もうすぐクリスマス。そして初詣に出かけます。ところで神社に参詣したとき柏手を打ち拝礼しますよね。お寺でそんなことをしたら笑われるだろうし叱られるかもしれません。どうして神様の前で音を響かせるような柏手を打つのでしょうか。特にその由来や意味について教えてください。
 第二に通常神社での拝礼は二礼二拍手一礼と言われていますが,そのように回数を決めている典拠はなんでしょうか。どうして最初に2回礼拝をするのでしょうか。1度目の礼拝と2度目の礼拝には意味が違うのでしょうか。2度の柏手についても同様です。最後の一礼の意味は最初の二礼と意味が違うのでしょうか。最初のように二礼でなく一礼なのはどうしてでしょうか。
 きっと誰かがそう決めたからそうなっているのでしょう。でもこのワケがわかるとお寺で柏手を打ってはいけない理由もわかるのでは‥と希望しています。

 別の問題ですが同じ字の人を迎えたり讃える拍手(はくしゅ)の起源は全く別なのでしょうか。これについても御存知でしたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

2礼2拍手1礼が基本ではありません。


本当は4礼8拍手1礼です。
略式として、2カ所ご指摘の出雲大社と大分の宇佐八満神宮が2礼4拍手1礼です。
多くが略式の略式として2礼2拍手1礼となっているようです。
4,8,1というのはよく四方八方を固めるとかいいますが、そのから来ているようです。私は神主ではないので
わかりませんが、日本で1カ所万の神を祭っているところ
が、茨城県北茨木市磯原町の皇祖皇太神宮です。
磯原駅下車徒歩2分です。ここの神主なら、柏手の謎も
明快に解決してくれます。尚この神社は伊勢神宮の内宮だったことから、8という数字はなごりと思います。

この回答への補足

 お答えありがとうございます。四礼八拍手一礼が基本ですか。四方八方と起源が同じ‥‥なるほど。日本の神道がシャーマニズムに起源を持ち八百萬の神々を奉ることに思いを巡らせればさもありなむ‥‥と思います。
 北茨城市ですか‥地理不案内でわかりませんが,いつか機会に恵まれましたら是非その宮司さまに教えを請いたいと思います。
 amatelsさんは神職とは関わりがないとのことですが「四礼八拍手一礼が基本」というようなことを御存知ということは,皇祖皇太神宮の氏子さんで,その宮司さんのお話を日頃からお聞きになっているからでしょうか。あるいは小中学校などの郷土史の授業の教材などに取り入れられているからなのでしょうね。普通の方が御存知のことが不思議というかスゴイ‥と素直に思います。
 amatelsさんのお答えを私なりに理解すると,四方八方の神々に対して拝礼し陰陽的調和を祈念する柏手を打ち最後に畏敬の一拝を捧げるというのが,そもそもの神前での拝礼ということでよいのでしょうか。そして現在神社本庁で定める「二拝二拍手一拝」はその根拠は現在のところ不明ですが,その簡略版というところでしょうか。‥‥でもどうして「二拝二拍手‥」にしたのでしょうね。ジョークですが四苦八苦を避けたから‥‥ナンテね。
 欲バリなことですけれど,できれば四拝八拍手一拝の文献的典拠など知ることができたらこれからの季節柄,初詣などの折博識ブルことができるのですが‥‥(^^ゞ

補足日時:2000/12/06 19:05
    • good
    • 1

補足の補足です。

皇祖皇太神宮の神主の息子さんから
直接聞きました。その方も何を根拠にいっているのかわかりません。 私の知っている事はこれだけです。

この回答への補足

 amatelsさん丁重なお答えありがとうございます。私の質問の現在の理解状況は前の「補足」の項で示したとおりです。神社本庁で二拝二拍手一拝と定めている文書は「神社祭式作法」ですが根拠は書いてないみたいです。少し時間をかけて大学などの図書館で調べるか,神職養成課程のある学校の先生に聞いてみるなどしてみたいと思っています。神社本庁とは別に独自に拝礼作法を定めている神社では4,8,16のような2の数乗の回数を基本としているみたいですね。
 本題からはずれますが,誰かにちょっと聞いて知っている程度だった天津教,竹内文書関係でしたが,今回web上をみてみると独自に研究している方がたくさんいることに驚きました。私はその領域はあまり興味がある方ではないのですが,磯原と富山の皇祖皇太神宮は祭礼のある日に機会をみつけて行ってみたい気がしました。やはり11月と8月ですね。
 私は宗教的儀礼に関心をもっています。また質問したときはよろしくお願いします。ほんとにありがとうございました。

補足日時:2000/12/15 00:32
    • good
    • 1

補足です。

 私は個人的興味で調査しているだけです。
私はほんとに神社とはあまり関係ありません。あまりというのは地元で、神事の祭りに参加しているくらいで、ぴーひゃらと笛を吹いているくらいの関係しかありません。
文献とまでは行かないですが、本が出ています。竹内文書の解説本関係にあります。ジャンルは心霊とか心理学とか摩訶不思議分野です。
私も竹内文書に少しはまっています。内容は信じられませんが。
だから知っているだけです。といってもそこへは先月行って来ましたが。でも近いわけではなく名古屋から行きました。遠かったです。(上野から特急で2時間半)でもいった価値はありました。 一生で一度は行く価値あります。

この回答への補足

 重ねてのお答えありがとうございます。皇祖皇太神宮は竹内巨麿の神社でしたか‥‥気がつきませんでした。
 あの‥前のお答えの,四礼八拍手一礼が基本で四方八方と起源が同じ‥‥が書いてある書名など教えて頂けますか。竹内文書関係の解説本も多数あるようで,amatelsさんに教えていただいたことを自分で確認したいのですが当該本がわかりません。よろしくお願いします。ひょっとすると皇祖皇太神宮の宮司のお話からですか。

 私なりに柏手の数について少しweb上を彷徨ってみました。神職関係者のサイトの掲示板でも今年8月に話題になっていたところがありました(http://www.jinja.or.jp/)。関係者も入って数人でのやりとりで様々な面からの見解が述べられており素人の私には勉強になりました。しかし拍手の数の決定的お答えには至っていないようでした。‥‥やはり私同様の疑問を持たれる方がいらしたわけです。

 私が考える神社本庁で二拝二拍手一拝と定められている理由‥例えば一拝一拍手一拝でなく複数回数の拝礼や拍手を打つのは,日本神道が一神教でなく八百萬の神々を奉っていることを顕示するためではないかと勝手に推定したりしています。古式の拝礼をいくら簡略化しても一拝一拍手には決してならないのは信仰の本質を示すため‥‥これは全く根拠なくこの数日みなさまのお答えを読ませていただきながら私なりに考えたことです。ご批判やご意見もお待ちしています。

 今年の南北朝鮮の首脳会談や中国での外交的行事で拍手の場面が目についてしまいます。これは戦前の大日本帝国占領時の天皇に対する拍手を現在の君主に対して用いていたりするのでしょうか。monosirihakaseさんも拍手を「我が国独特の礼法‥‥昔は神様にお参りするときだけでなく天皇さまに対し奉りても拍手を行ったようです」と仰せですし‥‥。それとも文字は同じでも全く関係ないものなのでしょうか。

 ここのページはもう暫く開いておきます。皆さんが初詣に行かれて運良く宮司さんにお話を聞ける機会に恵まれた方によろしければ教えていただければ‥‥と思っています。

補足日時:2000/12/07 22:40
    • good
    • 0

数字に関しては意味がありそうな、なさそうなって感じしますよね。

でも何か意味があるのでしょう。
「二」から考えられるもの。国産みの二柱なんかが想像されますが、関係ないのでしょうか?

この回答への補足

 おわかりのことがありましたら教えてください。よろしくお願いします。二拝二拍手一拝と神社本庁により明確に定められているわけですから何らかの根拠があるように思います。他方で根拠を明らかにしないことに逆に意味があるのかな‥と深読みしたくなるくらいです。きっと陰陽的意味づけがあるのでは‥と推定しています。

補足日時:2000/12/06 06:40
    • good
    • 1

二礼二拍手一礼


 作法上の正しい言い方では、『二拝二拍手一拝』といいます。拝も拍手も神様を敬う敬礼作法の一つです。
 『拝』は、神様に対し頭を下げて敬う、自然な気持の現れから行われる作法ですし、『拍手』は、もともと驚いたり、とても喜んだりしたときに自然に手を打ち合わせて自分の心情を表すという、我が国独特の礼法なのです。昔は、神様にお参りするときだけでなく、天皇さまに対し奉りても拍手を行ったようです。
 以前は礼に礼を尽くして、拝や拍手をそれぞれ何度も繰り返していたようで伊勢の神宮では、現在も『八度拝』という作法を行っています。
 漢籍に「禮之用和為貴(れいのようはわをもってとうとしとす)」とあり、つまり礼の要は敬う心と、和の心の一致をもってよしとするとあり、「拝」は敬の心、「拍手」は和の心であり、その二つを合わせて行うことは最も敬虔な気持の現れであると言えます。
 いづれにしても、神様を敬い、自分の心を伝える重要な作法ということが出来ます。

参考URL:http://www.jinjahoncho.or.jp/ja/index.html

この回答への補足

 お答えありがとうございます。かつて拍手や礼拝は参拝するものの気持の表れということで,たくさんするほど良いということですね。一般向けの神道解説書によりますと戦前では二拝二拍手二拝が一般的だったそうです。現在でも伊勢神宮では仰せのように「八度拝」「八開手」ですし出雲大社では「二礼四拍手一礼」ということです。戦後神社本庁において「二拝二拍手一拝」と決めたようですが,その典拠は一般向けの本やご指摘の神社本庁web pageでは答えを見つけることはできませんでした。
 屁理屈を言うと拝礼と拍手が畏敬を最大限に示す行為ということで回数が問題でなく気持の深さが大切ということであれば「一拝一拍手」か最後にもう一度拝礼して「一拝一拍手一拝」が究極の拝礼となるのかも。
 そこを「二拝二拍手一拝」と決めているのにはきっと理由づけがあるように思います。「二拝二拍手」の二度ということに特別の意味があるのかもしれませんし,1回目と2回目の拝礼や拍手は同じことの繰返しでなく意味が違っているのかもしれません。拍手が「和」とは陰陽的謂われがあるようですから,きっと二の数字に意味があるのでは‥と思っています。
 何か御存知でしたら教えてください。

補足日時:2000/12/05 18:20
    • good
    • 0

えーと…


本当のところはさっぱり判りませんが、
私が小学生の頃聞いた話しでは、
神社の神様は忙しくて、疲れて寝ていることもあるから、
手を叩いてその音で起こす、気付かせるんだと聞きました(笑)

お寺は、仏様ですよね。
仏様は静かに眠っているから、手を叩いて起こしてはいけないんだと、聞きました

二礼二拍手一礼については判りません~^^;

この回答への補足

 お答えありがとうございます。あの‥ボケで申し訳ないのですが‥‥眠っている神さまは起こしてよくて仏さまは起こしてはいけないのはどうして‥‥と子どもに聞かれたらどう答えましょう‥‥お寺の仏像(御本尊)は座っているか立っているような気がしますが,あれは眠っているのでしょうか。涅槃像は横になられているようですけど。
 こういう事って誰に聞いたらよいのでしょう?とても不思議です。
 また何かわかりましたらレスつけてください。

補足日時:2000/12/04 18:54
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q寺院で柏手は変ですか?

寺院で柏手は変ですか?

明けましておめでとうございます
新年最初の質問です。宜しくお願いします

昨日初詣に、ある大きな寺院にお参りした折のことですが

お賽銭を入れ、鈴を鳴らし、二拝し、
パンッ!!パンッ!!と柏手を二つ、…

其の時です!私の周りにいた見知らぬ人たちが
エッ?!!と言うような顔をして私の方をチラ見したのです

そしたら夫が石段を降りながら「ここは神社じゃないから」と
言いました


そうなんですか!寺院で柏手は変なのですか?
皆さんは寺院で柏手は打たないんですか?

Aベストアンサー

やー。おんなじことやっちゃいましたよー。近くのお寺に初詣にいって、パンパンやっちゃいましたよー。で、帰り道に、「……あれ? ここって神社じゃなくてお寺だっけ? あれ、柏でうっちゃまずかったかなー?」とようやく気がつきましたー。でも、やっちゃったもんは、今更ですねー。

そりゃー、神社とお寺は違うものですよー。わかってますよー。でもねー、そーゆーこといっちゃったら、そもそも「初詣にお寺にいって拝む」という時点で、既に間違ってますよねー。お寺は修業の場であって、神様にお願いする場所じゃないですねー。

でも、どこのお寺も、「初詣は、○○寺へ!」とか宣伝してますねー。こりゃー、もーお寺さんのほーで、「そういう昔からの伝統文化とかはちょっと脇において、とりあえず金になるから初詣オッケーね」と考えてるわけでしょー。なので、そんなにくよくよしきたりだの伝統だの考えなくてもいーと思いますよー。柏手は、「しきたりではこうだから」とかでなくて、ただ単に「人と違うことすると恥ずかしいからやらないほうがいいかも」程度に考えればいーと思いますよー。

そもそも、世の中には、昔はお寺だったけど途中で神社にしちゃったとか、その反対とか、そーゆーところもあちこちありますねー。けっこーお寺さんや神社さんのほーでも「まあ、どっちでもいいもんね」とゆー感覚がだいぶ昔からあったんですねー。

本当に悟りを開いた立派な心の仏様たちが、ちょこっと作法を間違えたぐらいで怒ることはないでしょー。別に、柏でうちたきゃうってもいーのいーの。大事なのは、あなたの心。あなたが心から神様を大切に思っているなら、神様は何を間違えようがきっと大目に見てくれますよ。信仰の形は時代によって変わるもの。形式が大切なんじゃない、大切なのは心。

やー。おんなじことやっちゃいましたよー。近くのお寺に初詣にいって、パンパンやっちゃいましたよー。で、帰り道に、「……あれ? ここって神社じゃなくてお寺だっけ? あれ、柏でうっちゃまずかったかなー?」とようやく気がつきましたー。でも、やっちゃったもんは、今更ですねー。

そりゃー、神社とお寺は違うものですよー。わかってますよー。でもねー、そーゆーこといっちゃったら、そもそも「初詣にお寺にいって拝む」という時点で、既に間違ってますよねー。お寺は修業の場であって、神様にお願いする...続きを読む

Q初詣の時期と二礼二拍手一礼の方法

正月は風邪を引いてしまい初詣にいけなかったので明日か明後日に行こうと思っているのですが、三日までに行かないと意味ないですかね?後、二礼二拍手一礼のやり方で、二拍手の時は右手を少しずらしてやるのは知っていますが、祈念する時はそのずらした手は戻すのでしょうか?それとも、戻さずにずらしたまま祈念するのでしょうか?情けないですが教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

二拍手は、 手の平を合わせて、右手を少し後ろへ下げる。
肩幅ほどに両手を開いて、柏手を2回打つ。
再び、「両手をあわせ、揃えて」祈念をこめて、手を下ろす。

Q神前で柏手を打つのはどうして

 もうすぐクリスマス。そして初詣に出かけます。ところで神社に参詣したとき柏手を打ち拝礼しますよね。お寺でそんなことをしたら笑われるだろうし叱られるかもしれません。どうして神様の前で音を響かせるような柏手を打つのでしょうか。特にその由来や意味について教えてください。
 第二に通常神社での拝礼は二礼二拍手一礼と言われていますが,そのように回数を決めている典拠はなんでしょうか。どうして最初に2回礼拝をするのでしょうか。1度目の礼拝と2度目の礼拝には意味が違うのでしょうか。2度の柏手についても同様です。最後の一礼の意味は最初の二礼と意味が違うのでしょうか。最初のように二礼でなく一礼なのはどうしてでしょうか。
 きっと誰かがそう決めたからそうなっているのでしょう。でもこのワケがわかるとお寺で柏手を打ってはいけない理由もわかるのでは‥と希望しています。

 別の問題ですが同じ字の人を迎えたり讃える拍手(はくしゅ)の起源は全く別なのでしょうか。これについても御存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

2礼2拍手1礼が基本ではありません。
本当は4礼8拍手1礼です。
略式として、2カ所ご指摘の出雲大社と大分の宇佐八満神宮が2礼4拍手1礼です。
多くが略式の略式として2礼2拍手1礼となっているようです。
4,8,1というのはよく四方八方を固めるとかいいますが、そのから来ているようです。私は神主ではないので
わかりませんが、日本で1カ所万の神を祭っているところ
が、茨城県北茨木市磯原町の皇祖皇太神宮です。
磯原駅下車徒歩2分です。ここの神主なら、柏手の謎も
明快に解決してくれます。尚この神社は伊勢神宮の内宮だったことから、8という数字はなごりと思います。

Qお寺らしからぬお寺、どう考えたら??

気持ちに引っかかる事があり相談させていただきます。
この質問は他カテにて無回答ゆえそちらを削除しここで再チャレンジしたものです。
実は当方、継承者不在の事情により、自身と母の遺骨の往き先として「永代供養墓」を探していた所、わりあい満足できそうな「公園型霊園」を見つける事ができ、経営主体である寺のご住職に面会させてもらったのです。ところが・・・

神奈川県に有る寺なのですが、自宅の脇に遺骨預かり設備を主とした本堂(改築中にて元の姿は不明)が有るのみで境内とも言い難い簡素なもので、お墓が全く無いのです。小さくとも寺らしいたたずまいや住職以外のお坊さんの存在などを期待していた当方としてはかなり拍子ぬけしてしまったのです。

〇 宗派は「単立(浄土真宗東本願寺派)」
〇 1970年に宗教法人の承認、当該霊園の霊園認可番号もきちんとしてます。(市にも問い合わせ済み)
〇 祖父の代から愛知県で寺をしていて、自分自身は今までは墓には関わってこなかったが、今から四年前にこの霊園を開くにあたり墓に関わりだした。(住職の説明)
〇 住職は70歳くらいですが現在娘さんが副住職をしていて、それと別に息子さんが僧侶への準備中なので、ゆくゆくは息子さんに継がせる予定との事。(住職の説明)

私としては、愛知のお寺はご兄弟が継がれてるのではないかとか、「単立」というのは継いだものでなく自身で立ち上げたものを指し、単立ではあっても東本願寺からは正当に承認されてるのだろう、と解釈し、又、調べました所いわゆる「お東騒動」なる、大谷派からの東本願寺派の独立事件が1969年である事から、何かそのあたりの事情でも絡んでいるのかなとも思いはしてるのですが、どうもスッキリ安心しかねるのです。

簡単に考えていた面も有るので住職への再度の問い合わせもするつもりではありますが、

● 寺には墓地が必須のものという理解しか私には無かったのですが、昔からこういうタイプのお寺というのも実は結構有ったものなのでしょうか?
● こういうお寺の生計というのはそれならどういう実態だったのでしょうか?
法要収入や会費や講演料などで維持できてきたものなのでしょうか?
● 「東本願寺に聞いてみてちゃんと承認されてる寺なら安心」という意見もあったのですが、そういう事は言えるものでしょうか?
● 経営的には不安材料が無くともこの先住職が代変わりしてゆく中で、重い伝統を引きずってないという事は宗教者としていささか安易に流れやすい、という不安を感じます。どうでしょうか?

長文になりあいすみませんがご意見戴けますと大変幸甚です。
何卒宜しくお願いいたします。

気持ちに引っかかる事があり相談させていただきます。
この質問は他カテにて無回答ゆえそちらを削除しここで再チャレンジしたものです。
実は当方、継承者不在の事情により、自身と母の遺骨の往き先として「永代供養墓」を探していた所、わりあい満足できそうな「公園型霊園」を見つける事ができ、経営主体である寺のご住職に面会させてもらったのです。ところが・・・

神奈川県に有る寺なのですが、自宅の脇に遺骨預かり設備を主とした本堂(改築中にて元の姿は不明)が有るのみで境内とも言い難い簡素なも...続きを読む

Aベストアンサー

坊さん@浄土真宗です。相当、思い込みと誤解があると存じます。
まず、真宗寺院では派に関係なく境内地にはお墓の無い寺院は全国的多いです。というかそれが本来の姿です。また京都では本堂の無い寺院も多いです。ですから「お寺=お墓と本堂がある」というのは浄土真宗では当てはまりません。田舎で身近にあったものが全国的な常識ではありません。
また、神奈川の古い寺院は、他宗派の寺院が浄土真宗に改宗になった寺院も多く、それらの寺院では他の宗派時代から墓地があったのでそのままの状態が多いです。新しい寺院は戦後の人口流入にあわせ地方より移転または出先の説教所として、最初は貸家からと言うケースもあり徐々に皆さんでお金を出し合って造った寺院が多く敷地も100坪も無い寺院も多いですし、都内同様に戦災後行政の命令等で移転した寺院も多くお金の無い時代ですので普通の一軒家状態に仏間があるだけという寺院も多いです。都内では防火地域も多くこの場合木造建築不可ですので3階、4階建てのビルであることも多いです。
1970年認証の寺院ですと、当時は浄土真宗東本願寺派という宗派名はありません(昭和63年以降です)ので、設立時の宗派は異なっていたか昭和63年以降に東本願寺派と称するに至ったはずです(関東では真宗大谷派の寺院が宗派を離脱して単立となった寺院も多いです。)。なお東本願寺派は京都の昔からある東本願寺(真宗大谷派真宗本廟)とは関係がなく、東京にある本山・東本願寺という形で行っている宗教団体名(まだ包括宗教法人ではありません)です。
本願寺派(お西)や大谷派(お東)のように宗派である教団が包括宗教法人(宗派)ではないために宗派に属する寺院とは法律上なりえませんので、どこにも属さない仏教系宗教法人として「単立」なのです。単立とはどの宗派にも属していないという意味です。浄土真宗東本願寺派と言う名称は仲間内の同好会的名称であって、他の宗派のように包括宗教法人として法人格を有していません。
郷里の愛知のお寺さんはおそらく「真宗大谷派」の寺院で京都の東本願寺の末寺であると思います。お尋ねの寺院は京都の東本願寺に聞いても「うちの宗派内にはそのような寺院はありません」との回答になります。
浄土真宗の寺院は兼業が基本的ですから、一部の都会の寺院を除き基本的に兼業寺院が多いので、お寺の生計といっても本堂なりを町内会館の維持管理的にご縁の方が護寺会費等で支えているのが通常です。
経営的は不安というのは、本山や宗派は関係がありません。宗派が支えたり助けたりはありません。個別の宗教法人(寺院)ごとの会計ですから、収支に見合う金額をその構成員であるその寺院の檀家(門徒)が拠出できなくなった時点で廃寺せざるを得ません。ですから過疎化の進む地方では毎年多くの寺院が消滅しています。経営的にどうするかはその寺院の構成員である檀家(門徒)が決めることです(霊園事業についても門徒総代等の檀家の寺役員の決議を経て寺則変更を経ているはずです。)。
構成員の人数が少ない寺院でしたら収入も少ないですから、小さな維持費のかからない本堂の寺院のほうが安心でしょう。
余談ですが・・・もしかして都築区?

坊さん@浄土真宗です。相当、思い込みと誤解があると存じます。
まず、真宗寺院では派に関係なく境内地にはお墓の無い寺院は全国的多いです。というかそれが本来の姿です。また京都では本堂の無い寺院も多いです。ですから「お寺=お墓と本堂がある」というのは浄土真宗では当てはまりません。田舎で身近にあったものが全国的な常識ではありません。
また、神奈川の古い寺院は、他宗派の寺院が浄土真宗に改宗になった寺院も多く、それらの寺院では他の宗派時代から墓地があったのでそのままの状態が多いです。...続きを読む

QTOYの語源

英語の語源は何を見れば調べられるのでしょうか?
英語の語源辞書を検索しても「TOY」の語源については見つかりませんでした。どなたか、「TOY」の語源を知っていましたら、教えてください。

Aベストアンサー

 ウィークリー『ことばのロマンス 英語の語源』岩波文庫版には以下のように記されています。
*******
 『オランダの子供たちは、英国の子供たちが壊して喜ぶものを喜んで作る』という愉快な作り話は、英語の toy(玩具)がオランダ語の tuig(道具・物・材料)の借入であることを裏書きしている。このオランダ語は、同族語のドイツ語 Zeug と同様に、道具・材料など無数の意味を表わしている。しかし、英語では toy をオランダ語 speel-tuig(玩具)の表わす特別な意味に限定してしまったわけである。(同書48-9ページ)
*******
 speel-tuig→toye(中世英語:戯れ)→toy ということでしょうか。
 真偽の程はともあれ、この『ことばのロマンス 英語の語源』という本は何とも語源に関する薀蓄が豊富で、門外漢の私にとってもとても示唆深い座右の書です。
 余談ですが、アーネスト・ウィークリーがこの書を発表したちょうどその頃、国際結婚13年目の奥さんを、後に『チャタレー夫人の恋人』の作家として高名を馳せるあのD・H・ロレンスに奪われてしまうという事件も起こっており、その意味でもどこか偏愛したくなるそんな語源の本ではあります。
 

 ウィークリー『ことばのロマンス 英語の語源』岩波文庫版には以下のように記されています。
*******
 『オランダの子供たちは、英国の子供たちが壊して喜ぶものを喜んで作る』という愉快な作り話は、英語の toy(玩具)がオランダ語の tuig(道具・物・材料)の借入であることを裏書きしている。このオランダ語は、同族語のドイツ語 Zeug と同様に、道具・材料など無数の意味を表わしている。しかし、英語では toy をオランダ語 speel-tuig(玩具)の表わす特別な意味に限定してしまったわけである。(同書48-9...続きを読む

Q永代供養のお寺と法要のお寺は別でもいいのでしょうか

今年の1月に母が亡くなりました。
菩提寺も仏壇もなかった為に、葬儀社にお寺をご紹介いただき、そのお寺で
戒名をつけていただき、葬儀、四十九日、新盆のご供養をしていただきました。

その後、お墓の事で悩んだ末、
当家は跡継ぎがない事や予算を考慮して、
母を永代供養する為に、これまでお世話になったお寺とは
別の高野山のお寺へと納骨して参りました。
(1年ご供養いただいた後、奥の院へ納骨される予定です)

もうすぐ母の一周忌法要があるのですが、いつもお世話になっているお寺は
とても良いご住職なので、年忌法要、お盆などはお願いして、
お付き合いを続けたいのですが、果たして失礼に当たらないのか
聞ける人がいなく、マナーも知らない不調法者なので
お伺いしたいと思い、質問させていただきます。

また、1周忌法要のお布施の相場などもお教えいただけませんでしょうか?
(法要といってもお客様をお呼びせず、内々でひっそりご供養を…と考えております。)

Aベストアンサー

こんにちは。

全く問題ないと思います。
お弔いの気持ちは、生きている者の気持ちが大事なのであってしなければならない形ってないと思います。先祖があって今の自分が生かされていることに感謝するために法要を行うのですから、信頼されているお寺さんに相談されたら喜んで法要をしてくださると思いますよ。

また、お礼は私は一周忌には二万円と別に本来は食事も出すと思うので、膳料として三千円をつけました。
また、私もお寺で兄弟だけで行いましたので前日に、当日のお花やお線香ロウソク、御供えをお寺で用意してくださることを確認していましたのでそれらの準備金として五千円をお渡ししました。

Q歴史と語源

1.「政治」という言葉は秦王「政」(始皇帝)が「治める」が語源である。
2.カンボジアの首都「プノンペン」は最古の本格的国家「扶南」が語源である。
以上は正しいですか?語源辞典などのサイトでも調べたのですが、わかりませんでした。
また、歴史上の人物や出来事を語源とする言葉や、地名の語源などを調べるには、どうすればいいですか?HPや本をご存知でしたら、教えてください。

Aベストアンサー

1.「政治」の語源はよく知りません。
 (「治」は「治水」を表すと聞いたことがあるような…)

2.「プノンペン」は、ペン夫人が建立したワット・プノンという寺院が由来です。
 「プノン」とはカンボジア語で丘・山を指す言葉です。
 「ペン夫人のプノン寺院」⇒「プノンペン」

インターネットで調べるのでしたら、語源辞典よりも
Google等でキーワードを「プノンペン 由来」などとして
検索したほうがたくさん出てくると思いますよ。
但し、中には間違っている情報が載せてあるサイトも有りますから
色々なサイトを見て判断されたほうが良いと思います。

Q三十三回忌の法要のお寺と、これまでのお寺を変えていいものでしょうか?

三十三回忌の法要のお寺と、これまでのお寺を変えていいものでしょうか?

Aベストアンサー

高齢且つ遠方のためとお寺に相談すると近くにある通称兄弟寺(系列寺)を紹介してくれるでしょう。
真宗教団連合加盟10派内で、所属寺変更に伴う宗派の変更はまったく問題がないとのこと。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1336752538

QPLAYの語源ってなんなんでしょうか?

GAMEやSPORTの語源は調べられたのですが、
PLAYの語源について気になっています。

PLAYの語源ってなんなんでしょうか?

Aベストアンサー

ちょっと検索したらこんなのが出てきた

参考URL:http://www.etymonline.com/index.php?term=play

Q日光東照宮での拍手(かしわで)の打ち方

日光東照宮に初詣に行くのですが
拍手の打ち方について教えてください。

お賽銭を投げた後に、二拝二拍手一拝をすればいいのでしょうか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

基本的にはそれで結構です。

特に拝殿前に「四拍手」と書かれていなければ、二拍手でかまいません。

また出雲大社でも伺うと「二拍手でもかまわない」といいます。
その理由は次のとおりです。

明治時代、政府の方針転換に怒った神社や神道団体が国の役所を脱退し、宗教局に変更しました。出雲大社も脱退し、出雲大社教として再出発しました。
このとき多くの団体が「古式にのっとり四拍手に戻す」としたのです。そのため脱退したいくつかの神社では四拍手となっています。
別に出雲だけじゃないのです。宇佐八幡や弥彦神社でも基本は四拍手です。
ただ、出雲大社などは戦後に明治政府の神祗庁の流れを汲む神社本庁と仲直りしたので、どちらでもよいということになりました。

写真は東京の「桜神宮」の看板です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報