『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

最近になって平家物語に興味が出てきて読もうかなと思っているのですが「平家物語」で検索するとかなりな数が出てきて迷っています。
私自身の歴史の知識は学校で習った程度で、女性にも読みやすい平家物語はどんなものがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

女性の視点から書かれているという点では、宮尾登美子の「平家物語」がいいのではないでしょうか? 大河ドラマの原作です。



#1さんのおっしゃる「新・平家物語」(吉川英治)もいいですよ。
全16巻を読むのは大変ですが、読み終わったあとになんともいえない達成感、そして安堵の気持ちがわいてきます。
    • good
    • 0

吉川英二の「新・平家物語」(全16巻)いいのではないでしょうか?


平清盛の若いところから始まり、源氏が滅ぶまで、書かれているので、学校で習った程度の歴史の知識でも、十分に読めました。

読みやすいかどうかは、各個人の好みに左右されますので、図書館で借りるなどして、読みやすい本を見つけてみたらどうでしょうか?
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q原文に(かなりの程度)忠実で読みやすい平家物語訳を教えてください

源氏物語に比べると有名な現代語訳は少ないようですが、平家物語の現代語訳版で読みやすいお勧めのものがありましたら教えてください。
あまり大幅なアレンジが加わっているものではないものがよいです。

ご教授およろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「平家物語」と一口に云いますが、元々「平曲」と云われ琵琶法師が語ったものを筆紙に留めたものとされているので、版によってゆれがあります。「源平盛衰(じょうすい)記」も異本の一つされています。又「源氏物語」と異なり国史に基づいているので、史実も鑑みながら自己の小説として展開されている方もいらっしゃいます。その高名な例は吉川英治の「新平家物語」でしょう。(講談社文庫他多数)
「平家物語」そのものについては、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%AE%B6%E7%89%A9%E8%AA%9E
さて、原典に忠実の口語訳ですが、前回も御紹介の講談社学術文庫に収められています。(全12冊の由)
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1583514
又、小学館の新編日本古典文学全集にも収載されています。これには口語訳が入っています。(「平家物語」は2冊)
http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/sol_detail?isbn=4096580457
(この全集当然ながら「源氏物語」の巻もあります。)
あとは、むかし河出書房から刊出されていた現代語訳のシリーズの一部が河出文庫に入っています。平家は戦前の芥川賞作家が担当しています。文庫は現行なようです。(文庫版は3冊)
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309407241

国文関係の現代語訳は、講談社学術文庫と新編日本古典文学全集(小学館)とに可也あります。「今昔物語」如く平凡社の東洋文庫にあるなど例もありますが。(但し、版元品切が多い)よく言われるようの国文の古典は大体全集に入っています。角川ソフィア文庫に入っているものも現代語訳を収めているものが多いのですが「平家物語」はそれがありません。上記以外となると中々難しいのですが、個々にあたると意外のものがあります。(絶版や稀数本もありますが…)
絶版本に福音館のものがあります。高等学校の生徒向けだったのですが、「平家物語(上・下)」「枕草子」「徒然草」などを全訳で収めていました。所謂袖珍本と云う大きさでした。「源氏物語」は2冊で中絶でした。

蛇足。Webで全訳を展開しようとしているところがあります。
http://kazeoto.com/heike-yaku001.html

ご参考にならば幸甚です。

「平家物語」と一口に云いますが、元々「平曲」と云われ琵琶法師が語ったものを筆紙に留めたものとされているので、版によってゆれがあります。「源平盛衰(じょうすい)記」も異本の一つされています。又「源氏物語」と異なり国史に基づいているので、史実も鑑みながら自己の小説として展開されている方もいらっしゃいます。その高名な例は吉川英治の「新平家物語」でしょう。(講談社文庫他多数)
「平家物語」そのものについては、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%AE%B6%E7%89%A9%E8%AA%9E
さて...続きを読む

Q平家物語を読みたい

「平家物語」を読みたいと思っているのですが、(わたくし読書も歴史も超初心者です)どの本から読めばいいのかわかりません。もちろん現代訳というのが前提です。いろんな種類があって、いろんな視点から書かれた物がありますよね?原文をそのまま訳したものを読んだ方が良いのか、作者の目を通したものの方が分かりやすいのか…これがいい、というお勧めの本があれば教えてください!!

Aベストアンサー

こんばんわ。
私も、平家物語は大好きです。
軍記物の躍動感、詳細な描写は、本当に素晴らしいです。
平家物語をまず読むには、入手し易いところで、○○文庫などに有ります、古典シリーズが、何処の書店にもありますし、各出版社による、現代語への意訳の仕方、訳者の訳しかたの差を比較できて、自分に合ったものが選べると思います。

またもっと穿てば、「平家物語」と言いますのは、正確には、○○家写本とか、写本された時代、人物、或いは、後世に文学的に娯楽的要素を加えた、創作的な作品の総称です。(うまく説明できませんでした、すみません)
「平家物語」の写本、それから派生した作品を研究しただけで、博士号を取れるだけ、奥深い古典文学の一翼です。
原書は、平家物語を訳した訳者が、自分が訳した原本を紹介してしてますので、
平家物語に対します興味が深まったらば、新たに捜し求めた方が良いと思います。
そうでないと、原本(正確には写本)だけで、相当なものになります。

この本が良い、と言いますのは、各個人、今後の回答者の方々によて、様々だと思います。

面白いサイトがありますので、参考になさって下さい。

http://www.page.sannet.ne.jp/kakomo2/heikemain.html
http://opac.lib.ryukoku.ac.jp/kicho/exhibi/html/v_menu/0020.html

こんばんわ。
私も、平家物語は大好きです。
軍記物の躍動感、詳細な描写は、本当に素晴らしいです。
平家物語をまず読むには、入手し易いところで、○○文庫などに有ります、古典シリーズが、何処の書店にもありますし、各出版社による、現代語への意訳の仕方、訳者の訳しかたの差を比較できて、自分に合ったものが選べると思います。

またもっと穿てば、「平家物語」と言いますのは、正確には、○○家写本とか、写本された時代、人物、或いは、後世に文学的に娯楽的要素を加えた、創作的な作品の総称です。(...続きを読む


人気Q&Aランキング