申(さる)年の女性の話ですが、30年ほど前、巳(み)年の今のご主人と結婚するさいに、あるお祭りで立ち寄った易者の方から「昔から、巳寅申(み・とら・さる)といって1つの家庭の中に、巳年、寅年、申年、の干支をもつ人が、そろっていてはいけないので、夫婦が巳年と申年であれば寅年の子供を作らないように。」と言われたそうです。とりあえず寅年に子を作らずにいて年月が過ぎました。
そんなこともすっかりと忘れていた先ごろ、夫婦の娘の結婚がきまり、いずれ娘夫婦と同居しようということになったようなのですが、何と娘の旦那様になる人(義理の息子)が、寅年だというのです。
彼女もその迷信(?)についていろいろと調べてみたようですが結局何もわからなかったようです。
何かご存知の方がいらっしゃれば教えてください。

A 回答 (3件)

私の祖母(明治20年生まれ)が約40年前に同じ事を言っていました。



私は寅年生まれでしたので、巳・寅・申で「看取らざる」で早死にするから

巳年・申年とは一緒になるなと子供の時に教わった事を思い出しました。

昔の人の迷信(語呂合わせ)からきていると思います、旦那様を看病出来ないで

早死にしないようにとの願掛けも有ったのだと思いますが、今時気にすることでは

無いと思います。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

「看取らざる」ですか・・・そのような語呂合わせには、気がつきませんでした。そういう事だったのかもしれませんね。少し気にかかる内容ですが、手がかりがあってホっとしました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/31 12:39

追加です。


一番参考にしながら 表題があまりにも…………だったのでリンクしませんでしたが

やはりここがわかりやすそうです。

易者さんというこで占いかな~と思うので。

申と巳だけなら相性いいはずではないかな~と…

参考URL:http://www20.0038.net/~thkthk1/index.htm
    • good
    • 4
この回答へのお礼

色々とありがとうございます。
やはり『三刑』でしょうか。でも、鑑定に障りなしとありますし・・・。
占いの結果のみ知るのは簡単なんですが、深く追求すればするほど複雑で、なんか難しくなってしまうんです。

お礼日時:2001/11/03 22:40

私もそれは初めて聞いたのですが、五行の相性かと見当つけて検索してみました。



占いの四柱推命の中の【三刑】というものにあたるみたいです。

あるホームページには
三刑
恃勢の刑は、「生」同士の寅と巳と申の組み合わせによって成りたつ。
恃勢の刑とは自己過信に陥り猪突猛進してしまい、失敗の憂いを見ると言われてる。
凶害のエネルギーがほとんど無い為、鑑定に際しては無視されても差し障り無いと思われる。

のように書いてありました。

四柱推命だとかなりの数がヒットしわかりにくいかもしれませんが、三刑や地支刑冲会合などで検索すると下記以外にも幾つかヒットします。それらを参考にされると良いかと思います。

参考URL:http://www.koufuku.ne.jp/taikyoku/suimei.htm
    • good
    • 3
この回答へのお礼

HP参考になりました。「干支」とひとくちに言ってみてもその起源はとても奥深いものなのですね。そちらの方面からも調べてみたいとおもいます。どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/10/31 12:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q巳午(みうま)

本日(12月11日)、1月に亡くなった母親の巳午(死んだ人のお正月)をやりました。この行事、どうも、愛媛県松山市近辺だけの風習だとも聞いています。ネット検索でも引っかかりません。どなたか、教えてください。

Aベストアンサー

こちらのサイトが参考になるかもしれません。

 ◎閼伽出甕 論考集「巳正月」
  http://members.at.infoseek.co.jp/Accord/BIGLOBE/mishoga/index.htm

 はっきりしてるのは四国全県のようですが,山口県や島根県にも類似の行事があった可能性があるようです。

参考URL:http://members.at.infoseek.co.jp/Accord/BIGLOBE/mishoga/index.htm

Qどうして最近の夫婦は娘の名に「子」をつけぬ?

最近自分の娘の名前に「子」をつけない人が増えたな、と、
思うのですが、これは時代の流れでしょうか?
思うところお教えください。
(質問の本題は上述の通り。)

漫画「はだしのゲン」など当時の書物を読むと苦笑もので、
あの当時は自分の娘の名前に「子」をつける人達が多かった。
皇室の男性に嫁げるのは「~子」と名のつく人達ばかり
でしたからね。
現代は、皇室もそこまで良いものではないよと情報が
めぐるようになったのか、「~子」と名前をつける親が
少なくなったのだと思うのですが、何だかな・・・。

この「子」を自分の娘の名前につけない人が増えたのは
やはり時代の流れかな?と、思うのですが、
思うところお教えくださると幸いです。

回答に皆様の好きな「~子」と名の付く女性の名前を
添えてくれるとなお嬉しいです。
回答待たせていただきます。
ちなみにわたしが好きなのはどちらかと言うと「眞子」かな?
わきゃぁ皇室のおなごは漢字ちまってなぁ…ぐへへ…。
まぁ、すっごい苦笑されると思いますが。
あ、女性の回答者の場合は好きな「~仁」の名前を回答に
添えていただいても構いません。
それは良いとして、質問の本題を回答してくださると幸いです。
すみません脱線が過ぎました。

最近自分の娘の名前に「子」をつけない人が増えたな、と、
思うのですが、これは時代の流れでしょうか?
思うところお教えください。
(質問の本題は上述の通り。)

漫画「はだしのゲン」など当時の書物を読むと苦笑もので、
あの当時は自分の娘の名前に「子」をつける人達が多かった。
皇室の男性に嫁げるのは「~子」と名のつく人達ばかり
でしたからね。
現代は、皇室もそこまで良いものではないよと情報が
めぐるようになったのか、「~子」と名前をつける親が
少なくなったのだと思うのですが、何だかな・・...続きを読む

Aベストアンサー

>最近自分の娘の名前に「子」をつけない人が増えたな、と、
思うのですが、これは時代の流れでしょうか?

ひとつには時代の流れ、
〇〇子では平凡すぎる、なんとか横文字風を感じる読み方にしたい(国際派としゃれ込む・・・自己満足)。
結婚にあぶれたり離婚したらそのままバーの名前に使える---そこまで深く考えているかどうか知らんが飲み屋やバーの名前みたいなのが多くなりましたねー。

Q 例えば、“寅・虎”とかの動物の字が名前にある方は

 例えば、“寅・虎”とかの動物の字が名前にある方は
 干支が寅年うまれなのでしょうか?


(初代広沢虎造さん)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E6%B2%A2%E8%99%8E%E9%80%A0 

(葛飾柴又の寅さん)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B7%E3%81%AF%E3%81%A4%E3%82%89%E3%81%84%E3%82%88 

(下村湖人のお父上“寅六郎さん”)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E6%9D%91%E6%B9%96%E4%BA%BA

Aベストアンサー

初代広沢虎造さんは1875年、亥ですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E6%B2%A2%E8%99%8E%E5%90%89

寅さんは1940年11月29日生まれ、辰年のようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/11%E6%9C%8829%E6%97%A5

下村寅六郎は1884年、申年です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8B%E6%9D%91%E6%B9%96%E4%BA%BA

Q干支の順番は?

干支には順番があります。
「ね」「うし」・・・この順番はどのようにして決まったのでしょうか?
今日、子供が読んだ本には「ねずみ」が「うし」に乗っかって「足がのろいのであらかじめ先に出発した牛」より先に到達したそうです。
それ以外の定説は?

Aベストアンサー

僕は鍼灸師なのですが、干支のお話は鍼灸治療の上で非常に重要な事項なのです。

まず、十二支を知るには十干(じっかん)を知らなければなりません。

万物は全て陰と陽に分類されるという『陰陽論』というものがあります。
また、万物は全て「木・火・土・金・水」の5種類の物質の運動変化によって生成するという『五行説』というものがあります。
十干は五行説の5種類がさらに陰陽二元に分類され、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種類に分類されています。

・「甲」 は鎧で、草木の種子がまた厚皮を被っている状態を表しています。
・「乙」 は軋るで、草木の幼芽のまだ伸長し得ずに屈曲している状態を示します。
・「丙」 は炳らかで、草木が伸長してその形体が著明になった状態です。
・「丁」 は壮と同義で、草木の形態の充実した状態です。
・「戊」 は茂るで、草木の繁茂して盛大になった状態です。
・「己」 は紀で、草木の繁茂して盛大となって、なおかつその条理の整った状態を表します。
・「庚」 は更まるで、草木の成熟団結して行きつまった結果、自ずから新しいものに改まってゆこうとする状態です。
・「辛」 は新で、草木の枯死してまた新しくなろうとする事です。
・「壬」 は妊で、草木の種子の内部に更に新しいものが妊れる事を示しています。
・「癸」 は揆るで、種子の内部に妊まれた生命胎の長さが、度られる程になったという象です。

一回りした後はまた「甲」に戻ります。

十干は10個ある各文字が万物の栄枯盛衰を表しており、それらは繰り返されるという事も表しています。

さて、十二支にはそれぞれ獣(けもの)の名前が付いていますが、元々の示す意味は十干と大体等しいものです。

・「子」 は孳るで、新しい生命が種子の内部から萌し始める状態です。
・「丑」 は紐で、からむことを意味します。芽が種子の内部でまだ伸びえぬ状態です。
・「寅」 は動くで、草木の発生する状態です。
・「卯」 は茂るで、草木が自然を蔽う状態です。
・「辰」 は振うで、陽気動き、雷がきらめき、振動し、草木が伸長する状態です。
・「巳」 は巳むで、万物が繁盛の極になった状態を示します。
・「午」 は忤だうで、万物にはじめて衰微の傾向がおこりはじめたさまを表しています。
・「未」 は味わうで、万物が成熟して滋味を生じた様子をあ表しています。
・「申」 は呻くで、万物が成熟して締めつけられながら固まってゆく状態です。
・「酉」 は縮むで、万物が成熟に達した後にちぢむ状態です。
・「戌」 は滅ぶで、または切ることで、万物が滅びゆく状態です。
・「亥」 は閉じるで、万物の生命力が凋落し、すでに種子の内部に生命が内蔵された様です。

中国では殷の時代から十干と十二支の組み合わせを用いて十と十二の最小公倍数である60周期で日を数えていました。
この組み合わせは「甲子」が最初で「癸亥」が最後です(余談ですが、阪神タイガースの本拠地は甲子の年に出来たので『阪神甲子園球場』という名称が付いているそうです)。

これら十二支十干の60通りの組み合わせを一巡することは一つの人生を生ききったことを意味します。
61年目からは新たに次の人生を生きるということとなり、この事から60歳を『還暦』というのだとか。

こんなに難しい事は子どもに話しても理解しがたいので、牛の上にネズミが乗っかって・・・というお話が出来上がったのでしょうね。

鍼灸師はこういう事を考えながら治療してます(笑)。
あ~疲れた(笑)。

僕は鍼灸師なのですが、干支のお話は鍼灸治療の上で非常に重要な事項なのです。

まず、十二支を知るには十干(じっかん)を知らなければなりません。

万物は全て陰と陽に分類されるという『陰陽論』というものがあります。
また、万物は全て「木・火・土・金・水」の5種類の物質の運動変化によって生成するという『五行説』というものがあります。
十干は五行説の5種類がさらに陰陽二元に分類され、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の10種類に分類されています。

・「甲」 は鎧で、草木の種子...続きを読む

Q福娘応募について

この度福娘に応募してみようと思っております。非常に高倍率なので受かるとも思えませんが一応聞いておきたいことがあります。
十日戎のうちどうしても11日の17時から外せない用事があります。万が一福娘に選ばれた場合、やはりいかなる事情があっても福娘のお仕事を遂行しなければならないですよね?
その日だけ途中退勤とかはゆるされませんよね?

Aベストアンサー

はい。お考えの通りです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報