ジャーヒリーヤ時代について調べているのですが、調べ方が悪いのか資料が集まりません。
イスラーム以前のアラビア半島、中東の世界はどうだったかという課題で、私は住居についてやらなければいけないので、わかる方は教えてください。どんな小さな事でもけっこうです。
参考文献でもけっこうなので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  ジャーヒリーヤは、英語で幾つかの表記があるようです(原語がアラビア語でしょうから当然ですが)。Jahiliyya で調べると、次のような本があります:
 
  1)Studies in Jahiliyya and Early Islam M. J. Kister (著)
  価格: ¥15,547
  現在、在庫切れです。このページは、在庫状況に応じて、常に更新されますので、
  購入を検討している場合は、定期的にご覧ください。
 
  2)Society and Religion from Jahiliyya to Islam (Variorum Collected Studies Series)
  M. J. Kister (著)
  U.S. 定価: $127.95
  価格: ¥15,547
  手数料: +¥1,555
 
  これは、オンラインショップの Amazon.co.jp での情報です。
  文部科学省の指導で、国内大学図書館のネットワークがあるはずです。(NASCISというのは古い名前で、いま何というのか知りませんが)。以上の本は、少なくとも、ジャーヒリヤ時代について主題としています。ただ、本が高いです。しかし、日本国内の図書館で蔵書として本を持っているいる図書館もあるでしょう。
 
  Amazon.co.jp のURLは次の通りです:
  http://www.amazon.co.jp/
 

参考URL:http://www.amazon.co.jp/
    • good
    • 0

 


  少し検索で調べてみましたが、どうも見つかりません。以下の本は、イスラムの成立についての本ですが、ジャーヒリーヤ時代との関連も少し記述されているようです。何か参考文献が、ジャーヒリーヤ時代について載っているかも知れません。

  >> 「イスラーム生誕」中公文庫 井筒 俊彦 (著) 価格:¥427
 
  なお、英語の本で jahiriya をタイトルなどに含む本を調べてみましたが、これも何も出てきません。(ドイツ語・フランス語の本でも調べてみましたが、ないようです)。まったく役に立ちません。
  
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中東、イスラームについて

突然すいません。

中東、イスラーム、中東におけるイスラーム復興、宗教・・・など、
中東に関することなら何でもいいので!という条件でレポートが出されました。


なにか、思いつくトピックやタイトルはありますでしょうか?

なにかあれば教えてください!

Aベストアンサー

歴史関係ならば、前嶋信次先生の著作が面白く読みやすいと思いますが。^^

Q引用文献と参考文献の両方に、一つの文献を書いても良い?

卒業論文を書くにあたって質問があります。
論文の最後に「参考文献」と「注」を書くのですが、そこで迷ったことがあります。
「注」の欄に引用した文献を記載して、さらに同じ文献を「参考文献」として記載してもよいのでしょうか?
つまり、ひとつの文献を、「注(引用文献)」と「参考文献」の両方に書いてもだいじょうぶでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

両方書いても大丈夫でしょう。

引用した箇所に注を施して末尾に書くのは基本的なルールですが、その引用した箇所以外にも、その文献をすべて読み、その内容を自分で咀嚼した上で、論文中に内容を反映させたとしたとすれば、むしろ、参考文献として必ず挙げておくべきではないかと思います。

参考にしたのが引用した一箇所だけとか、その引用自体も論文の主旨からいえば些末なことであるならば、わざわざ参考文献として列記する必要はないと思いますが、重要な参考文献であると思うのであれば、参考文献として挙げればよいと思います。

私が卒業論文を書いたのはもう随分前のことですし、文系、理系、その他、学科の違いで引用文献の扱いも違うのではと思うので、あくまで参考ということで。

Q中東はなぜあんなに争いが多い? 中東に石油があるのはわかります ロシアとアメリカが代理戦争? のよう

中東はなぜあんなに争いが多い?
中東に石油があるのはわかります
ロシアとアメリカが代理戦争?
のようなものを行ってるのも理解できますが、石油と宗教だけでなぜあんなに揉めるのでしょうか?
解決策はどうすればいいのでしょうか?
中学生なのでわかりやすく解説願います

Aベストアンサー

莫大な利益と権力を得るには奪い合い、勝ち取るしかありません。後、ヒトはヒト殺しが大好きという事です。学校で言ったら避難されるから気ィつけや。

Q参考文献中の参考文献を参考にする?

レポートを書いているのですが参考文献の書き方に困っています。
ちょっとややこしくて説明になっているか不安ですが。。。

「(1)参考文献」として見つけたサイト中で
「(2)参考文献として取り扱われているサイト」の引用内容が参考になりました。

それを私の参考文献としてレポートに書くとき、どのように扱ったらいいのでしょうか?

大本の「(1)サイト」を題名・発行など、私のレポートの参考文献として書くだけでいいでしょうか?

それとも、その大本のサイトが参考にした「(2)サイト」を参考文献として書くべきなのでしょうか?

大本のサイトが参考にした「(2)サイト」を検索してみると、
会員制のみが見られる論文サイトのようで一般の人が見ることはできず、
結局、私が参考にできたのは、大本「(1)サイト」が参考にしたという引用部分だけです。

わかりにくてすみません。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

一般的には(2)を読んでから参考文献にあげるべきだと思います。

ただ、レポートであれば(1)が(2)を参照していたということを書けばいいと思いますよ。

あとは、(2)を読んでいないのに(2)を参考文献に上げて読んだように見せかけるといったことも実際にはやられているようです(いけないことだと思いますが)。

(2)の著者にメールなどを出来る手段があれば、問い合わせるといったこともいいのではないでしょうか?

QSS400 許容引張応力値 機械文献or建築文献 どちらを採用?

 SS400の各温度における許容引張応力は0°Cから350°Cにおいて100N/mm2(JIS G3101 1995)なので通常室温にて用いる際は100N/mm2と理解しています。
一方 一般構造用鋼材 許容応力(引張)は結果的に基準強度と同等で2400キログラム毎平方センチメートル(建築基準法令行令 第90条、昭和55年建設省告示第1794号)となっております。
つまり前者は10000N/cm2、後者は24000N/cm2 どうしてこんなに違うのでしょうか?
機械計算がらみの場合は前者を、建築物がらみの場合は後者の許容引張応力の値を使うことになるんでしょうか?

Aベストアンサー

なるほど、経験者の方でしたか。しかも圧力容器ですか。
私は全く設計したことがありません。(失礼しました)

私の持っている材力のテキストの「フープ応力」の例題を見ると
「板の引張強さを、40kg/mm^2として、安全率を4とする」と
なっていました。これぞ、まさに許容応力=100N/mm^2ですね。

そこで調べてみると、「圧力容器構造規格」なるものが見つかり
ました。(参考URLの第4条、一のイ ヤッター!)

あと他に、こんなものも見つかりました。
 ↓
http://www2u.biglobe.ne.jp/~xbm95632/hp110.htm
これは、ちょっと…という内容ですが、勉強になりますよ。
(ちょっと酔いますが)

では、失礼します。

参考URL:http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-10/hor1-10-4-1h1-0.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報