電気通信関係の話は全くの素人です。

素人なりに以下のように勝手に理解をしているのですが、
そうすると、なんで広帯域だと速いというか単位時間当りに
伝達できる情報量が多いのか全く分かりません。

・帯域というのは(電波の)周波数の幅ですよね。
 100MHz~120MHzはあなたが使っていいですよ、
 というように。

・周波数というとラジオを思い浮かべるんですが、
 ラジオのイメージとしては、(目には見えないですが)
 赤とか青とか黄色とか色が違う光が空中を飛び交ってて、
 各色の光の強度の増減が各局のラジオ放送の音として
 聞こえている。
 要するに、電波の周波数はチャネルの棲み分けのために
 使われてて、情報はそのチャネルの電波の強弱として
 表されている。

このように考えると、情報をたくさん速く送るためには、
電波の周波数は関係なくて、その電波の強度の強弱なり
on-offなりを如何に速く切替えるか、ということに
かかっているように思えるのですが…。

多分、上の理解が間違っているんでしょうね。

なんとか、分かりやすく直観的にご教授願えませんでしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

> その電波の強度の強弱なりon-offなりを如何に速く切替えるか


それが変調ということです。

で、変調をかけるとどうなるかというと、搬送波周波数の両側に、変調をかけた周波数(切替の速さ)分だけ帯域ができてしまうのです。
「大容量化すると広帯域が必要」→「広帯域なら大容量化できる」ということです。

下記ページの図.3-5,3-6を参照。(この図がないか検索してみたら、以外にヒットしないものだ。基本的なことだけど)

参考URL:http://coltrane.solan.chubu.ac.jp/~harada/soturo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

Bingo!です。

なるほど。情報のビットレート=変調波の周波数を
高くするためには、広帯域にしないといけないん
ですか。

図3-5の、搬送波周波数と搬送波周波数±変調波周波数の
3つの周波数をピークとするスペクトルがカバーする
周波数領域を帯域として割り当てないといけない訳ですね。

完全に疑問が解決しました。

お礼日時:2001/11/03 11:25

もう回答は、出尽くした感がありますが、少しだけ。



広帯域が高速・大容量になるのは、ISDNにしろxDSLにしろ信号が「デジタル化」したことの効果が大きいと思います。

帯域を広げチャンネルを増やす、
>電波の周波数は関係なくて、
高い周波数にして
>on-offなりを如何に速く切替えるか
単位時間あたりのビット数を上げる、

時分割多重化もしやすくなる、などと思えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

確かにデジタル化によって時分割多重も
し易そうですね。

アナログの音声を時分割多重すると、
音が途切れて聞こえるんでしょうかね?
途切れて聞こえないまでもノイズのように
感じられたりするんでしょうか。

音声をデジタル化して時分割多重するときって、
通信が途切れている間に相手側に聞かせるべき
音声情報もまとめて送っているんでしょうか。

お礼日時:2001/11/03 10:46

>情報はそのチャネルの電波の強弱として表されている。


とは限りません。他にもいろいろあります。
変調をキーにして探すといろいろみつかるかと思います。

強弱の場合はAM変調で、AMラジオの音声などがそうです。
他には周波数の変動で情報をのせるFM変調、
波形の位相を変えることで情報をのせる位相変調。
他にもパルス変調とかいろいろあります。


また、一般に周波数が高い方が同じ時間で沢山の情報が載せられます。

例えば,1Hzでは一秒間に波を一つしか送れないが,
1KHzなら一秒間に波を送れるということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

最初の方へのお礼にも書きましたが、
これは大きな思い違いでした。

もう一つの思い違いが、電波の周波数と、
情報の周波数(ビットレート)が独立だ
ということでした。

振幅変調にしても、波の振幅が変化して、
その包絡線に情報が乗るんだから、
電波の周波数が増えれば、ビットレートも
増やせそうですね。

お礼日時:2001/11/03 10:39

帯域についてですが、アナログの場合とデジタルの場合では意味が違います。



アナログ信号で帯域といえば、周波数成分の最大値と最小値の幅を意味しますが、デジタル信号の場合はビットレート(通信速度)のことを指します。

ラジオはアナログですので周波数帯域のことを指していますよね。

インターネット等でブロードバンド(広帯域)というのはビットレートのことを指していますので周波数のことではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

> デジタル信号の場合はビットレート(通信速度)のことを指します。

どうもそのようですね。デジタルというか、コンピュータ
ネットワークの場合ですね。

この質問をするきっかけの1つが、「10Mbpsのうち8Mbpsの帯域を
使っちゃってる」ていう言い方も、周波数帯域から来ているという
思い込みでした。

でもどう考えても、周波数帯域とはつながらないんですよね。
コンピュータネットワークでは情報をパケットにしてタイム
シェアリングしてますからね。

仰る通り、両者は別物と考えたほうが良さそうです。

お礼日時:2001/11/03 10:31

>帯域が広い→多チャンネル,というのは周波数の有効利用には良い,と直観的に分かるのですが,伝送容量とも関係あるのでしょうか?


有効利用というのをどういう意味で使ってますか?
有効に使っていない場合は、要するに空いているチャンネルがあるという意味ですね。つまり単位時間当たりに送る情報の量は少なくなる。だから、伝送容量は沢山チャンネルがあると大きくなるわけです。
伝送容量とは、一つのチャンネルの太さ、とそのチャンネルの数に比例します。
電波自体の速度は、普遍であり変えることは出来ません。
要するに同時に沢山並列に情報をならべて送ることによって、単位時間当たりに送る量が多くなるわけです。
イメージ的には、No.4の方の答えが参考になるでしょう。

>複数チャンネルを同時に受信すれば確かに速くなりそうですが,それって同時に受信するチャンネル数と同数の受信器が必要なのでは?
その通りです。携帯電話の話をされていましたが、携帯電話はたくさんのチャンネルを受信できるようになっています。更に言うと、時間的にも分割しています。つまり、携帯電話を使う場合でも24時間ずっと情報をフルにやり取りしているわけではありませんよね。
そこで、使っていない時間は他の人に使ってもらって、自分が必要なときには空いている時間をねらって一定時間使用します。このときに一つしかチャンネルがないとなかなか空きが見つかりませんが、複数のチャンネルがあるので、その時ちょうど空いているチャンネルを見つけだして使用するわけです。
CDMA2000にしても他の方式にしても基本的には同じやり方です。
ただ、空きチャンネルの見つけ方、チャンネルを使用するときの決まり事など(コレをプロトコルと言います)が異なっているだけです。

大量の情報を送るときには、それが時系列的な情報でも、まず一定時間毎に区切り、情報を細切れにします。(細切れにした物をパケットと呼んでいます)
パケットにはもちろん番号が振られていて、元の時系列的なデータに戻せるようにしてあります。
そうすれば、このパケットの集まりを、一つのチャンネルで送ろうが、複数のチャンネルで同時に送ろうが自由なわけです。
チャンネルが100あれば、100のパケットを同時に送って、再生側でまた時系列に並べ直せば、見かけ上時系列で送るときの100倍の速度で送れます。

わかりました?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

繰り返して補足していただき、ありがとうございます。

帯域を広く取ったときに多くのチャンネルを設けることが
できるというのは良く分かります。それにより、周波数帯
を有効利用(=多くの人でシェア)できます。

私の質問は、1チャンネル当りの周波数帯域を広く
取った際に、そのチャンネルの情報量が増えるのか?
もしそうなら、それはなぜか?ということです。

1つの解として、「1チャンネル当りの情報量は増えないが、
1台の携帯が同時に複数のチャンネルを受信している」と
考えられますが、それはちょっと無さそうです。(CDMA方式
でない限り)

お礼日時:2001/11/03 10:21

情報をたくさん速く送ることを例えてみます。



あるタンク(送信所)から別のタンク(受信所)へ、ある液体(情報量)を移す(伝送)ために、細いホース(狭帯域)を使うと時間がかかりますが、太いホース(広帯域)を使うと速くなりますね。細いホースでも、何本も使えば(多重化)速くなりますし、量だけでなく種類も増やせます。この場合、それぞれのホースがチャネルという解釈になります。

電波や電気信号の伝わる速さを加速することはできないので、経路を太くすることによって、結果的に多くの情報を送り且つ受け、速度も高めているのです。

ま、こんな感じでお分かりいただけますか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

この質問をさせて頂く前は、そのような
理解だったんですが、その「太いホース」
の中にどのように信号が流れているのか
考えたときに、疑問が起こるんです。

だって、AMだろうがFMだろうが、ある特定の
周波数の電波の「振れ」(AMなら振幅、FMなら
周波数の振れ)が情報なんですから、その周波数
が割り当てられてさえいれば、その周りの周波数帯が
あろうとなかろうと関係ない、と思いませんか?

私の質問は、「なぜ太いホースだとたくさん情報が
遅れるのか」という風に言いかえられます。
ほんとのホースのように流体がながれていると考えると
疑問の余地はないですが、上記のような仕組みで
情報が流れているとすると、このことが理解できなく
なります。

お礼日時:2001/11/03 10:09

信号を送るとき例えばAMラジオを例にすると。


OK放送局1000Khzがある場合、帯域±20khz必要とすれば、980~1020がOK放送局の使用範囲ですね。
割り当て範囲が500KHzから2000KHZまでとして、理想的配分で75局が存在できます。
この周波数割り当てを1GHzから1.1GHzにした場合50000局割り当てできますよね。
周波数をあげると広帯域に出来やすいのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

基本の周波数の例えば「±10%を帯域として
割り当てる」と決めたら、確かに周波数を
上げると帯域は広くなりますね。

お礼日時:2001/11/03 10:02

平たく言うと、



広帯域:
広い周波数帯域を使用できる→たくさんのチャンネルを用意できる。
→たくさんの情報を一度に送れる。
つまり、一つのチャンネルには一つの情報しか送れませんよね?
沢山チャンネルがあれば同時にたくさん送れますよね?
(ラジオを思い浮かべて下さい。もし帯域が狭いと一局しか放送できないじゃないですか)

信号の速度を早めているわけではありません。また、信号の強度は「どの位中継器(増幅器)を使わずに遠くまで伝送できるか」に影響します。

では。

この回答への補足

ご回答ありがとうございました.

ただ,どうも腑に落ちない点があるんです.

帯域が広い→多チャンネル,というのは
周波数の有効利用には良い,と直観的に
分かるのですが,伝送容量とも関係ある
のでしょうか?

複数チャンネルを同時に受信すれば確かに
速くなりそうですが,それって同時に受信
するチャンネル数と同数の受信器が必要なの
では?

DSLのようなメタルの場合は,電圧の波のギザギザに
なってる所をデータ,緩やかに変化してるとこを
音声,のように1つの波形を受信して,異なる周波数帯に
分離するんだな,と納得できるんですが,
ある周波数の電波を受信するっていうのは,
その周波数に共振する回路をつくるんだって
大昔に高校で習った気がします.そうすると,
各チャンネル毎にそういう回路が要るような
気がするんですよね.

CDMA2000では同時に複数チャンネルの受信が
可能だって聞いたんですが,周波数帯の分割に
よる多チャンネル化をしている携帯電話の
伝送方式でも,基地局と端末間で周波数
チャンネルの多重化をしてるんでしょうか?

補足日時:2001/11/01 16:51
    • good
    • 0

私も素人ですが、1点だけ述べさせてください。


>要するに、電波の周波数はチャネルの棲み分けのために
>使われてて、情報はそのチャネルの電波の強弱として
>表されている。

ラジオのAM放送は仰るとおりですが、FM放送はそうではありません。基本になる周波数があってそこからどれだけ周波数がずれてるかで情報を伝えます。(FMはFrequency Modulation = 周波数変調 の略です。ちなみにAMはAmplitude Modulation = 振幅変調 の略です。綴りが違ってたらすみません。)

最近よく聞くブロードバンド=広帯域と上記の事がどう関係しているかは私にもよく判りません・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます.

> 基本になる周波数があってそこからどれだけ
> 周波数がずれてるかで情報を伝えます。

そうだったんですか!高校時代以来(何年前かは秘密)の
カルチャーショックです.目から鱗.

お礼日時:2001/11/01 16:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単位 μg/l と mg/m3 について

水中のクロロフィル濃度を示す単位でμg/l と mg/m3 の両方が使われていますが、
10μg/l と 10mg/m3 は同じ濃度と考えていいのでしょうか?
後者は気体中の濃度を示す単位のようですが...

どなたかお分かりの方、ご教授、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

同じ濃度です。

L(リットル)もm3(立方メートル)も体積を表す単位なので、
それが水でも空気(気体)でも使えます。


10μg/L=10×10^(-6)g/1×10^(-3)m3=1×10^(-2)g/m3

10mg/m3=10×10^(-3)g/m3=1×10^(-2)g/m3

Q狭帯域広帯域

狭帯域ノイズと広帯域ノイズの定義を教えて下さい。

私の認識は、
狭帯域:ある特定周波数のノイズ
広帯域:広い範囲(周波数)でのノイズ
という認識です。
狭い範囲・広い範囲の明確な区別はなんでしょうか?

中には、AM帯を狭帯域・FM帯域を広帯域と言い張る人もいますが本当でしょうか?

お忙しいところすいませんが、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

明確な区分はありません。 「相対的な表現」です。

1.ノイズは一般に、周波数の平方根に反比例します。
  μV/Hz^0.5

ですから、あるデバイス(増幅素子・LPF・etc)の特性を評価するとき、広帯域で見るのか、
狭帯域で見るのか、が問題になります。
狭帯域のローノイズアンプの製作は容易ですが、広帯域でローノイズ特性を持たせることは難しいです。

下記は周波数固定フィルタの特性例ですが、同じ物でも「周波数範囲が変わればノイズレベル
が異なる」ことに注目してください。
http://www.amtec-kk.co.jp/product/data_acquisition/fdi/d70_02.htm

2.周波数ーノイズ特性を評価するとき、広帯域か狭帯域かで視点が変わってきます。
下記はPLLの特性評価の一例ですが、狭帯域では信号近傍の位相ノイズを評価するのに対し、
広帯域では高調波やスプリアス信号などが評価対象となります。
http://www3.ocn.ne.jp/~sugai/pll/pll3.htm

こんなものもあります。
http://www.lab.kdd.co.jp/ina/data/31.gif

3.>AM帯を狭帯域・FM帯域を広帯域と言い張る・・・

そういう考え方もあるでしょう。
その人が、そう定義したのなら、それでよいと思います。

参考URL:http://www.amtec-kk.co.jp/product/data_acquisition/fdi/d70_02.htm

明確な区分はありません。 「相対的な表現」です。

1.ノイズは一般に、周波数の平方根に反比例します。
  μV/Hz^0.5

ですから、あるデバイス(増幅素子・LPF・etc)の特性を評価するとき、広帯域で見るのか、
狭帯域で見るのか、が問題になります。
狭帯域のローノイズアンプの製作は容易ですが、広帯域でローノイズ特性を持たせることは難しいです。

下記は周波数固定フィルタの特性例ですが、同じ物でも「周波数範囲が変わればノイズレベル
が異なる」ことに注目してください。
http://www.am...続きを読む

Q2000lは何m3?

2000lは2m3ですか?

Aベストアンサー

はい。

厳密には、気圧や温度により水の体積は変わりますが、、、
一般的な良識では、2立方メートルです。

Qパラボラアンテナから出る電波の周波数の測定方法

1~2mくらいのパラボラアンテナで、衛星通信の送受信に使われてるものなのですが、
そのパラボラアンテナから出ている送信電波、受信電波の周波数を測定するには、どのような器具でどういう方法を取ればいいのでしょうか?
また、測定に必要な費用、時間はどれくらいでしょうか?
また、送信電波、受信電波の波形も測定する方法はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

測定する目的は何でしょうか。
目的によってはわざわざ測定する必要が有りません。

スペクトラムアナライザで調べます。
安いものでも200万円ぐらいします。
http://www.home.agilent.com/agilent/product.jspx?nid=-33812.0.00&cc=JP&lc=jpn&pageMode=SC

送信の電波と受信の電波は電力が5~6桁も違うのでそのままでは見る事が出来ません。
二つの信号のレベルを同じぐらいにする必要が有ります。
送信電波は電力が大きいのでその一部を取り出して測定すればいいのです。
その為には方向性結合器又は分岐器を使用します。

受信電波は弱いので増幅器が必要です。
増幅器の入力に送信電波が混入すると増幅器が壊れるので、対策が必要です。
その為には方向性結合器とバンドパスフィルタなどを使います。

波形を見たいのであればオシロスコープが使えますが、衛星通信の周波数を直接見ようとすると数100万円するオシロスコープが必要です。
ただし、波形が複雑な為、オシロスコープの波形がどういう意味が有るのかを理解する事は困難です。
このような場合はリアルタイムスペクトラムアナライザを使用します。
こちらの方は安いもので600万円ぐらい、普通は1000万円を超えます。

測定する目的は何でしょうか。
目的によってはわざわざ測定する必要が有りません。

スペクトラムアナライザで調べます。
安いものでも200万円ぐらいします。
http://www.home.agilent.com/agilent/product.jspx?nid=-33812.0.00&cc=JP&lc=jpn&pageMode=SC

送信の電波と受信の電波は電力が5~6桁も違うのでそのままでは見る事が出来ません。
二つの信号のレベルを同じぐらいにする必要が有ります。
送信電波は電力が大きいのでその一部を取り出して測定すればいいのです。
その為には方向性結合器又は分岐器...続きを読む

Qmg/lからμg/m3に換算できません

初めて質問させてもらいます。

空気中の硫酸イオンをサンプリングし、イオンクロマトで測定した結果(mg/l)を
μg/m3に換算したいのですが、上手く換算できません。

吸引量は100リットルなのですが、どう計算すれば良いでしょうか?

どなたかお力をお貸しください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) 空気100リットルに含まれる硫酸イオンを捕集する。
(2) 捕集した硫酸イオンを水に溶かして V リットルの試験液を調製する。
(3) 試験液をイオンクロマトで分析して、試験液の硫酸イオン濃度を求める。←いまここ
(4) 試験液の硫酸イオン濃度から、捕集された硫酸イオンの質量を計算する。
(5) 捕集された硫酸イオンの質量から、空気1000リットルに含まれる硫酸イオンの質量を計算する。

それぞれの単位の定義を知っているかどうかだけでは、だめです。
捕集した硫酸イオンを何リットルの水に溶かしたかが、必要です。

Q50Hzのシンクロナスモータを60Hz地域で使用したいんですが。

http://revos.jp/sync.html
↑のACシンクロナスモータD5N5Z60M(50Hz)を組み込んだモノを
明日から4日間、奈良県で使用したいんですが、使用するにあたって
なにか支障がありますでしょうか?
組み込んだといってもAC直でコンセントがついてるだけです。

奈良県って60Hzですよね…
出張先で使いたかったのですが
すっかりその問題を忘れていました。
60Hzを50Hzに変換するアダプタ見たいなものとかあったりしますか?
そのまま使っても多少回転数が変わるだけでしたら使いたいんですが…。
どなたかご意見ありましたら宜しくお願いします。

Aベストアンサー

50Hzのシンクロナスモータを60Hzで使うと回転速度が正確に1.2倍になります。

電圧が100Vで同じなら、多少発熱が増えますが、発火するとか、壊れるとか危険なことは起こりません。

Q1molは何m3

0度、1アトムの標準状態における気体の体積は22.4L=1molと思うのですが、1mol=22.4Nm3の意味が分かりません。1m3って1000Lだから1mol=0.0224Nm3?変な質問ですみません。なぜ1mol=22.4Nm3なのでしょうか?

Aベストアンサー

誤植か(誰かの)読み間違いでしょうね.
1 kmol = 22.4 Nm3 です.

ちなみに Nm3 はノーマル立米というのでしょうか,標準状態換算の体積の特定業界用語的単位です.m3(STP) とかと同じです.

Q本州のAC50Hzと北海道のAC50Hzについて

本州の、たとえば東北電力のAC50Hzと北海道のAC50Hzとは直接接続できない、という話を
聞いたことがありますが本当でしょうか?(位相のわずかのずれのため?ってほんと?)
大震災で東北電力が北海道電力から送電してもらったという話はどうなのでしょうか。
JR津軽海峡線は函館まで交流電化していますが、これは本州のAC50Hzですよね。
この先、北海道新幹線の交流はどのようになるのでしょうか。

Aベストアンサー

福島駅の東北新幹線-奥羽本線間, 盛岡駅の東北新幹線-田沢湖線間は新幹線が 25 kV, 在来線が 20 kV なので交交セクションをはさんでいます. また, 長野新幹線は東京 (高崎) 方が 50 Hz, 長野方が 60 Hz (架線電圧はどちらも 25 kV) なので軽井沢付近にセクションがあります.

あと, 交流電化区間では変電所を境に位相が 90度異なる電流を流すのが普通なので, 変電所付近に交交セクションを設けますし, 「変電所A の饋電区間」と「変電所B の饋電区間」の間にもセクションが必要です.

参考URL:http://deadsection.image.coocan.jp/index.htm

QM3さくらで使用可能なMicro SDHCカードについて

所有するアニメのDVDを変換し、ニンテンドーDS用ソフトのM3さくらを使い、電車通勤中に視聴するという用途で使っています。
M3さくらの記憶媒体は、現在sanDiskの8GBのmicro SDHCカードを使っているのですが、DVDボックスのアニメを入れると2~3本で容量が一杯になってしまいます。
小まめにカードを出し入れするのが面倒なので、そこで容量の大きい16GBのmicro SDHCカードの購入を考えています。
ただ、相性問題が心配なので、M3さくらを使っている方で、16GBのmicro SDHCカード使ってる方がいましたら、どこのメーカーのものなのか参考に教えていただけますでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

最大で8GBとなっているので16GBは使えないのでは?
http://www.m3sakura.jp/
上の方の大容量micro SDHCの所を見てください。

Q60Hz使用のモータを50Hzで使用すると?

60Hz220V使用の単相モータ外国製(圧縮機)を日本200v60Hz又は50hzで使用できるのでしょうか?
また、このモータにインバータを組み込んだときどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

単相モータは三相モータに比べると複雑な挙動をしますので、どうなるか予測しにくいと思います。

使われてるモータは、コンデンサモータ(コイルが2個あって、片側にコンデンサが入っているタイプ)でしょうか。
そうだとすると、、。

  220V60Hzのモータを

1. 200V60Hzで使った場合

・#1さんが書かれているように、負荷がかかったときに電流が増えます。
・始動時のトルクが若干(?)下がりますので、圧縮機の特性によっては、始動しにくくなるかもしれません。
・多分大きな問題なく使えるとは思いますが、#1さんが書かれているように電圧をステップアップしたほうが良いように思います。

2. 200V50Hzで使った場合

使えないと思ったほうが良いかもしれません。

・コンデンサの入ってない側のコイルの電流が増え(鉄心の非線形現象のため、220V60Hzのときよりもかなり大きくなるとおもいます。)、コンデンサの入っている側の電流が減ります。トータルでは、電流が増えて、発熱が増える方向に行くように思います。
・モータのコイルを流れる電流のバランスが崩れるので、始動時のトルクが減ります。圧縮機の特性によっては、始動できない場合があるかもしれません。
・始動できた場合でも、回転数が下がって、モータを冷やす風量が下がりますので、温度が規定値よりも高くなるように思います。

3. インバータ駆動
どういう目的でインバータ運転するかにもよりますが

3-1 変速運転を目的
・単相モータは、周波数を変えての変速運転には向いてません。変速運転は不可と思ってよいかと。

3-2 60Hz供給を目的
モータとの相性次第という気がします。
・インバータのソフトスタート(周波数を徐々に上げて、電流を抑えながら、充分な始動トルクを出す運転)はうまく機能しないと思います。始動時に大きな電流が流れてインバータの保護機能が働くかもしれません。
・モータに繋がっているコンデンサとコイルの共振周波数が、インバータの発生する高調波成分と合致して、異常な電流が流れることがあります。

と、いろいろ不確実な要素が多いので、「使えるかどうかはモータや圧縮機の特性次第。実際のところは、やってみないと判らない」というあたりかと。

単相モータは三相モータに比べると複雑な挙動をしますので、どうなるか予測しにくいと思います。

使われてるモータは、コンデンサモータ(コイルが2個あって、片側にコンデンサが入っているタイプ)でしょうか。
そうだとすると、、。

  220V60Hzのモータを

1. 200V60Hzで使った場合

・#1さんが書かれているように、負荷がかかったときに電流が増えます。
・始動時のトルクが若干(?)下がりますので、圧縮機の特性によっては、始動しにくくなるかもしれません。
・多分大きな問題なく使えると...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報