お世話になります。
最近債務超過に苦しむ企業がよく活用する「プレミアム減資」って
具体的にどうすることなのでしょうか?
ご指導いただきたく、皆様よろしくお願いいたします。

A 回答 (1件)

●少々商法の知識がいるので、それがないと理解が難しいかもしれません。


●プレミアムとは、額面株式との発行価額と時価の差を言います。これまで、日本経済が良好なときは、発行価額より時価の方が高くそれが含み益となってました。
●しかし、景気の低迷などにより企業の株価も落ち、発行価額より、時価の方が低くなり、含み損が出てきました。
●商法上、資本金は発行価額×発行済株式総数です。これまで、発行価額より時価の方が高い場合は資本金以上に含み益がありました。しかし、時価がさがると、事実上、現実の資本がが帳簿上の資本金を割ります。だから、帳簿上の資本金を減資して、時価の水準まで下げることを「プレミアム減資」と言います。
●例えば、額面が10万で200株を発行してる会社は、資本金は2000万ですが、時価が5万だと資本は1000万になりますね。だから、帳簿の資本金を実際の資本金まで減資するのです。

 重大補足
以上の説明は、旧商法です。平成13年の商法改正で、額面株式がなくなり、全て無額面株式になりました。プレミアム減資は額面株式のみを発行している場合しかできません。ですから、改正商法では、どのようになっているかは、今のところ、勉強不足で知りません。ただ、主旨はわかっていただけましたら幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅くなり申し訳ございません。akarilove様のご助言で大変助かりました。ご指導誠にありがとうございました。

お礼日時:2001/12/01 14:23

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「融資の審査と貸借対照表の関係」

支払中の住宅ローンの支払い条件変更(支払の延長)を申請する時に提出
する書類で「貸借対照表」を出すよう言われました。

個人事業者で、青色申告を自分でやっているのですが、素人なので知らない
内にいい加減な帳簿付けをしているようで、まともな貸借対照表になって
いません(計算が合っていないようです)

web検索で見ると、青色申告では貸借対照表も申告に必要な書類となって
いるようですが、個人事業者は貸借対照表は付けなくても良いと言う話しを
聞いた事もあり、実は過去数年は添付して申告した事がありませんでした。
それでも税務署から指導を受けた事は有りません。(数年に渡りたまたま
見逃されてるだけ?)

融資先からは貸借対照表の提出は当然しているでしょう?、的に言われ
言い返せずに「用意します」と言って帰ってきました(笑)

貸借対照表の提出が「必須」で無いなら、融資先に出して無い事を伝えて、
それに変わる物を聞けますが、もし必須だとちゃんとした貸借対照表に
直さなければなりませんがどの項目が重要なのか分かりません。

そこでアドバイスをお願いします。

1/青色申告での貸借対照表の提出は必須ですか?

2/融資先が審査で貸借対照表を確認したいのはどこの部分ですか?

22日が提出日なので急いでいます。ご指導お待ちしています。

支払中の住宅ローンの支払い条件変更(支払の延長)を申請する時に提出
する書類で「貸借対照表」を出すよう言われました。

個人事業者で、青色申告を自分でやっているのですが、素人なので知らない
内にいい加減な帳簿付けをしているようで、まともな貸借対照表になって
いません(計算が合っていないようです)

web検索で見ると、青色申告では貸借対照表も申告に必要な書類となって
いるようですが、個人事業者は貸借対照表は付けなくても良いと言う話しを
聞いた事もあり、実は過去数年は添付して申告した事があ...続きを読む

Aベストアンサー

青色申告の条件の帳簿については下記のとおりです。
従って「現金出納帳、売掛帳、買掛帳、経費帳、固定資産台帳のような帳簿」で貸借対照表に代えられることになります。
必ず貸借対照表があるということでもないわけです。
でも融資を受ける場合は、このことはかなり意外な実情でしょう。上記の帳簿では貴方の信用状態を人目で判断するのが困難であるからです。

ないものは仕方がないので、申告書とその元になったはずの上記の帳簿類をお持ちになって相談されるのが良いでしょう。
ここでいい加減なものを作るよりも実情を正直に言うほうがよいのではないでしょうか。
先方が見たいのは多分事業の入金と出金ではないかと思います。
小さな事業ではそれで大体の判断は付くと思いますので。

--------------------------------------------------
青色申告者の帳簿書類とその保存
 青色申告の記帳は、年末に貸借対照表と損益計算書を作成することができるような正規の簿記によることが原則ですが、現金出納帳、売掛帳、買掛帳、経費帳、固定資産台帳のような帳簿を備え付けて簡易な記帳をするだけでもよいことになっています。
 これらの帳簿及び書類などは、原則として7年間保存することとされていますが、書類によっては5年間でよいものもあります。


http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm

青色申告の条件の帳簿については下記のとおりです。
従って「現金出納帳、売掛帳、買掛帳、経費帳、固定資産台帳のような帳簿」で貸借対照表に代えられることになります。
必ず貸借対照表があるということでもないわけです。
でも融資を受ける場合は、このことはかなり意外な実情でしょう。上記の帳簿では貴方の信用状態を人目で判断するのが困難であるからです。

ないものは仕方がないので、申告書とその元になったはずの上記の帳簿類をお持ちになって相談されるのが良いでしょう。
ここでいい加減なものを作る...続きを読む

Q不良債権をまじめに処理すると大銀行は債務超過に陥るのでしょうか?

不良債権をきっちり処理すると大銀行でも債務超過に陥る可能性があるのでしょうか?
もしそうなら、すでに日本の経済は死んでいるのと同じです。もしそのような状態なら、即刻その大銀行を国有化すべきではないでしょうか?

Aベストアンサー

補足をいただきましたが、私の意見だけしかここには出ていないので片寄りすぎるかも知れません。

今回ブッシュ大統領が来て、歯切れの悪い記者会見をしましたが小泉首相を非難する形をとれば、また橋本一派の反対勢力により

構造改革は益々遅れることを懸念しているからで、実際は3兆円も不良債権が増えていることなど心配事は多いのです。

つまり今まで90年頃から歩いた道をもう一度繰り返そうとしている訳ですが、痛みが数年先になる方がイイということなのか

関心がないのか、怖いことは考えたくないのか、一般国民も構造改革には約半数が諦めながらほっとしているように見えます。

いずれにしても役人、役所は減らないし、各企業、銀行も自分の担当責任でない時に何か起こればよいという姿勢ですから

日本には期待をしない方が後になって寂しい思いをしなくてよいのでは...と悲観的に考えています。

私ばかり書いても仕方ないので、一つ別のURLを紹介して終わりますが、あくまで個人的な意見ですのでご容赦ください。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=219159

補足をいただきましたが、私の意見だけしかここには出ていないので片寄りすぎるかも知れません。

今回ブッシュ大統領が来て、歯切れの悪い記者会見をしましたが小泉首相を非難する形をとれば、また橋本一派の反対勢力により

構造改革は益々遅れることを懸念しているからで、実際は3兆円も不良債権が増えていることなど心配事は多いのです。

つまり今まで90年頃から歩いた道をもう一度繰り返そうとしている訳ですが、痛みが数年先になる方がイイということなのか

関心がないのか、怖いことは考えた...続きを読む

Q月次貸借対照表

月次の貸借対照表の作成を急いでしないといけないことになったのですが、作成の方法がいまひとつわかりません。

・資本金等の移動がない月は貸借対照表に資本金の項目がなくてもいいのか

・売掛金のような資産の勘定科目でも、

普通預金2,000,000/売掛金2,000,000

売掛金の一か月の動きが上記のものしかない場合、売掛金を負債の項目として記入しても良いのか

・月次の貸借対照表と損益計算書の当月純利益は同一の値になるのか。

以上の三点について回答をお願いします。
また、月次の貸借対照表の作成方法についてわかりやすいサイトなどありましたらご教授ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

期末とおおむね同じ考え方でつくりゃいいぜ。


貸借対照表ってな、いま財布に入ってる現金みてぇに、特定の時点での残高を載せるもんだ。動きのない勘定科目も、残高がある限り、前月と同じ金額を載せるようにするといい。


勘定科目はそれぞれ、資産、負債、純資産のどれに含めるのか一般的な決まりがあるよな。それに従ったほうがいいだろう。残高がマイナスでも、一般的な決まりに従ってマイナスのまま載せりゃいいってことよ。

このときに気を付けたいことがふたつあって、ひとつは残高を載せるってことは、前月載せてた金額に今月の動きを足し引きした金額を載せるってことで、動きだけを載せるもんじゃねぇってことだ。もうひとつは、残高がマイナスとなる場合にゃ、仕訳間違いや計上漏れみてぇなミスをしでかしてることがある。重点的に確認して、問題がなけりゃマイナスのまま載せりゃいいってこった。


当月純利益は、利益剰余金の内訳として貸借対照表にも載せるってことかい?そうだとしたら、同額になるぜ。

Q債務再編とは具体的にどんなことなのでしょうか?

詳しい方がおりましたら教えてください。

先ほどニュースを読んでいましたら、
債務再編というキーワードが出てきました。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/greece_crisis/?1303204505

債務再編とは具体的にはどんなことを行なうのでしょうか。

教えてくださいませ。

Aベストアンサー

 債務再編ですが債務の減免になります。例えば債務元本のカットだったり、債務交換による返済期間延長でして、平たく言うと借金をある程度棒引きしてくれないかということです。当然債権者には損失部分の負担をお願いするわけなので難航します。

 と書きましたが、それは債務不履行(デフォルト)と言うのでは?どこが違うのと言われると…難しいです。強制的ではなく話し合いで…という違いぐらいしか無いような気がします。なのでほぼ同意なのですが欧州各国は債務不履行=財政破綻と言いたくないのでこのような言い回しをしているのだと思います。

 なおギリシャが債務再編となれば、債権者に当然負担がかかります。債券者も財政的に苦しければ財政がより悪化する可能性が高くなり(もしくは高くなると市場が見る)連鎖的に債務再編に追い込まれる可能性が出てきます。

Q本支店会計の貸借対照表では当期純利益はわからない?

109回の第3問の本支店の貸借対照表・損益計算書を作成する問題で
このような問題の場合、貸借対照表を見ただけだと
当期純利益と残高試算表の繰越利益剰余金が合算しているため
当期純利益がいくらだったのかはわからないものなのでしょうか?

残高試算表、損益計算書を参考にしなければ
貸借対照表では当期純利益はわからないのですか?

これは本支店会計だからそうなのかたまたまなのか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本支店会計に限らず貸借対照表で当期純利益はわかりません。

基本的に貸借対照表と損益計算書の作成は義務であり、両方がセットで提出されます。
そのため損益計算書を見れば当期純利益はわかるので、貸借対照表でわかる必要性はありません。

Q粗債務と純債務

粗債務と純債務

下記の論理により、日本は財政危機ではないと主張される学者がいます。
「消費税は0%にできる」 菊池英博  ダイヤモンド社

読んでみて「目から鱗」の指摘が随所にありました。

日本は純債務でみると決して財政危機ではないとのことです。
反論を唱える指摘があるでしょうか。
どなたかご教示いただければ幸甚です。

[以下 主要部コピー]

政府債務を把握する指標には、「粗債務」(資金の借り入れ・保証な
どの債務)と「純債務」(粗債務から政府が保有する金融資産を控除
したネットの債務)の二つがあり、一国の債務をもっとも正確に表す
のは純債務であるというのが国際的に共通の理解である。

それは当然で、いくら借金があってもそれに見合う資産があれば問題
はない。
実際、アメリカもこの純債務という指標で日本の財政状況を見ている。
ところが、日本の政府は粗債務だけでもって、財政危機を煽ってきた
のである。

 [別途 コピー]

日本は世界一、財源に恵まれた国であり、財源はいくらでもある。
第一に「国家備蓄金」がある。財政区分には「一般会計」と「特別会計」
があり、政府保有の「金融資産」は「特別会計」に含まれており、
特別会計には100兆円を超す「国家備蓄金(「埋蔵金」)がある。
次いで、外貨準備(主にアメリカ国債に投資)の運用益(特別会計
で毎年発生する)があり、国民の積立金である社会保障基金(200
兆円)も新規国債発行の担保になる。
しかも、国民の個人預貯金は1500兆円を超しており、過去数年間
で年平均毎年30兆円も増加してきた。
こうした国民のおカネを日本国民のために活用すれば、増税なしで、
医療費も年金も賄えるし、経済を成長させ、失業をなくし、国家を再興
できるのだ。

粗債務と純債務

下記の論理により、日本は財政危機ではないと主張される学者がいます。
「消費税は0%にできる」 菊池英博  ダイヤモンド社

読んでみて「目から鱗」の指摘が随所にありました。

日本は純債務でみると決して財政危機ではないとのことです。
反論を唱える指摘があるでしょうか。
どなたかご教示いただければ幸甚です。

[以下 主要部コピー]

政府債務を把握する指標には、「粗債務」(資金の借り入れ・保証な
どの債務)と「純債務」(粗債務から政府が保有する金融資産を控除
したネット...続きを読む

Aベストアンサー

> 反論を唱える指摘があるでしょうか。どなたかご教示いただければ幸甚です。

とりあえず、現状が間違っているように思います。


財務省発表による日本政府の連結ベースでの貸借対照表(平成20年度なので21年3月末現在)によれば、政府の持つ資産は772兆円ですが、その内268兆円は換金性のない有形固定資産です(例えば道路を売るわけにはいかないでしょう?)。この他にも例えば棚卸資産などの非金融資産はありますが、ざっくりと言って金融資産は500兆円程度です。

負債の部を見ると、公債と公的年金預かり金と郵便貯金(郵便貯金も連結されていますし、郵貯からみれば負債になります)を合わせただけで、750兆円程度です。これだけで250兆円の純債務です。

政府単体(一般・特別会計の連結ベース)だと更に酷く、金融資産がざっくりと450兆円であるのに対して公債金が680兆円、年金預かり金は136兆円を合わせて816兆円です。これだけで360兆円ほどの純債務です。

これらは、年金預かり金という科目があることからも分かるように、これからの年金支払額については全く考慮されておらず単に預かった分を返すだけという仮定に基づいて計算されています。したがってこれらの純債務は、かなり控えめな額です。

ttp://www.mof.go.jp/jouhou/syukei/fs/2010.htm

> 第一に「国家備蓄金」がある。・・・国債発行の担保になる。

この辺りは上記計算上考慮されています。

> しかも、国民の個人預貯金は1500兆円を超しており、過去数年間で年平均毎年30兆円も増加してきた。

これは政府のお金ではありません。
しかも1500兆円は預貯金ではなく金融資産全体であり、当然有価証券などを含んでいます。更に、負債が約400兆円前後あります。資産・負債差額は大体1000兆円程度です。因みにここ数年は減少傾向です。



おそらくは、菊池氏の見ているデータが古いのではないですかね? 全体に10年近く前のデータのような感触を受けました。

> 反論を唱える指摘があるでしょうか。どなたかご教示いただければ幸甚です。

とりあえず、現状が間違っているように思います。


財務省発表による日本政府の連結ベースでの貸借対照表(平成20年度なので21年3月末現在)によれば、政府の持つ資産は772兆円ですが、その内268兆円は換金性のない有形固定資産です(例えば道路を売るわけにはいかないでしょう?)。この他にも例えば棚卸資産などの非金融資産はありますが、ざっくりと言って金融資産は500兆円程度です。

負債の部を見ると、公債と公的年金預かり金...続きを読む

Q簿記 貸借対照表

2月の簿記試験に向けて独学で勉強を始めました。
問題集の最後の最後、決算整理前残高試算表から損益計算書と
貸借対照表をつくる問題でつまづいてしまいました。
損益計算書はできるのですが、貸借対照表の作成方法がわかりません。
大原の参考書を使っているのですが、あまり詳しく載っていません。
貸借対照表の金額の貸方と借方の分け方等わかりやすく詳しく
説明の載っているもの、サイト等教えてください。

Aベストアンサー

ここなんかわかりやすいと思います^^

参考URL:http://www.bookkeep.info/

Q株式合併(減資)とは?

株式 初心者です

いったい?どんなことなんでしょう?

Aベストアンサー

減資には、実質的減資と名目的減資があります。
実質的減資は、資本金を減らして、資本金の減少額を現金で株主に返却します。

名目的減資は、バランスシート上の欠損金と資本金を同時に減額することで、資本金が減少した分だけ、繰越欠損金が無くなる、と云う効果があります。

一般的に減資というと、欠損金を整理するために行なう
名目的減資を云います。

100%減資でない限り、株価には影響が無いとされていますが、業績に不安があれば株価は下がります。
100%減資の場合は、株式の価値はなくなります。

100%減資をすると資本金は0になってしまい、会社が存続できませんので、清算することになります。
会社を再建のために存続するには、一旦100%減資をしてから、新たに増資をします。

Q貸借対照表で事業主貸、借がマイナスに、、、

昨年から青色申告ソフトでの申告をしていますが、始めてマイナスといった数字がでてきました。
貸借対照表の資産の部の事業主貸  -145028
貸借対照表の負債、資本の部で事業主借  -3332117

貸借対照表の意味がいまひとつ解らず、このマイナスの意味するところは何でしょうか?
貸したお金がマイナス、、
借りたお金がマイナスとは何かミスしてますでしょうか?
会計ソフトでない時は数字を合わせるようにしてしまって貸借対照表の意味が解っていないようで、、すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

事業主貸、事業主借がマイナスになってはいけません。仕訳の際、事業主貸と事業主借の使い方が逆になっている可能性があります。

例1)生活費を引き出す
(借方)事業主貸 ×××/(貸方)現金 ×××
例2)交通費を事業主が立替える
(借方)旅費交通費 ×××/(貸方)事業主借 ×××

質問者さんの場合、上記の仕訳で事業主貸とすべきところを事業主借と仕訳されていないでしょうか。
仕訳の際、事業主貸は借方(左側)のみ、事業主借は貸方(右側)にしか使いません。おそらくこれを間違われていると思います。

Q増資、減資

「増資、減資」は資本金の変更であって、必ずしも株数の変更等を伴う
とは限らないのでしょうか?

Aベストアンサー

>株価が定款に定めてあります。株数の変更を伴います。

 普通、株価を定款に定めてあるなんて考えられません。
かつての、額面株式なら5万とかあったのですが、もし公開会社で株価を定款に定めてあったら、株価が変動したら定款変更で株主総会決議が必要というおかしなことになりかねません。私自身登記簿や定款で株価を定めた会社など見たことないです。
 これは、間違いです。

 増資にもいろいろ原因がありまして、いわゆる新株発行なら、株数と資本金の増加がおきます。ただ、自己株式の割り当てなら、株数は変動しません。
 また、準備金の資本組入れならば資本の増加のみです。

 反対に減資ですが、これも、資本金のみの減資があります。
また株式のみの消却なら、資本は減りません。

>「資本と株式との切断」ということなのか分かりませんが、例えば資本金の減額(減資)を行っても株数は減らさないこともあるやに

 かつては、ある程度あったりしたんですね。減資の際に株式を強制消却するとかあったんです。これなら減資と株式の消却がセット。
 現在の会社法はこういうのは全く無いので、資本と株式の関係は切断されてますね。

>株価が定款に定めてあります。株数の変更を伴います。

 普通、株価を定款に定めてあるなんて考えられません。
かつての、額面株式なら5万とかあったのですが、もし公開会社で株価を定款に定めてあったら、株価が変動したら定款変更で株主総会決議が必要というおかしなことになりかねません。私自身登記簿や定款で株価を定めた会社など見たことないです。
 これは、間違いです。

 増資にもいろいろ原因がありまして、いわゆる新株発行なら、株数と資本金の増加がおきます。ただ、自己株式の割り当て...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報