AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

薬学を学んでいます。その薬が有効であるかを調べるのに統計学を用いています。統計学でわからない箇所があるので、教えて下さい。統計学はあまりよくわかっていません。                    薬の有効性を調べる際、『有意水準95%の正常者』と、『正常者の95%が含まれる値を正常値とする』のでは、違いがあるのでしょうか?          具体的には・・・                  100人の正常者と思われる対象から得られた値の平均値が155、標準偏差25であるとき、                           1)有意水準95%の正常者の平均値の区間推定値         2)「正常者の95%が含まれる値」を正常値とする時の正常値の範囲                                         を求めたいのです。                                      どちらかは「標本値±信頼度×標準誤差」の式を用い、この場合、155±1.960×25÷√100 だと思うのですが。。。                    どうぞよろしくお願いします。                       

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

質問が私には理解できなかったので関係しそうなサイトを


http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。                                    教えていただいた、サイトに行ってみましたが、私の学力不足と、問題が特殊なようで、答えはみつけられませんでした。                                         もっと理解を深めてから、この問題について考えていきたいと思います。                教えて頂いたサイトはこれからも利用させていただきます。                     ありがとうございました。                 

お礼日時:2005/09/06 21:30

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング