血清アルブミンについて、タンパク質の点から、詳しく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

アルブミンとは水に易溶で加熱により凝固するタンパク質に与えられた名称です。


血清アルブミン(分子量約45000)は血清蛋白の大半を占め、浸透圧を維持するという重要な役割があります。そして水に不溶性の物質、例えばビリルビンや脂肪酸などと結合してそれらの運搬作用を担っています。

ヒトでは肝で合成されるので、低アルブミン血症が起きている時、肝障害以外の原因(栄養不良時、蛋白異化亢進時、ネフローゼ症候群、血液希釈時など)を除外できる場合には、肝機能障害を知る良い指標の一つです。
ただしアルブミンの半減期は約2週間なので急性肝障害時(例えば劇症肝炎)の意義は少なく、慢性肝障害、例えば肝硬変の重傷度判定には有用です。正常値は4.5-5.5g/dlです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。ユーザー名を忘れてしまって、お礼が遅くなって、すみません。

お礼日時:2001/11/03 13:03

以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?


さらにTOPページで「アルブミン」と入れて検索するといくつかHitしますので参考にしてください。

さらに、少し質問の趣旨から外れますが・・・?
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(アルブミン)
http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
(血清蛋白電気泳動)

もう少し具体的に補足お願いします。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=78581
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脈圧の正常値について

脈圧の正常値について質問いたします。

 ”脈圧は成人の正常値で50、高齢者で30~40”
 と聞いたことがあるのですが、
 上記を裏付ける文献がありましたら教えてください。

お忙しいところ申しわけありませんが、どうぞよろしくお願いします

Aベストアンサー

脈圧 正常値  で検索すると・・・こんな感じですかね

http://www.ihealth.co.jp/main/illness/himan/02.html
http://www.okigusuri.co.jp/service/disease.html

Qタンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

膜タンパク質の性質や特徴は図書館で調べたら出てきたんですが
可溶性タンパク質の方は調べても出てきませんでした。
なので、水溶性タンパク質の性質や特徴を教えて頂きたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

大きく分けてと言いますが、別にそういう分け方は一般的ではないと思います。

まず、「水溶性タンパク質」という言い方は、タンパク質の化学的性質に着目した分類で
「膜タンパク質」はタンパク質が存在するところに着目した分類で、
共通の側面から行なった分類の方法では無いということをきちんと理解するべきです。

ただ、細胞膜は「油」で出来ているので、そこに局在しているタンパク質は「水に溶けない」性質のものが
多くあるので、膜タンパク質と言えば、何となく脂溶性(水溶性でない)タンパク質かな?と
玄人は連想できますが。

で、「膜タンパク質」は、そのタンパク質が機能する場所である膜に存在するタンパク質の総称なので、
調べると「膜でどのような機能を持っているタンパク質たちである」と本に書いてあると思いますが、
一方の「水溶性タンパク質」は化学的な性質を言ったものたので、どのようなタンパク質がと言われても
「水に溶ける」くらいしか共通点は挙げれません。
(っていうか水溶性と言っている時点でそれはわかることなので、いちいち解説する必要ないでしょ?)

つまり、何が言いたいかというと、
そういう分類は一般的じゃなく、もし、「膜タンパク質と水溶性タンパク質」に分ける人がいるとして、
その「水溶性タンパク質」と言っている人が、ある程度何かを想定して言っているはずだということです。

なので、その人に「何のことを指しているのか?」って聞くしかわからないのと、あとは
No1様のおっしゃるように自分で決めて調べるしか無いと思います。

>タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

大きく分けてと言いますが、別にそういう分け方は一般的ではないと思います。

まず、「水溶性タンパク質」という言い方は、タンパク質の化学的性質に着目した分類で
「膜タンパク質」はタンパク質が存在するところに着目した分類で、
共通の側面から行なった分類の方法では無いということをきちんと理解するべきです。

ただ、細胞膜は「油」で出来ているので、そこに局在しているタンパク質は「水に溶けない」性質のものが
多くある...続きを読む

Q血圧の正常値は?

私は70歳の男性です。
昔、正常値は年齢+90だと教わりました。
渡しの場合は160が正常値だと判断して良いのでしょうか?

Aベストアンサー

高齢者の最高血圧について

『年齢プラス90』は甚だしい誤りです。
血圧値は血管の弾力性を示す目安です。
昔は脳卒中症(脳の動脈血栓、破裂)で倒れる人が多く、的確な治療法も未発達でした。今日では治療法も進み、血圧に関する医学は格段に進歩し、予防上の注意事項も常識となってきています。

年齢にかかわらず最高値130以上・最低値90以上なら高血圧とされます。
私(73歳)は、150以上だと要警戒、170以上なら危険注意、時には要安静。常に150を超えるようだと要診療と考えています。
血管は年齢と共に硬化し、高くなる傾向にありますが、何らかの病気を反映していることも少なくありません。単なる疲労や運動直後、環境変化なども血圧上昇要因ですが、糖尿病や腎不全その他深刻な病気が潜んでいる可能性もあります。

血圧計を常備して、毎朝起床後の安静時に、また、排便の前後や気分が悪くなった時など適時に測定し、ご自身の生活状態、季節ごとの体調変化など、節目節目の血圧変化も把握しておきましょう。

測定時は安静にして、深呼吸して計ると安定な血圧値が得られます。また、1回だけの測定では高く出すぎる傾向があります。同じ状態で2回測定すると良いと思います。

高齢者の最高血圧について

『年齢プラス90』は甚だしい誤りです。
血圧値は血管の弾力性を示す目安です。
昔は脳卒中症(脳の動脈血栓、破裂)で倒れる人が多く、的確な治療法も未発達でした。今日では治療法も進み、血圧に関する医学は格段に進歩し、予防上の注意事項も常識となってきています。

年齢にかかわらず最高値130以上・最低値90以上なら高血圧とされます。
私(73歳)は、150以上だと要警戒、170以上なら危険注意、時には要安静。常に150を超えるようだと要診療と考えています。
...続きを読む

Q遺伝子側とタンパク質側、双方からのタンパク質の構造決定について、抗原抗体反応を利用した分析方法について

テストで次の内容が出たのですが、答えられませんでした。気になって夜も眠れません。回答お願いします。

問)現在では、誰でもWeb上から各種データベースにアクセスしてタンパク質をコードする遺伝子の塩基配列を基にしたタンパク質の一次構造を比較的容易に推定できる。しかしながら、タンパク質そのものを生体から単離して構造決定することは非常に重要である。なぜ、遺伝子側だけでなく、タンパク質側からも構造決定する必要があるのか?理由を述べなさい。

問)抗原抗体反応を利用した様々な分析は、生命科学研究で欠くことができないほど重要である。抗体を利用した分析方法を挙げ、原理を簡単に説明しなさい。

Aベストアンサー

問1についてだけ(問2はNo.2の回答でOKです)。

1) 塩基配列情報では、ゲノムDNAならゲノムにそのような配列があること、あるいはcDNAならそういうRNAが細胞内にあることはわかりますが、それがほんとにタンパクに翻訳されているかどうかは実は不明です。配列の都合で偽遺伝子化している場合もありますし、mRNAは多くの細胞で発現しているが、それがペプチドにまで翻訳されるのは特定の細胞だけ、などという例もあります。塩基配列情報はあくまでも予測にすぎません。

2) ペプチドが翻訳されていたとしても、それがそのまま細胞内で機能しているとは限りません。いわゆるタンパクの翻訳後修飾を受けている可能性があります。たとえば、mRNAからペプチドがつくられた状態ではそれは前駆体ペプチドであり、その一部がちょん切れてはじめて生理的な活性のあるペプチドになる例、糖やそのほかの物質が結合してはじめて活性が出る場合もあります。こういった翻訳後の変化も塩基配列からある程度までは予測できますが、実際に調べないとはっきりしたことはいえません。No.1の回答のグレリン(ghrelin)の苦労話もこの典型的な例です。

問1についてだけ(問2はNo.2の回答でOKです)。

1) 塩基配列情報では、ゲノムDNAならゲノムにそのような配列があること、あるいはcDNAならそういうRNAが細胞内にあることはわかりますが、それがほんとにタンパクに翻訳されているかどうかは実は不明です。配列の都合で偽遺伝子化している場合もありますし、mRNAは多くの細胞で発現しているが、それがペプチドにまで翻訳されるのは特定の細胞だけ、などという例もあります。塩基配列情報はあくまでも予測にすぎません。

2) ペプチドが翻訳されていたとしても...続きを読む

Q肝機能の正常値について

23歳男性です。ここ数週間前血液検査をしたところ、肝機能の数値が56でした。これって正常値より高いですか? もし高かったら正常値に戻すにはどうすればよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

あのー肝機能検査と言ってもいろいろあったりします。
検査項目は?

GOT か GPT という名の検査項目なら正常値(参考値)は
GOTが 10-30
GPTが  0-35
となります。40以下という場合もあり。

データ的なこと、考えられること、日常生活行動での注意などは
http://www.med.or.jp/forest/check/k_menu.html
(もっと詳しく  までクリック)
又は
http://www.newton-doctor.com/kensa/kensa02a.html
あたりが参考になるかと思います。

参考URL:http://www.med.or.jp/forest/check/k_menu.html

Qあるタンパク質が結合する他のタンパク質の同定法

生物学をかじっている者です。分子生物学の実験で、あるタンパク質の機能を調べる際、それが他のどのタンパク質と結合するのかを調べる一般的なやり方が知りたいです。
私は、Far western blotting、免疫沈降、アフィニティークロマトグラフィーといった専門用語を単語としては知っている、個々の意味を調べれば理解出来る、というレベルなのですが、そういった手法を行う具体的な順番や、どういった手法がメジャーなのかがよくわかりません。大雑把でいいので教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

順番は場合によって異なると思います。
最初に、酵母Two-hybridで相互作用する因子をスクリーニングし、次に、プルダウンアッセイで相互作用を検討するといった感じで行うことが多いと思います。
また、目的タンパク質が組換えタンパク質、もしくはタグ融合組換えタンパク質として得られており、nativeで認識できる抗体があるのなら、免疫共沈殿もしくは免疫アフィニティクロマトグラフィで候補因子を精製し、SDS-PAGE後、目的バンドを切り出して、LC-MS/MS等の質量分析に供するという方法もあります。
BIACOREを使う方法もありますが、機械がないとできないので一般的ではありません。

Q麻酔時のバイタルサインの正常値

私は来週、某急性期病院の手術室実習に行きます。
事前学習として、観察するポイントを学んでおきたいのですが
『麻酔時のバイタルサインの正常値・気管内挿入時の酸素濃度の正常値』がどうしても分かりません。
図書の文献やネットに情報がないので、先輩方から伺いたいと思い質問をさせていただきました。
ご回答いただけると幸いです。

Aベストアンサー

はじめまして。学ぼうとする姿勢はすばらしいですね。

『麻酔時のバイタルサインの正常値・気管内挿入時の酸素濃度の正常値』についてですが、そのようなものはないですよ。麻酔をしている、という時点で異常な状態なのですから正常値などというものはありません。麻酔の深度が深くなれば当然呼吸は止まるし意識は落ちるし、浅くなれば意識レベルは上がってくるし呼吸回数や血圧も上昇します。気管内挿管時の酸素濃度にしても、自発呼吸がなければどんどん下がるし、100%O2を吸入して人工呼吸で換気をしていれば普通は100%になりますよね。つまり、その状況状況に応じて妥当であるべき値は変わる、ということです。逆に、そのようなデータを参考に麻酔深度の調節をしたりするわけです。

臨床の場で大事なことは数字が刻々と変わる病状の中でその値が妥当であるのかどうかを判断することです。もちろん、そのためにある程度の数字が覚えなくてはならないのですが。

がんばってくださいね。

QBSA(牛血清アルブミン)溶液を作るとき、溶液をろ過するのに使うフィルター

BSA(牛血清アルブミン)溶液を作るとき、溶液をろ過するのに使うフィルターはどんなものが良いのでしょうか?
0.2uや0.45uのフィルターを使って問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

フィルターのポアサイズよりも材質ですね。
ニトロセルロースのメンブランフィルターは蛋白を吸着するのでペケ(×)。
酢酸セルロースは大丈夫。
僕はPTFE(アド○ンテック)0.45μm使ってます。
でも、値段高いんだよねー。

QLONG_MINを使って、正常値かどうか確かめたい。

こんにちは。30代の男性です。
C言語で、コマンドラインオプションから入力された2つの数字がlong型の範囲外であれば「正常値ではない。」と表示され、適正値なら加算が行われるプログラムを作っています。LONG_MINやLONG_MAXは正常値の範囲外の値かと思っていましたが、それぞれlong型の最小値と最大値なのですね。

-2147483648を入力しても正常に計算が行われ、-2147483649が入力されるとエラーが出されるようにするにはどのようにしたらよいでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

★自作関数でチェックする場合を紹介します。
・最初に ASCII コードの環境のみです。→この環境に限定。

サンプル:
int MyCheckAndStrtol( long *ret, const char *string )
{
 unsigned long z;
 unsigned long n;
 int sign = +1; ←符号がない場合は『+』
 
 while ( isspace(*string) ){ ←空白文字はカット
  string++;
 }
 if ( *string == '+' ){
  sign *= +1; string++;
 }
 else if ( *string == '-' ){
  sign *= -1; string++;
 }
 else{
  return( -1 ); ←符号以外の文字エラー
 }
 for ( n = 0L ; isdigit(*string) ; string++ ){
  z = n;
  n *= 10L;
  n += (*string - '0'); ←文字を数値に変換
  
  if ( (n / 10L) != z ){ ←オーバーフロー時のチェック
   return( 0 );
  }
 }
 if ( *string != '\0' ){ ←この処理はなくても良いかも。チェックの仕様により自由です。
  return( -1 ); ←文字列の最後が \0 以外ならばエラーとする。カットしてもOK。
 }
 *ret = (long)(sign * n);
 return( +1 ); ←範囲内。
}
最後に:
・サンプル『MyCheckAndStrtol』関数の引数は、
 第1引数は文字列を整数に変換した値をセットします。→long型へのポインタ
 第2引数はチェックする文字列です。→コマンドラインの引数などを渡す
・戻り値は、
 0以上は long 型の範囲内。→正常値。
 0ならば long 型の範囲外。→異常値。
 0以下は、整数文字列としては記述がおかしいエラー。→『abc』などの文字
・以上。おわり。→細かくチェックするには文字列を解析するしかないかもね。

参考URL:http://libc.blog47.fc2.com/blog-entry-76.html

★自作関数でチェックする場合を紹介します。
・最初に ASCII コードの環境のみです。→この環境に限定。

サンプル:
int MyCheckAndStrtol( long *ret, const char *string )
{
 unsigned long z;
 unsigned long n;
 int sign = +1; ←符号がない場合は『+』
 
 while ( isspace(*string) ){ ←空白文字はカット
  string++;
 }
 if ( *string == '+' ){
  sign *= +1; string++;
 }
 else if ( *string == '-' ){
  sign *= -1; string++;
 }
 else{
  return( -1 ); ←...続きを読む

Q牛血清アルブミンについて

生物化学の実験で未知タンパク質について電気泳動を行ったところ、牛血清アルブミンと推定されました。このタンパク質についての情報を知りたいのですが、見つかりません…何かわかる方教えてください。

Aベストアンサー

BSA(bovine serum albmin)=牛血清アルブミンは、標準タンパク質として、生化学の分野で広く用いられる物です。
例えば、電気泳動の標準物質とか。

また、酵素の保護安定剤として少量添加されることもあります。これは、精製酵素よりも、夾雑酵素の方が安定である事に起因しています。

「牛血清アルブミン」で検索するより、「生化学 BSA」で検索した方がより多くの情報を引き出せることでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報