多種にわたる樹脂材料の比重を知り、比較したい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

簡単に樹脂材料と言われても、多岐にわたっており、その数は、或る意味、無限大であると言っても良いと思います。


それらのうち代表的な物については、各種ハンドブック(ポリマーハンドブック等)を調べると判ると思います。が、
単なる比較という質問では、回答も難しいのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃる通りですね。単に比重の重い樹脂材料は何かを知りたかったのですが質問がいい加減でした。資料を基に調べる事にします。ありがとうございました。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビールが多種のめるお店を教えてください!

東京都内でサラリーマンやってます。
新人歓迎会の幹事を任せられました。ビールが多種飲めるようなお店がありましたら教えてください。場所は出来れば、有楽町・新橋辺りを希望します。

Aベストアンサー

新橋と有楽町の間のガード下に、ドイツ居酒屋さんが(2軒並んで)あります。
どちらも広さ的に、歓迎会OKでしょう。ただ若干値段高目かも。。。

以下ご参考に。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1569208
http://www.jslennep.tokyo.walkerplus.com/
http://w.ajaja.jp/u/pc/shop/S0007908

参考URL:http://www.goodbeerclub.org/clubinfo/gbg_2004_result.html

Q工事材料と支給材料の違い

家を新築するに当たって、標準的な工事請負契約書をネット等で見ていたのですが、工事請負契約書中で「工事材料」「支給材料」とありますが、どのように違うのかどなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

http://www.pa.cbr.mlit.go.jp/keiyaku/pdf/ukeoi.pdf

通常工事材料とは、請負者側で準備する材料で、支給材料とは契約者側から請負者に渡される材料です。
それぞれ詳細は、仕様書か明細書に詳しく表示されます。

個人的な契約では、双方の希望や必要に応じてよく相談されることをお奨めします。

Q樹脂成形と樹脂インサート成形

樹脂成形と樹脂インサート成形の違いについて教えて下さい。樹脂成型がもし成形の総称だとすれば、インサート成形とはどういうもので、又、その他にどのような成形方法があるのかご教示頂ければありがたいです。

Aベストアンサー

 インサート成型は型の中に別の部品も入れておき、その周囲に樹脂を流して一体化させるもの。樹脂では難しい薄いものや細いものに強度を持たせるため、板金や金属ピンを入れることが多い。

Q材料積算ソフトを知っていますか?

私は化学プラント関係の鉄・ステンレスを扱う製缶メーカーで営業をしております。
今年になって急に人手が足りず、困っています。部下の女性に簡単見積をさせたいのですが、一から教えさせる訳にもいかないので、積算ソフトを購入しようかと考えているのですが、どなたかご存知でしょうか?
なるべく初心者でも扱えるようなものが希望です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ニフティホームページ→ダウンロード→OS選択→ビジネス→見積 でなにかありませんか?

Q不良在庫や不要材料を廃棄したい

ネットショップで、雑貨類を販売しています。
在庫には、仕入れた商品や、自社で製造したアクセサリー類やその材料(金具や革・布など)があります。
現在、痛んでしまったり、色あせてしまい販売することができない商品があります。
これらをまとめて廃棄しようと考えているのですが、こういうのは民間の廃棄業者でも引き取ってくれるのでしょうか?

パソコンやテレビなど買い取りができるような廃棄物ではなく、雑貨アクセサリー類や金具や部品などの小さいものだけで、段ボール1箱分くらいの量です。

ふつうに燃えるゴミで捨てられるのですが、在庫を整理する際は税務対策上、業者の廃棄証明書や領収書がないと面倒だと聞いたことがあります。

小さい少量のゴミでも廃棄業者に依頼するべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

「在庫を整理する際は税務対策上、業者の廃棄証明書や領収書がないと面倒」はそのとおりです。
廃棄処分つまり損失としてるのに、実はお金になっていて、その計上をしてないのではないかと疑われるわけです。
これは金属加工業などが主に調査される点です。
金属の削りだしをした残りかすでも、それなりの値で売れるので「捨てました」では通用しないということです。
電気工事業でも、配線の残りかすは銅線なので、工事時にかき集めたものを売ると小遣いになるそうです。
それらは売上にしないといけないのです。
余りに細かい話しなのですが、税務署というのは「この業界では、そういう金がある」という面を逃さずチェックしてきます。

あなたのしてるネットショップなどは、失礼ながら「捨てるものがお金になる」業者と認識されてません。
雑貨アクセサリー、金具、部品などを「売れない」として処分したなら、それでかまいません。
おまけだといって付けてしまってもいいわけです。
「こんなもの、おまけでもいるかい!」と叱られるようなものは、燃えるゴミで捨てたというしかありませんし、それでいいのです。

「捨てたことの記録」を取っておくには、写真でも取って「これらを何年何月何日燃えるゴミとして廃棄」と記録しておいたらどうでしょうか。
冒頭のご心配はもっともですが、業者的にそんなに心配するようなものではありません。

「在庫を整理する際は税務対策上、業者の廃棄証明書や領収書がないと面倒」はそのとおりです。
廃棄処分つまり損失としてるのに、実はお金になっていて、その計上をしてないのではないかと疑われるわけです。
これは金属加工業などが主に調査される点です。
金属の削りだしをした残りかすでも、それなりの値で売れるので「捨てました」では通用しないということです。
電気工事業でも、配線の残りかすは銅線なので、工事時にかき集めたものを売ると小遣いになるそうです。
それらは売上にしないといけないのです。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報