世の中の大概の女性たちは、男性のマザコン性をお嫌いになります。一人の男性を挟んで、こちらに母親、あちらに女性という構図はかなり日常的ですが、しかし、何故多くの女性たちは、それほどマザコンをまるで罪悪であるかのように糾弾するのでしょう。 
 もちろん、男性に幼児性が見え隠れするのは問題だとは思いますが、それにしても女性たちは何故それほどマザコンを許せないのでしょう。 
 未だかつて、男性が女性をファザコンと糾弾する情景を見たことがありませんが・・ それもまた何故でしょう。 男性、女性問わず、ご意見をうかがえましたら有り難いです。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中11~11件)

自分は男性ですが、男性のマザコンはやはり気持ち悪いです。


同時に母親とも言えるくらいの年齢の女性(いわゆるオバサン)
も大嫌いです。

女性が男性のマザコンを許せないのは、嫉妬心もあると思います。
男性は一般的に、心が広い人の方が良いとされますが(なぜかは分からない)
心理的にせせこましく家庭に閉じ篭って抜け出せないという姿が
女性は許せないのではないでしょうか。

この回答への補足

アドバイス、ありがとうございます。

すみません、私は多分あなたのお母さんぐらいの年代で、「大嫌い」と言われてしまうと、その理由も分かると同時にせつないですが・・ 

許せないという感情は嫉妬心から、ということですね。
女性が同性であり先輩であるところの「ある男性の母親」に嫉妬心を燃やすから、その母親も男性も許せない、となるわけですか・・

許す・・ これ自体、ある意味大変大げさな言葉、かもしれません。許す・・ まあ、簡単に言えば、認められない、という感じでしょうか・・ 

補足日時:2005/09/26 15:57
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q壁についたヘアカラーの落とし方

壁についたヘアカラーの落とし方

ユニットバスの壁にヘアカラーが付いてしまい落ちません。
落とし方を教えて下さい。

Aベストアンサー

ベンジンで拭いてください

薬局で売ってます、換気には注意してください

Qキリスト教にとっての人類に対する絶対性はなぜそれほど大事なのか

かつて、ジョルダーノ・ブルーノは、地球外知的生命の存在を唱え、異端として火あぶりになりましたが、なぜこれほどまでにキリスト教会というのは「人間の絶対性」を主張する必要があるのでしょうか?また仏教的には地球外知的生命はOKなのでしょうか?

Aベストアンサー

>なぜこれほどまでにキリスト教会というのは「人間の絶対性」を主張する必要があるのでしょうか?

人間の絶対性じゃなく、神の絶対性を主張したわけです。
神を絶対だとして、その神を絶対だとする集団のトップが教皇ですから、結局 教皇の言うことは神の言うことだから、神を絶対 すなわち 人間である教皇の判断を絶対だと信じてもらわないと、人々を支配できなくなるので困るわけです。


では一曲。
(臼猫ファンタジー風)

「パパさん♪ 宇宙は6000年ほど前に神が創ったって本当ですか?♪」

『本当だにゃ わしが言うことは神のいうことだにゃ 間違いないにゃ」♪』

「パパさん ♪ 恐竜の骨が出てきました!♪ 一億年以上前のものだとされています♪」

『そんなわけ無いにゃ 宇宙は6千年前に神が創ったにゃ  悪魔が信者を惑わすために細工したにゃ』

「パパさん でも 放射能測定法では1億年以上前とされとりますが? w」

『・・・・ とりあえず最後のwはやめるにゃ ダブリュ ダブリュ ダブリュ!』

『リンクさせて戻ってくるな馬鹿神父。 リンクさせたら そこでしねー』


『ワイロ足らなくなって大ピンチ さっさと募金あつめやがれ~』

『裏金使ってやったのにその態度。そろそろねむたく なってきたぁ  にゃん!』

<台詞>

 「やっぱりパパさまがいると安心できますね ^^」
 『そんなこと無いですにゃ 信者全員の力ですにゃ
 これからも信者さんたちのために一生懸命働きますにゃ』

<再び歌>

「パパさん 説教ヨロ」

『【最低50万】【いたわる】』

「パパさん 地方講演お願いします」

『そんな地味なとこで、サブリミナル使いたくないにゃ』

『くらえ 聖水ホーリー ばにっしゅ~~!』 



キリスト教はローマ皇帝を取り込んで、、というより皇帝がキリスト教を利用して、人民を統率したわけです。

人間を超える者の存在を打ち出すことで、人々をそっちにひきつけたわけですね。

で、教皇と皇帝は対等だったが、人々を操ることができるのは教皇の方だったので、皇帝は教皇を恐れてうまくつきあってきた。

で、宗教に関しては口出しができなかったようで、例えば フランスを救ったジャンヌ・ダルクは都合が悪くなった時、魔女として処刑されたが、政治的支配者は口出しできなかった。

ヨハネ・パウロ2世は、歴代の教皇とは違い、御殿にこもっていないで、活発に活動したようです。

例えば、ユダヤ人は神を殺したという風潮に遺憾の意を示しました。
それによって大量のユダヤ人が虐殺されたことまでは言及しなかったようですが。

他にはそのジョルダーーノ・ブルーノの名誉も、ジャンヌ・ダルクの名誉も回復させたらしいです。

そういう異例のことをやったので、結構内部で敵作ってしまったみたいです。

中世の聖職者の腐敗の後始末を少しやったってことですね。


仏教は、キリスト教のようなこの世を作った神というものが無いんじゃないか と。

地球外生命体とかそういう妄想の世界の産物を利用せず、人間の知覚で捉えることができるものをもって、いかに流されずに生きるか を説いた哲学的な思想だと思います。

ここが大きく違うところ。

キリスト教は人間の知覚では捕らえられないものの存在を打ち出し、近くできないものに頼って生きろと説いた。

仏教は人間の認識で可能な範疇で、十分安楽になれると説いた。

>なぜこれほどまでにキリスト教会というのは「人間の絶対性」を主張する必要があるのでしょうか?

人間の絶対性じゃなく、神の絶対性を主張したわけです。
神を絶対だとして、その神を絶対だとする集団のトップが教皇ですから、結局 教皇の言うことは神の言うことだから、神を絶対 すなわち 人間である教皇の判断を絶対だと信じてもらわないと、人々を支配できなくなるので困るわけです。


では一曲。
(臼猫ファンタジー風)

「パパさん♪ 宇宙は6000年ほど前に神が創ったって本当ですか?♪」...続きを読む

QHey!Say!7 Westについて

関西版Hey!Say!7として結成されたHey!Say!7 Westのメンバーを教えてください。

Aベストアンサー

今晩は
下記の7人のようです。↓(敬省略)

桐山照史、神山智洋、中田大智、千崎涼太、中山優馬、佐竹滉輝、藤井流星

http://blog.so-net.ne.jp/mugendai-dolphinsong/2007-09-02

http://blog.goo.ne.jp/gussan_g74/e/5ab24607d85e66bd37046fbf3a76435e

Q>世の中一番怖いのは無視されることだ。

>世の中一番怖いのは無視されることだ。

年々歳々この命題が質量増大しているような気がします!

若いころは、世の中から必要とされなくなることが怖いことだと思っていたんですがね、最近、少し成長して、本当は無視さえされなければ必要とされなくても良いことが理解できるようになりました。

世の中を見てみると、この二つが峻別できずに、無視されなければよいだけなのに「必要とされている」はずと自分自身をも騙し、爺になっても会社の役職などに執着している見苦しい御仁がいらっしゃるな。迷惑だね。

どうやっても必要とされず、同時に無視されていると感じてしまった可哀そうな人がいて、その人は秋葉原で無差別殺人することで、「無視される状況」から脱出しようとしたんじゃないかな。その人もこのサイトを見つけて、言いたいことを発言しておれば、お慈悲を持って回答を寄せてくれる方もおるでしょうから、無差別殺人などしなくても済んだのにねぇ。

ゲマインシャフト、つまり共同社会が機能していた時代には、息子夫婦と同居して、孫もいて、地域にはガキの時代から知っている親友、悪友がいて、自分よりも年上の菩提寺の住職は自分が子供の頃の話を聞かせてくれたりして、とにかく、社会から無視されているという事実と直面することはあまりなかった。ところが、ゲマインシャフトが崩壊して、人生の一時期だけ強く関与するゲゼルシャフトに全身全霊をささげてしまった爺は(その点、婆はまだ良い)、退職、引退を機に、一切のしがらみから解放されると同時に宇宙の孤独を感じざるを得ない状況におちいる。

人類の福祉を考える時、人の半分は爺になり、残りの半分は婆になるわけですから、この人たちが「無視されていない」という感覚を持ち続けることが一番重要なのかもしれない。

昨今の様にコンピューターアプリケーションが進歩してくると、くだらない質問にはくだらない回答を寄せ、まともな質問にはまともな回答を返すコンピュータアプリケーションも作れるようになるのではないかね。国が税金で大規模なコンピューターシステムを構築して、現実の社会から無視されている爺たち、婆たちの質問を受け付け、無人で適当な回答を返すしくみですね。このコンピューターアプリケーションにはある判定ロジックが組み込んであり、そのロジックが反応した場合だけは有人回答ルートに回るようにしてある。ロジックにより、プログラム回答では不十分と判断されるような質問を選ぶわけだな。

暇を持て余すと同時に、誰も話を聞いてくれない世の爺たちは一所懸命に質問を投稿し、返ってきた回答がプログラムによる自動回答か有人回答かに対して一喜一憂することになる。つまり、このシステムの利用初期の段階では、プログラム回答を得た場合よりも、有人回答を得た場合に「無視されていない」と感じている訳だね。

ところがコンピューターアプリケーションにも学習の機能が付いており、初期には有人回答に回さねばならなかったような質問も段々とプログラム対応可能となってくる。そのうち、100回ぐらい質問してもすべてコンピューター回答であしらわれる人も出てくるでしょうね。それが普通になる。

その頃になると、回答がプログラム回答か、慈悲を持った人による有人回答かは判別困難になり、また問題じゃなくなる。結果、コンピューターに向かって質問を投稿し、プログラムによって生成された回答を読むことで、孤独を癒し「無視されてはおらんのじゃ」という麗しき誤解をもちつつ、死を待つ老人たちで一杯になるでしょう?

世の中が豊かになり、老人福祉で食う、寝る、や、医療が満たされるようになると、最後に「老人の相手をする」という福祉サービスが残る。これが実は労働集約的で手間暇かかるので、コストも一番懸かるでしょうね。やりたい人も少ないかもしれません。ですから、上記のコンピューターシステムに1000億円ぐらい掛けても国としては費用対効果が高い。

このような世の中がくるのでしょうかね。

>世の中一番怖いのは無視されることだ。

年々歳々この命題が質量増大しているような気がします!

若いころは、世の中から必要とされなくなることが怖いことだと思っていたんですがね、最近、少し成長して、本当は無視さえされなければ必要とされなくても良いことが理解できるようになりました。

世の中を見てみると、この二つが峻別できずに、無視されなければよいだけなのに「必要とされている」はずと自分自身をも騙し、爺になっても会社の役職などに執着している見苦しい御仁がいらっしゃるな。迷惑...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。

>ところで「天国サービス」てのはどんなものですか?

歴史に刻まれるのは人類全体に関わる行為だけで
個人的な利己的欲求に基づく行為は忘れ去られます。

その虚しさや不安さを解消するためには、現世の権勢や富を天国に繰り越せるという幻想が必要です。
その幻想を提供するサービスが「天国サービス」です。
かんたんに言えば宗教ですね。

Qマザコンって何が大変なんでしょうか?

マザコンについて改めて教えてください。
マザコンの男性と結婚したかもしれないのですが、マザコンだとどう大変なのでしょう?
マザコンに全く免疫がないか?逆にマザコンに囲まれていたか?どっちか分からないのですが、どんな困難が待ち受けているか?と、結婚してから気疲れするのはマザコンなせいなのか?を知りたいです。

Aベストアンサー

マザコンと呼ばれるほど、夫が「お母さん大好き」だと、お母さんの方も「息子ラブ(命)」の可能性があります。
なので「大事な息子に献身的に尽くさない嫁(ふつうの尽くし方ではダメ)」をダメ嫁と考えます。
自分の場合、それがしんどかったかも。

Q「好きと嫌い」は「善と悪」として判断できるか?

 食べ物に好き嫌いがあるように味覚や臭覚、触覚、視覚、聴覚などで人間に好き嫌いはあります。
 
 そこで、この世にあなた一人しかいないと仮定した場合。自分が感じる「好きと嫌い」や「快(快感)と不快(苦痛)」の感覚を、「善と悪」とに分けて判断しますか?

Aベストアンサー

この世にあなた一人しかいないと仮定した場合。仮定(1)
論理矛盾です。この世に自分一人しかいないと仮定した時点で
善悪の定義が意味を成さないと思います。
善悪というのは、主観が第三者の価値観との対比のなかで得られる相対的位置です。

すなわち、絶対的悪絶対的善というものが、もともと自分の外的存在としてあって、それとの
対比において、自らの行為や他者の影響の度合いを両極から距離として測ろうとするもの
です。
自分が、無人島ににいて、虫けらを殺して捨てた。
これは、虫けらが存在する時点で、仮定(1)に反します。
この世に私ひとりしかいないと仮定した時点で、私が行う行為の影響を受ける対象が
いなくなる。その結果すべての行為には評価がなくなります。

おそらく、そういう状況は、自分自身が意識の根源、生命の根本のような共通無意識に
同化して、世界のはじまりの時点までさかのぼった感覚なのでしょうね。
主観が一つであれば、快不快の差異は、なにを尺度に感得するのでしょうね。

客体があってはじめて主観が生じるのです。

ですから、認識する主体が自分一人という状態自体が、静寂と死という感じがします。

客体が生じるときそこに偶然性や規則性が感得できて、それを主観の区分で良い悪い
に分けていくのかもしれませんが、それって仮定(1)に反する。

この世にあなた一人しかいないと仮定した場合。仮定(1)
論理矛盾です。この世に自分一人しかいないと仮定した時点で
善悪の定義が意味を成さないと思います。
善悪というのは、主観が第三者の価値観との対比のなかで得られる相対的位置です。

すなわち、絶対的悪絶対的善というものが、もともと自分の外的存在としてあって、それとの
対比において、自らの行為や他者の影響の度合いを両極から距離として測ろうとするもの
です。
自分が、無人島ににいて、虫けらを殺して捨てた。
これは、虫けらが存在す...続きを読む

Q角田光代さんの小説

私は小説がすごく好きです!
最近、角田光代さんの小説を読んで、その世界に引き込まれました!
「対岸の彼女」
「だれかのことを強く思ってみたかった」
を今まで読みました!
2つともとても考えさせられる印象深い本でした。

角田光代さんの本でおすすめがあったら教えてください☆

Aベストアンサー

私も角田さん好きです。
『夜かかる虹』、『学校の青空』お勧めします。両方とも文庫で出てます。角田さんらしい世界観だなーと感じた二冊でした。

Q世の中のひとには、他のひとには理解できないようなことを考えている人がいる。 自分だけしか考えていない

世の中のひとには、他のひとには理解できないようなことを考えている人がいる。
自分だけしか考えていないだろうとか、そういった自分が思っている疑問などを素直に聞いてみたい。
自分にしかないだろうと思う考え、教えてください、聞かせてください

Aベストアンサー

1.超光速によって生じる虚数エネルギーは、自乗で
  相互作用する時空において、マイナスエネルギー
  =時間軸逆行と等価となる事により、過去と未来が
  現在から対発生していると言える。

2.全ての存在の実体が、感受表面における量子相互
  作用に還元される時(あるいは存在の根源の超弦
  =量子定常波に還元される時)、その量子=光速を
  階層現象性の奥に潜在化させる事によって派生する
  非光速性に由来し、つまり階層現象を表面的に
 (=いい加減に)捉える事によって、1の「過去
 (超光速)と未来(光速下)」は可能になっており、
  即ち仮想的根拠しかない。

3.下図の4次元ミンコフスキー空間に見られるように、
  相補分化に由来する時間軸と空間軸の虚数関係に
  よって等距離点に0の界面が生じ、それが光量子の
  描く軌跡(ライトコーン)である時、存在=量子
  とは、先述の仮想的時空に対する無の射影であり、
  予測=『何かあるかも知れない』という疑問として
  生じた時空を、『本当は何も無いんだけどね』と
  無に還元するものなのだ。

1.超光速によって生じる虚数エネルギーは、自乗で
  相互作用する時空において、マイナスエネルギー
  =時間軸逆行と等価となる事により、過去と未来が
  現在から対発生していると言える。

2.全ての存在の実体が、感受表面における量子相互
  作用に還元される時(あるいは存在の根源の超弦
  =量子定常波に還元される時)、その量子=光速を
  階層現象性の奥に潜在化させる事によって派生する
  非光速性に由来し、つまり階層現象を表面的に
 (=いい加減に)捉える事によって、1の「...続きを読む

Q畳の油性マジックの落とし方 服と一緒に油性マジックを洗濯してしまい、洗濯後キャップを外すとマジッ

畳の油性マジックの落とし方

服と一緒に油性マジックを洗濯してしまい、洗濯後キャップを外すとマジックのしずくがポタポタ…(T . T) 落とし方教えてください

Aベストアンサー

完全に落とすことは難しいですが、少しでも薄くすることはできます。

http://kireinasekai.com/yuseimajikku/

Q自殺することは悪いことですか? また、自殺と他殺の相違点は何ですか? せっかくの命を無駄にしてはい

自殺することは悪いことですか?
また、自殺と他殺の相違点は何ですか?

せっかくの命を無駄にしてはいけない、などの意見をよく耳にしますが、誰にも迷惑をかけずに死ぬのなら、個人の自由な気もしますし、、

わたしの意見は、「悪とは言えない」です。

例えば、この世を1つの学校だとして、
入学=誕生 卒業=80歳まで生きて死ぬ
いじめで不登校=他殺 自主退学=自殺
転校=火星へ移住(冗談です!)

などと定義して妄想してたのですが、
自主退学することを、いけないことだ、とは誰も言えないと思います。「いってしまったな」と、残された人達全体が、さみしい気持ちになったりするのは確かですが、
本人が、学校の外に何かを見出してやめていくことや、学校が嫌いだから行かないことは、本人の自由な気がします。

わかりづらい例えですみません。。わたしのなかの、自殺のイメージです。

こんな感じで、みなさんの自殺に対するイメージとか、ご意見などを聞きたいです。どうぞよろしくお願いします!

※ちなみに、私が自殺願望があるとかでは全くありません。

Aベストアンサー

ふたたびこんばんは。

回答とは言えない意見を述べさせてください。聞き流してください(苦笑)

「自殺」は「悪いこと」であるか?という設問の立て方よりも、「自殺」についての個々の考えを問うた方が、より広い意見を聞くことが出来ると思います。というのも、既に古代から、自分の意志による「自死」というものは存在しているのですから、人間存在と自死とは不可分のものと言っていいはずです。であるならば、「悪」とか「善」といった「価値判断」は後に何らかの理由で事後的に付けられたものでしかありません。

また先にも書きましたが、「自殺」という「緊急避難」の場があるという意識が人を救っているという事実があり、「いつでも死ねるのだ」という「自由の意識」が「生かしている」というパラドクスが存在する以上、自殺を悪であると断ずることは誤りでしょう。

「自殺」というのは、この一回限りの自己の存在を永遠に放擲してしまうという判断ですから、何故人はそのような判断をするのか?どのような時にそのような思いに立ち至るのか?という、自殺者の内面を推し量ることなしに、「公共の迷惑」であるかないかという、「自殺」の本質から外れた議論は無意味だと思います。

極端なことを言えば、その人がこれまで生きてきたために使われた人の労力・時間、或いは自殺で蒙った様々な損害・被害をすべて金額に換算して、その分を充分な補償金として支払えば何の問題もない。という結果が生まれそうです。しかしそれでは「自死」の問題をすべて「ぜにかね」というような、世俗的な価値に還元・回収して事足れりとしてしまうことになる。

哲学であれば、何故人は自ら死を選ぶのかを考えなければならないし、身近な人の死であれば、その死を悼みつつ、何故彼は、彼女は、死を選んだのかをそれぞれの胸の内で、われもまた、病むこと、悩むこと、貧すること、窮することを避け得ない、自死し得る存在として深く身に引き受けること、を思うべきではないのかと考えます。

ふたたびこんばんは。

回答とは言えない意見を述べさせてください。聞き流してください(苦笑)

「自殺」は「悪いこと」であるか?という設問の立て方よりも、「自殺」についての個々の考えを問うた方が、より広い意見を聞くことが出来ると思います。というのも、既に古代から、自分の意志による「自死」というものは存在しているのですから、人間存在と自死とは不可分のものと言っていいはずです。であるならば、「悪」とか「善」といった「価値判断」は後に何らかの理由で事後的に付けられたものでしかありま...続きを読む


人気Q&Aランキング