人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

陸軍士官学校(明治期)を卒業し、陸大には入らなかった場合、一般論としてどの階級あたりまで出世できたのですか。

ご存知の方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 こちらでも失礼します。


 一般論として聯隊長までと考えてよろしいかと思います。歩兵科で大佐、騎兵科で中佐です。
 陸軍大学は「陸軍大学条例」で、その目的を設立当初には「将来の参謀職に堪ゆべき者を養成」と定められていました。その後、条例は数度改正され、
「高等兵学を教授し、将来参謀官、高等司令部副官及び教官に充つるを目的とし並に高等職務に堪ゆべき学事上の基礎を修習せしむ」(明治19年改正)
「高等兵術を教授し、参謀其他枢要の職務に充つべき者、または高等指揮官となるべき者を養成する」(明治24年改正)
「高等用兵に関する学術を修めしめ、併せて軍事研究に須要なる諸科の学識を増進せしむる所とす」(明治29年改正)
と、一貫して高等用兵を教え、参謀官、高等指揮官を養成することを目的としていたからでしょう。
 実際、陸大未卒業者の将官昇進は、平時では1%に満たなかったそうです。ちなみに、陸大卒業生は、その内少将昇進80%弱 中将50%強 大将10%強だそうです。
 また、士官学校の卒業成績がその後の昇進のスピードに係ってきますが、陸大を卒業すると、過去の成績に関わらず自動的に士官学校卒業時の成績序列の上位に位置し、その期の進級時期に来ると未卒業者を追い越して一斉に進級したそうです。
    • good
    • 0

>因みに、陸軍士官学校出身で、歩兵科且つ無天で大将となった者は、皇族の梨本宮殿下以外いない。

無天組の将官進出率は平時に於いては1%内外であった(但し砲、工兵科で砲工学校高等科を卒業した者は、天保銭とほぼ同様の扱いを受けた)。逆に天保銭は卒業と同時に、過去の順位如何に関らず一斉に同期の右翼に列し、進級期に達すれば無天組を取り残して一斉に前進してゆく。彼等は同期の無天組のみならず、前期、前前期の無天組をも突き抜けて進級した。陸大卒業者で大将に達したのは全体の10%強、これに中将を合わすと 50%強、さらに少将を加えれば70%強となる。佐官以下に終わった30%弱の大半は戦死、病死、事故死或は事件を起こしての予備役入りであった。つまり陸大を卒業した者は、余程のことがない限り将官となったのである。

参考URL:http://imperialarmy.hp.infoseek.co.jp/kangun/sch …
    • good
    • 1

基本的に大佐までは行けたと聞いたことがあります。


軍拡の時期と軍縮の時期ではポストの数も違っていたようですが、そこまで行けば田舎の村長よりもはるかに上の扱いですね。
    • good
    • 0

 陸軍大学校に入学できたのは,陸軍士官学校を卒業した者の約2割だったそうです。

残りの8割は陸軍大学校には入学できなかったようで,太平洋戦争前ですと,大尉から大佐までの間の階級で退役(予備役入り)したそうです。
    • good
    • 0

太平洋戦争が始まると将官の数も多数必要になったので無天(陸軍大学卒業でない将校)でも将官になる例が多くなりましたが、それ以前は無天であれば将官になるのはかなり困難でした。


それと、同じ陸軍大学卒業者でも幼年学校卒業者と一般の中学校出身者には明らかに差があり、陸軍中枢部の要職は幼年学校-士官学校-陸軍大学校のコースを経たものにほぼ独占されていました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q兵隊になるまで

太平洋戦争のとき
兵隊になろうと思った場合、
尋常小学校から陸軍士官学校にいけばよかったのですか?
陸軍士官学校にいくのは強制ですか?庶民がいったのですか?
それともお金持ちしかいけなかったですか?
あるいはお金持ちはもっとべつのエリートコースがあったのでしょうか?
海軍にいきたい場合はどうしたらよかったのですか?
空軍がないのはなぜですか?

Aベストアンサー

当時は現在と違い「徴兵制」が敷かれていましたので、個人の意思とは無関係に、
全員「強制的」に兵隊にされました。ですから、希望する必要はありません。
(もちろん、兵隊になりたいと希望しても良いですが。)

陸軍士官学校とは、文字通り「士官」(指揮官、軍幹部)を養成する幹部軍人養成学校であり、普通の兵隊を養成する学校ではありません。
幹部軍人養成学校ですから強制なんかしません、そもそも入学希望者が大勢殺到しましたから振るい落とすのが大変でした。
士官学校の入学資格は、中卒以上(途中から中学4年修了時)の学歴が必要。
当時の中学校(旧制中学)は5年制で、現在の中学+高校のような学校でした。
当時の義務教育は小学校までで、中学へ進学したのは地域差もあるが全体の2割程度。
進学率がこんに低いのは経済的理由がほとんど。
中学へはそこそこ金持ちの家の子しか進学できなかったので、その中学を卒業しなければ入学資格が無い士官学校には、結果的にそれなりに裕福な家の出身者が多くなった。
ようするに、士官学校へ行ける事自体が金持ちのコースなのです。

海軍に行くには、ほとんどが「志願」で、まれに徴兵されて行く人間も少数いたようです。
一応、徴兵検査時に陸軍か海軍の希望を聞かれるようですが、徴兵の場合のほとんどは陸軍。
それというのも、海軍は機械(軍艦)を操作して戦う軍隊なので、それなりに教育を受けた学識を持った人間で無いと勤まらないのです。

空軍が無かったのは、飛行機自体の歴史が浅かったため、飛行機を使用して戦争するという思想自体が十分に育っていなかったため。
陸軍、海軍とも、それぞれ陸軍航空隊、海軍航空隊と独自に航空戦力を持っていましたが。あくまでも陸軍の補助戦力、海軍の補助戦力という位置付けでしか無かったためです。

当時は現在と違い「徴兵制」が敷かれていましたので、個人の意思とは無関係に、
全員「強制的」に兵隊にされました。ですから、希望する必要はありません。
(もちろん、兵隊になりたいと希望しても良いですが。)

陸軍士官学校とは、文字通り「士官」(指揮官、軍幹部)を養成する幹部軍人養成学校であり、普通の兵隊を養成する学校ではありません。
幹部軍人養成学校ですから強制なんかしません、そもそも入学希望者が大勢殺到しましたから振るい落とすのが大変でした。
士官学校の入学資格は、中卒以上(途中...続きを読む

Q昭和10年代の陸軍士官学校について

昭和10年代の日本の陸軍士官学校の歩兵科の修業期間は何年だったのでしょうか?
調べてみると飛び級もあるような事が書かれていたので大体の相場を、
もしくは詳しいシステムが分かる方は、そのシステムを教えて頂けるとありがたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。

「私は陸軍士官学校と陸軍予科士官学校とは違うルートだと考えていましたが」

質問者さんは「陸軍予科士官学校」と「陸軍予備士官学校」を混同しているのではないですか?名前が似ていますが、全く違う学校です。

陸軍の、正規の現役将校養成コースは、時代によって変化がありますが、最終的には
「陸軍地方幼年学校、または一般の中学校 → 陸軍予科士官学校 → 陸軍士官学校」
です。No.1で説明したとおりです。

===

一方で、陸軍では、高等教育を受けている人材を、「幹部候補生試験」によって将校に任用し、戦時に大量に必要になる下級将校(少尉~大尉クラス)を補充していました。

高等教育を受け、軍事教練修了証を交付されている青年は、徴兵により二等兵として陸軍に入って、しばらくすると、幹部候補生試験を受験しました。

幹部候補生試験に合格すると、「将校に適する者」「下士官に適する者」に振り分けられ、「将校に適する者」は、

「陸軍予備士官学校」

に入学、卒業して、見習士官を経て陸軍少尉に任官しました。
いわゆる「学徒出陣」で陸軍に入った人は、高等教育を受けている貴重な人材ですから、ほとんどがこのコースで将校になりました。

===

「中国からの留学生で、中国で日本の中学4年修了相当の学力を持っている人間だったら他の日本人たちと同じ条件で受験、入学はできたのでしょうか?」

できません。中国人は、大日本帝国陸軍軍人になれないからです。

日本の陸軍士官学校には、明治時代から敗戦に至るまで、外国からの留学生を受け入れるコースが存在しました。これは
「日本と友好関係にある国の青年将校が、アジア随一の軍事先進国である日本に留学して軍事学を学ぶ便宜を与える」
ものであり、陸軍士官学校の通常の将校養成過程とは全く別です。

No.1です。

「私は陸軍士官学校と陸軍予科士官学校とは違うルートだと考えていましたが」

質問者さんは「陸軍予科士官学校」と「陸軍予備士官学校」を混同しているのではないですか?名前が似ていますが、全く違う学校です。

陸軍の、正規の現役将校養成コースは、時代によって変化がありますが、最終的には
「陸軍地方幼年学校、または一般の中学校 → 陸軍予科士官学校 → 陸軍士官学校」
です。No.1で説明したとおりです。

===

一方で、陸軍では、高等教育を受けている人材を、「幹部候補生試験」によっ...続きを読む

Q陸軍士官学校出の少尉と幹部候補生の少尉の違い

陸軍士官学校出の少尉と幹部候補生の少尉の違いがよくわかりません。
どうちがうのか教えてください。
幹部候補生の少尉が予科士官学校に入ったという記事を見て
疑問がわきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 一部補足修正します。回答文中、「現役は、陸軍予備士官学校を経て陸軍士官学校、陸軍航空士官学校を卒業した者。」としましたが、

 現役は、陸軍予科士官学校を経て~ 

 と修正します。

 また、回答No.2に関して、

> 幹部候補生というのは、兵からの叩上げの軍人を指します。
   
> 幹部候補生の少尉というのは、2等兵から始まって成績優秀な為選抜され、下士官を経て少尉に任官した軍人の事。

 とありますが、幹部候補生は叩き上げではなく、高学歴者を対象とした制度で、二等兵として入営後、三ヶ月で選抜され甲種合格者は将校(士官)として、乙種合格者は下士官として教育を受ける制度でした。

 叩き上げというのならば、学歴のない者が現役で二等兵から一階級ずつ累進して下士官まで達した後、少尉候補者として選抜され陸軍士官学校に己種学生として一年間教育を受けた後、現役陸軍少尉に任官する事を指します。(少尉候補者制度)

Q戦前の大学の難易度

概ね昭和初期の日本の大学の、

東京帝国大学
陸軍大学校
海軍大学校

では最も難関だったのはどれでしょうか?

Aベストアンサー

軍人の学校というものは、時代によってかなり人気が上下します。

その昭和の初期は大不況の最中ですから、経済的に厳しい人にあっては、東大以上の値打ちのあるところとなります。
逆に、東大を始め、帝国大学に進学する学生は、大げさに言えば、生まれついた時からそういうコースを選べれる人生だったのです。

今は、農業高校からでも東大でも受験できます。しかし、戦前の学制はもっと若い年齢のうちに振り分けられているのです。
旧制中学から旧制高校にいくこと、これが帝大に行く絶対条件でした。旧制高校に入学できれば、ほぼ(どこでもいいなら)帝国大学には進学できました。さすがに東大は少々難しかったにせよ、そういうものだったのです。ですから、大学受験での受験地獄はありませんでした。むしろ一番の関門が、高校受験でした。
そして、同じく、中学卒業時に海軍兵学校や陸軍士官学校の受験資格がありました。どこの中学からでも相当な秀才が行ってます。東京帝大も十分射程距離の学生です。

それと、学力だけでない難易度もあります。体格や体力もですが、特に海兵においては、海外に出る機会が多く、欧米先進国の士官に見劣りしないようにという考えが働いたようで、男前が多かったですよ。
男ぶりに自信がないから陸軍にするという人もいるくらいでしたからね。

ということで、海軍兵学校というのは、当時の女学生から絶大な人気がありましたよ。

それでも、東大の法学部は当時の高等文官試験の合格率が高く(高文は単なる公務員試験ではなく色々と特典もありますから)別格だったでしょう。
それが崩れたのは、第2次世界大戦の最中、大学生も徴兵免除がなくなった頃からでしょう。このときは文科は免除なし、理科は免除でした。それで、徴兵逃れに医者になるものが増えたんですよ。帝国大学でなくてもいいと、地方の医科大学の進学者が増えました。(戦前は国民保険制度がないので、かならずしも医者が儲かるとは限らない)

軍人の学校というものは、時代によってかなり人気が上下します。

その昭和の初期は大不況の最中ですから、経済的に厳しい人にあっては、東大以上の値打ちのあるところとなります。
逆に、東大を始め、帝国大学に進学する学生は、大げさに言えば、生まれついた時からそういうコースを選べれる人生だったのです。

今は、農業高校からでも東大でも受験できます。しかし、戦前の学制はもっと若い年齢のうちに振り分けられているのです。
旧制中学から旧制高校にいくこと、これが帝大に行く絶対条件でした。旧制高校...続きを読む

Q無天で将官に昇った堀井富太郎中将(南海支隊長)

大東亜戦争で、東部ニューギニアのオーエンスタンレー山脈(最高峰4,000メートル)を越え、直線距離にして220キロを陸路で侵攻するポートモレスビー攻略作戦を担わされ、悲惨な運命を辿った「南海支隊」があります。

南海支隊長の堀井富太郎陸軍少将(戦死後に中将)は、作戦の前から
「こんな無茶な作戦はない。補給もなしでどうやって作戦を達成するのか」
と悲惨な結末を見抜いていた優れた軍人だったようですが(※)、ポートモレスビー攻略作戦は堀井少将の言う通りに南海支隊11,000人の過半が戦病死(餓死)する悲惨な結末となりました。
ポートモレスビー作戦
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%A2%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%93%E3%83%BC%E4%BD%9C%E6%88%A6

(※)「遠い島ガダルカナル PHP文庫 半藤一利/著」による
http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31511939

さて、堀井富太郎陸軍中将(陸士23期、陸軍大学校を卒業しない『無天』組)は、詳しい履歴
http://imperialarmy.hp.infoseek.co.jp/general/colonel06/horii.html
を見ますと、
* 中尉時代に、東京外語学校へ派遣されて支那語を専修している。<異色の経歴>
* 少佐時代に、水産講習所(戦後は東京水産大学、現 東京海洋大学)の配属将校となっている。大尉時代に、陸大副官を務めている以外は、一貫して隊付勤務。<無天組将校の典型的な経歴>
* 歩兵科の将校である。砲兵科や工兵科の将校で、陸軍砲工学校高等科(優等卒の者は、陸大卒の天保銭組と同等に扱われたらしい)を経ているわけでもない。
と、「連隊付中佐までか、良くて大佐昇進と同時に予備役編入」の「無天将校の道」を歩いていたように見えます。

それなのに、昭和15年3月に少将に進級し、南海支隊長として「最低の貧乏籤」を引かされた(それも自ら分っていた)とは言え、将官として1万の兵を指揮する地位に上ったわけです。例外中の例外と思います。少将進級の時期も、同じ陸士23期で陸大31期恩賜の小畑英良 陸軍大将(昭和13年3月 陸軍少将)と比べて2年「しか」違いません。
小畑英良
http://imperialarmy.hp.infoseek.co.jp/general/colonel06/obata02.html
小畑大将は、陸大恩賜らしく、中央の顕職を歴任しており、隊付勤務に終始した堀井中将とは比較にも何もなりませんが…

質問ですが
「無天の歩兵将校に過ぎない堀井富太郎が少将に進級できたのはなぜ?」
「支那事変の激化で、平時とは異なり、無天で将官に昇る例も結構あったのか?」
です。よろしくお願いします。

大東亜戦争で、東部ニューギニアのオーエンスタンレー山脈(最高峰4,000メートル)を越え、直線距離にして220キロを陸路で侵攻するポートモレスビー攻略作戦を担わされ、悲惨な運命を辿った「南海支隊」があります。

南海支隊長の堀井富太郎陸軍少将(戦死後に中将)は、作戦の前から
「こんな無茶な作戦はない。補給もなしでどうやって作戦を達成するのか」
と悲惨な結末を見抜いていた優れた軍人だったようですが(※)、ポートモレスビー攻略作戦は堀井少将の言う通りに南海支隊11,000人の過半が戦病死(餓死)す...続きを読む

Aベストアンサー

>陸軍には海軍のように「委託学生」のように学生にツバをつけて永久服役の技術士官にする制度がなかったので、

 いいえ、旧日本陸軍にも依託(委託)学生制度はありました。(「陸軍依託学生、依託生徒規則」陸軍省令第4号 昭和3年3月8日)

 陸軍は、大きくわけて戦闘に直接従事する「兵科」(歩兵・砲兵・工兵など)と、そうでない「各部」に分類することが出来ます。後者はたとえば「衛生部」「獣医部」「経理部」(建技)「法務部」「技術部」(兵技・航技)などがあります。これ等の人材を確保するために依託(委託)生としてつまり青田買いを行っていました。

 たとえば、衛生部の軍医依託学生の場合、試験に合格した大学・医専学生は、夏期休暇中のうち三週間軍隊教育を受け、卒業後見習士官として郷土の連隊へ入営し、二ヶ月後大卒は軍医中尉に任官、医専卒は軍医少尉に任官。そのご陸軍軍医学校において「乙種学生」として約一ヶ年の教育を受けました。

>陸士卒の将校の中からこれはという人材を大学に送って「技術将校」を養成していたようですね。

 これも、正確には養成ではありません。兵科将校のなかで機甲や技術・整備などの任務に任じる者は、まず陸軍の諸学校(実施学校)で基本教育を受けております。このうち選抜された者がさらに専門的な知識をつけさせるために大学などに派遣されたのでした。
 各部将校である技術将校の基本教育も、通信・工兵・兵器・整備などの学校のほか、技術部教育隊、兵技教育隊、陸軍航空技術学校などなどの諸機関において実施されておりました。そして、同じく選抜された者は専修教育に派遣されたのでした。

>この辺も『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』で読み取れるでしょうか。

 同書は、わが国随一の陸軍将校の履歴総覧ですが、といっても全陸軍将校のごく一部しか掲載されていませんし、単なる履歴一覧ですから具体内容まで読み取ることは出来ない、とおもいます。

 旧陸軍各部教育全般に関しては、

 ※『徴兵制と近代日本1868-1945』 加藤陽子 吉川弘文館
 ※『近代日本軍隊教育史』 近藤芳信 青木書店
 ※『前橋陸軍予備士官学校戦記』 同編集委 非買
 ※『新編検証 陸軍学徒兵の資料』 同編集委 非買

 各部ごとに関しては、

 ※『北京陸軍経理学校の思い出集』 熊須常二 非買
 ※『白雲悠々 関東軍経理部教育部・新京陸軍経理学校・満州第815部隊第8期生卒業40周年記念文集』 緑園会 非買
 ※『陸軍習志野学校』 同編纂委 非買
 ※『陸軍衛生制度史 昭和篇』 陸上自衛隊衛生学校修親会 原書房

 などがあります。参考までに‥‥

>陸軍には海軍のように「委託学生」のように学生にツバをつけて永久服役の技術士官にする制度がなかったので、

 いいえ、旧日本陸軍にも依託(委託)学生制度はありました。(「陸軍依託学生、依託生徒規則」陸軍省令第4号 昭和3年3月8日)

 陸軍は、大きくわけて戦闘に直接従事する「兵科」(歩兵・砲兵・工兵など)と、そうでない「各部」に分類することが出来ます。後者はたとえば「衛生部」「獣医部」「経理部」(建技)「法務部」「技術部」(兵技・航技)などがあります。これ等の人材を確保...続きを読む

Q太平洋戦争末期の師団長について

 太平洋戦争末期、日本は根こそぎ動員によって200近い師団を編成しました。ただ、兵器が圧倒的に不足していたため、ほとんどが戦闘能力を有していなかったことが知られています。
 しかし、いかに兵器が無くても兵員は徴兵で引っ張ってこられるため、丸腰でも人数はそろえられるかもしれません。しかし、師団長はどうなのでしょう。師団長は普通中将であり、親補職です。戦争末期の日本には200人を超える現役中将がいたということなのでしょうか。また、いちいち親補式を行っていたのでしょうか。

 200人も中将が必要となれば、陸大出身者以外の登用、少将クラスの特別昇進、さらに予備役編入されて長いロートルも引っ張ってこないと間に合わない気がしますが、そのあたりの実態について教えてください。なるべく具体例を教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

 ウィキペディアを信用するのなら、本土決戦師団の総てに師団長として将官がいます。

 ではどんじりの355師の総大将を例にみると・・・
司令官は武田寿中将です。彼の閲歴は、第18師団参謀長の後、第53歩兵団長→第1野戦根拠地隊司令官→第355師団長 という具合になっています。
#因みに18師の師団長は牟田口君でした。

ブービーの354師は山口信一中将。
将官データベースhttp://www.generals.dk/によれば
1939 - 1940 212歩兵連隊長
1941 39旅団長
1945 354師団長
という経歴です。途中で予備役編入とかは無さそうな感じ。
因みに陸大出です。

 逆に天保銭組で、最後に師団長になったのは209師団長の久米精一少将。どっかで聞いたことある野郎だな、と思ったら、”空の神兵”パレンバン空挺の第1挺身団長ですね。この人の途中の経歴は判りませんが、陸大同期で少将は早い方ですから、途中が抜けているとは考えにくいものがあります。

 一方で、予備役召集組としては138師の山本務中将がいます。
5師団長で予備役編入、留守第57師団長を経て138師団長です。

と、ここまで書いて、
こんなページを見つけてしまいました
http://homepage1.nifty.com/kitabatake/rikugunsidantop.html
ここで前職が予備役の奴を見つければ、急遽補職された人数の一部が判るはずです(ただし、山本中将のパターンは判らないが)。
早速それをすれば、
96師:飯沼守
139師:富永恭次
149師:佐々木到一
の3人が該当します。

 138師団も加えたこの4個師団はいずれも外地防衛(満州と朝鮮)のための急造師団で、特に100以降のものは満州での根こそぎ動員によるものと判りました。
 その他の師団長の前職をザッと見た感じでは「○○学校付」「○○部付」が多い感じがします。つまり、予備役編入などに待ったをかけて、師団長に回す、という感じがしますが、確証は持てません。逆に切羽詰まった時期であっても予備役編入されている将官もおり、どうなってるのかは不明です。

 さらに、このページを辿ると終戦時の将官一覧
http://homepage1.nifty.com/kitabatake/rikukaigun38.html
なんてものまであります。
 これに依れば、終戦時の将官の数は1000人。結構無茶な兼職(部隊長2つとか、軍司令官+師団長事務取扱、とか、本部部長2つとか)もしているようです。

ここまでを踏まえた推測ですが
1)入りを早くして出を遅くすることで人材を確保した
 今の役所がやっている人事政策の逆ですね
2)比較的閑職を兼務にすることで人材を浮かせた
3)そもそも母数が割に多いので、根こそぎ動員で増加した師団ぐらいはやり繰りで何とかできてしまう
といった辺りなのではないかと思われます。

 ウィキペディアを信用するのなら、本土決戦師団の総てに師団長として将官がいます。

 ではどんじりの355師の総大将を例にみると・・・
司令官は武田寿中将です。彼の閲歴は、第18師団参謀長の後、第53歩兵団長→第1野戦根拠地隊司令官→第355師団長 という具合になっています。
#因みに18師の師団長は牟田口君でした。

ブービーの354師は山口信一中将。
将官データベースhttp://www.generals.dk/によれば
1939 - 1940 212歩兵連隊長
1941 39旅団長
1945 354師団長
という経歴で...続きを読む

Q陸軍で特に軍政を担う人の出世コースは?

海軍でのちに軍政を担う高官の多くは海外武官を歴任しているように思うのですが、陸軍では軍政を担う人の出世コースはどういった役職になるのでしょうか?

Aベストアンサー

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%8D%E5%8B%99%E5%B1%80
典型例が永田鉄山じゃないかな
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E7%94%B0%E9%89%84%E5%B1%B1
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8A%E4%BA%95%E6%B8%85
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E7%8E%87%E9%81%93

みんな欧州に駐在武官しているな

Q防衛大ってレベル低すぎでは?

防衛大って、大学偏差値ランキングとか見ると、偏差値50後半くらい(特に理系)ですよね。MARCHと同レベルかそれよりちょい下くらい。

防衛大出身者って、自衛隊の将官のうちのほとんどを占めてますよね。しかも統・陸・海・空幕僚長や方面総監、自衛艦隊司令官とかにもなれば、給料的にも、一般の役所で言えば事務次官や警視総監級ですよ。そういうポストを、偏差値50後半くらいの大学を出た人間がやっている。

私は別に学歴・学閥至上主義者じゃないですが、こういう人たちが自衛隊のお偉方を占めてるからこそ、ほかの役所の同レベルポストの人間(多くは東大・京大等出身者)にバカにされるのだと思います。彼らと互角にやるためには、せいぜい早慶クラスの偏差値(65くらいですか)はないと厳しい。

なぜ防衛省・自衛隊は、もっと防衛大の偏差値をあげるべく努力をしないのでしょうか?

Aベストアンサー

ぶっちゃけ防衛大なんてなくして、その分の金を少しでも自衛官の定員充足のために回したほうがいいと思う。

いま自衛隊の将官にも東大・京大卒がずいぶん食い込んでるけど、あんだけ強固な閥があっても食い込まれるってことは、そんだけ東大・京大出に比べて、防衛大出身者の平均が劣っていること。防衛大なくしてみんな一般大からということにすれば、東大・京大はじめ、もっと有能な学生を費用ゼロで調達できる。

Q終戦後の、旧日本軍の軍人

旧日本軍の軍人

志願して採用され、職業軍人となった人
令状で召集され、(強制的に)軍人にされた人

大きく分けて、この二種類でOKですか?

また、太平洋戦争以前からの職業軍人の人達は、ずっと軍からの給料で生計を立てていたと思いますが、終戦後の処遇はどうなったのでしょうか?

Aベストアンサー

ズサンすぎると思います。質問者ならびに他の回答者の認識が。

まず質問者が、軍人とは「志願して採用され、職業軍人となった人」「令状で召集され、(強制的に)軍人にされた人」に二分してOKかとの問いに、誰も訂正をしていない。ひどいもんです。旧日本軍の場合、一般社会から軍人になるのは「志願・徴集・召集」です。多くの人が漠然と考えている徴兵制とは「生まれてからずっと軍隊とはまったく無縁に暮らしていたら、ある日突然“アカガミ”によって“召集”されて兵隊になって戦地まで行ってしまう」とでもいうものでしょうかね。それって、ちょっと問題があります。

軍隊のことをウンヌンする場合には、たとえ戦争中の話題であっても、まず戦争のない平時の仕組みから知っておかないと大抵は結果として大きな間違いになる、と私は断言します。古今東西、どこの軍隊も基本は平時です。その基本のうえに戦時・有事という応用が問われるのです。これから長々と書いていきます。

“徴兵検査”ぐらいは聞いたことがあるでしょう。原則として前年12月1日から当年11月30日までに満20歳になる男子が、春から夏にかけての時期に身体検査(簡単な知能の検査もあるらしいが、この点は私もまだ不勉強)により甲乙丙などと判定されるわけです。その判定とさらにクジで順番が決められて、それによって“現役”、“補充兵役”などに分けられ、“現役”の者が数ヶ月後に予定どおり(強制的といえるでしょう)軍隊に入ります。これを“徴集”といいます。これが兵隊の基本中の基本なんです。“召集”じゃありません。この“徴集”はアカガミなんか一切関係ありません。明治時代に徴兵制が始まってから昭和20(1945)年に軍隊が無くなるまで、平時も戦時もこの“徴集”はありました(末期には年齢が19歳に下がり、身体検査の時期も変わることがありました)。

少し前の文で“現役”と書きました。この“現役”というのは非常に重要なキーワードです。軍隊について無知な人(つまり現代日本人の大多数、あなたも私も)が漠然とイメージする「軍人」とはこの“現役”の軍人だろうと思います。ところが“現役”でない者も結構いるんです。まず軍隊の下っ端である兵隊は何年も“現役”をやっていられません。上で書いた“徴集”で入った兵隊は何年かすれば除隊といって軍隊からシャバに出られます。そうして“予備役”になります。乱暴に今流の表現をすると「軍人OB」とでもいうようなもの。

志願で入った兵隊はふつう“現役”ですが、たとえ軍隊が好きで志願したとしても数年しか兵隊はできません。どうしても軍隊にいたいなら、“現役”下士官を志願して教育を受け採用されれば下士官になります。下士官からは「武官」で、本物の軍人はここからといって良いでしょう。

ところが日本軍の場合、下士官もいつまでも無条件で“現役”でいられるわけでもないのです。数年ごとに再志願というのをして、軍隊の予算とか本人の勤務評定などをクリアして受け入れられれば“現役”の下士官を続けていられます。下手すれば再志願が通らず「お疲れさん」で軍隊を出てシャバで仕事を探すことになります。“予備役”です。ですから「職業軍人」を考える場合に、日本軍の場合はやや不安定な立場の下士官を含めるかどうか議論の余地のあるところです。

将校の場合(軍医なども含めます)、陸軍士官学校などで学んだ“現役”将校なら、まさに
「職業軍人」です。ですが、将校においてさえ“現役”(すなわち「職業軍人」)であり続けることは今の我々が考えるほど容易ではなかっただろう、というのが私の見解です。昔の栄養・衛生事情は悪く、結核をはじめ身体を壊したりするリスクは現代よりはるかに高い、なのに軍隊が求める健康な身体は一般社会よりもレベルが上でしょう。それに将校だって勤務評定を受けます。エライ人に昇進する枠は少ないのです、のんべんだらりと低い階級のまま軍隊にいてもらっては困るのです。将校だっていつ「お疲れさん」と軍隊を出され“予備役”になるかわからない、ということです。“予備役”将校はもう「職業軍人」ではありません。

話は変わりますが“召集”というのは、有事に軍人の数を増やしたい場合やその他(教育のため等々)により“予備役”や、ときとして“補充兵役”の者を軍隊に入れる事です。本当は“現役”のほうが質が高いのだけれど、戦争などでは贅沢を言ってられませんから「臨時」に“予備役”などの人を使うのが“召集”です(あまりにも多くの人が“召集”をすでに述べた“徴集”と混同しています。それが腹立たしいので私はわざわざこんな長文を書いています)。それから既回答の中に「幹部候補生志願して、職業軍人となり・・」というのは、普通ありません。幹部候補生は”予備役”の将校・下士官コースですから「職業軍人」にはなりません(さらに教育を受け転役すれば“現役”ですが、極めて稀な事)。太平洋戦争のような大きな戦争では兵隊も多いし、下士官も増え、将校だって何千人にもなったでしょうが、実は「職業軍人」というのは思ったほど多くはないのです。このへんの事は私が執筆したWikipediaの『幹部候補生 (日本軍)』というのを読んでみてください。

ところで、軍人の定年というのは一般社会より早いものです。運良く健康でクビにならずにいても、エラい階級にならないかぎり早ければ40代から定年がやって来ます。

以上の事を総合すると、たとえ「職業軍人」といっても人生の中で第二、第三の商売をする覚悟を持っているのが普通であったでしょう。これが平時の基本の話です。それを十分に理解してから、初めて「戦争でどうだった」「終戦になってどうした」ということをウンヌンしなければおかしいということです。

最後の最後に質問に対する私の答えとして、「職業軍人」の終戦後の処遇は一般的にいって決して優遇はされなかっただろうと思います。「公職追放」というものもありました。ただ、戦争犯罪人でもなければ、投獄されたりするようなことはないので「職業軍人」ではなかった圧倒的多数の元兵隊や、予備役からの人と同じような普通の厳しい人生だったのではないでしょうか。

終戦からいくらか経ちますが自衛隊(最初は警察予備隊)ができてからは、「公職追放」が解除された元「職業軍人」の中には、適正もあったし、もともと嫌いな道ではなかったでしょうから自衛隊に入隊した人もかなりいます。初期の自衛隊のエライ人は大部分が陸軍士官学校、海軍兵学校など出身の元「職業軍人」といえます。もし本当に興味があったら、比留間弘さんという方の著作を探して読んでみると面白いですよ。もうお亡くなりになっているようですが、陸軍士官学校を出た現役将校でビルマ戦線で苦労したあと終戦になり、戦後はヤミ同然の商売から雑貨屋を始め、公職追放解除後に陸上自衛隊に入った人生を非常に楽しい文章で何冊かの著作にされています。検索すればamazonなどでもザクザク出てきますし、運が良ければ図書館にあります。

参考URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/幹部候補生_(日本軍)

ズサンすぎると思います。質問者ならびに他の回答者の認識が。

まず質問者が、軍人とは「志願して採用され、職業軍人となった人」「令状で召集され、(強制的に)軍人にされた人」に二分してOKかとの問いに、誰も訂正をしていない。ひどいもんです。旧日本軍の場合、一般社会から軍人になるのは「志願・徴集・召集」です。多くの人が漠然と考えている徴兵制とは「生まれてからずっと軍隊とはまったく無縁に暮らしていたら、ある日突然“アカガミ”によって“召集”されて兵隊になって戦地まで行ってしまう」とでも...続きを読む

Q原隊とは何か、教えてください。

軍隊における原隊とはどう言うものでしょうか?教えてください。

お願いします。

Aベストアンサー

原隊に関してですが、解釈上により個人単位での原隊と組織単位での原隊と言う解釈が可能です。
個人で考えた場合先の方が言われている様に最初に配置された所属の部隊に籍を置きながら任務上で他部署もしくは他部隊へ移動している場合、その人間の所属は所属先でありながら原隊の籍も持っています。
新入隊員の教育任務完了後に復帰する部隊があるわけですから原隊への復帰となります。
自衛隊の場合、3等陸・海・空尉や3等陸・海・空曹等が新入隊員を教育する為に原隊から教育部隊へ転属なりますが、教育期間(任務)が完了すると原隊へ復帰となります。
また、組織的な考え方ですと、連携のとりやすい部隊同士を編成し新たな部隊を構成する事があります。
例えば、イラク派遣ですがこの場合は方面隊及び連隊単位で選抜された隊員が新たな組織(部隊)を構成して派遣業務に従事します。
しかし、派遣期間が完了した場合は選抜された部隊を解散し、原隊へ復帰する事になります。
所属している部隊を明確にする為にも原隊と言う言葉は必要になるかと思います。
日本の自衛隊の場合、方面隊→師団→連隊→大・中・小隊等の区分けがありその編成に応じて原隊から選抜された人員が新たな部隊を構成する事になり、任務が完了した際に戻る元の部隊が原隊と言う事になります。

私にとっては懐かしい話題です。
私も横須賀で新隊員教育のため原隊から転属を言い渡され新隊員教育のため従事した後原隊へ戻った経験があります。

それでは。

原隊に関してですが、解釈上により個人単位での原隊と組織単位での原隊と言う解釈が可能です。
個人で考えた場合先の方が言われている様に最初に配置された所属の部隊に籍を置きながら任務上で他部署もしくは他部隊へ移動している場合、その人間の所属は所属先でありながら原隊の籍も持っています。
新入隊員の教育任務完了後に復帰する部隊があるわけですから原隊への復帰となります。
自衛隊の場合、3等陸・海・空尉や3等陸・海・空曹等が新入隊員を教育する為に原隊から教育部隊へ転属なりますが、教育期間...続きを読む


人気Q&Aランキング