神社を舞台とした小説を書いているのですが、神主や宮司など各神社における最高の神官になる為には就任式の様な特別な儀式があるのでしょうか?各神社によって様式は異なるでしょうが、一般的・代表的な様式があれば御教え下さい。

A 回答 (1件)

神社本庁という統括団体に加盟している神社の神職は、神社本庁神職資格を取得しなければなりません。

資格には、「浄階」「明階」「正階」「権正階」「直階」の5種類があります。「浄階」は「明階」取得者の中から功績のあった神職に神社本庁から与えられる名誉資格です。神社本庁傘下の神社の宮司になる為には「明階」が必要になり、この資格をとるためには伊勢の皇學館大學か東京の國學院大學で神職課程を修得しなければなりません。それ以下の階位は、各都道府県の神社庁で行なわれる研修会で取得することが出来ます。
神社本庁傘下でない神社の神職には基本的には階位資格は必要ありませんが、その神社ごとのきまりがあると思います。
また神社へ奉職の際は、就任の奉告祭を行ないますが、それ以外は特別な儀式はありません。
参考URL以外にも、「明階」「神職」などで検索してみてください。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~otsuya/miko-san/miko …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御蔭様で大変参考になりました。
将来はそちらの方面に進みたいと思っているのですがいやはや難しそうですね。
ともあれ有難う御座いました!!

お礼日時:2001/11/15 16:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神社の分布のかたより 住吉神社など

住吉神社は西日本、秋葉神社・鹿島神社は東日本といった漠然とした印象があるのですが、それぞれ東限、西限はどこでしょうか。

Aベストアンサー

住吉社は、本社格が、大阪・山口・福岡とあるので、
西に偏りがちと思われますが、海運の神であることから、
海運や水運に関係する土地、港に設けられ、
北は北海道・東北から、鹿児島まで、日本全国に存在します。

鹿島社は、祭神は武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)であり、
藤原氏と縁の深い神社です。
藤原氏といえば、西では春日大社となり、祭神も同じであり、
西は春日社、東は鹿島社が多いです。

秋葉社は、山岳信仰と神仏混淆から発達した神社で、火伏せの神といわれていて、
同様の神に愛宕社があり、愛宕社のほうは、全国的に広がり、
秋葉社は本社のある静岡を中心に、中部地方に分布しています。

東限・西限はよく判りません、小さな神社や境内社・摂社等を全て網羅した文献も無いでしょうから。

ご参考までに

Q出雲神社・伊勢神宮・高千穂神社の中ではどれがベスト?

ご高覧ありがとうございます。

さて質問ですが出雲神社・伊勢神宮・高千穂神社は
民俗的・由緒的にどれが神社ナンバーワンにふさわしいでしょうか?

個人的には日本人の日本人性は定義できないので
稲作をもたらした半島人たる天照を祀った高千穂が
民の生活に与えた変容と得た崇拝的に価値が高いと考えますが

この考えにどのような肉付け、あるいは反論ができますか
忌憚なきご意見を(なるべくわかりやすく)お聞かせ下さい
お願いします

Aベストアンサー

高千穂神社は出生地で
伊勢神宮は本宅
出雲神社は別宅、集会場?

というように感じます。

どれがナンバーワンとも言えないでしょうね。どれも大切な神様の場所ですから。

Q教会の儀式について

教会の儀式について
教会が食事の残りや残飯を大衆に撒く
儀式は何というのですか?

Aベストアンサー

プロテスタントのクリスチャンです。
名誉のために言っておきます。
そんなものはありません。
有るとすれば聖餐式というのが月に一回あります。
それはパンとイエスキリストの血である赤ワインを飲みます。

Q猿田彦神社 本殿

猿田彦神社の本殿がどこか知りたいのですが
検索では三重県が多く出てくるんですが
そこは別院で本殿は兵庫県(宝塚あたり?)と
聞いたことがあります。
私の覚え違いかもしれませんが
知っておられる方いらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

↓の最後の方を見てください。

参考URL:http://www.genbu.net/data/ise/tubakioo_title.htm

Q神社と不動尊

神社と不動尊の違いを教えて下さい。

我が家には、代々お参りに行く不動尊があります。
小さい頃からお参りに行っている為何とも思ってなかったのですが、『神社と何が違うの?』って改めて周りから聞かれると、その答えが分かりません。

どなたか分かる方がいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
>例えば不動明王は神社にはまつられることがない…とか。
その通りです。
不動明王は「神様」ではなく「仏様」の部類ですので、間違っても神社に祀られることはありません。
そもそも「如来」とか「菩薩」「明王」「天」などと下につくものは全て「仏様」です。
神社の神様であれば「尊・命(みこと)」などがつくことも多いですが、名称的には結構バラバラですね。
「神様」達は日本古来から信仰されてきたものであるのに対し、「仏様」達は大和時代に伝わったとされています。
見た目でわかる大きな違いとしては「仏様」達が「仏像」と呼ばれる「像」であらわされることが多いのに対し、「神様」達は殆どそういうことはありません。
神社では普通参拝するところの奥に鏡が置いてあったりするだけです。
しかし「不動尊にいる神様達」と質問者さんは教わってきたということは、その不動尊(お寺)に神社が付設している為かもしれません。
江戸時代までは「神仏習合」という考えのもと、主に「日本で昔から祀られてきた神様達は仏様が人々を救う為に姿を変えたものだ」とされ、お寺のそばには神社がまた神社のそばにはお寺が建てられて、その管理は渾然としたものでした。
ですからその名残として、同じ敷地内にお寺と神社がどちらもあるのは珍しいことではありません。
質問者さんお馴染みのその不動尊も、不動明王を祀るお寺がメインなのでそう呼ばれていても、同じ敷地内に神社もあったりするのではないでしょうか。
煩雑になってもいけないので大雑把な説明になってしまいましたが、少しでも参考になれば幸いです。

こんにちは。
>例えば不動明王は神社にはまつられることがない…とか。
その通りです。
不動明王は「神様」ではなく「仏様」の部類ですので、間違っても神社に祀られることはありません。
そもそも「如来」とか「菩薩」「明王」「天」などと下につくものは全て「仏様」です。
神社の神様であれば「尊・命(みこと)」などがつくことも多いですが、名称的には結構バラバラですね。
「神様」達は日本古来から信仰されてきたものであるのに対し、「仏様」達は大和時代に伝わったとされています。
見た目でわか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報