建売住宅を4年前に購入しました。隣に雑草だらけの空き地があり、夏の雑草の管理と捨てられているゴミの処理、冬の雪の処理をしかたなく当方がしています。
近所のかたにも聞いてみたのですが、持ち主がわかりません。管理もされていないし、いっそのことこの荒れた土地を購入できればと思います。この場合、所有権がどうなっているか、また持ち主がわかれば管理してくれるか、あるいは売ってくれるかという相談をすすめたいのですが、どこで調べたらよいのでしょうか?建売の売主に聞いてみたのですが、話がすすみません。他の不動産屋に相談したほうがよいのでしょうか?自分で調べられるものなのでしょうか?
お知恵をお貸しください。

A 回答 (4件)

市役所の資産税課へ行くと、固定資産税課税台帳を閲覧できます。

課税台帳には、所有者名と住所が記載されています。費用は350円くらいですので、ご自分で調べた方がいいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
早速しらべてみます。

お礼日時:2001/11/06 10:05

土地を管轄する登記所に、必要な事項を記入した申請書を提出すれば、登記簿を閲覧することができます。


管轄の登記所は「建売の売主」なら知ってるでしょう。

私の自宅裏にも空き地があります。元は私有地だったそうですが、元の地主さんが相続税を支払えなく土地で収めた(物納と言うんだったかな?)そうです。
管理されていないので雑草だらけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。調べてみることにします。
管理されていない土地は困ったものですよね。

お礼日時:2001/11/06 10:07

どこにお住みかわかりませんが、その場所を管轄している法務局で自分で調べられます。

詳しい調べ方は他の人が教えてくれると思いますので、これで失礼します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
自分でしらべてみるてがかりをいただきました。

お礼日時:2001/11/06 10:09

市役所(役場)へ行けば、土地台帳があるので解ると思います。


土地の税金を支払っている所有者は、台帳に記載されていますので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
市役所へいってみます。

お礼日時:2001/11/06 10:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続時の土地の評価額

相続時の土地の評価額についてお尋ねします。

以前から漠然と、相続の際、現預金より土地のほうがはるかに低く評価されるので有利と考えていました。

ところが自分が遺言書を書く気になって、信託銀行に行き、「小当たり」してみたところ、今は土地も実勢価格で評価されるので、現預金と、有利不利はないと言われました。

確かに今は実勢価格と、路線価や公示価格と差がないと聞いた記憶があります。

一方で、五年前に母が死んだ時の自分の相続の明細を見ると、土地の「相続税評価額」は実勢価格の1/3以下になっています。

そもそも相続上の評価額と「相続税評価額」は意味が違うのかもしれませんが、よく分かりません。

一度離婚していて、いろいろ複雑な問題があり、信託に相談するとしても、基礎知識として知っておきたいと思います。

実際はどちらが正しいのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>相続上の評価額と「相続税評価額」は意味が違うのかもしれませんが、よく分かりません

市街化調整区域の場合は倍率方式を採用しますので、NO1の方が言われる様な方法ですね。
市町の発行する評価証明×相続税倍率=相続税評価額

市街化区域の場合は税務署が路線単価を持ってますので
路線単価×奥行き補正率×間口補正率×m2=相続税評価額

色々「かける」ことによって「実勢価格に近づける」でしょうか。

http://www.taxanswer.nta.go.jp/4602.htm
http://www.rosenka.nta.go.jp/
当年分は、いつも7、8月ごろです。

Q空き地の雑草に迷惑してます

長くなりますが、困っています。よろしくお願い致します。

自宅の裏に大きな空き地があり、何十年も放置されたままになっています。毎年自治会を通じて役所から草刈りをお願いしていますが、持ち主が他府県在住で中々思う様に行って貰う事ができません。特にここ2~3年は手つかずの状態で雑草は背丈以上になり、害虫も酷く、庭に出る事もできなくなりました。自宅の裏は空き地から雑草の蔦が伸びていて、昨日、せめてその草だけでも刈ろうと数分庭に出ましたが、沢山の虫にさされ、もう我慢の限界になりました。直接役所の環境整備課に事情を言って地主を問い合わせましたが、教えることは出来ないと言われ、法務局で調べました。たぶん、相続されたか何かで二人の名義になっていてそれぞれ遠方の住所です。このような場合どのようにお願いすれば良いでしょうか。今、分かっているのは二人の名前と住所だけです。できることは書面でのお願いになると思うので、どのような文面を送ればいいか、具体的なアドバイスをいただければ嬉しいです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

自治会で清掃することを条件に、空き地公園として子供の遊び場に活用しているケースもありますが、基本的に敷地は個人の財産ですから、法律上は勝手に侵入して刈るわけにもいかないんですよね。

所属されている自治体(市レベルかな)で、空き地についての「適正管理条例」が制定されていませんか?
制定されてあれば、市区町村に繰り返しクレームをつけるのが一番です。
市から所有者に対して適切な処置を行うように指導し、場合によっては行政代執行する権限を定めた所もありますし、枯草に火事の危険があるとして消防法を適用して撤去を命じた事例もあったかと思います。

持ち主に連絡すると「勝手に刈っていい」と言われるケースが有ります。放置によって「健やかに暮らす権利」が侵害されているんですから、持ち主は「加害者」なのに自覚していないんですね。昨今は伐採したものを処分するのにも金がかかることもあるというのに。
ですからそれに対しては、「では、作業して経費を請求させていただきますね」と了解を促すと良いでしょう。前もって近くの便利屋さんやシルバー人材派遣センターで伐採と草木処分についてを見積もりを取っておくと良いと思います。

現状写真を同封し、「所有地の雑草を至急に処分して下さい。ツタの浸入や害虫の発生により当方の居住権が侵害されていると認識しております。」とでも書いて送れば良いと思います。更に「何月何日までに処置を完了できない場合は当方で選定した業者に作業を手配し、実地に入って除草作業を実施して後日に費用を請求させて頂きますのでご了承ください。当方提示の条件に代案があるならば何月何日までにご連絡ください。なお、連絡無き場合は同意をいただいたものとして作業を実施させていただきます。」といった文章と見積もりのコピーを登記名義人に内容証明で送り付けみてはどうでしょうか。支払われなければ低額訴訟ですね。
ちなみに、薬が気にならないならば刈るよりも除草剤散布の方が長く持ちます。


虫の発生などが居住権の侵害であるとして民事で訴え、低額の慰謝料を請求することだってできなくもない(費用の方が高いけど)。たまに市などで開かれている30分無料の法律相談に行って相談してみてはどうでしょうか?

自治会で清掃することを条件に、空き地公園として子供の遊び場に活用しているケースもありますが、基本的に敷地は個人の財産ですから、法律上は勝手に侵入して刈るわけにもいかないんですよね。

所属されている自治体(市レベルかな)で、空き地についての「適正管理条例」が制定されていませんか?
制定されてあれば、市区町村に繰り返しクレームをつけるのが一番です。
市から所有者に対して適切な処置を行うように指導し、場合によっては行政代執行する権限を定めた所もありますし、枯草に火事の危険があると...続きを読む

Q遺産相続および土地評価について

祖母の遺産相続でもめております。

祖母には3人の子がいて、内一人が私の父です。
祖母は土地をもっていましたが相続税対策のため
銀行に借金をしてマンションを建設しました。
(現在6千万の負債が残っています。)

銀行との契約は
祖母と父が「連帯債務者」私が連帯保証人です。

遺言書にはマンションは父に相続させる記述がありましたが
土地、借金については言及していないため

兄弟達はマンションの土地は相続人全員に権利があるから
相続させろと主張し、さらに借金については相続しないと言い張ります。
法定相続的には負の財産も均等である旨を父が主張しても
「連帯債務者」である父が負担すべきと返されます。

この主張は正しいのでしょうか?

また、マンションとその土地の名義が分散してしまうと
もめ事の種にもなりかねないため、兄弟の相続権のある
マンション建設地の評価分を現金で支払おうとしていますが
その際の土地の評価はどのようなものになるのでしょうか?

兄弟は更地の売却実勢価格分よこせと言い出すでしょうが、
当方としては安い路線価や固定資産税評価を基準にしたいところですし
マンションが建っている土地である以上、貸家建付地という条件、
またその土地はマンション建設の為に借り入れをした銀行の
抵当にもなっているため、評価は低いと考えます。

祖母の遺産相続でもめております。

祖母には3人の子がいて、内一人が私の父です。
祖母は土地をもっていましたが相続税対策のため
銀行に借金をしてマンションを建設しました。
(現在6千万の負債が残っています。)

銀行との契約は
祖母と父が「連帯債務者」私が連帯保証人です。

遺言書にはマンションは父に相続させる記述がありましたが
土地、借金については言及していないため

兄弟達はマンションの土地は相続人全員に権利があるから
相続させろと主張し、さらに借金については相続しな...続きを読む

Aベストアンサー

■[上記案に間違いはあるのでしょうか?]

遺言で指定された以外の財産については、相続人間の遺産分割協議で財産を分割します。

従って、補足された内容が間違いであるかどうかという判断はなく、それが相続人間で[合意]されればOKという話になります。

ただ、法定相続分を考える場合には、総資産(遺言で指定された財産とそれ以外の財産を合計した財産)を前提にして考えます。ですので仮に相続人が父、弟A、弟Bの3人であれば、全体の財産と負債に法定相続分が1/3あるということになります。

また、遺産分割協議が調わない場合は家庭裁判所に遺産の分割を申立てることができます。 家庭裁判所はまず「調停」にかけ、調停が成立しないときは「審判」による分割を行うことになります。

■遺産分割方法について

ここからは分割方法について個人的なアドバイスを書かせて頂きます。

1.遺言で指定された財産について

遺言通り、父がマンション建物、弟Aが財産A、弟Bに財産Bをそれぞれ承継します。(ここまではOKですね)

2.マンションと土地と借入金について

これまでの経験から申し上げると土地・建物の所有権は一本化した方が宜しいです。(つまり、マンションの土地・建物を父の所有に一本化する)

その理由としては土地・建物を別の所有者とすると
・将来の売却する場合に障害になる可能性
(建物・土地単独では売却が難しい)
・次世代への相続時に話が面倒になる
・借地料支払の請求、借地権の発生・・・等
後々トラブルが発生しやすい状況になるからです。

次にその方法についてですが

借入金6,000万の連帯債務については、父だけではなく、弟Aも弟Bもその相続分に応じて負担する義務が発生します。つまり、仮に相続人が3人(父、A、B)の場合には、AとBがそれぞれ6,000万×1/3=2,000万、2人合計で4,000万の連帯債務を負担することになるわけです。

そこで父がAとBの債務4,000万を引受けるかわりに、その債務と同額のマンションの土地を引継ぐ事にするのです。(債務と土地が同額なのでプラス・マイナス0)

遺産分割協議でA・Bの債務を父が引受ける事について合意を取り付けるのです。

ただ、その合意は相続人間では有効な契約でありますが、第3者である銀行に対し主張することはできません。(つまり、銀行は相続人それぞれに返済を請求できる)

債権者である銀行にA・Bの債務を免除してもらうには「免責的債務引受」(他の債務者の責任を免除させる債務引受け)を承諾してもらう必要があります。

銀行が承諾するかどうかはここでは判断できかねますが、債務者の1本化、不動産担保力、マンションの収益力、連帯保証人の資力等を総合的に判断して決定されることになります。

(ただ、相続人間の合意は有効であって、要は銀行がどのように回収するかの判断の問題です)

また「マンション収益のある父だけが得だという反発があると思われますが、家賃収益は遺言書に記載された物件から得るもので正当である」についてはその通りですし、その収益からか借入金を返済していく必要があります。また、マンション経営を長期間続けることはそれなりにリスクを負うことになります。

3.200坪の更地について

父がマンション土地・建物・借入金、Aが財産A、Bが財産Bを取得した上で財産全体で各人が1/3取得でるように200坪の土地を分ける。

ただ、前述の通り、不動産の所有権は一本化しておいた方が賢明です。将来売却が確実な場合は共有としていても問題ないですが、それ以外の場合は各々が有効活用や売却しやすいうよいに分筆(分割)して所有しておいた方が宜しいでしょう。もし、分筆が難しいということであれば弟A・Bに代償分割してもらう方法も考えられます。

まとめますと
1.遺言通りに財産を取得
2.父がA・Bの連帯債務を引受けるかわりに、マンションの土地を取得
3.200坪の更地については相続財産が法定相続分の1/3になるように調整して取得

以上はあくまでも経験からの一案です。
参考になれば幸いですが、実際の相談は専門家になさってくださいね。

■[上記案に間違いはあるのでしょうか?]

遺言で指定された以外の財産については、相続人間の遺産分割協議で財産を分割します。

従って、補足された内容が間違いであるかどうかという判断はなく、それが相続人間で[合意]されればOKという話になります。

ただ、法定相続分を考える場合には、総資産(遺言で指定された財産とそれ以外の財産を合計した財産)を前提にして考えます。ですので仮に相続人が父、弟A、弟Bの3人であれば、全体の財産と負債に法定相続分が1/3あるということになります。

...続きを読む

Q隣の空き地から忍び寄る雑草

隣の空き地(持ち主不明)から太い蔓の雑草(カメムシがよくたかっているヤツです)が我が家めがけてどんどん伸びてきております。
しかもあっちもこっちも(;_;)
家に侵入してきた場合切ってもいいと思いますか?

Aベストアンサー

結構良くある話ですね。

この質問の場合も、家に侵入してきた時点では自己の判断で切断できません。
浸入してきた時点で、その土地の所有者に切断の請求を出すことになってます。

参考URLを貼ります。
ご参考になればと思います。

参考URL:http://www.gyoseisyoshi.com/komarigoto/kiwokiru.htm

Q家屋・土地相続の時の評価額について

兄弟2人で家と土地を相続するとなり
長男が家屋と土地を受け継ぎ名義変更を行い
次男には家屋と土地の半分に対応する金額を
長男からもらう形で相続を済ませようとする場合
一般的には土地と家屋の評価額はどうやって出すのでしょうか?
ご教授ください。

Aベストアンサー

不動産の価格について、同意に至らず、遺産分割審判(裁判)になった場合は、不動産鑑定士に鑑定評価を依頼して決めることになります。また、複数の相続人が、違う不動産鑑定士に依頼して、複数の鑑定結果が出た場合は、最終的には審判官(裁判官)が、その見識に基づいて、妥当な価格を決定します。

審判に至らない場合、世間一般では、どうやって価格を決めているかというのは、難しい質問です。

というのも、円満な遺産分割であれば、不動産の価格は、厳密に算定する必要がないことがほとんどだからです。

例えば、兄が「大体この辺は、坪××円くらいだから、この土地が○○円くらいかなぁ。じゃあ、半額の△△円を渡すということでいいだろうか?」といえば、弟が「まあ、そんなものだろう。」と答えて、遺産分割が終わるなんていうのがよくあります。

このとき、坪××円に何か根拠があるかというと、兄の地域住民として、見聞きした経験上の相場など、ほとんど根拠がないことが多いです。しかし、仲の良い兄弟であれば、あまり細かいことは言いません。

また、兄が不動産の半額を支払うだけの預貯金を持っていないことも多く、兄が支払える範囲で、弟が手を打つというのも普通のことです。こうなると、不動産の厳密な価格を調べるということに、ほとんど意味がありません。

厳密に決めるのであれば、不動産鑑定士に鑑定を依頼することになりますが、数十万円の単位で費用もかかります。当事者が納得できるのであれば、どのように決めてもかまいません。公示地価や路線価を調べ、兄弟二人がそれをベースに、話し合い、価格を決めるということも、あると思います。

不動産の価格について、同意に至らず、遺産分割審判(裁判)になった場合は、不動産鑑定士に鑑定評価を依頼して決めることになります。また、複数の相続人が、違う不動産鑑定士に依頼して、複数の鑑定結果が出た場合は、最終的には審判官(裁判官)が、その見識に基づいて、妥当な価格を決定します。

審判に至らない場合、世間一般では、どうやって価格を決めているかというのは、難しい質問です。

というのも、円満な遺産分割であれば、不動産の価格は、厳密に算定する必要がないことがほとんどだからです...続きを読む

Q空き地に何が出来るか調べるには?(商業施設)

とある空き地に、ホームセンターが出来るやら商業施設が出来る
噂があるのですが、実際に何が出来るのか分かりません。

そういった場合、どういった方法で調べる事ができるでしょうか?
その土地の持ち主を調べるやら、建築の申請を調べるやら
色々と方法があるとは思うのですが、具体的に教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

売り場面積が1000m2を超す物販の商業施設は大店立地法という法律に基づき届出が必要です。

こは新設の場合オープン日の8ヶ月以上前に届け出ることが必要です。
しかし、これは工事は関係なく、建物が完成してもオープンしなければよいことになっています。
ちなみに建築確認は2週間程度で確認がおりますので、着工直前でもできます。

建築確認は市役所、大店立地法の届出は都道府県庁(政令指定都市の場合はその市)で確認とれます。

建築確認はホームページで調べられないことが多いですが、大店立地法の届出はほとんどの都道府県・政令指定都市で届出状況をホームページに載せています(都道府県のホームページで大店立地で検索すると見つかると思います)。
また期間を区切ってその届出資料を縦覧することができるようになっています(これは別に近隣の人でなくても誰でも自由にできます)。

参考まで東京都の場合を紹介しておきます。
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/shoko/daiten/jokyo-sinsetu.htm


この届出が出ていないようでしたら、8か月以内にオープンする予定はないということか、または1000m2未満の中小規模の商業施設ということです。

また市町村においてもっと小規模の商業施設についても届出義務を条例で定めているところもありますので、合わせて市町村役所に確認するとよいと思います。

売り場面積が1000m2を超す物販の商業施設は大店立地法という法律に基づき届出が必要です。

こは新設の場合オープン日の8ヶ月以上前に届け出ることが必要です。
しかし、これは工事は関係なく、建物が完成してもオープンしなければよいことになっています。
ちなみに建築確認は2週間程度で確認がおりますので、着工直前でもできます。

建築確認は市役所、大店立地法の届出は都道府県庁(政令指定都市の場合はその市)で確認とれます。

建築確認はホームページで調べられないことが多いですが、大...続きを読む

Q使用貸借の土地を相続する際の価格評価は?

母名義の土地に父名義のアパートを建ててある場合について質問です。父が地代を払っているわけではないので使用貸借ということになるかと思いますが、母が先になくなった際に、その土地を相続する場合、その土地の評価額というのは、貸家建付地としての評価をしてもらえるのでしょうか。また、父が相続した場合と子が相続した場合にその評価に違いはありますか。  高齢の父母が心配しています。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

地代の収受があれば貸地評価をすることが出来るかもしれませんが、ご質問の場合、使用貸借のため自用地としての評価になり、借地権割合等の減額はないものと思われます。

ちなみに、建物とその敷地の用に供されている土地の両方を所有している場合にのみ、貸家建付地の評価になります。

Q宅地(さら地)の雑草処理

住居から離れた所有している宅地(さら地)の雑草処理についてご意見がほしいです。
建物を建てるのにまだ先になるので、雑草処理をしようと考えています。
家族の意見では、刈り取った雑草はまとめて置いて土でもかけて風で飛んでいかなければ大丈夫と
言っています。
それが良いのか迷っています。
皆さんはどのように離れた土地の雑草処理していますか?
教えて頂きたく思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

周りが住宅なら除草剤は近所迷惑です。人によっては健康被害があるかもしれません。雑草だらけも問題ですが除草剤も問題で近隣からは白い目で見られます。後々住んだときの近隣関係も大切です。

>刈り取った雑草はまとめて置いて土でもかけて風で飛んでいかなければ大丈夫

穴を掘って土をかけておけばいいのですが大量になると大変です。ダンゴムシ、ナメクジは発生します。
運搬手段があれば大きなビニール袋に詰め市町村の廃棄物処理場に持ち込めば安く処分できます。

草を生やさない手段
遮光シートで地面を覆う・・・・・費用がかかる。
近所の人に畑として貸し出す・・・木を植えず雑草を生やさず善良な管理をお願いする。1年契約。

Q相続税の評価で土地の評価方法を教えて下さい

相続の土地評価方法がわからず大変悩んでいます。画像の黄色が母名義(被相続人)の土地で緑が私名義(相続人)の土地です。
黄色部分の土地をどのように評価すべきかわからず困っています。

手前の大きな道路は路線価20000がついています。
後方は私道で路線価がついていません。
路線価のついている道路に接している部分は間口が0.54mで隣人と境界でもめたため境界用に購入した細長い土地(10m2)で入り口とはなっていません。
黄色部分は400m2で緑部分は200m2です。間口は18m、奥行きは32mです。
黄色と緑の両方の土地の上に店舗兼居宅の母名義の家屋が建っておりずっと同居しておりましたので
出入りは正面からも裏面からもできます。
ただし正面は店舗の入り口となっております。
裏面は道路北側の隣人の所有で以前は通行しないように言われたこともありますが現在は通行可となっています。

評価方法をご教示ください。

Aベストアンサー

初めまして

大変ですね
詳しくは、下記の参考URL等を参照して下さい

一般的には、路線価で評価すれば、税務署には通ると思います
ただし、
>黄色と緑の両方の土地の上に店舗兼居宅の母名義の家屋が建っておりずっと同居~
とあるので、

1.小規模宅地等の特例
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4124.htm
の対象になると思います(8割引き評価、または5割引き評価が可能)
これは別途、計算しないといけません


2.
以下、土地の評価ですが、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/4604.htm
には、
「Q2 間口が狭小な宅地の評価」などありますが、
「奥行価格補正率表」、「間口狭小補正率表」など、
ご自身でやるなら、計算がややこしいと思います


なので、結論から言うと
補正率評価で計算した後の価格 < 路線価
だと思うので、高い方の路線価で申請すれば、
税務署は何も言わないと思います

また
>細長い土地(10m2)
は、「建物を建てる事が出来ない土地」なので、
路線価の1/2で評価しても大丈夫だと思います
税務署の判断は、「建物を建てる事が出来ない土地」なら、
私道、として見てくれるようです


なお、道路北側から(他人の私道を使って)出入り可能なので、
本来であれば、これも考慮するよう、言われるかもしれません

なので、黄色い土地を「高い方の路線価で申請」をオススメします

また、店舗兼住宅の評価は、お近くの地方税事務所で固定資産税の評価証明をもらい、
そのままの評価額で通ると思います

1.(小規模宅地等の特例)を使うのであれば、
 税務署に相続の書類を提出しなければなりません
 税務署に行けば、「相続の手引き」をもらえます

あくまで、個人的な推測ですが、他に多額の現金や不動産が無いなら、
基礎控除プラス相続人(1人1千万円)の、範囲内で収まりそうな気がします

なお、税務署に書類提出をしない場合は、1.の小規模宅地等の特例を使えません
と同時に、不動産の評価は(割引ナシの)路線価での評価となります
>細長い土地(10m2)
も、路線価での評価となります

心配であれば、プロ(税理士等)に相談することをオススメします


以上、あくまで、個人的なアドバイスです
どうか、頑張ってください

初めまして

大変ですね
詳しくは、下記の参考URL等を参照して下さい

一般的には、路線価で評価すれば、税務署には通ると思います
ただし、
>黄色と緑の両方の土地の上に店舗兼居宅の母名義の家屋が建っておりずっと同居~
とあるので、

1.小規模宅地等の特例
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4124.htm
の対象になると思います(8割引き評価、または5割引き評価が可能)
これは別途、計算しないといけません


2.
以下、土地の評価ですが、
http://www.nta.go.jp/taxanswer/hyoka/4604.htm
に...続きを読む

Q抜いた雑草の処理の仕方

雑草を抜いてはみたものの、それをどうしたらいいのかわかりません。燃えるゴミ袋に入れて捨てていましたが有料のゴミ袋代がもったいないような気がして。抜いたまま放置だと雨に濡れてしまうし…。どう処理したらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

他の方も書いていますが,場所があるのならば,そこに積み上げて見たら良いです。雨に濡れても構いません。日に日に嵩が減っていって,3~4ヶ月もすると土のようになります。一冬越せば,庭やプランターの土の一部として使えます。枯葉なんかも混ぜるともっと良いですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報