ミヤマヤシャブシは、紅葉せず、そのまま枯れてしまいます。
できるだけ光合成を行い、いきなり離層が形成されるのでしょうか?
ご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんにちは。



ちょっと調べ切れなかったのですが、
みやまやしゃぶしが、落葉樹なのか常緑樹なのかわからなかったのですが
きっと落葉樹なのでしょうね。

気の分類に、確かに広葉樹、針葉樹というのがありますが、
あと落葉樹と広葉樹があるのはご存知でしょうか。

http://www.wnn.or.jp/wnn-f/special/koyo/によりますと、

『冬になる前に、あるいは熱帯では乾燥する時期に、古くなった葉をいっせいに落とす木のことを「落葉樹」といいます。逆に、1年中緑色の葉をつけている木のことを「常緑樹」といいます。ただし、「常緑樹」は1年中葉っぱがついているといっても、カシやシイなどの常緑広葉樹では、春に新しい葉っぱが出てきたら、古い葉っぱを落とし、新しい葉っぱにとりかえています。
日本の「落葉樹」が秋に葉っぱを落とすのは、寒い冬をすごすため。冷たい空気に触れる部分をできるだけ少なくするために、葉っぱを落とし、冬眠して寒い冬をやりすごします。だから、「落葉樹」の多くの種類は、北半球では、北の寒いほうに生えていて、南の暖かい方に行くにしたがって少なくなります。しかし、多くの針葉樹は常緑です。かれらは、葉っぱの中に水分が凍りにくい成分を作るため、寒いところでも生きていけるのです。  
樹木は、葉っぱから区別し、「針葉樹」と「広葉樹」にわけられます。 「針葉樹」は、主に針やうろこのように細かい葉を持った木、「広葉樹」は、平たい葉を持った木をさします。樹木の祖先は、「針葉樹」といわれ、「広葉樹」は、「針葉樹」のある種が、太陽の光をたくさんあびることができるように葉を広げ、変化したものと考えられています。 生長の特性として、 「針葉樹」は、日光を得るため高く高く上にのびて競争しようとします。一方、「広葉樹」は、枝葉を大きく張り、日光を多く受けることで生き残っていこうとします。

また
秋になり気温が下がると、木々は冬じたくをはじめます。葉と枝の間に離層ができ、水や養分を運ぶ管を閉ざします。
 葉緑素が壊れ緑色が消えると、今まで目立たなかったカロチノイドという黄色い色素が浮き出して見えます。これがイチョウなどの黄葉です。
 また、葉の中に残った糖分が使われて、アニトシアニンという赤い色素が細胞内に広がります。これがモミジなどの紅葉です。
常緑樹は春の終わりに新葉と交替する時に多く黄葉するんです。』

あるいはhttp://www.geocities.co.jp/NatureLand/1635/himit …においては

『樹木には常緑樹と落葉樹に大別されます。落葉樹は春に冬芽が発芽して葉を展開し、夏の間に盛んに光合成をして、自らを生長させたり、種子を作るための養分を貯蔵します。秋になり気温が下がってきたとき、薄い葉を持つ落葉樹が緑の葉をつけたままだとしたらどうなるでしょう。葉の葉緑体での光合成能力が落ちて植物体を維持できなくなります。また、乾燥する冬には葉裏の気孔からどんどん水分を奪われてしまい、木全体が死んでしまいます。そこで生育に不利な時期には一度に落葉して、休眠芽や冬芽の形で休眠します。
 一方、常緑樹は常緑といっても全く落葉しないわけではありません。毎年新しい葉が展開して、古いものから落葉していきます。』

とかかれています。

また、下記の参照によると、
黄葉や紅葉具合というのは
それまでの木の葉緑体の活動量や気温にも依存するらしいので
紅葉らしい紅葉が見られない場合もあるのではないでしょうか。
たとえ落葉樹だとしても。

みやまやまぶしをいろんなところでおみかけになったのでしょうか、
それとも一般的にみやまやしゃぶしはいきなりかれるということを
どこかでお読みになったのでしょうか。


ミヤマヤシャブシ
双子葉植物・離弁花
カバノキ科      
108 ミヤマヤシャブシ Alnus firma var.hirtella 自

参考URL:http://www.phyton-cide.org/link.forest.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

yumenomiyakoさま、大変お手数をおかけしました。
こんなところで、文章だけでお礼を言うのも、何か申し訳なく思います。
ミヤマヤシャブシは結構見られますし、落葉する様子などは、だいぶ前から知っておりました。
多大な参考資料、大変ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/18 07:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目隠し用の常緑樹庭木

園芸目的で3m級に伸びたコニファー2本を撤去したのですが、
あまりにスカスカもどうかと思い、ちょっとした目隠し目的の常緑樹の庭木を探しています。

手入れが無し・もしくはなるべく簡単で、葉が落ちにくく
最大でも1.5m〜2mくらいまでしか伸びないものが希望です。

またトピアリーのように横には広がらず、上にシュッと伸びるようなのがいいです。

当地は中部地方ですが、冬場の朝方の気温はたまに氷点下0〜3度くらいになる程度です。

よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

≪ヤマボウシ≫ 
落葉しますが、剪定せずに伸ばしても幹はシュットした感じ。
日当たり・半日陰でもOK。
適当な剪定でも耐えます。
植え付け2~3月。
病害虫はウドンコ病くらい。

≪センリョウ≫…お正月に飾る縁起物
常緑小低木…高さ0.8~1.2m・巾0.5~0.9m
生垣にも使われますが、真夏の直射日光や西日は嫌います。
剪定は、切り詰めると実がならなくなるので、枝を間引くだけに留める。
植え付けは3月~梅雨入り前
害虫の被害はあります。

≪ナンテン≫
常緑低木…高さ2~3m・巾0.8~1.5m
生垣にも使われますが、西日は嫌います。
成長は遅いですが萌芽力があるので、刈り込みに耐えます。
植え付けは3~4月と9~10月
病害虫はカイガラムシ程度。

果樹だと、どうしても害虫がつきやすくなります。
果樹で比較的育て易いのはフェイジョア(常緑小高木・高さ5m以内 巾7m以内)

ヤマボウシと同じくらいの高さになるシマトネリコ(常緑・半常緑)、ホームセンターなどでよく見かけますし、見た目も和風洋風どちらにも合いそうですが、アメリカシロヒトリの被害が見られるようなので我が家には植えませんでした。
よく見かけるツバキやサザンカも目隠しに適していますが、チャドクガの幼虫の被害はあるようです。

これら以外だと、コニファー系くらいしか思い浮かびません。
シュッとするのはブルーヘブンですが、ビャクシン属なので近くにバラや梨園がある場合は植樹不可の地域もあります。
我が家にはブルーバード(ポールバードとも呼ばれます)を植えており、横幅は広めにとる必要がありますが、放任するからこその自然樹形がなかなか素敵だし、その幹回りの木陰の植栽も楽しめます。

ご参考まで。

≪ヤマボウシ≫ 
落葉しますが、剪定せずに伸ばしても幹はシュットした感じ。
日当たり・半日陰でもOK。
適当な剪定でも耐えます。
植え付け2~3月。
病害虫はウドンコ病くらい。

≪センリョウ≫…お正月に飾る縁起物
常緑小低木…高さ0.8~1.2m・巾0.5~0.9m
生垣にも使われますが、真夏の直射日光や西日は嫌います。
剪定は、切り詰めると実がならなくなるので、枝を間引くだけに留める。
植え付けは3月~梅雨入り前
害虫の被害はあります。

≪ナンテン≫
常緑低木…高さ2~3m・巾0.8~1.5m
生垣にも使われま...続きを読む

Q紅葉と紅葉

紅葉(もみじ)と紅葉(こうよう)とはどう違うのですか。どうして同じ字なのですか。

Aベストアンサー

ああよかった,まだ締め切られていなくて。(^^)

他の読者の誤解を招くといけないので,もういっぺん念を押しておきます。
「もみじ」は樹木の名前として「使われることもある」というべきでしょう。確かに,「イロハモミジ」「ヤマモミジ」といった樹木がありますし,「モミジの樹」という言い方もします。
しかし,「もみじ」と「こうよう」はどう違うか,という回答に対して,「もみじ」は樹木名である,という答え方をした場合,「もみじ」という単語自体がもつ意味の多様性が消えているように感じられます。
「もみじは樹木名」という回答を読んだ人は,おそらく「紅葉という漢字で書かれた単語を『もみじ』と発音するときは,樹の種類を念頭においている」と解釈する人が多いと思われます。しかし,実際にはそういう意味の場合もあれば,そうでない場合もあるはずです。
たとえば,単に「花」だけで桜の花をさす場合もあるけれど,逆に「花」イコール桜かというとそうではないように。

(ここで,No.5の回答に動詞が出ましたので,こちらも補足説明。
奈良時代は動詞「もみつ」,その名詞形「もみち」でした。
平安時代以降,「もみづ」「もみぢ」になったそうです。)

で,No.7の回答にあるように,「もみじ」=樹木名,「こうよう」=現象名,という説明は,葉が色づく現象をさして「もみじ」とは呼ばないかのように読めますが,この説明ですと,「使い分け」をたずねている質問に対する回答としては,やや不十分ではないかと思います。
もともと「もみつ」という動詞は,単に「秋になって木の葉や草が色づく」という意味で,必ずしも特定の樹木を指すとは限りません。樹のみならず草に対しても用いています。(今日では草がもみじするとはあまり言わないようですが)
それが名詞化したものであれば,当然「もみち」にも同じような意味合いが引き継がれるというのが自然でしょう。
今日でも,「山々が見事にもみじしている」などの用法があります。これは,明らかに現象をさしています。

確かに,樹木の名前として使う場合に「この木の名前はモミジっていうんだよ」とはいっても,「この木はこうようっていうんだよ」とは言えません。その意味では,「紅葉(こうよう)」=現象名,は正しいといえます。
しかし,大和言葉の「もみじ」が昔も今も,現象名・樹木名の両方の用法があり,しかも語源的には現象名の用法がまずあって,そこから樹木名の用法が派生したと考えられる---という事情を考慮すると,もともとの質問の「どう違うのですか」に対して「こうよう=現象,もみじ=樹木」と一概に割り切って答えるのはちょっと難しいように思われます。
むしろ,もみじ=和語,こうよう=漢語,がさしあたっての回答になるだろうと考えます。

ちなみに,漢字表記「紅葉」「黄葉」はいずれも奈良時代にまでさかのぼるそうです。
万葉集は「黄葉」が多く,平安時代以降は「紅葉」が多くなってくるそうです。時代によって,どのへんに美しさを感じるかという美意識が変わってきているのかもしれません。
長々と失礼しました。

ああよかった,まだ締め切られていなくて。(^^)

他の読者の誤解を招くといけないので,もういっぺん念を押しておきます。
「もみじ」は樹木の名前として「使われることもある」というべきでしょう。確かに,「イロハモミジ」「ヤマモミジ」といった樹木がありますし,「モミジの樹」という言い方もします。
しかし,「もみじ」と「こうよう」はどう違うか,という回答に対して,「もみじ」は樹木名である,という答え方をした場合,「もみじ」という単語自体がもつ意味の多様性が消えているように感じられま...続きを読む

Q手入れの楽な常緑樹の庭木って?

庭のフェンス近くの幅150センチ、奥行30センチほどのスペースに、常緑樹を数本植えたいと考えています。
初心者なのでどのような品種を選んだら良いか分からず困っています。
あまり背が高くならず(1.5m位まで)、手入れも簡単な品種であればと考えています。
自分でWebで調べたところ、シマトネリコ、コニファーというものがありました。他にどのような樹があるんでしょうか?ご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

myhome2007さん、こんにちは。
我が家に植わっている「庭木」は月桂樹と柚子です。
多少のことではびくともせず、虫もつきにくく乾燥に強いです。
背は、深さを制限する工夫で(鉢や板を入れる)、コントロールできるでしょう。

Q今、オゾン層について調べているのですが、オゾン層破壊物質(例えば、四塩

今、オゾン層について調べているのですが、オゾン層破壊物質(例えば、四塩化炭素や、フロン)をこどもにも分かるように説明したいんですが、どのように説明したらよいでしょうか?
簡単な説明の仕方を教えてください。

Aベストアンサー

オゾンホールはフロンが原因ということになっています。しかし、それは濡れ衣でした。
フロン原因説では、フロンが成層圏で塩素を放出して、これがオゾンを壊すという説なのですが、その反応には紫外線が不可欠です。
オゾンが減るという場所と時期は、南極の春先です。南極の春先では日光は水平に入射しますから、大気の中を通過する長さは、垂直入射の10倍になります。ということは、紫外線は宇宙へ散乱してしまってほとんど存在しません。

オゾンホールのフロン原因説のウソ
http://env01.cool.ne.jp/ss02/ss021/t01.htm#s13

>こどもにも分かるように説明したいんですが、どのように説明したらよいでしょうか?

オゾンホールの問題は、代替フロンの特許をもっている企業が仕掛け、その御用学者が宣伝して歩きました。

Q目隠しになる常緑樹を探しています

庭の塀(フェンス)の内側に目隠しを兼ねて庭木を植えたいと思っています。

・常緑樹で葉が赤くならないもの
・高さは大きくなっても1m50cm位まで
・害虫が付きにくく刈り込みに強い
・枝が垂れ下がらない

また、小さな花が咲くといいのですが香りのキツイものは苦手です。
さざんか、椿、エゴの木以外でお勧めがありましたら教えてください♪

Aベストアンサー

No.2です。再び失礼します。お礼ありがとうございましたm(__)m。
 アセビなんですが、人の庭で見たのと五台山という山の展望台の庭で見た事あるんですが、葉っぱの茂り方は椿のような、普通の木のような感じでミモザのように枝が下へピロンと垂れ下がる事はなかったと思います(人の背丈程度に刈り込んでありました)。全体像を探したんですが↓で何となく分かるでしょうか。
http://www.rakuten.co.jp/interface/168360/169067/
http://kitola.hp.infoseek.co.jp/dokusou/asebi.html
http://www.yasashi.info/a_00044.htm
↑よく見ると大木になっているものもあるんですが、コンパクトに仕立てる事ができるようです。毒があるというのがマイナスポイントかもしれませんが、クリスマスローズや水仙なども毒の成分を持っていて、私も育てていますが、要は食べなきゃ大丈夫だと思います。
>金木犀はちょっと香りが強いので苦手なんです
 やっぱり香りが強いですよね。沈丁花もそういえば花が咲いて常緑低木なんですが、枝が垂れ下がるというより全体の樹形がこんもりした感じになりますし、匂いもやっぱり強いです。全体像を探してみたんですが、こんな感じしかありませんでしたm(__)m。
http://yasashi.info/shi_00009.htm
http://flower365.web.infoseek.co.jp/09/153.html
 今思い出したんですが、私の小学校では生垣にアベリアを植えていました。今調べたら半常緑性低木で性質はものすごく丈夫らしいです(小学校の植え込みや道路に植えられているので)。おまけに白い可愛い花が咲きます(強い匂いはしません)。ただ枝は垂れ下がります(^_^;)。垂れ下がるというか、ピロ~ンとのびる感じです。
http://www.yasashi.info/a_00042g.htm
http://www.hana300.com/averia.html
http://flower365.web.infoseek.co.jp/00/020.html
http://www.souensha.com/tayori/green/0607aberia/index.html
http://item.rakuten.co.jp/hana-online/c/0000000332/
↑出来るだけ全体像が分かるようにいっぱい貼ってみました(^_^;)。どれも質問者様の希望にはカチッと当てはまらないかもしれませんが、良かったら参考にしていただければ嬉しいですm(__)m。

No.2です。再び失礼します。お礼ありがとうございましたm(__)m。
 アセビなんですが、人の庭で見たのと五台山という山の展望台の庭で見た事あるんですが、葉っぱの茂り方は椿のような、普通の木のような感じでミモザのように枝が下へピロンと垂れ下がる事はなかったと思います(人の背丈程度に刈り込んでありました)。全体像を探したんですが↓で何となく分かるでしょうか。
http://www.rakuten.co.jp/interface/168360/169067/
http://kitola.hp.infoseek.co.jp/dokusou/asebi.html
http://www.yasashi.inf...続きを読む

Q京都の紅葉シーズン!

カテゴリー間違ってたらごめんなさい。
来月末に、友達と京都に紅葉を見に行こうと思っているのですが、
京都の紅葉シーズン(勿論年によって違うとは思うんですが・・。)は
いつ頃までなんでしょう??

また、ピークっていつ頃でしょうか??

教えてください。御願いします。

Aベストアンサー

タクシー運転手さんが作った2000年,2001年の京都の紅葉情報があります.(参考URL)
観光地別,時期別になっていて,画像も豊富なので見やすいと思います.
ピークはやはり11月のようですね.10月末なら清涼寺/方丈庭園の紅葉が見頃のようです.
今年の情報は10月20日ころから始まる予定です.

参考URL:http://tsutsumitaxi.tripod.co.jp/

Q庭木の名前を教えてください(画像あり)

これはなんという庭木でしょうか?
・ 常緑樹
・ いまのところ高さ2m(成長するとどのくらいになるかは不明)
・ 葉の1枚の大きさは長さ8-9cm、幅4-5cm
・ 萌芽力は強そう(何回も枝切りしたあとがあります)。
・ 葉や幹を傷つけると芳香が漂います。
・ ホンコンカポックに少し似ていますが、並べて見ると形状がかなり違います。
  傷つけたときの匂いもまったく異なります。

Aベストアンサー

「樒(シキミ)」に似ています。
ご存じと思いますが、仏前・墓前に供える物です。
http://www.tree-watching.info/kensaku/dat/s/shikimi/shikimi.html
http://www.hana300.com/sikimi.html


全草有毒で、特に実の毒は強いのでお気をつけください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%AD%E3%83%9F

Q松が枯れる原因

こんにちは。

茨城県つくば市の植生について航空写真を眺めていたのですが、どうも1984年あたりのを見てみると、松が枯れているようなのです。
松が枯れる原因として
・マツクイムシによるもの
・競争に負けた
・病気や虫害
・土や空気の汚れ
といったことが考えられますが、どなたか、1984年の筑波の事情と松枯れの因果関係がわかる方はいらっしゃいますでしょうか。
また、どのようなことが考えられるでしょうか。

Aベストアンサー

酸性雨によって土中のアルミが溶けて、木が吸い込み、毛細管が詰まって枯れたという事を聞いたことがあります。
人間のアルツハイマーと似ていますね。

Q庭木をさがしています

新築の我が家に1~2本大きめの木を植えたいと思っています。
2階の東側の窓から葉っぱが見えるようなのが良いのですが,どうやって探したらよいのかすら分からず...

夏に涼しい風を作ってもらいたいので,広葉樹が良いのですが(見た目も好き),
できればご近所に迷惑のあまりかからない常緑樹が良いのです。
以前テレビで,根本の部分から太さが5cmくらいの枝(幹?)が数本出ているタイプで,
冬でも葉が落ちないものだと紹介されていた木がありました。
こんな感じの木をご存知の方,または庭木を探すのに良いサイトや場所をご存知の方,教えて下さい!

Aベストアンサー

こちらのサイトはどうですか


参考URL:http://www.engei.net

Q温泉は枯れないんですか?

湧き出ている温泉の湯はずっと永遠に出るんですか。いつかなくなるような気がするんですが。

Aベストアンサー

自然に湧き出ている温泉は出なくなる事はあります。

 ・火山活動等により、水脈が変わってしまう場合
 ・同じ水脈で、水圧が高い場所で温泉が掘られ水圧が落ちた場合

ただ、温泉は水圧不足で自然に湧き出ない場合は、ポンプで吸い上げていますので、それを湧き出ているに含めると、出なくなる事はめったに無い事だと思いますが‥‥  

《参考までに‥》

 温泉と定義されるのは、地中からでる水の温度が25度以上であるか、水1キログラム中、19種類の物質のうちどれか1つでも基準値以上含まれていれば認められます。(成分があれば冷水でもりっぱな温泉になれる)
 
 つまり元は地上に降った雨が地下水になった物ですのて尽きる事はまず無いです。
  


人気Q&Aランキング