これからの季節に親子でハイキング! >>

詩の投稿をしてみたいんですが、自分のものと募集要項にあったところが
ありません。そういう時はどうすればいいんでしょうか?なるべく信用できる
所に送りたいんで、直接雑誌社とかに送ればいいんですかね。でもいきなり
そんな事していいんでしょうか。探し疲れました><

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

ごきげんいかがですか?hpでちょっと詩もやってますので


参考になればとも・・

1)詩人のプロになりたい・・とおっしゃるのでしたら
やっぱり出版社ですよね。
出版社の「募集要項」にあわない。
考え方をちょっと変えましょう。その「募集要項」は
出版社が出した「お題」と考えては如何ですか?
出版社はその募集要項という題で募集していると。
自分の作品を照らし合わせるのではなく、
そのテーマで自分の作品を書くんです!

2)力量を測る、でもって作品は外部になるべく公表したくない。
MLなんかどうでしょうか?確かにこれでもパクられる可能性は
あります。でもプロになろうという方ですからそれくらいのリスクは
やむをえません。以前私もメンバーでした「声の鍵」なんかどうですか?
アマチュアばかりですがほんとに素敵な詩を書かれる方が多いです。
「誰にも読まれない」詩ってなんか辛いでしょ。
おまけに人の詩も読めます自分の力量をはかるにもいいかも?
http://www.koekagi.com/

3)楽しみの延長で。本来ならこの行き着く先がプロなら
素晴らしいことなんですが、「詩人」ではなく「詩が好き」と
いう人が年に4・5回リレー・グリ-ティングといって
1つの詩を何人かがパートで作ります。また「詠み水晶」という
45文字の定型詩や、「My Greeting」というかなり短めの詩的な
フレーズを扱っているページもあります。

本来は1)ですが何か自信にぐらつきができたときに2)・3)も
役に立つかもしれません。頑張ってください!!
    • good
    • 3

自分の詩風に合った雑誌を見つけ、そこに投稿し続けたり、イベントに積極的に飛び込んでいくのがいいでしょう。

ユリイカ、詩とメルヘン、詩学、現代詩手帖、鳩よ、などがあります(つぶれてしまったのもあるかもしれません)が、ユリイカ・詩手帖は現代詩志向、詩学は近代詩志向、鳩よは大衆詩、詩とメルヘンはポエム、という風にすみわけができています。

かつては大学のサークルや同人から世に出る、というケースが多かったのですが、今は個人で投稿を続けながら次第に認められていく、というケースの方が主流のようです。そうそう、HPやコミケも有力な宣伝手段ですね。

或程度受賞歴ができたら、詩集を自費出版し、詩壇に売り込みます。後は政治力とかが関わってくるのでノーコメントとしますが、運がよければ大賞を受賞し、或程度詩で稼げるようになります。もっとも詩だけで食って行ける人は、谷川俊太郎や銀色夏生など、ほんの数人だそうですが。

以上はオーソドックスな登竜門でしたが、三代目魚武のように異色なやり方で詩の世界に入ってくることもあります。彼のやり方は文人というより、フリージャーナリストの売り込みかたに似ています。つまり、売れそうなセンセーショナルな詩を書きまくって雑誌に売り込むのです。詩壇からは邪道視されますが、それもまた一つの方法でしょう。

ただし、詩壇はかなり狭い世界で、かつ閉鎖的・カルト的であるので、本当に実力があるなら、詩壇に関係して人生を浪費するよりもっと別な世界に飛び込んだ方が実りあると思います。現に、私は以前ある賞をもらったのですが、それで妬まれて一年ほどずっと悪口をいわれ続けました(苦笑)。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。大変参考になりました。

お礼日時:2001/12/04 12:01

再び私です。

ごめんなさい。詩と同じ、行間を読んで頂きたかった。
潰そうという意識は全くありませんでした。
現在の、出版業界は不況で悲惨な状態にありあります。再版が出ないと儲からないわけです。
詩(詩の雑誌・詩集)などは元来それほど売れるものではない訳でして。たとえば、手作りでも良いし、自費出版でも良いのではと、お勧めしたかったのです。ここまで行間を読めという意味ではありませんけれど。
詩人は自分を中心にして世界が回っているのですから自分の作品に自信を持つのは当然のことで、私はむしろ、あなたを応援したつもりでおりました。
一瞬であれ嫌な気分にさせてしまいました。良い仕事をして下さい。
共鳴者は、一人いれば良いではありませんか!
    • good
    • 1

二度目の回答になります。


結局、applerさん本人が、何を求めているかで手段も限られてくるんじゃないでしょうか。

□ お金が欲しい。売れればいいなと思っている。
この場合は、どこかの出版社と顔を繋いで、定期的に自分を売り込むしかないでしょう。
そうでなければ、一般公募の条件に合わせた作品を作るだけです。

□ どの程度のレベルなのか、それが知りたい。
これこそ自費出版業界のプロに見てもらうのが手っ取り早いですね。
とにかく無料ですし、向こうは仕事でやっていますから。
普通の出版社では、売れる見込みがない限り、素人さんの作品を添削しません。

□ 誰かに読んでもらいたい。自分の作品に共感してほしい。
同人誌かホームページで披露しましょう。

知的所有権に関しては、プロでもアマでも同じです。
公共の場に作品を出す以上、必ず、パクリの恐れはあるんです。
多くの人が読み、認める人が増えれば増えるほど真似しようとする人も出てきます。
それを恐れていては、作品を世に出すことはできません。
反面、「これは自分の作品だ」ということを証明するためには、多くの人に読んでもらうことも大切です。
これは何月何日に作った自分の作品なんだ ―― という証明は、自分一人では難しいですからね。
私は素人だった頃、知人に作品を読ませまくりました。
知的所有権云々の警告も受けましたが、
たとえ誰かがパクったって、もっといい作品を書けばいいやと思っていました。
本家は私なんですから。

知人の編集者に聞きましたが、やはり詩は、なかなか難しいそうです。
私は詩は専門外なのでよく知りませんが、小説などに較べ、ニーズが少ないのは事実です。
現在、活躍されている詩人の方も、自力で本を出し、作品を書き溜めている人がほとんどではないでしょうか。
売りたいのか、向上したいのか、自分の内的世界に陶酔したいのか(どれも立派な理由です)
その優先順位を踏まえて、選択してください。
applerさんの好みに合う公募があれば、それに越したことはないですけどね。
    • good
    • 1

青土社の「ユリイカ」や思潮社の「別冊現代詩手帳」に読者投稿欄があったと思います(今手許にないので不確かですが)。

もう御覧になりました?
でも
>金子みすズ
風の詩だとすると、傾向が異なりますかねえ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とにかく本屋行って探してきます。

お礼日時:2001/11/06 11:01

ある程度まとまっているなら(一冊製本できるくらいの量があるなら)持ち込みも可能です。


でも、必ず事前に電話で確認をしてください。
いきなり送りつけては無礼者になってしまいます ( 笑 )
出版社によっては、詩は専門外というところもありますから、
じっくり腰を据えて、捜してください。

自分のレベルを知りたいだけなら、
自費出版の会社に送ってみるという手もあります。
無料で原稿を見てくれます。
ただ、こちらも売れそうもない作品には乗り気にはなりませんので、
辛口批評は覚悟してください。
こちらも事前に連絡を入れておくのは常識です。
以下、ご参考までに(自分で利用した事がないので、システムは知りませんが)

http://www.kenyukan.co.jp/

http://www.bungeisha.co.jp

http://www.boon-gate.com  ←ここは、Web作家も募集しているそうです。

では。頑張ってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
全部見させて頂きました。一番下のURLは現在開けませんでしたが。
私もネットで自費出版の会社のHP見ましたが、そこまで大量ではないので
。それにそれは自分でもあまり乗り気では無いので。
本屋さんで文芸誌を探しても、なんだか良さそうな文芸誌はあまり無い気がする
のは気のせいでしょうか。文芸誌全般把握してませんが。
金子みすズの頃の雑誌があればいいんですけど・・・。  >へ<

お礼日時:2001/11/05 12:17

誌名は忘れましたが投稿(文学作品、ネーミング、標語など)専門の月刊誌が2-3種類あります。

書店で調べればすぐ分かるはずです。
インターネット上にも投稿欄はあります。(参考URL)


http://village.infoweb.ne.jp/~poem/hanabira.html

http://isweb9.infoseek.co.jp/novel/kikakusi/

参考URL:http://www.poet.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
結構書店渡り歩いたんですが、大きい書店でないとないですかねぇ。

参考URL全部拝見させて頂きました。
私が不安なのは、インターネット上で投稿して掲載された場合、著作権って自分ですよね。では万が一パクられても、自分の力ではどうにもならないって事ですよね。
なんだか生意気な口をきいてすみません。でも私にとって大事なモノなので、慎重に
なってしまうというか…。

お礼日時:2001/11/05 12:23

募集要項に該当しなければ相手にされないだけです。


雑誌社の意味は結社のことではなくて月刊誌などの出版社を意味しているのでしょうか。そこへ直接送っても全く構いません。相手にされないだけです。
ただし、あなたの作品が恐ろしく優れたものであれば、掲載してくれるかも知れません。相当な自信を、お持ちの人のようですね。真摯に、行動して下さいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そんな潰し方をしなくても・・・

お礼日時:2001/11/05 11:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現代詩を投稿できる本、賞を教えてください。

メルヘンチックな詩ではなく、恋愛や生活する中の目線で感じた事を
現代詩として書いています。他ジャンルで文屋をやっているのですが、
転向をまじめに考えている者です。
公募ガイドは購読していましたが、あんまり現代詩を投稿できる賞が
掲載されないので(俳句や川柳が多い)もっといろんな賞等の場を
知りたいと思っています。現代詩が投稿できる専門の本や出版社が
やっている賞などについて教えて下さい。職業柄、周りに投稿や
賞への応募をしていることを知られたくないのでこちらに質問しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「公募ガイド」はご覧になっているとのことで,参考 URL のウェブサイト「登竜門」はご覧になっていますでしょうか。「公募ガイド」にない公募も多数掲載されています(ジャンルによっては公募ガイドより多いものもあります)。

参考URL:http://compe.japandesign.ne.jp/

Q「詩と思想新人賞」を知っていますか?

「詩と思想新人賞」の応募規定の詳細を教えてください。

「土曜美術社出版販売」というところから出版されている、
「詩と思想」という詩誌が設けている賞です。

実物の本と、インターネットで調べてみましたが、
『刊行詩集二冊以内の新人に限る』という内容しか得られませんでした。

文字数や行数(枚数)、締切期日、必須記載事項など、
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

誌面にもウェブサイトにも載っていないということは、
まだ次回の募集要項が発表されていないということです。
正式な発表があるまで待ったらどうですか?

ネット上に、過去の規定の一部が掲載されていました。
今とは違うかもしれませんが、参考にしてください。
http://ryomichico.net/bbs/talk0021.html#talk20040713045926

Q詩人、作家になるには?

物を書くのが好きで、現在書留めております。
勉強を続けながら、公に発表する場を持ちたいという夢(妄想?)を最近持ち始めました。
作家になるには、出版者に投稿するよりもホームページやブログに掲載した方が、出版社の目に止まりやすい。と聞いたのですが、ホームページやブログに公表すると、簡単に盗作されてしまうものなのでしょうか。
それよりも、公募とかに投稿した方が良いのでしょうか。
それから、詩人や作家志望向けののおすすめサイトがあったら、ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 商業的に本を出したい、ということであれば、小説は出版社主催の賞に応募するのが一番でしょう。
 ホームページ、ブログを開いている作家志望者も結構いますが、それは目に止まるためにやっているわけではなく、勉強のためとか、読者の反応がみたいとか、そういう理由です。
 掲載している作品も、応募して落選した作品などの場合が多いようです。
 盗作については、作家志望者はそういう理由で載せるのを避けている、という話やアンケートは聞いたり、見たりしたことがあります。
 個人的には、他人が盗作したくなるような作品を書けるのなら、作家になれるだろう、と思わないでもないですが(逆にそれだけのアイディアを物にできないのなら、実力不足です)。

 詩の場合は、商業として出版するのは非常に難しく、稀です。
 また、出版している社も、一般的なメジャーな社ではないので、コネクションなどが強くなります。詩の創作グループなどに入っている方が多いのではないかと思います。俳句などと同じです。
 ただ、こちらも賞が多数あるので、出版にはつながりませんが応募してみるのがいいと思います。選考委員の勧めで、勉強会などに入れる場合があります。

 応募先を探すのであれば、海外ということですので、登竜門などのコンペの応募先がまとまっているサイトを利用するといいと思います。
 
 どちらにせよ、自分の書いた作品に合ったジャンルを募集している賞に応募する、というのが大事です。

参考URL:http://compe.japandesign.ne.jp/

 商業的に本を出したい、ということであれば、小説は出版社主催の賞に応募するのが一番でしょう。
 ホームページ、ブログを開いている作家志望者も結構いますが、それは目に止まるためにやっているわけではなく、勉強のためとか、読者の反応がみたいとか、そういう理由です。
 掲載している作品も、応募して落選した作品などの場合が多いようです。
 盗作については、作家志望者はそういう理由で載せるのを避けている、という話やアンケートは聞いたり、見たりしたことがあります。
 個人的には、他人が...続きを読む

Q「朱筆で明記」

こういう表現が載っていたのですが、これはボールペンでは
書いてはダメということですか?

無知で申し訳ありません。

Aベストアンサー

No.1です。朱というのは赤という意味で 筆は字を書くもの一般で ボールペンも含まれます。履歴書全体をを赤で書くというのは とても変わっていて一般的には考えられないのですが… どこか 一部分を 赤で書くように という指定ですよね

Q日本を代表する現代詩人

日本を代表する現代詩人の名前を教えてください。

海外の友人に「日本の現代詩人の名を数名教えてほしい。」と頼まれました。私自身あまり詩には興味がないため馴染みがなく、困っています。検索エンジンで各詩人団体のHPなども調べてみましたが、会員さんや役員さんたちのリストを見ても名前が多すぎて、どの人を「日本を代表する現代詩人」として紹介すべきか皆目見当がつきません。

一言に「現代詩人」と言っても幅が広すぎますので下記の条件でお願いします。

1.戦前の作家さんは除外。
2.基本的にできれば現在活躍中か、近年まで活躍していた方。
3.多少前に亡くなっていても戦後かなり有名であった方も可。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たいへん難しい質問と思います。

戦後の詩はおどろくほど多様で、そしてしばしば超難解です。お経のほうがやさしいくらい(笑)。
とても一つの流れでくくることができず、評価もさまざまではないかと思われます。

田村隆一、安東次男、天沢退二郎、高橋睦郎、鈴木志郎康、大岡信、石原吉郎、入沢康夫、吉増剛造、澁澤孝輔。
女流で、新川和江、吉原幸子。
黒田三郎、吉野弘は平明で親しみやすい詩です。

けれども、個人的には、おもに戦後になって活躍し今は物故した二人の詩人に注意が向きます。

西脇順三郎 :詩集「Ambarvalia」「旅人かへらず」「近代の寓話」「失われた時」「えてるにたす」など。戦後第一級の詩人と思われます。

吉岡 実 :詩集「静物」「僧侶」「紡錘形」など。詩を書くためにだけ生まれてきたと言われています。

それと、もう一人、皆さんお書きの谷川俊太郎に私も一票。
テノールで歌う天性の詩人。皆さんが第一に推すのはもっともです。

以上3名、いかがでしょうか。なにかの参考になればいいのですが。
それにしても、こんなにぎくしゃく書きながら、回答にこれほど時間がかかったのは初めてです。

たいへん難しい質問と思います。

戦後の詩はおどろくほど多様で、そしてしばしば超難解です。お経のほうがやさしいくらい(笑)。
とても一つの流れでくくることができず、評価もさまざまではないかと思われます。

田村隆一、安東次男、天沢退二郎、高橋睦郎、鈴木志郎康、大岡信、石原吉郎、入沢康夫、吉増剛造、澁澤孝輔。
女流で、新川和江、吉原幸子。
黒田三郎、吉野弘は平明で親しみやすい詩です。

けれども、個人的には、おもに戦後になって活躍し今は物故した二人の詩人に注意が向きます。

...続きを読む

Q詩人の皆さんに尋ねますが、良い詩の定義とは一体何なのでしょうか?

詩人の皆さんに尋ねますが、良い詩の定義とは一体何なのでしょうか?
何を書けば、どういう風に書けば良い詩になるのですか?
ポイントがあれば教えて下さい。
あと、詩と歌詞というのは全く別物なのですか?
よく、こんなものは歌詞であって、詩ではないとか批評する人がいますが、その違いがいまいち解りません。
その違いを教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あいにく私は詩人ではなく、単なる一詩歌ファンにすぎません。

>詩人の皆さんに尋ねますが、良い詩の定義とは一体何なのでしょうか?
>何を書けば、どういう風に書けば良い詩になるのですか?

これは自信をもって断言いたしますが、「良い詩」は例外なくリアリスティックです。
したがって、「良い詩」を制作するには、とにかくリアリズムを心掛けること、モノ・コトをあるがままに、できるだけ正確に描き出すことを措いてほかにはないと思います。

これは何も詩に限ったことではなく、小説は言うに及ばず、絵画等の美術にしても、音楽にしても同じはずでして、古来、優れた芸術作品はいずれもリアリスティックであったと説明するしかないと思います。
と言うか、詩にしろ、芸術にしろ、その誕生事情について、《美》とかという、誰もちゃんと説明できないくせしてやたら使いたがる曖昧な語に惑わされずに考えるなら、そもそも外界(環境世界)の正確な認識(リアリズム)を目指したものに他ならないはずですし、第一、そうでなければ、その根本的な存在理由(=生活に役立つこと)も消滅してしまいますからね。

そして、人間が生活環境の中ではじめて出遭ったモノ・コトを前にして、自分の知っている出来合の言葉が役に立たないこと、にもかかわらず、何とかこの新しいモノ・コトをぴたりと言い表したくて試行錯誤するうちに口をついて出てきた言葉、これこそが本当の意味での《詩》だと思います。
その意味で、詩とは、こういう言葉の誕生事情に根ざした人間の認識の営み、つまり生きていくための基本的な営みそのものと言うことができるかもしれませんね。

ということで、詩の言葉とは、人間にとって最もリアリスティックな言葉であり、人と外界(モノ・コト)と言葉とが三位一体になった瞬間に発せられた言葉であると説明するしかないような気がします。

なお、「良い詩」を作る上で一等陥りやすいワナは、「素直に思ったまま書く」という耳触りの良い、しかも何ら具体的な説明になっていない俗説です。
なぜって、私をも含めたたいていの人にとって、「素直」とは、自分が何に囚われていたり、支配されていたり、流されていたりしていて、なおかつそうと全く自覚していないことを意味しているはずですから。

>あと、詩と歌詞というのは全く別物なのですか?

「詩」とは中国語でして、和訳すれば「うた」になります。
「うた」とは「うたふ」の連用形で、もともと「訴ふ」とか「打つ」とかという言葉と同類だったと考えられます。
このような切実な気持ちを引き摺りながら身体から発せられた言葉は、すべて「うた」になるしかないような気がします。

あいにく私は詩人ではなく、単なる一詩歌ファンにすぎません。

>詩人の皆さんに尋ねますが、良い詩の定義とは一体何なのでしょうか?
>何を書けば、どういう風に書けば良い詩になるのですか?

これは自信をもって断言いたしますが、「良い詩」は例外なくリアリスティックです。
したがって、「良い詩」を制作するには、とにかくリアリズムを心掛けること、モノ・コトをあるがままに、できるだけ正確に描き出すことを措いてほかにはないと思います。

これは何も詩に限ったことではなく、小説は言うに及ばず、...続きを読む


人気Q&Aランキング