二次イオン質量分析(SIMS)・蛍光X線分析・X線光電子分光法(XPS)オージェ電子分光法の原理、方法、どんな分野でどんな応用を、特徴、定性分析、定量分析、補正について教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 元素の分析に関して(表面分析関連?)知りたいようなのですが、私の知っている、蛍光X線に関して答えさせていただきます。


 蛍光X線は(ここにあげた)他の分析に対し、比較的バルクの分析が出来る元素分析装置です。色々な分野への応用が考えられますが、特に多いのは、無機物(鉄鋼やコンクリート)関係での定量が多いのでは無いでしょうか。
 昔は、波長分散型というタイプがほとんどだったので、前記のような分野だったのですが、最近は、エネルギー分散型も多くなり(卓上型のは大体そうです)、異物の分析や、石油中の硫黄の分析などにも結構使われるようになって来たようです。
・・・やはり、質問が抽象的なので、長くなってしまいますね。
yukittiさん、何か聞きたいことがあれば、書き込んで下さい。
    • good
    • 0

丸善発行


日本化が区会
実験化学講座
機器分析(放射分析?)

あたりを適当に読めばわかりませんか。応用と補正以外は載っていますから。
    • good
    • 0

質問が漠然としすぎていて、答えにくいですね。

関連があるとしたら、機器分析だということくらいですね。オージェとXPSは表面分析で兄弟的関係だけど、SIMSは表面分析といってもまったくちがうし。蛍光X線分析はバルク分析だし・・・。質問の目的を絞ってもらえませんか?
    • good
    • 0

 ご質問の意図は何でしょうか。

二次イオン質量分析(SIMS),蛍光X線分析,X線光電子分光法(XPS),オージェ電子分光法の間に直接の関連はありませんが,試験対策か何かでしょうか。

 それでしたら,まづ分析化学の教科書などをご覧になって,もう少し具体的にご質問になった方が良いと思います。説明の程度にもよりますが,上記のものそれぞれで1冊の成書ができるぐらいの分量にもなります。

 いかがでしょうか。必要なら補足下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q販売費、一般管理費は売上原価に含まれますか?

販売費、一般管理費は売上原価に含まれますか?

製造原価→変動費+固定費のみ
売上原価→変動費+固定費+販売費+一般管理費
であってますか?

Aベストアンサー

2級簿記、1級簿記でそれぞれ問題文や解答用紙から、推定して問題作成者の意図にそった回答をする事が求められると思います。

棚卸しの減耗費や商品評価損など、試験問題によって売上原価に含める場合と販管費へ含める場合がありました。会計基準の変更などにより、こう回答すべきというモノは変わりますので、注意して下さい。

一般的な正論は今までの回答者皆さんのご意見通りです。

Q蛍光X線分析での定量・定性について

蛍光X線分析について教えて下さい。

定量分析では、元素単体についてwt%等での定量値が示されるのか、または化合物として定性し(例えばMOx等)、そのwt%を示すのでしょうか。

あるいは、元素毎や化合物としてなど、分析を行う際に選択できるものなのでしょうか。

初歩的な質問ですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

specialtroupe さん、はじめまして。

蛍光X線について色々と知りたいようですね。
一応、ここでの質問には、私のわかる範囲で、出来る限り、意に沿う
よう努力して書いてみます。

蛍光X線装置は、酸分解などの煩雑な前処理無く直接測定できる反面、
「試料とほぼ同じ検量線を準備しなければ定量分析ができない」という
問題があります。

ですから、通常、蛍光X線で定量分析を行う場合は、その対象試料の、
対象元素が任意に変化した何点かの検量線用試料を準備する必要があ
ります。

蛍光X線の原理から考えると、試料から発生した「元素」の蛍光X線
を検出するので、”元素単体か化合物としてか”という質問の答えは
”元素単体”ということになります。

但し、通常一般に化合物で検量線を作成することもあります。その場
合は、「全てがその状態の化合物である(Cuを例にすると全てのCuが
CuOとして存在する)」と仮定しての計算と言うことになります。

ということなので、上記の考え方をすれば、元素毎でも化合物として
も定量を行うことができます。


また、FP法という手法がありますが、この手法では、ちょっと考え
方が変わります。これについては、別に質問しているようですので、
そちらの答えを見てください。

specialtroupe さん、はじめまして。

蛍光X線について色々と知りたいようですね。
一応、ここでの質問には、私のわかる範囲で、出来る限り、意に沿う
よう努力して書いてみます。

蛍光X線装置は、酸分解などの煩雑な前処理無く直接測定できる反面、
「試料とほぼ同じ検量線を準備しなければ定量分析ができない」という
問題があります。

ですから、通常、蛍光X線で定量分析を行う場合は、その対象試料の、
対象元素が任意に変化した何点かの検量線用試料を準備する必要があ
ります。

蛍光X...続きを読む

Q役員報酬と販売費・一般管理費

1人法人の場合、役員報酬は販売費・一般管理費に入るのでしょうか?

Aベストアンサー

一人法人も複数人法人もありません。
役員報酬は販売費及び一般管理費になります。

確かに許認可が必要な場合には製造原価の労務費に、役員報酬を按分し分けて計上する事もありますが税務上は必要ありません。

Q定性分析と定量分析の違い

定性分析は与えられた物質がどのような元素郡を含むか(何が含まれているか)を知るのが目的であるのに対し、定量分析は与えられた物質に目的の成分がどれだけ含まれているかを知るのが目的ですよね?

では、それ(目的)以外で定性分析と定量分析の違いってありますか?
例えば、必要とされる条件とか。何でも良いですのでおしえてください!

Aベストアンサー

「定性分析の方が難しい」とは限りません。それは「何を指して」定性分析と
呼ぶか(採用する分析手法・装置も含め)の違いによります。

「元素分析」を例に取ると、原子吸光光度計による「定性分析」は、特定の
元素対応のホローカソードランプを取っ替え引っ替えしないといけませんから、
大変です。しかし、ICP発光やICP-MSでは全く事情が異なります。ICPでは
(感度は別にして)ほとんど全ての元素を一度に分析できます。この場合、
"定性分析"として検出可能な濃度下限は「検出下限」と呼ばれます。
これに対し、「その元素がどれだけの量含まれているか」の定量分析が
できる濃度下限は「定量下限」と呼ばれます。通常、

  定量下限>検出下限

です。このため、一般に"定量分析"の方が濃度的に大きなものを必要とする
ので、ある対象について、

  定性分析はできても、定量分析はできない

ということが起こります(当然"ある濃度以下である"ということは言えますが)。
もちろん、再現性などの観点でも、定量分析の方が要求されるものが多く
なります。

「定性分析の方が難しい」とは限りません。それは「何を指して」定性分析と
呼ぶか(採用する分析手法・装置も含め)の違いによります。

「元素分析」を例に取ると、原子吸光光度計による「定性分析」は、特定の
元素対応のホローカソードランプを取っ替え引っ替えしないといけませんから、
大変です。しかし、ICP発光やICP-MSでは全く事情が異なります。ICPでは
(感度は別にして)ほとんど全ての元素を一度に分析できます。この場合、
"定性分析"として検出可能な濃度下限は「検出下限」と呼ばれます。
...続きを読む

Q貸倒引当金繰入額が特別損失にも販売費一般管理費にもある・・・

よろしくお願いします。

ヤマダ電機の有価証券報告書を見ているのですが
平成15年度の損益計算書に、下記の点がありました。

販売費一般管理費に貸倒引当金繰入額がある
特別損失のところにも貸倒引当金繰入額がある

のですが、特別損失と販売費一般管理費
の貸倒引当金繰入額の違いはなんでしょうか・・・

私は簿記2級を勉強した際には
貸倒引当金繰入額は
販管費に入れていたような気がします。


教えて下さい。
簿記初心者です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ヤマダ電機平成15年3月期 個別財務諸表の概要
財務諸表作成の基本となる重要な事項
引当金の計上基準
貸倒引当金 債権の貸倒れによる損失に備えるため、一般債権については貸倒実績率により、貸倒懸念債権等特定の債権については個別に回収可能性を勘案し、回収不能見込額を計上しております。

簿記的には、一般的には貸引の繰入額の表示は
営業債権→販売費一般管理費、営業外債権→営業外費用と習います。
しかし上の記載から、ヤマダ電機ではその分類ではなく貸倒懸念債権等特定の債権についてを特別損失にて表示してるんじゃないでしょうか。

Q蛍光X線分析でのFP法・検量線法について

蛍光X線分析(装置は波長分散型)を行う際に、一般にFP(ファンダメンタルパラメータ)法、検量線法の何れかを選択しますが、その判断基準について教えて下さい。

分析したい試料は、おおよその組成比は分かっていますが、特定の成分に注目した場合、試料により±10wt%程度異なることが予想されます。

また、0.001%のオーダーでの分析が出来れば十分です。

あと、試料調製は、粉末、固体とも可能です。
自分が調べた限りでは、今回測定する試料は未知試料と考え、FP法かなと思っています。

アドバイス、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

specialtroupeさん

メーカーに聞いたときに、
  検量線用として準備できる試料がたくさんあるならば-->検量線法
  検量線用として準備できる試料が(1点とか)少ないなら-->FP法
と答えられた経験があります。

更に突っ込んで聞いて行くと、「精度を要求するなら検量線法」という答え
になってしまいます。(メーカーによって返事は違うかもしれませんが)


・・・前置きはこれくらいにして、
まず検量線法で計算してみて、検量線がのらないなどの問題がある場合に、
FP法を検討するという手順が良いと思います。
FP法は、「共存元素の補正」をしてくれるので、共存元素の影響(※)が
危惧される場合は、FP法を用いるのも一つの手かとも思いますが、まずは、
検量線法で問題が無ければ、検量線法を使うべきだと思います。
   ※)一般的に、含有量の少ない元素が多い元素の影響を受けますが、
     含有量の多い元素の原子番号が大きいほど、その影響は大きいです

FP法の弱点は、「全体を100%とする」という前提に基づいているところで
す。この当たりの影響が問題になるかどうかは、利用前に充分検討する必要が
あると思います。

>また、0.001%のオーダーでの分析が出来れば十分です。
これって、結構高感度の分析ですね。 (^_^;)
    # 対象試料が何かを具体的に聞かないと何ともいえませんが

JIS(鉄鋼関係)にも蛍光X線の用い方が書いてあるので、参考にされる
のも良いと思います。

また、粉末試料を測定する場合は、粒度の違いが分析精度に影響する場合が
あるので、その当たりもご注意下さい。
   # その場合は、ガラスビードにするのが最適です。


他の質問に、測定時に「元素単体で指定するか?」と言うのがありましたが、
FP法では、校正する元素全てを対象元素として指定します。
また、簡易FP法と言うのも最近の装置には付いていて、全元素の定性分析
をすれば、元素を指定しなくても一応の定量値を出してくれるメニューもあ
ります。  (この定量値はあてにならないです。目安です。)

specialtroupeさん

メーカーに聞いたときに、
  検量線用として準備できる試料がたくさんあるならば-->検量線法
  検量線用として準備できる試料が(1点とか)少ないなら-->FP法
と答えられた経験があります。

更に突っ込んで聞いて行くと、「精度を要求するなら検量線法」という答え
になってしまいます。(メーカーによって返事は違うかもしれませんが)


・・・前置きはこれくらいにして、
まず検量線法で計算してみて、検量線がのらないなどの問題がある場合に、
FP法を検討す...続きを読む

Q変動販売費と変動売上原価

質問させていただきます
よろしくお願いします。
簿記の勉強しておりますがちょっと躓いております。

変動加工費
固定加工費
変動販売費
とは具体的にどんなものになるのでしょうか?

「販売費及び一般管理費」は販売員給料や広告費や本社の建物減価償却費用等だと参考書に書いてあるのですが、変動販売費についてはあまり詳しくかかれておりません。

また

変動売上原価というのは売上に連動して増加する直接材料費や直接労務費、直接経費、製造間接費を合計した金額で、つまりは変動売上原価という名前ですが売上原価と同じ意味でしょうか?

イメージを掴みたいので具体的なご解答を頂けたら幸いです。

どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

変動○○とは売上額に比例して金額が変わるもの。
固定○○とは売上額に関わらず金額が一定のもの。

変動加工費には間接材料費
固定加工費には直接労務費、間接労務費
が該当します。ちなみに、直接材料費は変動費。
また、直接経費、間接経費は科目によって違います。
変動費・・・燃料代、運送費etc
固定費・・・減価償却費、保険料etc

Qメタミドホスはどんな分析機器を用いて定性、定量したんですか?

最近メタミドホスの混入がニュースになっていますが、冷凍餃子などからどんな機器でメタミドホスを分析したんでしょうか?気になっているので誰か教えてください。

Aベストアンサー

GC/MS(ガスクロマトグラフ質量分析計)で定性したとの記事を読みました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080209-00000939-san-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080217-00000058-san-soci

GC/MS分析の仕事をしていたことがあるので興味を持って読んでいたのですが、分析機関は急な依頼が多くて大変なようです。
分析機器会社・化学分析会社の中には、わざわざ定性法のページを作ったところもあります。
それだけあちこちで分析されているんでしょうね。
http://www.waters.co.jp/waters_announce_methamidophos.html
http://www.ecotech.co.jp/

メタミドホスを見るとわかっている時はLCのほうが適しているようです。

Q簿記1級 損益計算所にある販売費等について

よろしくお願いします。
損益計算書を作る問題で、問題の資料で前T/Bに販売費40,000が与えられ、決算処理で
販売費の前払い額4,000を経過勘定として処理した、
という問題があるとします。
前T/Bには経過勘定はありません。

この時、損益計算書に乗る販売費用は40,000円ではないのでしょうか?

4,000-4,000=3,6000円

となるのかとも思ったのですが、キャッシュフロー計算書を作るときに

前期未払い+今期のP/L-今期の未払い=今期のキャッシュ
(前払いも同様だと思います。)
となると思います。

P/Lに乗る数字には、経過勘定が含まれていると思うのですが。。。

簿記3級の範囲かもしれません。

教えていただければと思います。

Aベストアンサー

前T/Bと言うのは今決算処理をしている当期の試算表と言う意味ですね。
決算処理で経過勘定を処理すると言うことは、期中は経過勘定の処理をしていないので(試算表では経過勘定になっていないので)決算処理で修正と言うことでしょう。

従って期中には支払いベースで販売費40,000を計上されているが、その対応期間を調べると4000円分は来期に対応する部分なので、前払費用4,000を販売費から振替と言うことです。
仕訳としては
  前払費用4,000/ 販売費4,000
と鳴ります。
従って当期の販売費は 40000-4000=36000と言うことになります。
ただしキャッシュフローはこの4000円は支払済みということで、PLに対して資金流出のプラスと言う調整をすることになります。

Qオージェ電子分光法について。

オージェ電子分光法の原理・方法、得られる情報・特徴、定性分析、定量分析について教えてください。色々な本を見てもちょっとした走り書き程度だったので・・ どうか、教えてください。

Aベストアンサー

http://www.yamagata-rit.go.jp/B_html/report/alacarte15-1.htm
に詳しくのってます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報