「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

フリー素材として公開されているオリジナルMP3ファイルを使いたいのですが、22.05kHz,56kbpsステレオになっています。(オリジナルのムービーのBGMに使いたい)
しかし、ムービーを作るソフトのほうで44.1kHz,48kHzのMP3にしか対応していないようです。

調べたところサンプルレートというものじゃないかと思いますが、変更はできませんか。
22.05を44.1または、48に変更する方法はありますか。
何かフリーソフトなどでできるのであれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

iTunesを起動して、ライブラリ(画面)に変換したいファイルをドラッグ&ドロップします。


編集→設定→インポートでMP3エンコーダを選択し、設定をカスタムにしてサンプルレートの所で44.100kHz、または48000kHzを選択してください。
設定したらライブラリ(画面)の変換したいファイルを右クリックして、選択項目をMP3に変換を選びます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。自分の持ってるソフトでできたなんて、気がつきませんでした。
みごとに変換できました。とても簡単でびっくりです。

お礼日時:2005/08/16 21:49

エラーもありますが『ぷっちでここ』というソフトを使うのが楽かと思います。

あくまでも個人的な意見ですが;
下記urlの「ぷっちでここ」というところからダウンロードできます。

参考URL:http://hp.vector.co.jp/authors/VA021735/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ダウンロードしてみました。mp3に変換というのを選んで、(もとのファイルもmp3なんですが)設定のほうを
Fraunhoferコーデックを使うにすると、24000Hzまでしか設定がありません。
また、下のほうのLame32コーデックを使うにして、設定をターゲットサンプルレートを44.1kHzにしてみましたが、やはり22.05kHzのままでした。

何か使い方が間違ってるのでしょうか。
22.05kHzから44.01kHzに変換する方法はどうしたらいいのでしょう。

お礼日時:2005/08/16 18:34

OSが対応しているならiTunesはどうでしょうか?


http://www.apple.com/jp/itunes/download/

他にもMP3変換に特化した、CDexというフリーソフトもあります。
http://www1.plala.or.jp/tsoma/mp3.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。iTunesは持っているのですが、サンプリングレートの変更をどのようにすればできるのかがわかりません。
教えていただけるとうれしいのですが。

お礼日時:2005/08/16 18:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサンプリング周波数を調べたい

mp3形式ファイルのサンプリング周波数を調べられるソフトってないですか?
できればフリーソフトであればありがたいんですが。
また、mp3形式ファイルのサンプリング周波数って変更できるものなんでしょうか?

Aベストアンサー

M3U List Maker http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se185526.html
こちらのソフトで開くと、ファイルの詳細が表計算ソフトのような形で見ることができます。
デフォルトではサンプリングレートは表示されていませんが、
表示>カラム>サンプリングレート
で表示できるようになります。

再エンコードは
Lame Ivy Frontend Encoder
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se233905.html
Rip!AudiCO FREE
http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se202196.html
あたりでどうぞ。

Qmp3→mp3へのビットレート変換

mp3→mp3変換についての質問。Windows media player(ver11)で取り込んだmp3(320kbps)をmp3(192kbps)に変換したいのですが簡単な方法はありますか?デスクトップから携帯用プレーヤーにコピーしたいのですが携帯用が容量2Gしかないんです。デスクトップはXP、プレーヤーはiriver・E30を使用。いつもmedia playerの「同期」を使ってコピーしていますが別のソフト使わないと無理でしょうか?詳しい方いますか?

Aベストアンサー

iriverのもっと古い機種を使ってます。

その機種は、WMAにも対応してますよね。
WMP11には、同期の際にファイルを指定ビットレートのWMA形式に自動変換して機器に送る機能があるので、それを使うのが普通です。
機器を接続した状態でWMP11の左側ツリーで機器を選び、右クリックで詳細オプションを選びます。品質タブの所に、自動変換の設定があるはずです。
この方法なら、PCには高品質なファイルを残しつつ、機器には小容量のファイルを送れます。ただし、同期に掛かる時間がやや長くなるかも。
尚、当方はWMP11は嫌いなので、MusicBeeやMediaMonkey有料版にてFLAC、高ビットレートOggVorbisやMP3を192kbpsのMP3に自動変換して同期してます。

変換ツールで元ファイルを変換してもいいですが、その場合はタグ(楽曲情報)の取り扱いに注意。

・タグを引き継ぐ機能がないものは避ける(えこでこツールとか)
・海外製だとWMP11が作ったMP3の日本語タグ(シフトJISコード)が文字化けして扱えないものも一部あるので避ける(fre:acとか)
・MP3にID3v2.4タグを付けるものは避ける(WindowsのプロパティやWMP11はID3v2.4タグには非対応で読めない)

当方が使ってるのはdBpowerampMusicConverterやXrecodeIIですが、やや中上級者向けなので・・・。初心者向けはよく知りません。
音楽管理にWMP11でなくMusicBeeやMediaMonkey有料版を使えば、上記の自動変換同期や手動のファイル変換も出来るので、何も苦労はないのですけどね。

iriverのもっと古い機種を使ってます。

その機種は、WMAにも対応してますよね。
WMP11には、同期の際にファイルを指定ビットレートのWMA形式に自動変換して機器に送る機能があるので、それを使うのが普通です。
機器を接続した状態でWMP11の左側ツリーで機器を選び、右クリックで詳細オプションを選びます。品質タブの所に、自動変換の設定があるはずです。
この方法なら、PCには高品質なファイルを残しつつ、機器には小容量のファイルを送れます。ただし、同期に掛かる時間がやや長くなるかも。
尚、当方はWMP11...続きを読む

QiTunesの設定について質問です。

こんばんは。

ちょっと多めに質問させていただきます。appleHPで、検索しましたが、見つからなかったため投稿します。

(1)サンプルレートは44.1kHzと48kHzがありますが、どちらがどっち(いわゆる音質の差)ってわかりますか?
また48kHzに変えた場合、音質はかなりあがるのでしょうか?

(2)ビット数とありますが、8ビットと16ビットでは、何が違うのでしょうか?どちらがよいのかもわかりません。

(3)今はAAC128で聞いていますが、みなさんは、どのビットレートでお聞きになられてますか?また、AAC128は何がいけないのかもよろしくお願いします。
参考にさせて頂きます。

mなさん、どうぞよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

(1) iTunesの設定に関する限り、44.1kHzで問題ありません。CDは、もともと44.1kHzに設定されています。48kHzでサンプリングし直しても、CDに入っている以上の情報がどこかから湧いてくるわけではありません。以前、Macユーザ向け雑誌に「48kHzにし直すと音質が向上した云々」の記事がありましたが、多分に気分の問題かと思います。仮に音質が向上するとしても、AACやMP3にするなら、ビットレートを上げた方が効果は顕著です。したがって、いずれにせよ意味はありません。

(もっとも、これが生音をマイクで拾って録音する段階なら、情報量が多いに越したことはないので、48kHzを選択するべきです。)

(2) ビット数というのは、1サンプルを何分割するかという数値です。より具体的にいえば、サンプリングレートは1秒間を時間方向に何等分するか、ビット数はその1サンプルを縦に何等分するかという話です。

たとえば、方眼紙を思い浮かべて下さい、ここに、適当に波線を描きます。すると、縦横一意のマス目に線が通ります。このマス目を黒く塗りつぶすと、ギザギザの線ができ上がります。これがデジタルで表現した音声情報です。このとき、横の位置を決めるのがサンプリングレート、縦の位置を決めるのがビット数です。

したがって、8bitより16bitの方が、縦方向の細かさが倍になりますから、それだけ多くの情報を記録でき、より元の滑らかな波線に忠実になります。つまり、単純にいえば、8bitより16bitの方が、2倍、音が良いということになります。

CDのビット数は16です。したがって、通常は16bitを選択するべきです。

(3) 私の場合、AACよりMP3を好みますが、ビットレートはVBRで平均210kbpsくらいのようです(したがって、CBRとの単純比較はできませんが)。

128kbpsのAACが良くないと言われる理由は、単純に、聴いたとき、音が悪いと感じられるからでしょう。そして、実際、192kbpsや256kbpsくらいになると、明らかに音質に差が生じます。これはMP3でも同様です。

なお、CDのサンプリングレートは44.1kHz、ビット数が16、ステレオで2ch分ですから、bpsで表せば、44100 x 16 x 2 = 1411200bps (1411kbps) ということになります。

したがって、128kbpsのAACは、実に11倍の圧縮(もとい情報の切り捨て)を行っているのに対し、256kbpsでは5倍強ということになり、情報量の欠損が半分ですむということです。それゆえ、音質も元のCDにより近くなります。

もっとも、AACもMP3も、それぞれのアルゴリズムで切り捨てる情報を最適化しているので、128kbpsのAACやMP3が、単純にCDより10倍も音が悪い、ということはありません。音楽の録音・再生に耐えるだけの音質は維持しています。

また、音の感じ方は人それぞれ、また周囲の環境にも左右されますから、最適なビットレートというのも人によって異なります。128kbpsでも、もちろん構いません。いろいろ試してみて、最適な値を見つけるのが良いでしょう。

(1) iTunesの設定に関する限り、44.1kHzで問題ありません。CDは、もともと44.1kHzに設定されています。48kHzでサンプリングし直しても、CDに入っている以上の情報がどこかから湧いてくるわけではありません。以前、Macユーザ向け雑誌に「48kHzにし直すと音質が向上した云々」の記事がありましたが、多分に気分の問題かと思います。仮に音質が向上するとしても、AACやMP3にするなら、ビットレートを上げた方が効果は顕著です。したがって、いずれにせよ意味はありません。

(もっとも、これが生音をマイクで拾っ...続きを読む

QMP3のサンプリング周波数の変換方法

8KHzから44.1KHzに変換して、ウインドウズ・ムービーメーカーに使いたいのです。教えてください。

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2455875.html

QMP3のビットレート変更(下げる場合)による音質。変更ソフトについて

PCにMP3の256kbpsで曲を取り込んでいて、
そのビットレートを変換ソフトで256kbpsから192kbpsに変更するとします。
192kbpsに変更後の音質は最初からPCに192kbpsで取り込んだときの音質より劣るのですか?

また、ビットレートの変更ソフトがあるようですが、iTunesやWMP10で変更する機能は無いのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

音質はすでに回答されてるとおりです。

iTunesでMP3→MP3の変換は可能です。
itunesを起動して
「編集」→「設定」→「インポート」
画面で インポート方法:MP3
     設定 :(高音質)192kbps

上記を確認して OK をクリック

次に、ライブラリーで変換したい曲を右クリック(複数の曲も可能)
「選択項目をMP3に変換」をクリックすると変換が開始されます。
256kbpsの曲と192kbpsの2つの曲がライブラリーに登録されます。

QMP3やwav、WMAの違いは?

MP3形式やWMA形式やWAV形式など、色々ありますが、どう違うのでしょうか?
なぜ、こんなに複雑にするのでしょうか?

Aベストアンサー

Wav:無圧縮の音楽データ。音楽CDはこれで記録されている。
容量が大きく、CD1枚あたり=約1時間で600MBにもなる。
データの劣化はない。

MP3;音楽の圧縮形式の1つ。MPEG規格の中の音声圧縮形式の1つ。
Wavに比べデータが劣化している。しかしよほど耳がいいとか、よい再生装置を使っているとかでない限り、差はわからない。
CD1枚あたり、Wavに比べて約10分の1の60MBに圧縮できる。(設定によって異なる)
AVI系動画の音声部分として使われていることもある。
対応している機器が多いので利用しやすい。

WMA:音楽の圧縮形式の1つ。MicroSoftが作成した形式。WMVの音声部分にも使われている。
MP3より高音質とされる。MP3と同じようにデータは劣化する。
MP3と同様に、設定によるがWavを10分の1程度くらいに圧縮できる。
MP3ほどではないが対応している機器もあるので、利用しやすい。

ほかにもいろいろな音楽の圧縮形式がありますが、それぞれ圧縮率や音質に差があるという違いがあります。
こんなにたくさんあるのは、これで1発当てようとする会社がいろいろ開発していたり、
より高音質で、かつ高圧縮に圧縮できるようにいろいろ改良され足りしているからです。

つまりWavは音楽CDのデータそのものですが、データが大きすぎ利用しくいのです。
たとえばメモリカードを使ったプレイヤーでは、512MBのメモリカードを用意してもCD1枚分も入りません。
しかしMP3やWMAにすると、8枚分くらいは入ってしまいます。
また音楽をネット配信するにも、容量が大幅に少なくできるこれらの圧縮形式は有用です。

Wav:無圧縮の音楽データ。音楽CDはこれで記録されている。
容量が大きく、CD1枚あたり=約1時間で600MBにもなる。
データの劣化はない。

MP3;音楽の圧縮形式の1つ。MPEG規格の中の音声圧縮形式の1つ。
Wavに比べデータが劣化している。しかしよほど耳がいいとか、よい再生装置を使っているとかでない限り、差はわからない。
CD1枚あたり、Wavに比べて約10分の1の60MBに圧縮できる。(設定によって異なる)
AVI系動画の音声部分として使われていることもある。
対応している機器が多いので利用しやすい。

...続きを読む

QMP3のリサンプリングをするソフトを教えてください

MP3のリサンプリングをしてくれるソフトを教えてください。
MP3→WAV→MP3というのはいくらでも見つかります。またMP3→MP3のビットレートの変換もいくつか見つかりましたが。サンプリング周波数を変換してくれる物が見つかりません。
ご存知であれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

■RipaudiCO【Free版】
http://pino.to/audico/download.htm
mp3の音質変換機能が付いています。

Q音声録音再生時のサンプルレートとビットって?

今晩は、
音楽制作時に生楽器などの録音で質の良い音楽が出来ないかと奮闘していますが今一サンプルレートとビット数と言うのが理解出来ないでいます。
使っているオーディオカードが44.1kHzと48kHzに対応しているのでシークエンサーでどっちかを選べる様になっています。当然48kHzの方が音質が良いと思うのですがそれだとCDに書き出すのが出来ないと聞きました。もっと高価なカードだと96kHzの録音も可能だそうですがCDに書き出すのは(焼き付けるのは)16bit、44.1kHzと決まっているそうなので96kHzなんてどういう場合に使うのでしょうか?
又bit数とサンプルレートではbit数の方が音質向上にはより関係していてサンプルレートは44.1kHzでも48kHzでも余り変わらないなどとの話しも聞きました。
益々良く分かりません。音楽シークエンサーを使うとソフトサンプラーなどで音楽ファイルを書き出す場合基本設定が44.1kHzになっている場合は48kHzでファイルを書き出すと音質が良くなる様ですがテンポがずれてしまいます。(長くなる?)
 今の所分かっている結論としては44.1kHzで統一して制作をすれば大丈夫なのですが・・・。48kHzで録音可能だったらそれを使ってCD焼き付けまで出来ないかと思って方法を探している所です。理解不足の為質問が的を得ていないとは思いますがどなたか知っている方いらしたら教えて下さい。
宜しくお願い致します。

今晩は、
音楽制作時に生楽器などの録音で質の良い音楽が出来ないかと奮闘していますが今一サンプルレートとビット数と言うのが理解出来ないでいます。
使っているオーディオカードが44.1kHzと48kHzに対応しているのでシークエンサーでどっちかを選べる様になっています。当然48kHzの方が音質が良いと思うのですがそれだとCDに書き出すのが出来ないと聞きました。もっと高価なカードだと96kHzの録音も可能だそうですがCDに書き出すのは(焼き付けるのは)16bit、44.1kHzと決まっているそうなので96kHzなんてどう...続きを読む

Aベストアンサー

参考URLにご質問されていることに対する詳しい回答があります.

簡単にいうとサンプルレートが時間的な細かさ,ビット数が音量の細かさを表す指標です.質問中にある「テンポがずれてしまいます。(長くなる?) 」というのは,出力時のサンプルレートと入力時のサンプルレートが一致しないため,時間的な面で適切ではない再生となっていることが原因です.

実際には単純に計算することはできませんが,サンプリングレートが44.1kHz→48kHzになったとしても1割程度精度が上昇したに過ぎませんが,8bit→16bitだと10割,精度が上昇したことになります.

また,CDは一般的に44.1kZh,16ビットのステレオの音声を再生するような規格になっておりますので,それ以外の焼きつけ方法では,再生できないということになりますので,この規格以外での録音は無駄だということになります.

参考URL:http://deztec.jp/site/tips/comp/c0060.html

Qサウンドカード上でサンプリングレートを上げる意味はありますか?

PCで音楽を聴いています。foobar2000にて再生、
サウンドカードは ONKYO SE-90PCI
そこからRCAでDENON PMA-2000に繋いでいます。
スピーカーはDENON USC-MA3…

なのですが、ここでSE-90PCIのドライバインストール時にVIA Vinyl Audio Control Panel(以下VIA) というものがインストールされてますが、
その拡張設定という項目でサンプリングレート選択というものがあります。

試しに192KHzを選択してfoobar2000で再生しますと音割れが…
音楽データは44100Hzで再生されてますが、VIA上では192000Hzと表示されてます。

音割れの原因も知りたいわけですが、この上記のようにアップサンプリング(のような?)ことをすることで音質等上がっているのでしょうか?

(ちなみに、音割れは96KHzで再生すると別にないようです。)

Aベストアンサー

元データが44.1kHzだと、サウンドカード側の周波数設定をいくら上げても音質は良くなりません。むしろデジタル出力の場合、周波数変換は音質を劣化させます。

元が48kHzだと、96kHzや192kHzは整数倍なので、ロスレスで変換できるため悪影響はありません。48を96にするには、同じデータを2個並べて半分の時間(2倍の周波数)で送出するだけでできますし、192なら4個並べて4倍の周波数で送出すればOKです。乱暴に書くと、次の例のような感じで。

48kHz
1234 1234

96kHz
11223344 11223344

192kHz
1111222233334444 1111222233334444

ところが、44.1kHzのものを96や192kHzにするには、整数倍ではないので変換時に端数ができます。例えば44.1を96にするには、44.1/96=2.1768...という端数ができます。ところが、デジタルでは端数は表現できませんので、とりあえず2と言うことにしておき、端数がたまって1以上になったところで加えることになります。つまり、変換誤差ができるわけで、これが音質劣化につながります。

44.1kHz
1234 1234

96kHz
112233444 112233444 <--4のところで帳尻を合わせている

実際には誤差を分散させるので、こんなにはっきりしませんが、いずれにせよ誤差ができることは避けられません。その意味では、44.1を48にする場合が最悪です。誤差を分散できる余地が少ないですからね。

これと192kHzでの音割れは多分関係ないと思いますが(原因はよく判りません)、どのみち劣化しているので、44.1kHzのデータを再生する場合、44.1以外に設定する意味はありません。

アップサンプリング(オーバーサンプリング)は、デジタルアナログ変換での常套手段ですけど、必ず整数倍(それも2のべき乗:2,4,8,16...)にします。さもないと、上記の理由で復元時に誤差ができ、かえって結果が悪くなるためです。

元データが44.1kHzだと、サウンドカード側の周波数設定をいくら上げても音質は良くなりません。むしろデジタル出力の場合、周波数変換は音質を劣化させます。

元が48kHzだと、96kHzや192kHzは整数倍なので、ロスレスで変換できるため悪影響はありません。48を96にするには、同じデータを2個並べて半分の時間(2倍の周波数)で送出するだけでできますし、192なら4個並べて4倍の周波数で送出すればOKです。乱暴に書くと、次の例のような感じで。

48kHz
1234 1234

96kHz
11223344 11223344

192kHz
111...続きを読む

Q●MP3ファイルの容量を小さくするには?

MP3ファイルの容量を小さくするにはどのようにすればよいのでしょうか?

同じ30分ぐらいのMP3形式の音声ファイルでも5MBぐらいのものや、30MBぐらいのものまでありますが、どうやって小さくしているのでしょうか?

●そういうソフトがあるのであれば、お薦めのものをお教えください。m( _ _ )m

●30分モノの音声で、10MB以下ぐらいにしたいのです。

MP3からウエーブファイルに変換するソフトはありますので、ウエーブファイルから元のMP3より小さくできればそれでもOKです。

●音楽ではなく「音声」ですので、音質は劣化してもあまり問題ではありません。

どなたかよろしくお願いいたします。m( _ _ )m

Aベストアンサー

ビットレートの問題です。

素の音(WAVE0)では1分10MBが目安です。30分で300MBですね。

標準的なmp3 128kbpsでは1分1MBが目安です。30分で30MBですね。

後はこれを目安にビットレートを落として下さい。

音質をよくする(ビットレートを上げる)と
ファイル容量は比例して大きくなりますが、
ビットレートを下げた場合は比例になるのか試したことがありません。

とりあえず目的の計算ですとビットレートは48kbps以下となります。

変換ソフトは2、3ありますが、
ビットレート変換できるものとなるとRipAudioCoになるでしょう。


人気Q&Aランキング