で比較しないと意味がないということです。いくら現代の言葉で発音が似ているとしても、それでは後出しじゃんけんに近いもので、正しい比較方法ではありません。
ですので、控えめに言って「分からない」、先述の書き込みを参考にして普通に言うと「違う」というのが正しいかと思います。

韓国の教科書、特に歴史教育の精度はかなり怪しい部分もありますので注意してください。

奈良という地名は、万葉集など少なくとも1300~400年は遡れますよね。しかしその時代の朝鮮語(所謂、古代朝鮮語)は「分からない」というのが常識になっています。なぜなら、その当時の発音を記した史料が残っていないからです。
日本では、平仮名がまだ発明されていなかった時代に、本来表語文字である漢字を表音文字として使用するという、ウルトラC(万葉仮名)によって当時の発音を記録しました。幸運にもそれが現代まで残っているので、当時の発音を知ることが出来ます。
しかし、古代朝鮮語という言葉の...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q「パインアップル」と「パイナップル」

「パインアップル」と
「パイナップル」
どちらも聞く表示ですが
これはどちらが正しいのでしょうか?
しかも「パインアップル」
ってなんで林檎でもないのに。。。
なんてくだらないことがこんな夜中に
気になってしましました(笑)
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら
教えてください。

どっちも同じ意味ですよー。
という答えでもかまいませんので
よろしくお願いします(^-^)

Aベストアンサー

 もしかしてayu1183さんって、小さい頃「グレープフルーツって、なんでブドウに似ていないのにグレープなの?」と思ったくちですか?私はそうです(^^)。
 パイナップルは、パインアップル(Pine apple)が音便変化したものです。高校生以上ならご存知だと思いますが、特定の母音が単語の先頭にあるものは冠詞とひっつくように発音するものだとか。つまり、同じ物です。
 語源としては、酸味のある黄色い果肉がリンゴに似ていたから、松かさで覆われたリンゴという説もあります。(昔のリンゴは相当酸っぱかったんでしょうね。小さくて渋くて口がひんまがるほどだそうです。リンゴが美味しいのは圧倒的に日本だと思います。食べるときに砂糖を足さない生食が多いせいで、酸味が少なく糖度の高い果物が好まれる日本は、頑固な国粋主義者と言われても私は世界で果物が美味しい国上位じゃないかと思っています。)
 で。昔、英語では果物といえば小さくて酸っぱい果物はberry(ストロベリー・ラズベリー・クランベリー)、少し大きくて酸っぱい(・・・)果物はappleと呼びならわしたそうです。要するにこの二種類しか主な果物がなかったんでしょう。
 だから、アップルと書かれていても現在のリンゴを指すとは限らないそうです。エデンの禁断のリンゴしかり、ギリシャ神話のアンブローシア・黄金のリンゴしかり。(英語で描かれていない北欧神話のリンゴはどうなんでしょう?)
 つまり「Apple=果実」です。Pine appleは「松かさのような果物」って意味です。
 日本の松かさは小さいですが、日本の松とヨーロッパのとは品種が違うんでしょうか。気候のせいか、開くとヨーロッパ産の松かさは大人の男性の握りこぶしよりも大きなものがたくさんあるそうです。写真でしか見たことがありませんが、確かにリンゴサイズです。
 そういうわけで、答えは「松かさのような果物」を語源とし、パイナップルでもパインアップルでも同じとなります。音便変化については専門家待ち。←いいかげんなこと言ってます。(汗)

 もしかしてayu1183さんって、小さい頃「グレープフルーツって、なんでブドウに似ていないのにグレープなの?」と思ったくちですか?私はそうです(^^)。
 パイナップルは、パインアップル(Pine apple)が音便変化したものです。高校生以上ならご存知だと思いますが、特定の母音が単語の先頭にあるものは冠詞とひっつくように発音するものだとか。つまり、同じ物です。
 語源としては、酸味のある黄色い果肉がリンゴに似ていたから、松かさで覆われたリンゴという説もあります。(昔のリンゴは相当酸っぱかっ...続きを読む

Q「すいません」と「すみません」どちらが正しい?

 タイトルにあるとおり、素朴な疑問になりますが、「すいません」と「すみません」ではどちらが日本語として正しいのでしょうか。分かる方ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

もともとは「すみません」ですが、「すいません」と発音しやすく変えたものもたくさん使います。
話す時はどちらでもいいですよ。

ただ、私個人の語感で言うと、公式的な場では「すみません」の方がいいような気もします。「すいません」はちょっとくだけた感じかな。でも、これはあくまで私個人の語感。人によって、あるいは地方によっても感じ方は違うだろうと思います。

書くときはもちろん「すみません」にしましょう。

発音しやすく変化した発音の他の例としては
手術(しゅじゅつ→しじつ)
洗濯機(せんたくき→せんたっき)
などがあります。これも、話す時にはどちらでもいいです。「しじつ」「せんたっき」と書いてはいけませんが。

Q『その旨を伝え』という言葉の意味&読み方を教えて下さい・・・・。

よくみなさん、
内容を言ってから、『その旨を伝えて~して下さい』
などと、文章で書いたりしていますが、

『その旨を伝える』という言葉の意味と、読み方がわかりません・・・・。

読み方は『そのむねを伝える』でしょうか?
意味は『その内容を伝える』ということでしょうか?

一度こんな言葉を使ってみたいものです。

すみませんが宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ご理解なさっている内容で間違いありません。

が、もし言葉の読み方や意味で悩んだら、一度辞書で調べてみては、と思います。
ネット上でもyahoo辞書などがあり、十分調べられます。

「旨を伝える」ですが、「伝える」の意味はご存じのようですから、
「旨」を調べてみて下さい。ネットなら読み方が分からなくてもコピー&ペーストでいけますね。
「旨」は(述べたことの)中心や趣旨となります。
単に中心という意味もありますし、質問者様のおっしゃるように「内容」という意味もあります。

ですから、例えば電話を受けていた人が「上司にその旨を伝えます」と言っていたら、電話の相手の言っていた内容を上司に伝えるということですね。

Qゆうちょ銀行のATMは土日祝だと預け入れできないの

でしょうか?
昨日(日曜日)夜6時ごろ県内で一番でかい郵便局のATMで預金しようとしたら、引き出しはできるのに預け入れボタンがありませんでした

Aベストアンサー

ゆうちょATMの預入は(最大で)、平日が7時~21時まで、土日祝は9時~17時までです。

※上記時間は最大です。 設置場所によって、曜日によって、稼動の可否と時間帯は変わります。



コンビニATMでも、ゆうちょキャッシュカードが使え(預入・引出)、手数料(105円~210円)は掛かりますが、こちらの方は時間帯が広めです。

※月曜・・・6:30~23:55、火曜~土曜・・・0:05~23:55、日祝・・・0:05~21:00

※セブンATM、イーネットATM、ローソンATM

※ローソンATMに関しては、地域によって、月曜の開始時間と、日祝の終了時間が、変わります。

Q遺族年金:夫が65歳以上で死亡、妻の年金0円?

遺族年金についてです。妻は扶養です。夫である自分が65歳以上になってから死亡した場合、遺族年金が支給されないと聞きました。本当でしょうか?自分は厚生年金をに300ヶ月以上は納めています。夫である自分が65歳未満で死亡した場合は、妻に一生、支給されるが、65歳以上で死亡した場合は支給されないため、生活に困ったら生活保護の申請をして下さいと書いているサイトがありました。本当でしょうか?妻は扶養なため、妻の分としての国民年金は支払っていません。扶養の妻に国民年金の支払い義務があるのかも、よくわかっていなかったため、妻の分として国民年金を払ったことがありません。夫である自分が死んだとき、自分の年金が引き続き妻に支払われると思っていましたが、ネットで調査している内に、そうでない冷酷な日本の年金制度に辿り着きました。自分の扶養であるにも関わらず、年金が引き継がれず、65歳未満で自分が死亡した場合は、遺族年金として3/4が妻に一生、支給されるが、65歳以上で自分が死亡した場合、妻への支給が0円と記述されていました。本当でしょうか?先進国の日本で、こんな冷酷な制度で運営されているのでしょうか?教えて頂けませんでしょうか?妻と同じような専業主婦で国民年金を支払っていない方はたくさんいらっしゃると思います。これでは妻を扶養している夫は65歳前に死亡しないと妻が生活できないことになります。真実をお分かりの方、お手数をお掛け致しますが、どうか教えて下さいませんか。お願い致します。

遺族年金についてです。妻は扶養です。夫である自分が65歳以上になってから死亡した場合、遺族年金が支給されないと聞きました。本当でしょうか?自分は厚生年金をに300ヶ月以上は納めています。夫である自分が65歳未満で死亡した場合は、妻に一生、支給されるが、65歳以上で死亡した場合は支給されないため、生活に困ったら生活保護の申請をして下さいと書いているサイトがありました。本当でしょうか?妻は扶養なため、妻の分としての国民年金は支払っていません。扶養の妻に国民年金の支払い義務があるのかも、...続きを読む

Aベストアンサー

支払った額で年金額は変わるので詳しく知りたい場合はネットで調べた方が確実です。
googleで「専業主婦 年金 受給額」等で検索すれば出てきます。
計算なども出来ると思います。

夫が厚生年金を支払っているのであれば、妻は普通に国民年金を支払っているのと同等の権利を持っているはずです。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~runsen/knowledge/nenkin.htm

妻は専業主婦前に一度も厚生年金を支払っていないのか?
妻は学生時代などに国民年金を一度も支払っていないのか?
などでも金額が変わってきます。

取り合えず、専業主婦は夫が厚生年金を支払っているのであれば、国民年金を支払っているのと同じになるので、最低限それだけはもらえます。

夫が無くなった場合、妻本人の国民年金があるので国民年金分は最低もらえます。
妻本人の国民年金は夫が生きていようと死んでいようと関係なく年金もらえる年齢になればもらえます。
遺族年金が0円だろうと、最低国民年金は妻はもらっている事になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報