電灯や飛行機など、昔の人々によって発明されました。そこで、日本人(日本が原点)が発明したものが知りたくて質問させていただきました。

[質問]日本から、世界に渡った、発明品を教えてください!

お願いします。

A 回答 (26件中11~20件)

十字キー

    • good
    • 0

書籍にもあります。


http://www.ebookbank.jp/murauchi/ep/item/1-17955/
からの目次の引用です。
私自身は脚気の研究を何かで読んだことがあります。
当時、陸軍で脚気が流行していたとき、海軍では早い時期に
白米を止めたとか。
当時の陸軍の医学部門のトップが、あの「森鴎外(本名は忘れた)」だったとか。


諸藩も後押しした、からくり儀右衛門
ノーベル賞級だった北里柴三郎の研究
米国に永住、数々の薬を開発した高峰譲吉
日露戦争で威力見せた「下瀬火薬」
少年時代から織機改良に取り組んだ豊田佐吉
20代で赤痢菌を発見した志賀潔
西洋への対抗心で科学した長岡半太郎
緯度観測で日本の地位高めた木村栄
化学者として「うま味」見つけた池田菊苗
自らかかった脚気の原因を見つけた鈴木梅太郎
漱石から日本文化の心を学んだ寺田寅彦
永久磁石開発の祖となった本多光太郎
海外で高く評価された八木秀次のアンテナ
美的直感で中間子論を展開した湯川秀樹
世界に先駆けTV受像機を開発した高柳健次郎
「神秘への憧れ」を結晶化した朝永振一郎
鴨川で「すみわけ理論」に至った今西錦司
    • good
    • 0

1.最初の実用的テレビジョン発明 1925(大正14) ベアード(英)


  しかし、最終的にヴラジミール・ズウォーリキン(英)の発明とRCAに移ってからの研究が実用化されたようです。テレビジョンは当時世界中で研究されていたようです。

2.青色LED 中村修二
3.胃カメラ:オリンパスの杉浦睦夫と東京大学の宇治達郎

4.超ジュラルミン、超超ジュラルミン  住友軽金属(など?)
 前者が99式艦戦で大成功し、軍部に自信をもたせ、ゼロ戦の困難な仕様決定の要因ともなりました。
    • good
    • 0

TVです。

 TVの父と言われた高柳健次郎は、大正15年(1926年)12月、世界で初めてブラウン管による電子式受像に成功しています。

実用化では戦争突入の悲劇に見舞われ遅れをとりましたが、「無線遠視法」
として「イ」の文字を映像として送受信に成功しています。

参考URL:http://www.jvc-victor.co.jp/company/human/index. …
    • good
    • 0

確か、オセロも日本人の発明(?)だったと記憶してます。



上司の碁につきあわされるのに辟易した(一局がながいですからね)部下が、「もっと短時間で終わるゲームを!」てことで、オセロが生まれたという話を聞いたことがあるので。
    • good
    • 0

フロッピーディスクが回答に出てますが、発明者は日本人ではありません。


1970年に8インチのFDをIBMが開発し、1976年に5.25インチをShugart社が発表、1980年にSONYが現在のような3.5インチのFDを出しました。
わが国では中松氏が1948年に「ナカビゾン」と呼ばれる磁性体を発明し、特許をとりましたが、彼に先立ち、東工大の星野教授が「シンクロリーダー」を開発しており、どうもそれに抵触したらしいです。
この「シンクロリーダー」も「ナカビゾン」も、FDの中身といえなくも無い物ですが、概念的には似て非なるものです。
用途も音楽を再生するためのフォノシートのような物です。
中松氏はこの「ナカビゾン」をもってFDの発明者と自称してますが、否定的な意見が今日では強くなっています。
そういう意味で、FDの発明者はIBMの技術者と言えるかと思います。
    • good
    • 0

回転式飲食店(笑)



回転寿司のお店も世界に広がってるらしいです。
    • good
    • 0

缶コーヒーも日本だと思います。

    • good
    • 0

追記


NO.1-7の範囲だと人々の暮らしかえるほどの大発明は「八木宇田アンテナ」、
便利さではインスタント食品各種、平和に役立ったのは「カラオケ」かな?

松下幸之助さんの二股ソケット、お尻だって洗ってほしいもそうか。
    • good
    • 0

 ごく最近の物だと、垂直記録方式のハードディスクが日本人の発明です。


http://www.jiten.com/dicmi/docs/k13/17785s.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発明の実施の形態と実施例の違い

特許を書いているのですが、発明の実施の形態と実施例の違いがわからず、どういう風に書けばよいのか困っています。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

出願される分野がわかりませんので的はずれになるかもしれませんが、化学特許の場合を例にしますと、
「実施の形態」 
一般的に出願の内容を実施する場合の必要要件をいいます。
特許出願内容を必要要件全てを示す箇所です。 従って最も重要な箇所といえましょう。

「実施例」
具体的な数値、条件、順序、原料などを記述した例を示す箇所で、そのとうり実施すれば特許出願の内容が再現出来る例を示す箇所です。
従ってだれでも再現出来る必要があり、不明確な表現や解りつらい表現はゆるされません。
従って「実施の形態」で「高温に加熱」で許される表現でも「実施例」では数値で示さなければなりません。

Q日本人の発明品(2)

電球、テレビ、電話、電池などの電化製品(?)で、日本人が発明したものってどんなものがありますか?
興味があるので質問させていただきました。

Aベストアンサー

たしか、瞬間湯沸器・フロッピーディスク(有名ですね)蛍光灯もそうだったかな?トランジスターラジオなどです。

Q紙と筆どちらが先に発明されたのでしょうか?

お世話になります。

現代の筆記具は、パソコンとプリンタ、もしかしたらスマートフォンで印刷不要・・・かも知れませんが、やっぱり紙と鉛筆は重要です。でも鉛筆と筆を較べると筆のほうが古そうです。

そこで、質問です。紙と筆どちらが先に発明されたのでしょうか?

発明が定義できにくければ、実用化でも構いません。紙がなければ、書くものがありませんし、筆がなければ書くことができません。でも、同時ではなさそうです。どっち?

Aベストアンサー

筆のほうが先に発明されています。
紙が発明される前は、竹簡や木簡が使用されていました。
竹や木を薄く削って、
それに筆で文字を書いていましたよ。
      

Q昔の「講」にたいする人々の意識

民間信仰であるさまざまな「講」がありますが、現在では人々の意識は、儀式的なものという認識が多数だと思います。しかし、たとえば江戸時代などはどうだったのでしょうか。本気で神頼みをしていたとか、利益を信じていたとかだったのでしょうか。あるいはどれくらいまで上れば、一般人は純粋な信仰としての認識で行われていたのでしょうか。

Aベストアンサー

一口に「講」と言っても、その性格は各様だと思うので‥
純然な「信徒組織」としての講もあれば、宗教色の薄い互助組織に
特化し、集落とかの自治組織と一体となったようなものまで、ピン
キリではないかと。

以下、私の田舎のことで一般的ではないのかもしれませんが‥
私の田舎の集落(漁村)にも「御嶽講」と「大峰講」が20年程前ま
でありました。
「大峰講」は青年団の活動と一体のもので、大人になる為の通過儀
礼のようなものでした。大峰山に行って「のぞき」をしないと、一
人前の男とは認められない、ということです。これを書くにあたり、
念のために祖父に確認したのですが、講の維持ができなくなって青
年団活動に吸収された訳ではなく、昔から「わかいしぐみ」(若い師?
士?組)とか言って、若者による自治組織のような存在だったようで
す。年長者による世話人会があって若者を指導する訳ですが、参加
した経験で言うと、宗教的な行事はあるものの、どちらかと言うと
根性試しと異文化体験とでも言うような、そんな感触を持ちました。
「御嶽講」の方は、毎年家族の誰か一人はお山に登る、というよう
な運用でした。こちらも組(町内会)の活動と一体のようなものでし
た。(孤立した集落ということもあってか、お宮さんもお寺さんも
みな、地域ぐるみでした)

東京の方では「富士講」も普及していたようですが、現在はどうな
っているんでしょうね。富士山登山だけではなく、富士塚の存在も
あり、個人的に興味深いです。
江戸時代には伊勢講(お伊勢まいり)が有名で、西日本には「こんぴ
ら講」もあったようです。落語とかを聞いている限りでは、庶民が
一生に一度、自分の番になるのを楽しみにしていて、ほとんど物見
遊山のような感じがしますが、実態はどうだったんでしょうね。
ただ、個人の信仰心から自由意志で加入するというより、お宮さん
の氏子組織とか長屋のコミュニティとかと連動して、やはり地域ぐ
るみとかの活動ではなかったかと思います。であるならば、純粋な
信仰的行為だけとは言いがたいのではないかと思います。まあ、講
が始まるきっかけは、宗教者による布教活動が大であったとは思い
ますが。

信仰ということであれば、地域ぐるみではない形で今でも続けてお
られる方々の方が、むしろ信仰的なのではないかと思います。

一口に「講」と言っても、その性格は各様だと思うので‥
純然な「信徒組織」としての講もあれば、宗教色の薄い互助組織に
特化し、集落とかの自治組織と一体となったようなものまで、ピン
キリではないかと。

以下、私の田舎のことで一般的ではないのかもしれませんが‥
私の田舎の集落(漁村)にも「御嶽講」と「大峰講」が20年程前ま
でありました。
「大峰講」は青年団の活動と一体のもので、大人になる為の通過儀
礼のようなものでした。大峰山に行って「のぞき」をしないと、一
人前の男とは認めら...続きを読む

Q特許明細書の各項目

 最近、特許事務所で働き始めました。しかし、クレームや明細書を読んでいて、今いち理解ができません。
 クレームに各請求項があり、その次に明細書で「技術分野」「背景技術」「発明の開示」「発明が解決しようとする課題」「課題を解決するための手段」「発明の効果」「発明を実施するための最良の可能性」「産業上の利用可能性」などが論じられています。
 そこで、明細書中の各項目の役割などが曖昧な状態なのです。以前、事務所の先輩に明細書中のある項目の内容がクレームの各請求項に対応しているので、意識するようにと言われましたが、実際に読んでみてもあまり分かりませんでした。
 それぞれを有機的に理解できたらと思っているので、詳しい人がいたらご教示ください。

Aベストアンサー

ご質問の主旨が「明細書って何の為にあるんですか?」ということならば、
特許請求の範囲の記載の役割と、特許請求の範囲と明細書の関係については、特許法70条の規定のとおりです。
 上記規定を元に「明細書の役割」を見ても曖昧であれば、職場の方に丁寧に教えていただくと良いと思います。


 ご質問の主旨が「明細書の記載内容を効果的に理解するには、どういう方法があるでしょうか?」であれば、私は以下のようにやっています。参考になれば幸いです。

 明細書の内容は確かに、通常の技術文献などの比べると非常に読みにくい(理解しにくい)と感じますが、それも理由があってのことです。

 いきなりクレームからは読むと、理解する意欲が減退してしまうので、
1.明細書中の目的、背景、課題を読んで出願人が意図している方向を把握する。

2.図面をざっとみる。課題としていることを図面に現しているはずなので、文章よりも把握しやすくなる。

3.実施例の記載を読む。当業者が実施することができる程度に明確かつ十分に記載する(36条4項1号)というルールですから。

4.実施例の記載を念頭に置きつつ、クレームを読む。

 これでも理解が難しければ、何度か同じ事を繰り返したり、ある程度時間をあけて繰り返したりします。

 後は、慣れですね。

ご質問の主旨が「明細書って何の為にあるんですか?」ということならば、
特許請求の範囲の記載の役割と、特許請求の範囲と明細書の関係については、特許法70条の規定のとおりです。
 上記規定を元に「明細書の役割」を見ても曖昧であれば、職場の方に丁寧に教えていただくと良いと思います。


 ご質問の主旨が「明細書の記載内容を効果的に理解するには、どういう方法があるでしょうか?」であれば、私は以下のようにやっています。参考になれば幸いです。

 明細書の内容は確かに、通常の技術文献な...続きを読む

Q昔の人々は娯楽目的で海外へ渡ることは有ったのでしょうか?

昔の人々は娯楽目的で海外へ渡ることは有ったのでしょうか?



唐へ渡った留学生や留学僧、医師や細工師
また、輸出入の為の貿易船や遣唐使船の話は聞きますが

海外旅行をした貴族等は全く聞いたことがありません。

当時の航海技術や製作費用など
金銭的にも技術的にも無理だったんだろうな、とは思うのですが
知り合いや先生に聞いてもハッキリとした回答は得られませんでした。

「昔の人々」というと
漠然としていて申し訳無いのですが…
江戸以前を基準に考えています




ズバリ 娯楽目的で海外へ渡ることは有ったのか?
無かったのならば、その理由は?

少ない情報でも構いませんので
是非 回答をお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

使節や、交易や、学問、芸術、武術、宗教などの修行以外の目的で海外渡った人はない、すくなくとも記録が残っている人はないでしょう。
勿論海外渡航が命がけであったのが主因ですが、
名所や観光など娯楽旅行のための情報が、海外に関しては殆ど入って来なかったのも原因のひとつです。
一方国内の名所や観光地や温泉などの情報は、都などにはあふれていました。   貴人が国司に任命され、赴任する旅の途中にあるこれらに寄り、帰任後皆に伝えていました。   
西行法師の歌詠み旅行も修行より観光です。   でも大変な娯楽旅行でした。
国内の名所をめぐるだけで手一杯でしょう。    

貴人の海外渡航としては、皇位争いに敗れた高階親王が仏教修行のため、天竺(インド)をめざした航海があります。

Q専業主婦(主夫)になりたいですか? 男女問わず、結婚相手の収入で生活できるとしたら、専業主婦(主夫)

専業主婦(主夫)になりたいですか?

男女問わず、結婚相手の収入で生活できるとしたら、専業主婦(主夫)になりたいと思いますか?

性別と理由も教えて下さい!

Aベストアンサー

兼業 主婦!!

性格的に家にこもるのは向いてない笑

Q爪切りが生まれる以前の昔の人々や秘境に暮らす民族などは、爪をどうしてい

爪切りが生まれる以前の昔の人々や秘境に暮らす民族などは、爪をどうしていた(いる)のでしょう?
何かで切っていたのか、それとも何かで削っていたのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

大工さんが使う「ノミ」のようなもので、こそげていました。
現在でも、中国では、街の露天に「爪切り屋」が出ていますが、「ノミ」のようなもので、こそげて削っています。

「はさみ」はどなたかがおっしゃる通り、江戸時代からです。

また、夜爪を切ると親よりも早く死ぬ・・・と、いう迷信がありますが、明かりの十分でない時代に、夜爪を切ると、怪我をして、そこから細菌が入り死に至ることがある・・・ことから来ています。

Q自閉症の発明家について質問です。

今までの、自閉症の発明家の人達の発明は、健常者の発明家が発明できない、発明だったんですか?

Aベストアンサー

発明(特許)は基本的に「先願方式」です(米国は例外的に「先発明方式」)です。
なので、「発明できない」かどうかは関係なくて「先に発明したかどうか」が問題です。
発明したかどうかは問題ではありませんし、一般的に考えれば「その人しかその思考に行き着かない」ことはよくありますが、それが自閉症の方なのかそうでない方なのかは関係ないです。

Q(^・^) 中国、韓国などの人々は、日本の教科書をすごく気にしておられるようですが-----

 歴史の教科書なんて、書いてあることがぜんぶ本当のことだと思っている中学生や高校生は、少ないんじゃないでしょうか?
 いまの時代、興味があれば自分で調べる方法はいくらでもありますから、そもそも、上から与えられるような感じの画一的な教科書なんかまったく必要ない……そう考えている人も多いはずです。
 そのくらい、日本では教科書なんか軽視されているのに、中国、韓国などの人々は、日本の教科書に書いてあることをすごく気にしておられるようです。
 日本の中学生や高校生の「批判精神」を信じて、政府検定の教科書なんか無視してもらったらどうかと思うのですが、なぜそうならないのでしょうか?

Aベストアンサー

うんうん、ホントそうですよね。

個人的にはkawakawaさんに同感なんですけど。
私は高校時代、歴史の授業(歴史以外も?)をまじめに聞いていなかったので、幸い(?)教科書の洗脳は受けていないと思っていますが、大人になってから歴史について自分なりに考えてみたりしました。
すると…わかってきたことがあります。
中国や韓国に教科書のことをヤンヤ言われることも、総理大臣が変わるたびにお詫び外交していることも、問題を大きくしているのはマスコミ(主に新聞)なんじゃないかと。

以前、○BSで従軍(?)慰安婦の特集をしていて、強制連行をしたと証言する人と、強制ではなく募集したと証言する人のインタビューをしていたのですが、強制連行した側の人には顔にモザイクがかかっていて、募集側の人にはモザイクがかかっていないんです。
理由は「顔が出ると強制連行否定派の人間から命にかかわる攻撃があるので、それを恐れてモザイク処理しました」というテロップがでるんです。

教科書でしっかりお勉強している方はここで、
「そうか~、強制連行否定派はそんなヒドイことをするのか。命をねらうような人間が主張することなんてダメじゃん」
と感じるのでしょうが、不真面目に授業を聞いていた私は
「これじゃ~、まるで強制連行しました側の人間は正しいことを言ってるのに攻撃される正しい人、強制連行否定派は間違った主張を力で押し付けてくる悪い人、みたいじゃん!」
と思いました。
これじゃ~、モザイクしていない「募集でした」側の人は顔を出しているのに攻撃されないんですよ、なぜならそっち側の人間だから。なんていう○BSの意図が感じられちゃって。
証言の内容が本当か、攻撃されるのが本当か以前にもう○BSが偏っているじゃないの!!
視聴者にマイルドに洗脳しているじゃん!!
どうするのよ?顔を出した「募集でした」側の人が「強制でした」派の人に攻撃されたら?
モザイクするなら両方にモザイクをかけなさいよ、もしくは両方の顔を出しなさいよ、公平で中立な報道をしなさいよ!

と、突っ込みどころが満載でした。

最近のパレスチナの自爆テロのことだって、犯人の家族が、いかに自分の娘や息子が国を愛していたか、自爆テロを起こしたことを誇りに思いながら死を悲しむ、自爆テロはやむにやまれない事情だったみたいな映像が流れますが、これでは視聴者は自爆テロ犯側になんらかの共感や同情を抱くでしょう。
が、違いますよね。
もっと悲しいのはなんの前触れも無く自爆テロで死んだ被害者や遺族ですよね。
ところが被害者側の遺族の映像なんて流れない。
もちろん自爆テロなどいろいろ国同士の事情があるのでしょうが、とりあえず中立の立場で報道して欲しいですよね。
いまとなってはもう、報道されないところに真実があるのではとさえ感じます。

脱線しましたがつまりなにが言いたいかというと、教科書もマスコミも丸々信じちゃ~いけませんってことですね。(真剣に教科書を作っている方、ごめんなさい)
yumi18さんの「日本の中高生の批判精神を信じて~」というの、まったくその通りですよね。
ホント、頼もしいですね。
画一的な教科書を大人から押し付けられても、今の中高生が自分の目で学んだり感じ取っていけばその高校生が大人になる頃には、日本は今よりちょっといい国になっているんじゃないでしょうかね。

期待してますよ。

うんうん、ホントそうですよね。

個人的にはkawakawaさんに同感なんですけど。
私は高校時代、歴史の授業(歴史以外も?)をまじめに聞いていなかったので、幸い(?)教科書の洗脳は受けていないと思っていますが、大人になってから歴史について自分なりに考えてみたりしました。
すると…わかってきたことがあります。
中国や韓国に教科書のことをヤンヤ言われることも、総理大臣が変わるたびにお詫び外交していることも、問題を大きくしているのはマスコミ(主に新聞)なんじゃないかと。

以前、○BS...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報